Home

大阪の印刷会社「三陽美術のブログ」

大阪 ポストカード印刷

大阪 ポストカード印刷

年賀状や暑中見舞いなど、日本にははがきで挨拶状を送る習慣があります。
では、ポストカードはどうでしょう?
ポストカードは日本式で言えば絵葉書といったところでしょうか。
裏面に写真やイラストなどが描かれたはがきサイズのカードであり、誰かに郵送する以外にも、気に入ったポストカードをフォトフレームなどに入れて飾ったり、そのままピンなどで壁に張り付けたりして楽しむ方も多くいらっしゃいますね。

市販のポストカードも素敵なものが数多く出回っていますが、自分だけのオリジナルポストカードを作成するというのはいかがでしょうか。
お気に入りの写真や絵をポストカードにしてインテリアにしてみたり、誰かに送ってみるのもいいですね。

ポストカードを作成するのは、意外と簡単です。
個人で作成するのなら、印刷会社さんに依頼しなくても、インターネットで数十枚という単位で依頼することも可能です。
企業さんが数百枚の単位で作成する場合は、やはり印刷会社さんにお願いする方が仕上がりが美しく、手間も省けてお勧めです。
取引先へ季節のご挨拶、というのもお付き合いの中では必要ですよね。
そんな場面で、自社オリジナルのポストカードはきっと活躍してくれることでしょう。

大阪でポストカード印刷を依頼するなら、ぜひ三陽美術にお任せください。

まずはご相談を。大阪の印刷会社、三陽美術

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三陽美術 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

印刷会社で多いイラストレータ8

イラストレータ8

現在、イラスト制作や広告デザインなどに欠かせないソフトであるAdobe社のイラストレータ。
このソフト、元はAdobe社の社内用ソフトウェアだったものを、一般向けにリリースしたのが始まりなんです。

イラストレータは、慣れるまでは扱いが難しいと言われます。
それは、一番の特徴であるベジェ曲線にあるのではないかと思います。

ベジェ曲線とは、ポインタでなぞったとおりに線が描かれるわけではなく、
方向線というものを動かしながら曲線の角度、カーブの大きさなどを決定し描いていくんです。
ペイントなどのソフトを使っていただくとわかると思うのですが、ペンツールを使うとなぞったとおりに線を描くことができますよね。
こういったソフトに慣れている人には特に、難しくて面倒に感じるのではないでしょうか。

ですがいったん慣れてしまえば、角度などは大体つかめるようになりますし、
美しい曲線が描けるので圧倒的に仕上がりがきれいなんです。

また、文字入力や着色ももちろん行えますから、デザインには欠かせないソフトになっているんですね。

ちなみに、現在最新のものはイラストレータCS4。
三陽美術で現在使用しているのは1998年9月に発売されたイラストレータ8です。

イラストレータもばっちり!大阪の印刷会社、三陽美術

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三陽美術 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ココログ出版と印刷

インターネットが普及し、最近特に注目を集めているのが「ブログ」です。
ブログとはウェブログの省略形で、インターネット上で日記を公開することができるというもの。
今みなさんがご覧になっているこのページもそうです。

インターネットの普及に伴い、紙媒体の需要がどんどん減ってしまい、
印刷業界もかなり厳しい状況に立たされる中、どちらをも取り込む新しいサービスが提供され始めました。

それがブログを1冊の本にするというサービスです。

その代表的なサービスを提供しているひとつに「ココログ出版」があります。

ココログは@niftyが提供するブログですが、そのココログを利用するユーザーに向けたサービスとして「ブログ内容を1冊の本にする」という商品を提供しているのです。

ほかのブログでも同じようなサービスはありますが、ココログ出版のポイントは1冊1冊非常に丁寧に作られているということ。
1冊ずつ職人さんが手作りで印刷・装丁を行っているんですね。
さらに、ソフトカバーとハードカバーを選択できたり、表紙や本文のデザインを選べたりといった突出したサービスがあります。

これからの印刷サービスの新しい形ではないでしょうか。
より利用者が多くなれば、印刷業界にとっても新しい風となってくれることでしょう。
そのうち、印刷会社で一括して印刷を担うようになるかもしれませんね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
大阪の印刷会社 三陽美術 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ダイレクトメール印刷

ダイレクトメール印刷

企業さんの中には、封書やハガキなどを使ったダイレクトメールを広告やお知らせの手段として利用されているところも多いのではないかと思います。
ダイレクトメールの目的は実にさまざまなもので、その企業さんによって目的が異なってきます。
例えば、新しい商品やサービスが発売になる時に、お得意様へのお知らせとして。
また、今ある商品やサービスをさらにアピールして、売り上げアップにつなげるため。
さらに、提携する企業さんの商品、サービスなどのPRのため。

ダイレクトメールの形式には、実にいろいろなものがあります。
封書の形をしているものもあれば、ハガキで送られるもの、また圧着ハガキを使ったものなど数多く存在します。
どの方法をとるかは、掲載する情報の種類や量、また送る先の方のタイプなどさまざまな条件を加味しながら最も良いと思われる方法を選ぶことがポイントでしょう。

どの方法を選んでいいかわからない、とお悩みの際には印刷会社さんに相談してみてください。
最適な方法をアドバイスしてもらえると思いますよ。

三陽美術でも、ダイレクトメール印刷に関するお問い合わせ、ご依頼を承っておりますので、ご遠慮なくお尋ねください。
お待ちしております!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
大阪の印刷会社 三陽美術 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

連続伝票

連続伝票

連続伝票は単独の伝票と違い、プリンタなどを通して印刷されることを想定した作りになっています。
専用プリンタやインクジェットプリンタなどを利用して、まとめて伝票をプリントアウトするという企業さんも多いことと思います。

最近特にご依頼の多いものは、マイクロミシン目の入った連続伝票の印刷です。
マイクロミシン目だとミシン目が非常に細かいため、プリンタで紙送りを行う際に引っかかってしまうことが少ないからということ、またカットしたときにも切れ目が非常にきれいということが大きなメリットになっているようです。

連続伝票の場合は、1枚ものの伝票も複写式のものも同じくらい依頼があります。
昔は複写式のほうが圧倒的に多かったのですが…インクジェットプリンタやレーザープリンタが多く使われるようになったということも影響しているようですね。

連続伝票は一度に複数の取引先へ送るための伝票を印刷できるのが大きな魅力です。
会計関係を独自のソフトなどで管理している企業さんも多いので、それにあわせた項目などが入った伝票を作成してほしいということが多いんですよ。

連続伝票にも、通常の伝票と同じように、コーポレートマークを入れたりすることが可能ですから、ご入用の際にはぜひ印刷会社さんに相談してみてくださいね。
もちろん、当社にご依頼いただいてもOKです!
真心こめて対応させていただきます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
大阪の印刷会社 三陽美術 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

DTPとデータ変換加工

DTPとデータ変換加工

DTPとは、「DeskTop Publishing」の略語です。

机の上で出版を行う、という直訳になります。
簡単に言うと出版物のデザインやレイアウトをパソコン上で行い、そのデータを印刷会社に持ち込んで印刷する方法を指します。
ひと昔前までは写植を使用して印刷を行っていた時代でいうところの「版下」の部分までをパソコンでお客様のほうで制作を行うことを言います。
最近はこのDTPが主流になってきて、写植や版下を行うことがずいぶん少なくなりました。
その理由として、家庭用やオフィス用のプリンタやスキャナの高性能化になったことに加えて、かつ機械自体が低価格化したので一般の方も購入できるようになったこと、
またDTPソフトが進化したことなどその理由として言われています。
企業での印刷物や出版に、会社のパソコンでデータを作成してデータを送り出版物を印刷会社で完成させるということが増えたことで印刷会社を取り巻く環境もかなり変わりました。
当社でもWORD(ワード)やEXCEL(エクセル)、POWER POINT(パワーポイント)などの企業でよくお使いのマイクロソフトソフトのデータから変換加工を行い、印刷を行うということもいち早く取り組んできました。
企業さまではプレゼン用の資料作成や、商品用のエクセルデータの印刷など非常にニーズの高い分野ですので、
このようなデータ変換のご相談はこちらからご覧ください。

>> データ変換のご相談

エンゼルピック社さん

エンゼルピック社さん

大阪にある印刷会社さんで、「エンゼルピック社」さんという会社さんがあります。
この印刷会社さんでは、封筒や名刺、のし袋やカレンダーなどの印刷をされています。
通常の印刷業務はもちろんのこと、こちらではそれ以外の商品も取り扱っているんです。

何より便利なのは、自分で印刷するためのツール、商品をオンラインで販売していることでしょう。
封筒や名刺、はがきなどはもちろん、手作りのうちわキットや下敷きセット、メニューセットといったものも購入することができます。
「印刷会社に頼むほどでもないんだけれど…」というような場合や、個人の方にはとても強い味方ではないでしょうか。

なによりキットを購入すれば、自宅のインクジェットプリンタで作成することができるのでとてもお手軽で便利です。
お子さんの自由研究などにも使えるアイテムもありますよ。

さらに、オンライン上で封筒やラベルのテンプレートをダウンロードできるサービスもあります。
印刷会社さんにもいろいろあります。

自宅の家庭用印刷機で印刷した場合はどうしてもきれいにできない・・・
家で印刷すると何時間もかかってしまう・・・

などなどどうしても自宅の家庭用プリンタではできない印刷も多くあります、
そういった部分はプロにお任せするのがいいでしょう。

もちろん、家庭でできない印刷は三陽美術にお任せください。
さらに家で行うのは時間もかかって行う手間を省きたい、という場合もぜひとも
ご相談ください。

通販サイトでお願いするのもいいですが、御社独自の商品などを作りたい場合などは
印刷のプロ、三陽美術がお役に立てると思います。
まずはお気軽にご相談。大阪の印刷会社、三陽美術

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三陽美術 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

SEO対策と「印刷会社 大阪」

SEO対策と「印刷会社 大阪」

皆さんはSEOをご存知でしょうか。
SEOとは、検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)の略です。
ではこの「検索エンジン最適化」とはなんなんでしょうか。

簡単に説明すれば、検索エンジン(グーグルやYahoo検索など)で、特定の語句を入力して検索したときに、
検索結果として上位に表示されるように対策をとること、また結果的に関心の高いユーザーのアクセスをより効果的にアップさせること、ということになります。
近年では、SEO会社なども多く設立されており、インターネットを利用する企業さんのSEOに対する関心が高まっていることがうかがえます。

そんな中、残念ながら検索結果の上位に表示されることだけに固執するあまり、ページの内容とは関係のない、
検索頻度の高い文字列をページの最後などに挿入するなどして検索順位を上げようとするといった、
いわゆる「キーワードスパム」という行為を行うサイト制作会社も出てきてしまったんです。

そのため、検索エンジン側はその対策を取り、スパム行為を行っていると判断されたページについては検索対象からはずされることになりました。
しかし制作会社側もさらに巧妙な手段を使って順位を上げようとし、検索エンジンは常にその対策に追われている…という状況なんです。

実は三陽美術のホームページでも、SEO対策を取っています。
といっても、もちろん正しい手法で作成されたホームページです。
ちなみに、三陽美術のページがもっとも表示されやすい語句は「印刷会社 大阪」です!
最近は結構いろいろな検索キーワードで上位に表示されています。
これからも充実した内容を掲載してまいりますので、ぜひアクセスしてくださいね。

まずはご相談を。大阪の印刷会社、三陽美術

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三陽美術 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

上質紙とマット紙

上質紙とマット紙

以前にもお話したことがありますが、上質紙とはもっとも印刷に使われる用紙のうちの一つで、特に本の本文部や事務用の伝票類、
ノートや原稿用紙などに用いられます。

上質紙は、化学パルプ100%で作られた洋紙で、コピー用紙としても多く使用されています。
白以外にもさまざまな色が存在し、それらは色上質紙と呼ばれています。

また、マット紙とは、マットコート紙とも呼ばれ、コート紙の一種です。
コート紙とは、先の上質紙などの原紙の上に塗料を塗り、表面を平滑にしたもので、マット紙はマット系の塗料を塗ったもの。
光沢紙などとは違い、表面に光沢がありません。
光沢紙などとくらべ、高級感が出る・光の反射を抑えるといったメリットがあり、最近では人気の用紙の一つです。

上質紙は、利用範囲が非常に幅広く、マルチに使用できる紙といえます。
厚いものならはがきや名刺に使用することも可能です。
マット紙は、印刷物の表紙・裏表紙などに使用することで品のあるものに仕上げたり、
また光を反射させたくないポスターのような掲示物などに使用されることが多いようです。
もちろん名刺などに使用して高級感をアピールすることもできますよ。

紙それぞれに向き・不向きな印刷物がありますから、印刷のプロである印刷会社さんにまずはご相談くださいね。
三陽美術でも紙のアドバイスをさせていただきますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

まずはご相談を。大阪の印刷会社、三陽美術

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三陽美術 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

封筒印刷会社さんと三陽美術

封筒印刷会社さんと三陽美術

印刷会社もいろいろあるのですが、封筒を専門に扱う印刷会社さんというものが存在します。
こういった会社さんは、封筒をメインに印刷されているため、封筒印刷に関してはより強みがあります。
しかし、通常の印刷会社さんに依頼するよりも、より凝った封筒を作ることができるんです。

例えば別注として、通常ではできないような特殊な紙を使用できたり、形の変わったものを作ることができます。
また、型抜きを施したり、箔押しをしたりといったこともでき、よりオリジナリティあふれる封筒を作ることができるんです。
さらに目の不自由な方のために点字を施すサービスを提供している封筒印刷会社さんもあります。

特殊なテクスチャーのある紙を使って金属のような重厚感のある封筒を作ったり、銀紙に箔押しをして高級感を出したり、海外の雑誌や包装紙を封筒にすることもできるんですよ。

封筒印刷会社さんでは、封筒に関しては幅広い加工ができるので、ご自分のイメージをより満足できる形で再現できる可能性が広がります。

ビジネスはもちろん、プライベートでの利用もお勧めですよ。

自社のイメージアップやアピール力を高めるといったことはもちろん、受け取った方がうれしくなるような、楽しい封筒を作ってみるのもいいですね。ちなみに当社三陽美術は封筒印刷会社、とまではいいませんが、特色印刷を始めいろいろな封筒印刷ができるので、
封筒印刷会社さんではできないこともできたりします。

そういった部分封筒については何でもご相談ください。

封筒のご相談は大阪の印刷会社、三陽美術

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三陽美術 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

領収証の印刷

領収証の印刷

ビジネスシーンでは、領収証を使用することが多々あるかと思います。
特にお店を経営されている場合などはより使用頻度が高いのではないでしょうか。

取引先やお客様にお渡しする領収証ひとつでも、会社の印象を左右するものになりえます。
きちんと印刷されたものをお渡しして、良い印象を与えておきたいところです。

印刷会社に領収証の印刷を依頼すれば、会社名や所在地、電話番号などの基本情報はもちろんのこと、会社ロゴなどを印刷することも可能です。レイアウトなどご希望にあわせて作成することができるので、その企業さんにあわせた使い勝手の良い領収証ができあがるというわけです。

デザインなどもご要望に応じて、ご自分で作成されたものなどでお作りすることも可能なため、オリジナリティを発揮することもできます。
さりげなくお渡しする領収証で、企業アピールをしてみませんか?

領収証は金額を確認したりするためにきちんを目を通される可能性の高いツールです。
個性のある領収書なら、相手の心に印象を残すこともできるのではないでしょうか。
そこからビジネスチャンスが舞い込んでくる…なんてこともあるかもしれません。

取引・商売に使用する領収証の印刷も、三陽美術にお任せください!

領収証の印刷もおまかせです。大阪の印刷会社、三陽美術

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三陽美術 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メニュー印刷

メニュー印刷

メニューといえばまず、飲食店が思い出されるのではないでしょうか。
勤務時のランチや、休日のディナーなど、外食の機会は結構多いですよね。
そんなときに入った飲食店でさまざまなメニューを目にされることでしょう。
また、飲食店のみならず、エステサロンやネイルサロンなどのようなサービスを
提供するお店などでもメニューを見る機会があると思います。

メニューの中には、手書きでかかれたものからきちんと印刷されたものまで、実に幅広いものがあります。
それらのメニューで重要なのは、やはりわかりやすく明快であること、
そして印象に残ることだと私たちは思っています。

ですので当社では、商品名、商品の簡単な説明や価格を見やすく掲載するのはもちろん、
デザインも凝ったものやお店をアピールできるものをお勧めしています。

メニューはお店にとってもっとも重要な「商品」をアピールするツールです。
来店されたお客さんがまず目にするものですから、そんなお客さんの心を、まずがっちりとつかむことのできるメニューを作成してみませんか?
もちろんその期待に見合う商品を提供するのはいわずもがな、ですが…。

メニュー印刷も三陽美術にお任せください。
ご依頼お待ちしております!
メニュー印刷もおまかせです。大阪の印刷会社、三陽美術

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三陽美術 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

オンデマンドシール・ステッカー

オンデマンドシール・ステッカー

「オンデマンド印刷」とは、少量でさまざまな種類のものを印刷する場合に適した印刷方法です。
必要なものを、必要な数だけ、印刷することができます。
自分たちで印刷するにはちょっとコストや時間がかかりすぎる、という場合にはぴったりです。
オンデマンドはほかの印刷方式と違い、製版作業を必要とせずデジタルデータをそのまま印刷することができるため、小ロットを低価格で提供することができるんです。

ただしもちろん、デメリットもあります。
トナー方式での印刷のため、色や濃さなどにムラが生じたり、印刷位置が一枚一枚微妙にずれたりということがありますので、精密さが要求される印刷物には向いていません。

また、製版をしないため、データの差し替えが簡単に行えるのもメリットのひとつです。
そのため安価でスピーディーに印刷物を提供することができるんです。

このメリットを生かしてシール・ステッカーを印刷することができるサービスがあります。
自由にデザインし、それを少量でも印刷してくれるため、企業さんだけでなく個人の方でも気軽に依頼することができます。

自分の完全オリジナルステッカーを作ってみませんか?
車やバイク、カバンなどに貼って個性をアピールしてみてはいかがでしょうか。
オンデマンドシール・ステッカー、お勧めです!

型押し印刷のすすめ

型押し印刷のすすめ

時々、印刷物の一部がぽこっと膨らんでいるものを見たことがありませんか?
あれがいわゆる「型押し(エンボス)印刷」というもので、印刷の特殊加工のひとつなんです。
この加工は、浮き立たせたいデザインの形をかたどった金属版(凸版と凹版)を作成し、
それを使ってプレスすることで、用紙の表面を浮き出させる加工のことです。
この加工は、実際にその印刷物に触れていただくとよくご理解いただけると思います。

注目させたい部分やワンポイント、会社のロゴなどといったものを浮き立たせ、見る相手にアピールするにはまさにぴったりの加工なんですね。

実はこの型押し印刷というのは、あまり多用されているものではありません。
それだけに、まだまだ注目度の高い加工だといえます。
実際、この加工を見たことがある人は目を引かれたのではないでしょうか?
変わった加工を使っているなぁと思われた方も少なくないのではないかと思います。

あまり薄い紙には使えませんが、ある程度厚みのある紙を使った印刷物なら可能なので、ぜひお試しください。
会社案内や学校案内、名刺といった、よりアピールの必要な印刷物には特にお勧めします。

型押し(エンボス)印刷も三陽美術にお任せください!
美しい仕上がりにきっとご満足いただけると思います。

型押し印刷もおまかせです。大阪の印刷会社、三陽美術

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三陽美術 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

伝票印刷のご依頼

伝票印刷のご依頼

仕事上ご使用になる伝票には、さまざまな種類のものが存在するかと思います。
納品書や請求書、見積書、領収書などといったものがありますね。
もちろん文具屋さんなどで市販されているものも多くありますから、それで対応することもできますが…。

ここはやはり、取引先やお客様などにきちんとした印象を与えるためにも、会社名の入ったかっちりとしたものを印刷会社に依頼して作成しておきたいものです。

印刷会社に依頼できる伝票は、実に多種にわたります。
種類はもちろんのこと、手書きなのか、レーザープリンタを使うのか、それともドットプリンタなのか、
またパンチ穴をあけるのか、ミシン目を入れるのかなどの選択も可能です。
さらに複写伝票などを依頼することもできますし、その複写の色を変えることもできるのです。
印刷会社に依頼すれば、それらを組み合わせて、お好みの伝票を作成することができます。
社名ロゴなども印刷することが可能なので、オリジナル色の強い伝票を作成してアピール力を高めるのもいいです。

また、現在使用している伝票があるのでそれと同じものがほしい、
という場合も印刷会社で対応できますので、ぜひご相談してみてください。

三陽美術でも、オリジナル伝票の作成を承っておりますので、お気軽にご用命ください!

伝票印刷のご依頼もおまかせです。大阪の印刷会社、三陽美術

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三陽美術 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ポケットホルダー印刷

ポケットホルダー印刷

みなさんはポケットホルダーというものをご存知でしょうか。
仕事で使ったことがある、という人もいらっしゃるのではないかと思います。

ポケットホルダーとは、ポケットファイルやポケットフォルダ、タトウなどとも言われ、
プレゼンなどによく使われるポケットの付いた二つ折りの紙製ファイルのことです。
ポケットにすっきりと販促ツールをまとめることができるので、使い勝手も良いポケットホルダー。
ポケットの部分に名刺を差し込むこともでき、非常に便利です。

こういえば「ああ、あのホルダーね」と思われる方も多いと思います。
それくらいビジネスの現場では使用される頻度の高いツールです。

紙製とはいえ、グロス加工などを施した高級紙で作成すれば、お客様からのイメージも高めることができるんですよ。

印刷会社さんによってポケットの形状など微妙に違ってきますので、お好みや用途にあったものを選ぶと良いかと思います。
デザインはもちろん自由なので、オリジナルのポケットホルダーを作成してイメージアップを狙ってみてはいかがでしょうか?

オリジナルポケットホルダー印刷も三陽美術へお申し付けください。
より美しく、ご希望に沿ったものを作成いたします。

ポケットホルダー印刷もおまかせです。大阪の印刷会社、三陽美術

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三陽美術 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

カッティングシートとは?

カッティングシートとは?

カッティングシートをご存知ですか?
カッティングシートとは、塩化ビニール製の片面に糊がついた薄いシートを台紙に貼りつけてある、シール状になった装飾用シートのことです。
このカッティングシートは、シール状という性質からいろいろな素材に貼ることができるため、さまざまな看板の広告面に使われています。
発色が非常にきれいで、耐候性も強いため、外に掲示する看板にはもってこいの素材なんです。

カッティングシートはあらかじめデザインした文字やイラストなどを元に、専用の機械でカットしていきます。
色も1色だけでなく、複数の色を組み合わせることも可能です。
色は数十種類あり、シートにも不透明・半透明・透明の3種類があるので、よりイメージに近い広告を作ることができますよ。

ちなみにカッティングシートは、業者さんにお願いして貼ってもらうことはもちろん、順序良く丁寧に作業すれば自分たちで貼ることも可能です。
どうしてもレイアウトにこだわりがあって、自分たちで満足の行くように貼りたいという方にも対応が可能というわけです。
ただし作業の際は、2名以上で行うことをお勧めします。

三陽美術では、カッティングシートに関するご相談も承っております。

カッティングシートもおまかせです。大阪の印刷会社、三陽美術

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三陽美術 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

連続伝票?

連続伝票

「連続伝票」とは、つながった状態になっており、ドットプリンタなどで連続して印刷することが可能になっている伝票のことです。
ビジネスの現場ではよく使われているものですから、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

この連続伝票には、いろいろな種類が存在します。
納品書・売上伝票・請求書・請求明細書・受領書・領収書・見積書など、仕事上取引先の企業さんとやりとりすることの多い伝票です。

これらの連続伝票は、ベースを印刷会社さんに依頼して印刷してもらうことがほとんどかと思います。
サイズ・規格などは決まりがあるため、自社で使われるプリンタの対応サイズを確認したうえで、そのサイズのものを印刷会社さんに作ってもらいましょう。

ひとつひとつ通常のプリンタで印刷することももちろん可能ですが、数がかさんでくると時間も手間もかかります。
そんな時には、連続伝票を導入してみてはいかがでしょうか。
一度にいくつもの伝票を印刷することができるので、時間も手間も省くことができ、他の仕事に時間を回すことができるんです。
お勧めですのでぜひ使ってみてくださいね。

連続伝票の印刷、作成も三陽美術にお任せください。
迅速で、美しく仕上げます!

連続伝票、お任せください。大阪の印刷会社、三陽美術

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三陽美術 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

学校案内 パンフレット印刷と甲子園

学校案内 パンフレット印刷と甲子園

各学校の設置学科や設備、教育理念などが掲載されている学校案内、
みなさん一度は目にされたことがあるのではないでしょうか。
三陽美術でも、この学校案内の印刷依頼をいただいている学校がいくつかあります。
その中のある高校が、甲子園に出場したんですよ!

学校案内の印刷でお付き合いをさせていただいている学校が甲子園に出る、というのは、
私たちにとってもやはりうれしいことなのです。

そして、自慢したくなるんですよね。(もちろん実名は出せないんですが・・・)

そこから、印刷のお仕事をいただくきっかけになることもあるかもしれません。
「甲子園に出た高校が学校案内を三陽美術に印刷しているんだって!じゃあうちも頼もうか」
というようなことが…あればいいなと思っています。
また、そうして話すことで、この高校の宣伝効果にもなるんじゃないかと個人的には思っているんですが…いかがでしょう?
(ブログに実名は書けないのですが・・)

もちろん、甲子園に出たからといって印刷に関して特別扱いというわけではありませんし、
他の学校さんや企業さんからのお仕事も、一生懸命、誠意をこめてさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

学校案内、パンフレット印刷なども三陽美術にお任せください。
訴求力が高く、美しい印刷物に仕上げます。

学校関連の印刷もおまかせです。大阪の印刷会社、三陽美術

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三陽美術 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

薬袋印刷て?

薬袋印刷て?

病院にいって薬を処方された時に、病院や薬局でもらう薬の入った「薬袋」をみなさんも見たことがあると思います。

病院・薬局によってさまざまな薬袋が使用されていますが、たいていはその病院や薬局の名前、住所、
電話番号などが記載され、いつ・どのくらいの量を飲むのか、何日分処方されているのかといった情報を書く欄が設けられています。

この薬袋の印刷も、印刷会社にとっては大切な仕事のひとつです。

病院には誰しもがかかるものですし、薬の処方もたいていの場合はされることが多いものです。
そのため、薬袋の需要は案外多いんです。

薬袋のデザインも、その病院や薬局の使いやすいものを打ち合わせて決めていきます。
最初からデザインを考えておられるところももちろんありますから、その場合はご希望通りに印刷をしていきます。
小児科や歯医者さんだったら、かわいらしいデザインなんかも人気ですね。
しかし何よりも、患者さんに説明しやすく、わかりやすい薬袋であることが一番重要です。
また、病院や薬局の情報についても間違いがあってはいけませんから、何度もチェックをします。
こうして、薬袋は作られているんです。

薬袋の印刷も、三陽美術にぜひご用命ください。
薬袋の印刷もおまかせです。大阪の印刷会社、三陽美術

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三陽美術 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

原稿と色味が違う?RGBとCMYK

カラーのデータには、RGBとCMYKというものがあります。

パソコンでカラー原稿を作成し、印刷会社さんに依頼して印刷してみたら、
原稿と色味が違っていた…というご経験のある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
たいてい、ためし刷りの段階で違いには気づかれると思いますが…。

これは、パソコンで扱われるカラーのデータと、印刷の際のデータの種類が違うために起こる現象です。

パソコンのモニタで表現されるカラーデータはRGB。
R(レッド)・G(グリーン)・B(ブルー)の光の3原色を混ぜ合わせることでさまざまな色を表現する方法です。
反面、印刷の際に使われるデータはCMYKで、これはC(シアン)・M(マゼンタ)・Y(イエロー)・K(キー(ブラック))の色の3原色+ブラックの4色を使って色を表現する方法です。

そのため、通常は原稿を作成する際にカラーデータをCMYKにて作成していただいているのですが、
この処理がされていない原稿に関しては自動変換することも可能ではあります。
ですが、CMYKはRGBに比べ、再現の範囲が狭いため「モニタで見ていたイメージと違う」ということが起こるわけですね。

印刷物のカラー原稿作成の際には、カラーデータの変換をお忘れなく!

まずはご相談を。大阪の印刷会社、三陽美術

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三陽美術 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

名入れ領収書印刷とは?

ビジネスシーンで非常に良く使われるものの一つである領収書。
特に商売をされている企業さんであれば、必ず必要なものです。
これを一から、自社のスタイルに合わせて印刷するのは非常に使い勝手がよく、便利な領収書を作成することができるのでお勧めです。

が、それではコスト的にどうしても…という場合や、どうしても市販の領収書で使いたいものがある、という場合などには、既成の領収書に会社名などを刷り込む印刷が可能なんですよ。
これまでずっと使ってきた領収書の方が何かと使いやすい、管理するのに領収書が変わってしまうと都合が悪いといったさまざまな理由が企業さんによってあるかと思います。

これなら、わざわざ領収書を一から作るほどでもないんだけれど…というお客様にも便利でお気軽にご利用いただけます。
ナンバリングなどを入れることも可能ですから、管理もしやすいですよ。

複写式や控付きのもの、大きさなど印刷できる既成の領収書は印刷会社さんによって違いますから、まずはご相談してみてください。

三陽美術でも、名入れ領収書印刷を承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。
お気に入りの既成領収書を、より見栄え良く仕上げてお渡しいたします!

まずはご相談を。大阪の印刷会社、三陽美術

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三陽美術 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

横断幕とオンデマンド印刷

横断幕とオンデマンド印刷

今回は、オンデマンド印刷で横断幕を印刷することについてお話しします。

オンデマンド印刷というと、必要なときに必要な量だけ印刷することができる便利な印刷方法であることは以前お話しました。
この方法は、横断幕を製作するときには非常に有効です。

横断幕は、ご存知のとおり数はそれほど必要がなく、少なければひとつでよいという場合も少なくありません。

しかし、横断幕というものはそれなりに大きさがあり、自分たちで作成するのは結構大変です。
自作したもののほうが味があっていい、というような催しなどならそれでもいいでしょうが、きちんとしたものを作成したいなら、
やはり印刷会社さんに依頼することをお勧めします。

印刷会社さんでも、ごく少量の横断幕を印刷する場合は通常の印刷方法では採算が取れず、まず作成することはできないでしょう。
せっかく製版を行ったとしても、少量のみであれば再利用する可能性がほとんどないため、版が無駄になってしまうからです。

そこで、このオンデマンド印刷という方法を使用するんですね。

安価でスピーディに横断幕を作成するなら、オンデマンド印刷をご活用ください。

横断幕とオンデマンド印刷についても、三陽美術にお気軽にご相談ください。

横断幕とオンデマンド印刷もお気軽にご相談。大阪の印刷会社、三陽美術

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三陽美術 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

はがきスピード 印刷

はがきスピード 印刷

印刷会社さんでお客様から印刷のご依頼をいただく際、お仕事で使われる名刺などの印刷物は、スピード印刷対応ができることがほとんどです。
ビジネスツールに関しては、気づいたら残り少なくなっていて、すぐにでも必要という緊急を要することが多いもの。
そのため、すぐに手に入るよう印刷するにもスピードが必要不可欠です。

しかし、はがきなどもスピード印刷ができるって知ってましたか?
はがきもビジネスシーンでは意外に必要とされるツールです。
ですが気づけば郵送しなければいけない時期に来てしまっていて、
慌てて準備しようにも数が多くて結局遅れてしまった…という経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
仕事上、他の業務に気を取られてしまい、印刷物にまで気が回らなかったというのはよくあることです。

そんなときに、はがきのスピード印刷は非常にお役に立ちますよ。
納期もある程度融通が利きますから、ぜひ一度、対応している印刷会社さんにご相談ください。

三陽美術でも、そんなお困りのお客様のスピード印刷に対応させていただいた経験をいくつも持っています。
急いで印刷してほしい印刷物がある時は、ぜひお気軽にお問い合わせください。
できるかぎり、ご希望納期に対応させていただきます!

まずはご相談を。大阪の印刷会社、三陽美術

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三陽美術 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

シュリンクラベル印刷とは?

シュリンクラベル印刷とは?

みなさんは「シュリンクラベル」をご存知でしょうか?
あまり聞きなれない言葉で、いまいちぴんとこない…という方がほとんどではないかと思います。

ですが、実はかなり見慣れたものなんです。
このシュリンクラベルが使用されていて、一番よく目にするものといえば、ペットボトル飲料でしょう。
ペットボトル飲料のボトル表面に商品の名前や内容物の情報などが掲載されたビニール製のラベルがまかれていますよね。
あれがシュリンクラベルなんです!

これはその商品の情報を掲載するにはうってつけの印刷物で、
消費者から見ても非常に分かりやすく、目に付きやすいというメリットがあります。
そのため、この部分には消費者の購買意欲を高めるためのさまざまな印刷がなされているといっても過言ではないんです。

ペットボトル飲料なら、よりおいしそうに見え、内容をイメージしやすく、より目に付きやすいデザインを施したり、開催中のキャンペーン情報を掲載してみたり、さらには有名キャラクターとのコラボレーションによって、そのキャラクターを印刷したりとメーカーさんによってさまざまな戦略が見られるツールです。

三陽美術でも、このシュリンクラベルの印刷を承っております。
より美しく、効果的なシュリンクラベルの印刷をご希望なら、ぜひ当社にお任せください。

まずはご相談を。大阪の印刷会社、三陽美術

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三陽美術 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ナンバー印刷

ナンバー印刷

伝票類のなどの管理に必要なナンバー。
これがあるのとないのとでは、管理の手間や便利さに大きな違いがあります。

ナンバーは自分たちで手書きで書き入れている、という企業さんも少なくないようです。
が、きちんと印刷されたものなら、手書きでは間違いやすい「1と7」や「6と8」といったような
紛らわしい数字もしっかり見分けることができますから、さらに手間を省こうと思われるなら、
ナンバーをあらかじめ印刷で入れてしまうことをお勧めします。

ナンバー印刷は、伝票類にはもちろん、チケットやメンバーズカードなどへの印刷ももちろん可能です。
取引先やお客様へお渡しする必要のあるものは特に、
手書きよりもナンバー印刷されているものの方がきちんとした印象を与えることができます。

「ナンバー印刷なんてちょっとしたこと」とお思いになるかもしれませんが、そんなことはありません。
手書きのナンバーだと「ナンバーなんて適当に書いているだけだろう」と思われることも多々あるんです。

自社がきちんと管理している会社であることを印象づけるとともに、
実際に正確な管理をするためにもナンバー印刷は非常に活躍するものなんです。

三陽美術でも、伝票やチケットなどのナンバー印刷を承っておりますので、
必要な時にはぜひご用命くださいね。責任を持って印刷仕上げさせていただきます!

まずはご相談を。大阪の印刷会社、三陽美術

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三陽美術 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

はがき印刷を水戸市から注文があった話

はがき印刷を水戸市から注文があった話

実は以前、茨城県の水戸市から三陽美術へはるばるご注文をいただいたことがあります。
なんでも、インターネットで検索をされて、当社のホームページをご覧になり、わざわざご注文くださったとのこと。

確かに三陽美術のホームページでは、当社の魅力を最大限にお伝えしておりますし、どんな印刷物を取り扱っているのかが一目でわかるようになっています。
そのお客様がおっしゃるには「非常にわかりやすくまとまったホームページで、問い合わせの方法もわかりやすく使いやすかった。信頼できる印刷会社だと思ったので…」と。

昔は人づてでのご紹介で仕事の幅が広がっていましたが、今ではインターネットからこうしてお仕事をいただく範囲が広がっていく時代なんですね。

とても思い入れを込めて作成したホームページですので、それを見てご注文をいただけるのは、本当にありがたいことです。
特に遠方からのお客様からのご注文は、地元の印刷会社さんではなく当社をわざわざ選んでくださったということでより嬉しい気持ちが倍増しますね!

もちろん当社では、お近くのお客さまから遠方のお客様まで、丁寧に、親身になって対応させていただきます。
遠方のお客様に対しては、特に安心感を持っていただけるよう、お電話やメールなどでこまめにご連絡し、打ち合わせさせていただきますのでどうぞご安心ください。

遠方のお客様も大歓迎です!印刷のことはご遠慮なく三陽美術へご相談ください。
大阪以外でもご相談を。大阪の印刷会社、三陽美術

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三陽美術 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ワードでのデータを印刷

ワード印刷

以前、当社でワードやエクセル、パワーポイントなどで作成したデータを、
印刷会社さんで印刷してもらえるように変換するサービスを行っているとお話ししました。

今回はその中でも、ワードで作成したデータについてお話します。
ワードは、ビジネス上で非常によく使われている書類作成ソフトです。
昔は一太郎と勢力を二分していましたが、最近ではワードを利用する企業さんがほとんどになってきているようです。
個人レベルでも、Windowsパソコンを購入するとパッケージとしてWindows Officeシリーズ
がインストールされていることが多く、その中にワードが入っているためそれをそのまま使用しているという方がほとんどです。

このワードで作成されたデータ、前出のようにそのまま印刷会社さんに印刷を依頼しても、実際の印刷物に仕上げることはできません。
印刷の工程で使用できるデータ形式ではないため、データ変換作業を行う必要があるわけです。
データ変換を行えば、ワードで作成された文書でも印刷物として仕上げることが可能です。

当社ではデータ変換サービスはもちろん、ワードデータ内で使用されているイメージなども美しくデザインして印刷させていただいています。
きっとご満足いただけると思いますので、ぜひ一度お試しください!

ワードデータの印刷は三陽美術へお任せください。

まずはご相談を。大阪の印刷会社、三陽美術

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三陽美術 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

北陸紀州製紙

北陸紀州製紙

有名な製紙会社さんのひとつに「北陸紀州製紙」という会社様があります。
こちらでは、洋紙、白板紙、特殊紙やパスコ・ファイバーなどを取り扱っています。
特に紙でありながら強靭な強さを持ち、まるでプラスチックのような強さのあるパスコ・ファイバーには注目が高まっており、
梱包材や自動車内装材、電気絶縁材、パッキン、収納ケース、ファイルやノート、トランクなど、さまざまな産業で利用されています。

製紙会社様の中でも第一線で活躍されている会社さんですから、もちろん環境問題への取り組みにもとても積極的に活動されています。
例えば、環境への負荷を低減するECF(無塩素漂白)を使ったエコパルプの作製や古紙の再生、管理された植林木を紙の原料に採用するといった取り組みを行っています。
また、「バイオマス」と呼ばれる稲ワラ、モミガラ、トウモロコシなどを原料として使用した際に発生するCO2は、再び植物に吸収されるため、地球温暖化ストップに貢献します。
北陸紀州製紙さんでは、黒液や木くずなどの「バイオマスエネルギー」の利用を積極的に行っています。
これらの取り組みによって、平成17年には「農林水産大臣賞」を受賞しているんです。

エコロジーと製品の質の高さを実現し、それを継続されている良いお手本の会社さんですから、
私ども三陽美術も見習って精進したいと思います。

まずはご相談を。大阪の印刷会社、三陽美術

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三陽美術 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の大一洋紙店様

大阪の大一洋紙店様

大一洋紙店様は、印刷会社にとって大切な「紙」を取り扱っている会社さんで、印刷会社とはもちろん切っても切れない間柄です。
大一洋紙店様ではいろいろな種類の紙を取り扱っております。今回は紙屋さんの話。

紙にもさまざまな種類が存在します。
もっとも親しまれ、よく使われる紙としては、上質紙、ケント紙、更紙などがあります。
上質紙は本の本文部やコピー用紙などに使用される、化学パルプ100%の紙です。
ケント紙は、製図・図画などに使われる厚紙で、強度の強い繊維を使用しています。
更紙は化学パルプを40%以下に抑え、残りを砕木パルプで補った用紙で、新聞や雑誌などによく使われます。
これ以外にも多くの紙があり、印刷の用途やイメージ、コストなどを考えながらよりベストな用紙を使用することが、良い印刷物を製作することにつながります。

私たち印刷会社でも、お客様からご依頼いただいた印刷物にどの紙がベストなのか、
紙を取り扱う業者さんにアドバイスをいただくこともあります。
やはり紙のことは、紙の専門家にお尋ねするのが一番ですからね。

それと同様、印刷のことはやはり印刷会社さんに聞かれるのが一番です!
当社でも、お客様からの印刷についてのさまざまなご質問をお受けしますし、
その際にはひとつひとつ、そのお客様のご希望に沿ったお答えをさせていただいております。
印刷をするにあたっての疑問やお悩みなどは、どうぞお気軽に三陽美術へお問い合わせください。

まずはご相談を。大阪の印刷会社、三陽美術

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三陽美術 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Home

検索
フィード
メタ情報

Return to page top