ホーム > タグ > 薬袋印刷 依頼 相談

薬袋印刷 依頼 相談

印刷の歴史

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「印刷の歴史」についてお話したいと思います。

個人の家庭にも低価格でプリンターが導入できるようになった昨今、印刷は非常に身近なものになりました。
しかし印刷技術が誕生した当初は木版に手掘りで絵や文字を掘らなければならなかったりと容易なものではありませんでした。

急速な広がりを見せたのはヨーロッパで活版印刷の技術が発明されてからでしょうか。
活版印刷というのは活字を組み合わせて作られている活版というものを使用して印刷できる技術で、画期的なものでした。

しかしこれらは日本を始めとした漢字圏の国々ではあまり定着しなかったと言われています。
ヨーロッパではアルファベットを印刷するわけで、アルファベットというのは26文字という少数で構成されています。
ですのでたくさんある漢字よりも活字が少なくすんだというのがヨーロッパでは普及した理由でしょう。

長きにわたって印刷技術を牽引してきた活版印刷ですが、最近はデジタルコンテンツが増え、選択肢も多様化しています。
しかし、たとえば、封筒や薬袋などは、デジタルでは用をなさないものですね。
紙に印刷し、組み立ててこそ始めてその用途を満たします。

このように、それぞれの長所を活かした棲み分けが行われつつある。というのが最近の傾向になっています。

三陽美術では紙質、表示内容、印刷色数など医院のご希望を取り入れたオリジナル薬袋を製作いたしております。
まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

堺市西区で薬袋の小ロット印刷をおこないました

堺市西区で薬袋の小ロット印刷をおこないました

>>薬袋の印刷はこちら

ブログをお読みいただきありがとうございます。大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

封筒印刷、名刺印刷、伝票印刷なら大阪の印刷会社三陽美術

エボラ出血熱の感染拡大が話題になっていますね。
感染してしまうと、治癒するか否かは、年齢や性別や食生活などの健康状態などは関係ないということを7月に現地で治療にあたっていた専門家の方がテレビで話していらっしゃいました。

空気感染はないということなので、濃厚な接触をしない限り感染することはないという話ですが、日本でもし水際対策に不備があり、一般に感染者が出た場合は初期症状の発熱の段階でも公共交通機関で出社する方は多くいらっしゃるでしょうし、一気に感染拡大してしまいそうだと想像力が働いてしまいます。

さて先日堺市西区で薬袋の小ロット印刷をおこないました。
小児科も併設されている個人医院さまですが、患者さんから同時に家庭内で複数の子供が病気にかかっているとどの子がどの薬なのか混乱してしまうというお話を伺ったそうです。

お子さんが同時に病気をされる際にはその面倒を見ている際に親御さんも感染してしまうことは多いですし、通常なら間違いをおかすことがないような判断でも大人にうつって重症化している上に、複数の子供が同時にぐずっていると意識が朦朧として判断力が鈍るということは想像できます。

そんなお話から、年齢と用法容量を袋ごとに区別し、はっきり大きく表示したものを数種類用意することにしたそうです。

実験的に小ロットで印刷し、コストと評判を見てロット数を判断していくことになりました。

用法を記号でわかりやすく表現するなど、デザインの相談にも乗らせていただきました。
大ロット印刷はもちろんのこと、小ロット印刷でも問題はありません。

薬袋の印刷にお困りの方がいらっしゃいましたら、ぜひお気軽に私たち三陽美術にご連絡くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

奈良県宇陀市で薬袋の印刷をおこないました

奈良県宇陀市で薬袋の印刷をおこないました

>>薬袋の印刷はこちら

ブログをお読みいただきありがとうございます。大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

封筒印刷、名刺印刷、伝票印刷なら大阪の印刷会社三陽美術

奈良県宇陀市では世界最大の両生類のオオサンショウウオの保護のために、生息調査に乗り出しています。
オオサンショウウオは、県内で宇陀市や宇陀郡の山間地に分布しているそうです。
「生きた化石」とも言われる特別天然記念物ですから、絶滅してしまわないように保護していきたいですね。

そんな奈良県宇陀市の薬局で薬袋のご依頼があり、印刷いたしました。

お近くの小児科病院を提携を組んでいる薬局なのですが、お子様が喜ぶような薬袋を作りたいと相談がありました。
シンプルな薬袋より、可愛い薬袋のほうがお子様も薬を飲む気持ちになるでしょうね。

三陽美術では、ご要望に合わせたデザインで薬袋を印刷いたします。
他の薬局とは違うデザインで作成したい場合にも対応しておりますので、
ぜひお問い合わせください。

大ロット小ロットに関わらず、様々な印刷をおこなうことができます。
小児科の子供用薬袋以外にもなにか印刷にお困りであればぜひお気軽に私たち三陽美術にご連絡くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

薬袋の印刷も小ロットから可能です!

薬袋の印刷も小ロットから可能です!

>> 薬袋の印刷はこちら

ブログをお読みいただきありがとうございます。大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

病院とは、なんらかの病気を患った方がいく場所ということもあり、どうしても暗い雰囲気になってしまいがちですよね。
とにかく早く治すことが大事なのだということは分かっているのですが、病院で診察を受けて処方されて受け取る薬の入った薬袋の話です。

シンプルなデザインのものが多い気がしますが、薬以外に患者様が唯一持って帰るその薬袋にちょっとした工夫が施されているだけでなにか前向きな気持ちになることもあるのではないでしょうか。

年配の方となると特にそこは気にならないという方が多いかもしれませんが、お子様の場合だといかがでしょうか。
工夫された薬袋をみただけで子供が喜ぶということもあると思います。
病は気からといわれるように、前向きな気持ちを持つことによって病気が早く治る可能性もあるのです。

小ロットでの印刷も承っております。
薬袋の印刷をお考えの皆様、大阪の印刷会社、三陽美術ぜひ一度ご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

薬袋印刷のご依頼・ご相談の流れ

■薬袋印刷のご依頼・ご相談の流れ■

大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。
今回のテーマは、「薬袋印刷のご依頼・ご相談の流れ」についてです。

当社の場合は、デザイン会社様からご依頼を受けることが多いです。医院や薬局店はデザイン会社様に薬袋のデザイン印刷の発注をし、デザイン会社様から印刷データを受け取り薬袋印刷をします。

薬袋の原物をお預かりして、同じサイズ同じ印刷内容でお受けすることもあります。また原物をお預かりして、住所や電話番号などの文字の一部変更の際はデータ加工後に印刷作業を行います。データ加工の際は、データ変換・製版フィルムのデータ化作業も承っております。

ご相談内容としましては、一番多いのはやはりお値段のことです。基本的には薬袋印刷は単色印刷(1色印刷)が多くサイズも、小さなものから大きなものまで様々です。
薬袋サイズに関しては、とくに規格というのがありませんので、お客様のご要望に合わせて製作することが出来ます。

サイズによっては、少しサイズを小さくすることで1枚の紙に対する出来上がり枚数が増えることもありますので、お客様のご予算に合わせてご提案させていただきます。

印刷入稿データに関しましても、イラストレータCS5.5(Illustrator CS5)まで対応しておりますので、入稿データ加工から製版作業まで、大阪の印刷会社三陽美術にお任せください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Home > タグ > 薬袋印刷 依頼 相談

検索
フィード
メタ情報

Return to page top