ホーム > タグ > 印刷業界 年末

印刷業界 年末

印刷業界の年末とは?

印刷業界の年末とは?

ブログをお読みいただきありがとうございます。大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。
きょうは「印刷業界の年末とは?」という題でお話ししたいと思います。

この時期の「年末進行」は「ゴールデンウィーク進行」「お盆進行」とならんで、印刷業界ではかなり過密なスケジュールとなっています。カレンダーや年賀状にとどまらず、新年度に備えた印刷物の受注が多く、ただでさえタイトなスケジュールのところに、「年末年始の休み」が入るためです。定期刊行物などはひと月の日数が少なくなってしまうことと同じですから、この時期に増ページをすることも少なくないため、印刷業界の仕事量が増えるのは当然のことなのです。

では「年末も休まず働けばいいんじゃないか?」と考えることもできますが、時代が変わって年末年始は「お役所」と同じかそれ以上に確実に休みをとることが印刷業界では定着しています。

例えば出版業界は印刷所の休暇にあわせて進行予定を組んできます。それだけ印刷オペレーターは出版業界にとっては大切な存在であるということなのです。彼らがハードな業務をこなし、かつ高度な技術を持つということなのです。日本の印刷技術は国別のトータルの水準からみて世界トップクラスであるといわれています。仕事をこなすことも大事ですが、オペレーターの水準を保ち続けることも、また大事なことなのです。

今年も残りわずかです。弊社におきましては「卓上カレンダー印刷」「年賀状の印刷」など、今年の年末もお客様がたからたくさんの印刷のご依頼をいただくことができました。本当にありがとうございました。来年もまた、大阪の印刷会社・三陽美術のスタッフ一同、忙しい年末が過ごせるように品質・サービスともに向上させてまいりたいと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Home > タグ > 印刷業界 年末

検索
フィード
メタ情報

Return to page top