ホーム > タグ > ARプログラム

ARプログラム

AR印刷 AR(拡張現実)とは?

■AR印刷 AR(拡張現実)とは?■

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。
今回のテーマは「AR印刷 AR(拡張現実)とは?」についてです。

AR(拡張現実)という言葉を聞いたことがありますでしょうか。
近年注目されている最新技術のひとつで、現実世界に仮想の情報である「何か」を追加することで現実にはない新しい情報を生み出す技術…これをAR(拡張現実)と呼んでいます。

AR(拡張現実)はスマートフォンの登場と共に一般への認知が急速に広まったように思えます。
例えばカメラをかざすと、英語や韓国語を翻訳してくれたりなど…AR(拡張現実)は未来のある新技術として注目されています。

一見、印刷業界とは無縁の話題と思われますが、ARを活用した印刷はすでに使われています。
レゴブロックで有名なLEGOもパッケージにAR印刷をほどこし、カメラにかざすと立体CGが浮き上がりブロックがアニメーションしたりなどARの試みをしていたり、家具メーカーのIKEAもカタログページにARマーカーを仕込み、アプリで読み込むと3D画像やメイキングムービーなどが見れます。

ARプログラムは無料から有料まで、ありとあらゆるARプログラムを構築するツールや、制作を代行する企業が存在するため、プログラムを準備することは容易になってきています。
そうなるとあとは印刷。AR印刷を導入したい場合はぜひ三陽美術にご相談ください。

スマートフォンと印刷物、この2つを結びつけるAR印刷の導入をお考えの際は、大阪の印刷会社三陽美術までまずはご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Home > タグ > ARプログラム

検索
フィード
メタ情報

Return to page top