Home

大阪の印刷会社「三陽美術のブログ」

大量印刷できる下請け会社を探している企業様

大量印刷できる下請け会社を探している企業様

ビジネスシーンでは、たくさんの印刷物が利用されています。
封筒やラベル・ステッカー類、請求書や納品書などの書類など、さまざまなものがありますが、企業様で使われる場合はどれも大量印刷が必要なものがほとんどです。

そんな印刷物を作る際に、ほとんどの企業様はまず印刷会社さんやデザイン事務所さんなどにご依頼されるでしょう。
ですが受注された印刷会社さんやデザイン事務所さんで、他にも仕事がたくさんあって下請けをしてほしい、けれど大量印刷を引き受けてくれる下請け会社がなかなか見つからない、ということも耳にします。

三洋美術では、大量印刷の下請けも行っておりますおりますので、下請け会社をお探しの企業様のお力になれるかと思います。
単純に印刷業務だけではなく、製本・加工やデータ加工、デザイン業務なども行っておりますので、かなり作業の軽減を図っていただけるのでないでしょうか。
もちろん、印刷業務のみでもお受けしております。
また作業だけにとどまらず、営業展開などの部分に関しても、お客様とご相談しながら進めてまいります。

大量印刷できる下請け会社をお探しの企業様の良きビジネスパートナーとなれればと当社では考えております。
どうぞお気軽にご相談ください。

印刷下請けもおまかせ、大阪の印刷会社、三陽美術

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三陽美術 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

往復はがき印刷の際には

Eメールや携帯電話が普及したとは言え、まだまだ利用価値が高い往復はがき。
受け取った側に金銭的な負担がない、送った側は返信はがきが返ってくるため集計などがしやすいといったメリットがあります。
特に結婚などのパーティーにはよく利用されるようです。

すぐに返事が来ないというところではアナログな感じではありますが、返ってくるまでに「あの人は出席してくれるんだろうか」という独特の期待感や不安感などもあって、メールなどとは違った楽しみもありますよね。

往復はがきをパーティーの招待状として送る場合は、より綺麗に印刷されたものが喜ばれます。
最近ではデザインに凝られる方も多いので、カラーなど忠実に再現することが私たち印刷会社には求められます。

また、当然のことですが印刷する内容もとても重要です。
開催日時や場所はもちろん、返信はがきの投函期限も忘れてはならない項目ですね。
これらの項目をきちんと確認し、正確に印刷することも印刷会社には必要な「技術」です。

印刷が完了してから「日付が間違ってる!」なんてことになっては大変ですから、当社ではお客様との打ち合わせは特に綿密に行います。

往復はがきの印刷の際は、ぜひ当社におまかせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
名刺・封筒の印刷は、大阪の印刷会社、三陽美術へ
────────────────────────────
三陽美術 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

名刺の特色印刷について

名刺の特色印刷について

印刷のカラーには「特色」というものがあります。
特色とは、わかりやすいところでは金・銀、また基本色にはない独特のカラーなどのことです。
多くの会社さんでは、独自の「コーポレートカラー」を使ったロゴなどをお使いかと思います。
会社の顔のひとつとも言える名刺には、コーポレートカラーを使用されることがほとんどではないでしょうか。
そういった場合に、この「特色」が必要になってくるわけです。

独自のカラーであるがゆえに正確に再現するのはとても難しく、だからこそ、どのくらい近いカラーで印刷できるかで印刷会社の力が試されるところでもあります。

実際に名刺の印刷を印刷会社に依頼してみたけれど、イメージしている色とは微妙に違った…ということも少なくないのではないでしょうか。

そういった「イメージ違い」が起こらないよう、カラーのイメージなどをきちんとお伺いしたり、実際の印刷物をつき合わせて打ち合わせるなど綿密なコミュニケーションもとても重要なのです。印刷機の性能や職人の技術などはもちろんですが、当社では、このような「コミュニケーション」も含めて「特色技術」と考えています。

イメージにぴったりの名刺を作る際にはぜひとも当社の「特色技術」をお役たてください。
特色印刷もおまかせ、大阪の印刷会社、三陽美術

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三陽美術 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

通常の印刷会社と下請け受注

通常の印刷会社と下請け受注

印刷会社って印刷を行う会社ですが、うちの会社で行う印刷機などでは難しい印刷のご依頼を
受けた際にどのようにするか知っていますか?

こういった場合印刷会社によってさまざまですので、もちろん断る会社さんもあるかと思います。

ただ印刷で悩んでいる場合にお客さんはどの印刷会社に相談すればいいのかさえわからない、
ということがほとんどです。更に納期も迫っていて大変という場合もよくあります。
こういったお客さんに「うちではできまへん、すんまへんな」とお断りするのはちょっと・・・。

と感じますのでこの場合は、何とか代替案を考えてうちで行う場合もありますし、
または他の知り合いの印刷会社さんにお願いすることもあります。

実はサイトのほうにこのようなページがあります。
下請け受注について

当社でできないことはやはり他の印刷会社さんにお願いすることもありますし、
またその逆に他の印刷会社さんからお願いを受けることもあります。

とにもかくにも印刷でお困りごとありましたら何でもご相談ください。
うちで何とかいいアドバイスさせていただきます!

印刷のことは何でもおまかせ、大阪の印刷会社、三陽美術

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三陽美術 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

折込チラシとチラシ印刷

折込チラシとチラシ印刷

みなさんのご家庭では新聞は取っていますか?
新聞には折込チラシがよく入っていますが、この折込チラシには入れるタイミングが非常に大事なんです。
例えばマンションや戸建などの不動産情報は土曜日が多いです、これは土曜日休みの日に不動産情報の折込チラシを見て、土日にかえて実際に見に行く、という予定が立てやすいからです。

最近は新聞を取る家庭も少なくなってきて、折込チラシの威力が少し減ってきているとはいっても、
地域的な情報やお店の新装オープンなどの場合にはやはり広告としての折込チラシは効果的です。

御社のターゲットとしている方はどのような方ですか?

折込チラシはまだまだいい販促物ですし、このような折込チラシの印刷は是非とも当社三陽美術に
一度ご相談ください。

広告チラシの専門サイト

広告チラシもおまかせ、大阪の印刷会社、三陽美術

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三陽美術 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スピード名刺印刷って何で早いか?

スピード名刺印刷って何で早いか?

春ですね。大阪城の桜も、ここ松原市の会社の近くの公園の桜もとてもきれいで見ごろですね。
ところで桜シーズンになると学生も社会人もいろいろな生活の変化も多いのではないでしょうか。

社会人なんかは新入社員入社式などありますが、三陽美術ではこのシーズンは名刺の印刷が多くなります。
新しい部署が増えて部署変更から名刺の刷りなおしになったり、新入社員の名刺を刷ったり、出世したので課長肩書きが
部長になったり・・・などなど。

ちなみによく街で「スピード名刺」という看板など見かけますが、
名刺は明日必要などの場合もあるので、もちろん当社でもスピード対応させていただいてます。

このスピード名刺印刷がなぜ早くできるのか?ですが名刺印刷は印刷機で印刷して名刺サイズにカットすること
もありますが、スピード名刺印刷できる場合は名刺印刷機が導入されている場合が多いです。

もちろん当社でも名刺印刷機はあります、急ぎの用事の場合もぜひぜひご相談ください。

スピード名刺印刷もおまかせ、大阪の印刷会社、三陽美術

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三陽美術 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

名刺印刷とロゴマーク

引き続き名刺印刷について。

スピード名刺印刷とか即日名刺印刷とかいろいろ名刺印刷にもありますが、
名刺って以外に難しい要素もあります。

というのはあの小さい空間に住所や電話番号、メールアドレスに会社名、もちろん名前を紹介しなくては
いけないので、バランスが難しいんです。
このバランスが取れているかどうかでプロかそうでないか大体見えてきます。

あと会社さんなんかではロゴマークやフォントをしっかりしなくてはいけません。
ロゴマークは特に細かい規定がびっしりあったりしていて、特に気を使います。色やフォント、大きさの
決まりがあることも多いのです・・。

もちろんいろいろな決まりがある場合でも当社ではお客さんのご要望にあわせて名刺印刷できますので
ご心配なくお問い合わせください。

ロゴマークってコンセプトやロゴマークポリシーもあって前もってお伝えさえいただければ
いろいろいい感じにできますので・・・。
名刺印刷もおまかせ、大阪の印刷会社、三陽美術

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三陽美術 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コート紙・ミラーコート紙・マット紙など紙の種類

三陽美術で取り扱っている紙の種類(コート紙・ミラーコート紙・マット紙などなど)をご紹介します。

印刷会社で用いる用紙には180k、130kなど「k」という英文字がついていますが

この意味はご存知でしょうか?
k、というのは印刷用紙1,000枚分(=1連)の重さです。
印刷業界ではこの重さを「連量」(れんりょう)と言っています。
連量は用紙の厚さを測る目安になりますが、銘柄や用紙寸法の違いで厚さが異なります。
例えば
コート紙の63kなら普通のコピー用紙と同じくらい、
マットコート135Kならポスターなどの硬い紙に適してます、
上質紙55kは伝票などに適しています。
それぞれ用紙いろいろありますが、用途に合わせて最適な紙を用いることで見た目が美しい印刷ができます、今回はちょっと専門的な説明でしたが、最適な紙についてなど詳しく知りたい際には三陽美術にお問い合わせください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三陽美術 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

パンフレット印刷の際に

パンフレット印刷の際に

3月も終わり4月になりますが、このシーズンは入学や入社、また転勤や転職など移動が多い時期です。
会社でも新しく事務所を4月から開設ということも多いですし、引越や不動産屋さんも忙しい時期ですね。

ところで、会社も前と組織も変わったし、新しい事務所もできたし、といろいろな変動があった際に気をつけなくては
いけないことが会社の住所や電話番号などの印刷物の変更です。

パンフレットの住所が以前のままになっている!

ということはよくある話です。大目に見て住所が違うならまだいいにしても、電話番号が違うとちょっと困ります。
そこで予めパンフレット制作の際に変更を見越して、住所や電話などの会社概要に関しては
パンフレットとは異なる1枚ものの印刷をつくっておくといいかもしれません。特にいろいろ変更が多い会社さんにあたっては、
変更のたびに刷りなおしは必要になりますし、余ったパンフレットにシールを貼って新しい内容に変更しなくてはいけなかったり、
というのはちょっと手間隙かかりますし。

いかがでしょう?もちろんパンフレット印刷のご用命の際には三陽美術にご相談ください。

パンフレット印刷もおまかせ、大阪の印刷会社、三陽美術

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三陽美術 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

印刷会社の魅力とリピーター

印刷会社の魅力とリピーター
みなさんのお付き合いしている印刷会社はどのような印刷会社ですか?
お客さんに満足していただいているいい印刷会社さんかどうかは、リピーターさんの数の多さによって異なると思います。
いい印刷会社さんはお客さんが気付かないところまでしっかりと気付いてくれて、
細かいところまできちんと行ってくれる印刷会社さんです。
お客さんは名刺でも封筒でもシールでも何でも、印刷のことや実際に完成物を作るわけではないですし、印刷物を受け取った方がどのような印象を受けるのかなどはなかなか気配りを忘れてしまうこともあります。
そこで当社のようなプロが

「この場合はこのようにしたほうがオススメですね」

とご提案を行えば、当初目的とした以上の部分まで完成度が高くなりいいものができます。
そして結果的にお客さんの満足にも繋がります。

難しい技術や印刷ができるのもそうですが、こういったちょっとしたプロならではの視点を
お客さんは喜びますしお付き合いが長いと期待もします。

当社がリピーターさんの多い会社さんであることは、お客さんに印刷物だけでないほかの部分にも満足いだけているから、(?)でしょうかね。
プロならではのいいアドバイスさせていただきます!

印刷なら何でもおまかせ、大阪の印刷会社、三陽美術

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三陽美術 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

オンデマンド印刷とオフセット印刷

オンデマンド(on demand)とは、デマンド=要求 ですのでご要望に応じて、という意味です。
オンデマンド印刷の反対がオフセット印刷という従来の方法になります。

オンデマンド印刷は、オフセット印刷に比べて一般的に、
・小部数の対応、
・納期が早い、
・低価格、
・パソコンからデータを直接送れる
などの面で便利です。

従来のオフセット印刷では、紙にインキを転写するのに必要な刷版の製作に費用と時間がかかってしまいます。
部数が多くて一度に大量に刷る場合には良いのですが、小部数を刷るには問題があります。

反対にオンデマンド印刷では、パソコンで設定して印刷機に指示を出して印刷します。
1部でも100部でも必要に応じて気軽に印刷できますし、刷版の製作という工程がないので納期も大幅に短縮できます。

もちろん大量の印刷には向かない、という欠点もあります。
どっちがいいかというのは、その部数の数や用途に合わせて方法を考えるというのが一番いいですね。
もちろん当社ではどっちの方法でも「お客さんのご要望次第」ですので、納期や部数などをお聞きした上でご提案いたします。

「納期的に厳しい!」という場合でもまずは一度ご相談ください。

オンデマンド印刷もおまかせ、大阪の印刷会社、三陽美術

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三陽美術 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

名刺印刷と当社の名刺

名刺印刷と当社の名刺

みなさんは名刺をどのように作っていますか?
「名刺なんて全く興味がない」
というかもしれないですが、名刺はうまく使えば非常にインパクトのある名刺になります。

c22

どうですか?ぱっと見た瞬間びっくりするような黒のカラー。
名刺は白というのが多いですが、黒など色だけで名刺が映えます。

このような名刺のご依頼も三陽美術では承っております。たかが名刺されど名刺です。

名刺に凝った名刺印刷

名刺に凝った名刺印刷

名刺を印刷の依頼を受けてスピード名刺を印刷する場合があるのですが、
今回は名刺を印刷いただいた際にインパクトのあった名刺を1つご紹介いたします。

この名刺は「5円切手」を貼っているのですが、

「5円」=「ご縁」

だそうで、名刺を交換するのも何かのご縁だそうで。
もらった瞬間びっくりしつつ、ちょっと「こんな印刷したらどうなるのかな?」と思いましたが、
お札を印刷したり切手を勝手に印刷するといけません。

なので「5円切手を貼っているように印刷してください」とはご依頼いただいても
ちょっと難しいのでご了承ください・・・。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
名刺・封筒の印刷は、大阪の印刷会社、三陽美術へ
────────────────────────────
三陽美術 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

アピールするための名刺印刷

アピールするための名刺印刷

3月4月は異動が多いので新しく名刺作成を行うというご依頼が多いです。
そこで名刺について今回は一言・・。

名刺の代表的な加工はいろいろありますが、「アピールする名刺」という意味では
抜く(=角丸・型抜き等)名刺、といのはいかがでしょうか。

名刺は大きさがどの名刺でも大きさがほぼ同じなのですが、
名刺の大きさや形状を、思い切って変えてみるのも1つの手です。
そこで、名刺加工の中でもよく見るのが角丸加工という名刺の四方の角を丸い形状に加工方法です。
どちらかと言えば、女性の方が好む加工です。丸みがあるので。

クリエイティブな仕事をされている方の名刺として
インパクトや企業ブランディングを追及した名刺を作りたい方は、
名刺を円形や何かのシルエットで型抜きをするという名刺方法もあります。

渡されたほうは「ん??!」というインパクトがありますので、
印象に残りやすいですね。このようなアピールするための名刺印刷についてはお気軽にご相談ください。

名刺・封筒の印刷、大阪の印刷会社、三陽美術

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三陽美術 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

いろいろな用途に使える圧着はがき

インターネットでの情報発信がさかんになっていますが、こういった時代だからこそ温かみのあるダイレクトメールが多くなっている気がします。
確かにメールだけ来ても、毎日大量のメールを受けているので迷惑メールなのか他のメールなのかよくわからないことも多いですよね。

そこで、当社三陽美術では企業様でダイレクトメールなど利用される際にコスト面や情報内容を検討する中で圧着ハガキを提案することがあります。
圧着はがきは、今現在多くの企業様でダイレクトメールや請求書用に用いていていて、情報を他人に読まれることなく、郵送できる便利な郵便物です。

特に請求書の金額や個人情報などが記載されているはがきなど他人に見られるとよくない内容についてのハガキにはもってこいです。
加工方法についても、2つ折りだけでなく、V折り、L型折り、Z折りでの圧着などいろいろな加工方法が可能です。
また観音開きの圧着ハガキがいいなどいろいろなご要望にお答えいたしますのでお気軽にご相談ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
名刺・封筒の印刷は、大阪の印刷会社、三陽美術へ
────────────────────────────
三陽美術 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

夜間入稿という形の印刷会社

今回は印刷会社に依頼を行う会社の担当者さまへ。

デザインや編集作業を行っていると、どんどんと時間が経ってしまうことがあります。
そのときに夜でも入稿を行うことができる印刷会社、というと魅力的だと思いませんか?

当社三陽美術では、印刷の入稿がメールで可能です。
もちろん容量が多くても宅ファイルなどでも大丈夫ですし、かなり容量が大きいとサーバーを開放することもできます。
真夜中入稿となるとさすがに翌日受付になる会社もありますが、その点当社はお客様の都合に合わせてがんばらせていただくこともあります。

メールはお客様の入稿用のメールをご用意しておりますので、ご安心ください。
余裕を持って仕事をしたいですが、デザインや編集や校正作業は時間をかけているとあっという間に時間がかかってしまうのもんどえすので、なるべく時間に余裕をもって、また時間がなくなって困った場合にはまずは当社にご相談ください。

夜間入稿、という形でもお客様のニーズにお答えできるようがんばります。

スピード名刺のようなスピード

スピード名刺のようなスピード

スピード名刺ってよく大阪のオフィス街などで看板を見かけることがあります。
明日には完成!とか、午前依頼で午後には完成!とか名刺をすぐに作ってくれるサービスです。

ビジネスではスピードが命、なので、
「明日の商談には絶対に間に合わせないといけない」
というので名刺を依頼されるということもよくある話です。

ところで名刺だと注文を受けたあと、お客さんがお店に取りにいくと思いますが、
印刷の場合は取りに来られることもありますが大体配達です。

さらにここ松原は大阪に近いので、天王寺やあべののほうには阪神高速を使って配達にいくこともあります。
そのために利用するのが「バイク」です。バイクはいいです、渋滞は問題なし。早い早い。スクーターでETCを突破します。
スピード名刺のような「緊急で何とかしなくては~」という場合のご相談も当社三陽美術にお任せください。

当社名刺印刷サービスはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
名刺・封筒の印刷は、大阪の印刷会社、三陽美術へ
────────────────────────────
三陽美術 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

フォントで感じる印刷の内容

前にフォントのことと「イ・スンヨプ」選手の「ヨプ」が「火へんに華」といつも注釈がついていることを書きました。
書体=フォントから感じる印象は同じ書体でも人によって違います。

・情緒的で美しい書体 と感じることもあれば
・クセがあって読みにくい と感じる人もいます。

あとは日本語は漢字と仮名で構成されていますが、漢字が多いとどうしても読みづらくなります
「衆参同日選挙は参議院非改選議員を除く国会議員の選挙で、全衆議院議員と参議院議員の半数の選挙である」

という文書をスムーズに読むのは結構骨が折れます、辞書などはこんな感じですね。

明朝体にも
・リュウミン R-KL
・太ミンA101
・見出ミンMA31 などなどよく使ったりするフォント以外にもたくさんのフォントがあります。

リュウミン だけでも R-KL、R-KS、R-KOなどなど数々。

フォントひとつでも情報の伝える価値が変わります、
印刷ももちろん内容の違いだけでなくフォントの違いも意識しないと伝えたい情報が
伝わらないことがあります。

このような印刷に関するご相談はぜひ当社三陽美術にご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
名刺・封筒の印刷は、大阪の印刷会社、三陽美術へ
────────────────────────────
三陽美術 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

印刷会社が提供する価値

印刷会社が提供する価値

今回はちょっと昔の話から。
人類は昔から言葉を使って人に物事を伝えてきましたが、
文字を使うことによって飛躍的に自分が得た知識や考えを他人に伝えてられるようになりました。

古来エジプトではパピルスという葉に文字を書いたり、
ピラミッドの壁画のように石に彫ったり木に筆で書いたりして伝達してきました。

近代になってくると木版や金属活字で印刷されるようになり、写真植字を経て、現代ではDTPシステムによる
デジタルフォントが数多く使われるようになりました。

チラシ広告の文字、パンフレットの文字、もちろんパソコンにもメーカーの印字がされていたり、
生活の中のあらゆるところで文字が存在し、印刷技術がそこには活躍しているわけです。

印刷という技術を通じて「他人に情報を伝達する」
ことが印刷を行う人の最も必要な価値だと思います。

印刷を自由自在に行うことで豊かなコミュニケーションが可能になります、
この豊かなコミュニケーションを提供することが印刷会社の提供する価値、ではないでしょうか。

最新のソフトに対応する印刷会社

最新のソフトに対応する印刷会社

今お使いのパソコンはウィンドウズのビスタですか?XPですか?それとも2000ですか?
パソコンはどんどん進化するので、ウィンドウズもバージョンがどんどんアップしています。
さらに来年にはウィンドウズ7がリリースするそうで。本当に早いです。

ところで、印刷会社に入稿をいただく際のイラストレータ(Adobe Illustrator)やフォトショップ(Adobe Photoshop)ですが
こちらもどんどんバージョンアップが進んでいます。
画像系のソフトに関しては、

  • Illustrator CS4
  • Photoshop CS4 がともに最新です。

ただビスタになって、互換性の問題などから古いバージョンが使えなかったりといろいろあるのですが、
基本的に当社三陽美術ではお客様が困らないようにどんなソフトでも大丈夫な環境をそろえています。

最新のソフトを買って新しい技術や情報を積極的に取り入れて、日々向上に努めると同時に、
最新版を持っているお客様にダウングレードを求めるのは、データが変になるリスクも発生してしまいます。

そのようなわけで当社ではこのようにかなり充実した出力ソフトでほぼ対応を可能にしています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
名刺・封筒の印刷は、大阪の印刷会社、三陽美術へ
────────────────────────────
三陽美術 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

印刷のプロがいる印刷会社

印刷のプロがいる印刷会社

印刷を作る際にはいろいろな疑問が生じます。

紙を何にするのか色は何がいいのかなど、このような全ての疑問に対して答えを出してくれる印刷の「プロ」がいるかどうかで完成した印刷物がいいものになるかどうかが分かれたりします。

通常では印刷をお願いする際には身近なお付き合いの長い印刷会社にお願いしますが、

短い納期での印刷になってしまったり、大きさや内容も特殊な印刷になってくると通常のお付き合いのある会社で対応できないこともあります。

そういった際にでも今までのお付き合いある印刷会社さんにお願いすると、時間が余計にかかってしまったり、イメージと異なるものになってしまったり、

結局納期が間に合わなかったりなど困った状況が生じることになります。

そこで、今までお付き合いのある会社ではなくて少し場所が離れていても、メールや電話でしっかりと対応をしてくれる会社や、受け答えが期待している内容以上の提案を行ってくれるような印刷会社は将来的にきっとお客様にとって喜ばれるものだと思います。
印刷会社はいろいろありますので、お付き合いある会社さんで対応できない非常事態も含めて、印刷のプロがいる提案を受けることのできる会社を選ぶのがいいでしょう。
当社三陽美術は設立は昭和47年、今でもう35年以上印刷に関わってきました。長年の歴史とノウハウをぜひ御社でもご活用ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
名刺・封筒の印刷は、大阪の印刷会社、三陽美術へ
────────────────────────────
三陽美術 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コピーガード用紙というものを知っていますか?

コピーガード用紙というものを知っていますか?

コピーガード用紙はコピーを行うときちんとコピーができなくて、複写を防止するものです。
その用途については、医療カルテ・履歴書・顧客情報カード・生徒住所録などなど個人情報が流出すると非常に問題になるような紙の場合にはこのような「コピーガード用紙」がお役に立つかと思います。

そのほかにも「楽譜」に用いる場合や「社内機密文書」など、他でコピーされることで損失になる場合には非常にお役に立つのがこの「コピーガード用紙」。

ではこのようなコピーガード用紙をどのように印刷しているのか知ってますか?

細かい技術的な説明は控えさせていただきますが、
大きさもさまざまで、印刷原紙として利用することも可能ですが、各種個人情報保護が必要な冊子などにはこのようなコピーガード印刷がおすすめでしょう。
最近は違法コピーも多いですからね。最近子供といった映画館でも、映画の始まる前に「違法コピーは犯罪です!」という告知の内容が出てました。

「NO MORE 映画泥棒!」
いいキャッチコピーですね。確かに著作権や権利関係に反して違法行為はいけません。
そのためにも、違法行為を未然に防止することが最も大事ですね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
名刺・封筒の印刷は、大阪の印刷会社、三陽美術へ
────────────────────────────
三陽美術 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

カラーモードについて

カラーモードについて

印刷入稿での色についてです。カラーモードという言葉を聞いたことはありますか?

カラーモード、コンピュータ上での色の表現方法です。
フォトショップなどの画像編集ソフトでは、モード変換する機能があるので画面上でCMYKモードに変換して事前に色を確認する事ができますが、
ワードやエクセルなどのソフトではカラーモードを変更する事はできません。
そのため画面ではきれいな色だったのに印刷したら暗い色になることもあります。

このカラーコードにはRGBカラーとCMYKカラーがあって、
RGBカラーはRed(レッド)、Green(グリーン)、Blue(ブルー)の3原色で構成された色で3色の発光色によって色を表現しています。
パソコンのモニターで見る場合はこのRGBカラーになります。反対に、
CMYKカラーは、シアン(Cyan)、マゼンタ(Magenta)、イエロー(Yellow)、黒(Black)によって表現されて印刷物やカラーコピーやカラープリンターはこの方式でプリントされます。

このような理由で、ワードなどで入稿されても印刷の際に異なる色になる場合があるので、なるべく完成品の見本(カンプ)をお送りいただければと思います。

印刷入稿の際についてはこちらをご参考ください。

長いお付き合いができる印刷会社

前回に引き続いて、「印刷会社に依頼する場合」について企業ご担当者さまへ。

長いお付き合いができる印刷会社、と聞くとどのようなイメージでしょうか?

当社三陽美術には
「前の印刷会社さんが潰れてしまって困ったからおたくのところに相談したんですわ~」
という話もよく聞きます。新しい取引先を探す苦労は意外に疲れるものです。
なかなか意向を汲み取ってもらえない、ちょっとした対応にも要望を聞いてもらえない、
一から全部説明するにも時間がかかるし大変だ、などなど、企業担当者様にとっては他の業務を平行して行っているなかで印刷会社とのやりとりを一から行っていくことは非常に時間もかかり面倒なことです。
印刷会社が潰れた場合は仕方ないですが、新しい取引先を探す手間隙を考えれば、一度お付き合いした会社さんに何回か依頼していくうちに印刷会社のほうが的確なアドバイスを行えるようになってくることですし、依頼するほうも細かい説明をしなくても要望通りの内容の印刷が上がってきたりと、お互いにとってメリットの関係が進んでいきます。
当社三陽美術でももちろん長年ずっとお付き合いのある会社さんがたくさんいらっしゃいます。
これはお互いにメリットある関係がずっと続いているほかないでしょう。

「末永くいいお付き合いを行える印刷会社」 当社の目標です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
名刺・封筒の印刷は、大阪の印刷会社、三陽美術へ
────────────────────────────
三陽美術 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日本の紙幣と印刷技術

日本の紙幣と印刷技術
偽札事件というのが昔も今も後を絶ちません。
日本だけでなく外国でも何千枚もの偽札を使用した事件がありますし、日本でも事件になってニュースに取り上げられることもあります。
ところで紙幣を印刷するのもひとつの印刷技術なのですが、日本の紙幣を印刷する際には、紙に黒透かし、インクに磁気インク、紫外線発光インク、パールインク、印刷技術としてホログラム、マイクロ文字、潜像模様、深凹版印刷などなどものすごく細かい技術を盛り込むことで偽造が簡単にできないような対策を行っています。
もちろん偽造は犯罪ですし、偽造紙幣が出回ると困りますから当然です。

透かしが入ってますね!

コピーをされたくない!というような場合には当社三陽美術でもコピーガード印刷や複製抑止用紙など、
コピーを簡単にできないような印刷サービスもご用意しておりますのでご相談ください。

印刷用紙はどうやって作るのか皆様はご存知でしょうか?

印刷用紙はどうやって作るのか皆様はご存知でしょうか?

よく小学校や中学校の社会科見学などで印刷会社や製紙工場を見学することもありますが、
そのような内容の今回は紹介になります。

紙は木から作るのはみなさんもご存知だと思いますが、まず、木を砕いたり漂白したりしてパルプの繊維を作ります。
このパルプの繊維を水に分散させて0.5~0.8%のパルプが入った水溶液にします。
この水溶液をノズルから大きな網の上に噴射させます。

ちなみにこの網はベルトコンベアのように移動しており、網の移動速度をノズルから出る水の速さと同じにします。
このような動作を行うと、水溶液の水が網の下に落ちてパルプの繊維だけが網の上に残ることになりますので、
毛布ではさんだり、熱を加えて乾燥させますることでパルプの繊維だけが残り、これが紙になるのです。

非常に簡単に説明しましたが、大きな製紙工場に行くとこの流れが大きな機械の中で大量に行われています。
一度見学に行くと紙が非常に身近に感じることができますし、楽しいです。また印刷された紙ってこんな感じに作られるんだと感動します。
ぜひともオススメです・・。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
名刺・封筒の印刷は、大阪の印刷会社、三陽美術へ
────────────────────────────
三陽美術 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

名刺印刷にも活用できるQRコードとは?

大阪の印刷会社三陽美術のブログをご覧いただき、ありがとうございます。
今回のテーマは「名刺印刷にも活用できるQRコードとは?」についてです。

ce0677d24f25347d95f80c17543199c4_s1

最近は、名刺やショップカードなどにQRコードを印刷するという方も増えています。
本記事では、QRコードについて、紹介したいと思います。

【QRコードとは?】

QRコードとは、二次元バーコードとも呼ばれています。
スマートフォンなどのカメラで、QRコードコードを読み取ると、Webサイト等にすぐにアクセスすることができるため、様々な場所で活用されています。
また、SNSのアカウントをQRコードで作成することもできるため、名刺などにQRコードを印刷される方も増えているのです。
以前は、SNSのアカウントIDを名刺に印刷して、受け取った側は、IDを一つずつスマホに打ち込むという作業をしていたわけですから、それを考えれば、QRコードが広まったことで、かなり便利になったと言えるでしょう。

今回のテーマは「名刺印刷にも活用できるQRコードとは?」についてでした。
今回ご紹介したように、QRコードは名刺やショップカードで活用することができます。
その他、チラシやパンフレットなど、様々な印刷物でも活用できますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。
私たち、大阪の印刷会社三陽美術では、名刺やショップカード、チラシやパンフレットの印刷も承っております。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

求人用ポスター印刷のポイントとは?

大阪の印刷会社三陽美術のブログをご覧いただき、ありがとうございます。
今回のテーマは「求人用ポスター印刷のポイントとは?」についてです。

431c3c97f02290d3bb46b8ea5f16c743_s

少子高齢化が進む日本では、従業員の確保ができず困っている企業も多いようです。
多くの企業は、新卒採用や中途採用など、人材募集には多額のコストをかけているのです。
人材募集のツールの一つとして、求人用ポスターといった方法もあります。
そこで今回は、求人用ポスター印刷のポイントについて、ご紹介したいと思います。

【興味をもってもらうことが重要】

求人用ポスター作成の最大のポイントは、自社に対して、興味をもってもらうということです。
そのためには、魅力的なキャッチコピーや、イラスト、写真などをデザインするというのが重要になってきます。
まずは、興味をもってもらわなければ、ポスターの内容(求人情報の詳細)まで読んでもらうことは難しいのです。

今回のテーマは「求人用ポスター印刷のポイントとは?」についてでした。
今回ご紹介したように、求人用ポスター印刷は、自社に興味を持ってもらうためにキャッチコピーやデザインを工夫することが大切です。
求人用ポスターを作成予定の方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。
私たち、大阪の印刷会社三陽美術では、ポスター印刷も承っております。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

カレンダー印刷〜六曜について〜

大阪の印刷会社三陽美術のブログをご覧いただき、ありがとうございます。
今回のテーマは「カレンダー印刷〜六曜について〜」についてです。

d93cf62a3a030ddc63f90130baeb9233_s

カレンダーは、ノベルティとしても人気があります。
カレンダーと一言で言っても、卓上タイプや壁掛けタイプなど様々な種類があるのです。
さらに、印刷されている内容も、それぞれのカレンダーによって異なります。
今回は、カレンダーに印刷されてあると何かと便利な「六曜」についてご紹介します。

【六曜とは?】

六曜とは、暦注の一つで、中国で生まれたと言われています。
六曜には「先勝、友引、先負、仏滅、大安、赤口」の6つの種類があるのです。
日本では、六曜を参考にして大切な物事の日程を決める方も多いのです。
例えば、大安の日は吉日とされているため、結婚式や引っ越し、起業の日などを、大安の日にするという方も多いでしょう。
また、お通夜やお葬式などは、友引の日を避けるというのが一般的です。

今回のテーマは「カレンダー印刷〜六曜について〜」についてでした。
今回ご紹介したように、六曜は様々な場面で意識している人が多いです。
そのため、カレンダーに印刷されていると、とても便利なのです。
カレンダー印刷をご検討中の方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。
私たち、大阪の印刷会社三陽美術では、カレンダー印刷も承っております。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

DMを送るメリットとは?

大阪の印刷会社三陽美術のブログをご覧いただき、ありがとうございます。
今回のテーマは「DMを送るメリットとは?」についてです。

45b790a4a0ed03587988cde3c4720544_s

近年は、インターネットが普及し、メールを使ってDMを送る企業も増えました。
しかし、たくさん送られてくるメールのなかで、DMが埋もれてしまい、読まれずに終わってしまっていることも多いのです。
そのため、はがきや封筒を使ってDMを送る企業もまだまだ多いですよね。
そこで今回は、DMを送るメリットについて、ご紹介したいと思います。

【販売促進】

DMには、様々な種類がありますが、今回は商品の販売促進を目的としたDMについて紹介します。
DMには、販売促進の硬化があります。
例えば、見込み客に対してオススメ商品を紹介するDMや、既存顧客に対して、新商品の紹介などを行うことで、お客様の購買意欲を引き出し、販売促進に繋げることができるのです。
キャンペーン特典など、オトクな情報をDMで送るというのもいいですね。

今回のテーマは「DMを送るメリットとは?」についてでした。
今回ご紹介したように、DMには販売促進の効果が期待できます。
DM印刷をご検討中の方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。
私たち、大阪の印刷会社三陽美術では、はがき印刷も承っております。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Home

検索
フィード
メタ情報

Return to page top