ホーム > タグ > 薬袋印刷

薬袋印刷

お役立ち情報入り薬袋

ブログをお読みいただきありがとうございます。

大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「お役立ち情報入り薬袋」についてお話したいと思います。

薬袋の活用アイデアはご存知でしょうか。
裏面を、その薬局ならではのお役立ち情報の伝達スペースに使うという発想です。

持ち帰ることになる薬袋の裏面を利用することで、
患者様へダイレクトな情報提供が可能になります。

薬袋は家まで持ち帰り、
服用中は身近に置いておくため、
一日に数回は目にすることになります。
そのため、患者様に情報が届きやすいというわけです。

薬局のオリジナルデザインで制作することができます。

まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いしますa
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━%

オリジナルの薬袋で患者さんに安心感を

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「オリジナルの薬袋で患者さんに安心感を」についてお話したいと思います。

医院、薬局などで患者さんに渡す薬袋。
医院、薬局の名前が印刷されたオリジナル薬袋は、
患者さんに対して信頼感と安心感を与えます。

必要事項の記載はもちろんのこと、
病院や薬局のイメージアップを考慮するなど、
オリジナルで制作が可能です。
今までの薬袋を使用していた病院や薬局にも、
オリジナルの薬袋で患者さんにもわかりやすく大変好評をいただいております。

わかりやすい服用方法等のレイアウト、
患者さんにとって優しい医療機関であるイメージを与える薬袋デザインは
医院、薬局のイメージ向上につながります。

医院、薬局用のオリジナル薬袋のデザイン・印刷でお悩みの方は、
大阪の印刷会社三陽美術にお任せください。

まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いしますa
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━%

オリジナルの薬袋が人気の秘密

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「オリジナルの薬袋が人気の秘密」についてお話したいと思います。

病院というと、なかなか足が向かない憂鬱な場所だと思われる方も少なくないかと思われます。
特にお子さまの場合は、行き先が病院だとわかるともう泣き出したり、
もらった薬も嫌がってなかなか飲んでくれなかったりとお困りの親御さんもいらっしゃると思います。

そんな時に、オリジナルの可愛い薬袋でお薬が処方されたら、
少しでも気持ちがうきうきするのではないでしょうか。
季節ごとに4種類の薬袋を用意したり、
ハロウィンやクリスマスなどのイベントの時期は専用の薬袋を用意したり工夫することで、
その薬局に行くのが楽しみになるかもしれません。

一目で、どこの病院かわかるデザインだと、薬袋が病院の広告になりますね。

三陽美術は薬袋の印刷を得意としております。

まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いしますa
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Home > タグ > 薬袋印刷

検索
フィード
メタ情報

Return to page top