ホーム > タグ > 改ざん防止印刷

改ざん防止印刷

松原市での行政機関での偽造防止のための改ざん防止用紙印刷

■松原市での行政機関での偽造防止のための改ざん防止用紙印刷■

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。
今回のテーマは「松原市での行政機関での偽造防止のための改ざん防止用紙印刷」です。

私達はコピー機と印刷用紙さえあればいつでもコピー(複製)できます。
コピー印刷技術がどんどん発達していく中、偽造や改ざん事件も増加傾向にあるといいます。民間での偽造や改ざんも問題ですが、行政機関での偽造や改ざんはあってはならないことです。

偽造防止や改ざん防止には様々な方法がありますが、改ざん防止用紙(コピーガード用紙・偽造防止用紙)というものを使っています。
コピー(複製)すると「コピー」「複製」などの文字が現れたり、紙幣に使われているような「透かし」やしっかり見ないと読めないマイクロ文字などがあります。
こういった改ざん防止印刷を施せば、偽造防止を高めることができます。

最近では市町村でも偽造防止、改ざん防止は進んでおります。
埼玉県さいたま市では上のような改ざん防止印刷に加え、10区のシンボルフラワーを住民票の写しや印鑑登録証明書などを改ざん防止用紙に使うなど、とても斬新で画期的な試みをされています。

偽造や改ざんされては困る書類がある。改ざん防止印刷を施したい。
松原市でのそういったご要望は大阪の印刷会社三陽美術までまずはご連絡下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Home > タグ > 改ざん防止印刷

検索
フィード
メタ情報

Return to page top