ホーム > タグ > シルクスクリーン印刷

シルクスクリーン印刷

蓄光式インク印刷・シルクスクリーン印刷 蓄光式インク標識におすすめ

■蓄光式インク印刷・シルクスクリーン印刷 蓄光式インク標識におすすめ■

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。
今回のテーマは「蓄光式インク印刷・シルクスクリーン印刷 蓄光式インク標識におすすめ」です。

蓄光式インクとはその名のとおり、光を蓄えておけることのできるインクのことです。暗いところで発光する特性を持ち、避難誘導の標識や、消化器の場所の標識などの蓄光式インク標識にも積極的に使われています。

蓄光式インクは発光顔料というものを混ぜ込んで使い、顔料の純度が高いほど発光時間も長くなりますが価格もそれなりになってきます。
蓄光式インクはもちろんのこと電気代いらずで節電に繋がりますので、場合によっては価格に見合ったコストパフォーマンスを発揮してくれます。そのあたりは蓄光時間や発光時間と相談しましょう。

さて、この蓄光式インクですが、先日紹介したシルクスクリーン印刷で利用できます。シルクスクリーン印刷は曲面やポリプロピレンやポリエチレン素材にも印刷できるので、蓄光式インク標識だけでなく、さまざまな素材に利用できるのですね。

節電にも効果をあげる蓄光式インク標識や、蓄光式インクを使った印刷・シルクスクリーン印刷のことなら大阪の印刷会社三陽美術までまずはご相談下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

タンブラー柄を示温インキでシルクスクリーン印刷

■タンブラー柄を示温インキでシルクスクリーン印刷■

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。
今回のテーマは「タンブラー柄を示温インキでシルクスクリーン印刷」です。

最近マイカップ・マイタンブラーの話題を聞きます。
タンブラーを持参すれば資源の節約にもなって環境に貢献できるので、よくカフェに行く方には便利なエコなアイテムです。
大手カフェチェーンでもタンブラーを発売・推進しているようで、マイタンブラーを持参すれば割引きのある店もあります。

タンブラーはオリジナルの柄をデザインできるのも、人気のひとつです。
台紙を入れ替えるだけなので簡単にアレンジできます。
ただ紙の台紙の場合、万が一濡れてしまったり、色褪せたりするのも悩みのひとつです。

そこで台紙の印刷を示温インキでシルクスクリーン印刷する方法があります。
透明シートに印刷することで中身が見えるデザインになり、デザイン性の幅もぐんと広がります。水に濡れたり、色褪せる心配もありません。
また、示温インキという特殊なインキを使うことで、温度によって色や絵柄の変化まで楽しめるとってもユニークな柄も印刷できます。(例えば、温かいコーヒーをいれると絵柄が浮き上がってくる)

環境にもやさしい毎日のお供のタンブラーのデザイン柄を、印刷ひとつで便利で楽しく。
タンブラー柄を示温インキでスクリーン印刷してより良いものを作りたい。
そういったご要望は大阪の印刷会社三陽美術までご相談下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Home > タグ > シルクスクリーン印刷

検索
フィード
メタ情報

Return to page top