Home > アーカイブ > 2021-02

2021-02

webサイトと印刷媒体の違い

webサイトと印刷媒体の違い

最近では以前お話ししましたペーパーレスの傾向もあり、印刷(紙)媒体よりもwebサイトを利用する企業さんもかなり増えてきました。
日本のインターネットの普及率は約7割、10人のうち7人はインターネットを利用しているということになるわけです。
普及率が上がるにつれ、その手軽さと便利さから、印刷媒体よりwebを利用する人が増えてくるのは必然的なことでしょう。

インターネット人口が増えれば、もちろんその「世界」は繁栄していきます。
個人のホームページのレベルが上がり、大きなコミュニティサイトが多数でき、ショッピングサイトも信用度の高いものになりました。
そしてwebでしかできないブログなどのサービスもどんどん充実してきています。
顔も知らない遠いところに住んでいる人と、一瞬でコミュニケーションが取れるインターネットの世界は、確かに印刷物ではなかなか提供することのできないものです。

その分、印刷物にも強いところはあります。
それは何より、提供される情報の「信頼度」と「正確性」です。
webサイトと違って、印刷物は一度印刷してしまうと、やり直すのに多くの費用と時間を使います。
また、信頼度の高い印刷物であればあるほど、それ以外の労力も多く費やすことになります。
そのため、実際に印刷されるまでには何度もチェックや確認などが行われるんです。

そうして多くの人の目をとおって初めて、実物の印刷物ができあがるんですね。

webサイトと印刷媒体、どちらにもメリットとデメリットがあります。
それらを見極めながら、うまく利用していただけたらと思います。

印刷のことならまずご相談!大阪の印刷会社、三陽美術

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三陽美術 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

3つ折パンフレットや観音折パンフレットのインパクト

3つ折パンフレットや観音折パンフレットのインパクト

普段生活している中で、みなさん様々なパンフレットを手にする機会があるかと思います。
多くのパンフレットの中で、目をひかれるものとはどんなものなのでしょうか。

デザインなどで注目させるものも少なくないと思います。
それはもちろん重要なことなのですが、もうひとつのポイントは「形」です。

パンフレットと言えば、普通は本のような形になったものを想像する方が多いと思います。
だからこそお勧めしたいのが、「3つ折」または「観音折」のパンフレットなんです。

3つ折は左右が交互に折り込まれた形のもの、観音折は4つ折とも言い、
左右をまず中心に合わせて折り、さらに中心を半分に折った形のものです。

これらは作る側にとってコンパクトながら多くの情報を提供できるというメリットを備えています。
かつ、受け取る側にとっても、邪魔にならず手軽に見ることができるという利点があるわけです。
そしてその形からも少なからずインパクトを与えることができ、非常に活用の幅が広いといえるんです。

特にお店の紹介やイベントの案内などにはもってこいのパンフレットの形です。
ぜひ活用してみてください!

3つ折、観音折パンフレットのご用命も、当社へぜひお任せください。
パンフレットでインパクトを出しましょう、大阪の印刷会社、三陽美術

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三陽美術 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

写真入り名刺

写真入り名刺 

前回に名刺にQRコードを入れると印象が変わって目立つのでおすすめです、と紹介しましたが、今回もその名刺の続きです。
よく名刺に写真が入っている名刺を見たことがありませんか?

この写真入り名刺もQRコードと同じく、普通の名刺よりもインパクトが違います。
特に写真入り名刺になると、なかなか捨てられないというのが受け取った側の印象です。
確かに顔写真入りの名刺をどこかに捨てるのは、ちょっと・・ですね。

ところで、この写真入り名刺ですが、写真というと顔写真だけのような気もしますがそうではありません。

  • 写真入り名刺が→顔写真ならすぐに顔を覚えて頂けます。
  • 写真入り名刺が→商品写真なら御社の業務内容・商品イメージをわかりやすく伝えられます。
  • 写真入り名刺が→お店の風景や建物の写真なら御社のイメージが正確に伝わり、お越しの際にすぐにわかります。

というわけでメリットだらけです。
最近いただいた名刺ですが、この顔写真入りで名刺をいただきました。
この名刺は大阪では誰もが知っている有名な小売店の企業さま。有名な会社さんだからこそこのような名刺がいいのかもしれないですね。

顔写真入りの名刺のご依頼も承っております。
まずはお気軽にご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
名刺・封筒の印刷は、大阪の印刷会社、三陽美術へ
────────────────────────────
三陽美術 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188 

お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  

PDFファイルを簡単に作る方法

PDFファイルを簡単に作る方法

最近ではエコロジーの観点から、ペーパーレスの方針が社会全体で進んでいます。
前にもお話ししましたが、取扱説明書などの印刷依頼が減っているのはそのせいでもあります。

ペーパーレスが主流になりつつある昨今では、オンラインでPDFファイル化された取扱説明書を簡単にダウンロードすることができ、ユーザーにとっては、分厚い取扱説明書をめくって必要な情報を探すより便利だったり、紙ベースで必要になっても、本当に必要なページだけを印刷できたりと非常に便利です。

また、それを提供するメーカーさん側にとっても、「クセロPDF」といってエクセルやパワーポイントなどで作成された書類を簡単にPDFに変換できるソフトがあるため、手間も費用も省けて地球環境にも貢献できるわけです。
クセロPDFを使えば、誰でも簡単にファイルをPDF化できるので、PDFファイルの活用の幅が広がっているのです。

これは私たち印刷会社にとっては、正直なところ難しい話なのですが…。
地球の環境を守ることは今では重要な課題ですから、それも仕方がないことでしょう。
印刷業界でも、このPDFファイル化などの新しい技術を生かした流れを作っていけたらと思います。

環境に配慮します、大阪の印刷会社、三陽美術

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三陽美術 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

印刷で「痛い」話・・。

当社三陽美術ではいろいろな印刷機械が揃っています。
環境に配慮した廃液を出さないCTP出力機、というのも紹介を大きく出していますがもちろんそのほかにもたくさんあります。

ところでそのような印刷においてのちょっと痛い話。

見てください、こちらの写真。

キズ

昔のことですが、印刷の裁断機に挟まれました。
もちろん安全用のストッパーもあるのですが、印刷の裁断機を足でコントロールしていて
「あっ!」
と思った瞬間に「ざっくり」挟めてしまったのがこのキズ。

ずいぶん経つとあまり目立たなくなってますね。キズというとサウナなどに行くと、
よく「この手術跡見て!」とか「昔バイクで事故にあったときの傷」とかみなさんよく自慢しますがそれと同じです。

時に危ないことも印刷の世界ではあります。

圧着はがきのすすめ

圧着はがきのすすめ

圧着はがきと言えば、請求書や個人情報の確認、また多くの情報を提供したいけれど送料を抑えたいというときにもよく使われているツールです。
圧着はがきは、二つ折りもしくはZ折りなどにはがきを圧着したものです。
内容が外からは見られない、送料が安く済むなどの利点があり、特に大量に郵送する必要がある企業様などは活用されているところが多いようです。
「より多くの情報を掲載したい」「重要な内容だから通常のはがきでは外部に漏れてしまう」といったお悩みも、圧着はがきならクリアできますし、
経費の削減にもつながります。

また、個人情報保護の観点からいっても、外からは見えないことでしっかりと守ることができますので、
自信を持って「Pマーク」を掲げることができます!
さらに、受け取る側にとっても、封書よりあけるのが手軽だったり、出るゴミが少なかったりと何かと利点が多いのも魅力の一つでしょう。

圧着はがきは「圧着」という特殊な工程が必要になる分、印刷会社に依頼することになるかと思います。
三陽美術では、よりきれいで確実に仕上げる技術に自信を持っておりますので、圧着はがきを作成される際には、ぜひ当社にお任せください!
ご要望に沿った圧着はがきを製作させていただきますのでお気軽にご相談ください。

圧着はがきのご相談もおまかせ、大阪の印刷会社、三陽美術

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三陽美術 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

フルカラー印刷とモノクロ印刷の違い

フルカラー印刷とモノクロ印刷の違い

フルカラー印刷とモノクロ印刷の違いとはどんなものでしょうか。

まず、フルカラー印刷とは、印刷における基本色である、
C(シアン)・M(マゼンタ)・Y(イエロー)・K(ブラック)の
4色すべてを使用し、これらを組み合わせてすべてのカラーを表現し印刷することです。

そしてモノクロ印刷とは、K(ブラック)のみを使用し、印刷する紙の色とブラックインクの色のみで表現する印刷のことです。

これだけでも違いがお分かりいただけると思いますが、使用しているインクの種類が違う分、表現力にも違いが出ます。
フルカラー印刷では、写真などそのまま再現することができるので、写真を多用する印刷物には特に向いているでしょう。

しかし、だからといってフルカラー印刷が必ずしもいいとは限らないんですよ。
モノクロ印刷だと、カラーで表現ができない分、黒一色だけで表現することが必要になってきます。
影絵や切り絵を想像していただければわかりやすいと思いますが、線や形などを多用して表現していくことになるわけです。
だからこそ表現力が生きてくる印刷方法なんです。

どちらの印刷方法を使用するかは、製作する印刷物とその性質を見極めたうえで決定するのがいいでしょう。
迷った時はお気軽に私どもにご相談ください。
印刷のプロの目からアドバイスさせていただきます!

フルカラー印刷とモノクロ印刷の違いのご相談もおまかせ、大阪の印刷会社、三陽美術

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三陽美術 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ハイデルベルグの印刷機

ハイデルベルグの印刷機

ハイデルベルグとは、印刷機を製造するドイツのメーカーです。
印刷業界ではこのメーカーを知らない人はほとんどいないでしょう。

1926年にこのハイデルベルグは、ドイツでは初めて組み立てラインを使って製造するメーカーとなり、
「ティーゲル」という印刷機を開発してからというもの、印刷業界の流れは大きく変わっていったからです。
この「ティーゲル」は、1927年には日本に上陸しました。
日本では、それまで手差しで行っていた印刷が自動給紙できるため、それまでよりずっと短い時間で大量印刷が可能になったのです。
これは日本の印刷業界にとって大きな革命となりました。

それからも、新しいハイデルベルグの印刷機が発表され日本に上陸するたびに、日本の印刷業界の流れを変えていったのです。

この「ティーゲル」は、今でも日本の印刷会社や工場などで、印刷事業の原点といったような意味合いで展示されているものもあるほどなんですよ。

ハイデルベルグは現在も、印刷機メーカーのトップレベルを維持し続けています。
日本の印刷業界でも、もはや欠かせないメーカーと言えるでしょう。
これからもきっと、印刷業界の更なる発展を目指して様々な印刷機の開発をしてくれることと、
三陽美術でも期待しています。

印刷業界の未来を信じる、大阪の印刷会社、三陽美術

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三陽美術 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スピード名刺!即日印刷って?

名刺の話が続きますが、今回も名刺の話。  

名刺依頼で多いのが、

「明日に使うんで何とか明日までにできないですか??」

明日に一体何があるのかはわからないですが、とりあえず
ご希望でしたら、明日にできます。大丈夫です。やります。

このような早く名刺を刷る事をスピード名刺といいますが、このスピード名刺の需要もこの三陽美術では高いです。
特に大阪市や松原市などのお客様で「今日の夕方に取りに行きます!」というお客さんもおられます。

名刺

名刺はとりあえずないと商談のときに格好つかないですし、また、家庭用のプリンタで刷るとやっぱりわかりますし。
ただなるべくは早く印刷の依頼をいただけたほうがいいかな、というところです。
名刺はデザインしてお送りいただければ即日対応、です。
顔入り写真付名刺、QRコード付名刺、たかが名刺されど名刺。
ご商談の際には必須のアイテム名刺、まずはお気軽にご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
名刺・封筒の印刷は、大阪の印刷会社、三陽美術へ
────────────────────────────
三陽美術 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188 

お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   

折込チラシ業務って?

折込チラシ業務って?

チラシは皆さん目にされたことがあると思いますが、折込チラシというと、新聞などに挟み込まれているチラシのことをいいます。
折込チラシを入れる企業さんは、たいてい効果のありそうな地区を絞り込んで、その地域の配達を担当している新聞社の店舗に挟み込んでもらうという手段を取るのです。

地域を絞らずに、市区町村や都道府県レベル、果ては全国レベルでチラシを挟み込む企業さんももちろんあります。
よくテレビCMで見る「詳しくは今日の朝刊の折込チラシをご覧ください!」というやつですね。
地域を限定しない通信販売や全国展開している企業さんなどの場合は、この方法も有効ですし、よく使われます。
しかし、実店舗を限られた地域で展開している企業さんは、やはり地区を絞り込んでの挟み込みになります。
あらかじめターゲットを絞り込んでおけば、高い反響が期待できるわけです。

三陽美術でも、チラシの印刷はもちろんのこと、折込チラシ業務も行っています。
チラシを折り込む地区を絞り込んだり、各新聞社に折り込む部数を決めたりといったことをお客様と打ち合わせしながら進めていき、より効率の良い折り込み方法を取っていきます。
折込チラシをお考えの方は、ぜひ当社にご相談ください。

折込チラシ印刷のご相談もおまかせ、大阪の印刷会社、三陽美術

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三陽美術 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

定形封筒と定形外封筒

定形封筒と定形外封筒

郵便で送れる封書の中には、定形郵便と定型外郵便というものがあります。
「定形封筒」とは、定形郵便で送ることができるサイズの封筒のこと。
郵政公社が定めた条件のサイズで、80円切手(または90円切手)を貼ることで郵送できる封筒をいいます。
定型サイズには以下のものがあります。

長形3号封筒・洋形長3号封筒(120×235mm)
長形4号封筒(90×205mm)
洋形2号封筒(162×114mm)
洋形3号封筒(98×148mm)
洋形4号封筒(235×105mm)

「定型外封筒」とは、定形郵便サイズを超える大きさの封筒のことです。
例えばB4サイズやB5サイズ、A4サイズやレントゲンサイズなどになります。

プライベートな場面では定型サイズがほとんどかと思いますが、ビジネスシーンでは定型外サイズでの郵送もよく利用されるのではないでしょうか。

ちなみに他にも筒状のものや、特殊な形をしたものも送ることができるんです。
これらも「定型外郵便」として取り扱われます。

三陽美術では、定形封筒と定型外封筒の印刷はもちろん、窓付封筒やオリジナル封筒、別注封筒などの取り扱いも行っておりますので、ぜひお気軽にお申し付けください。お待ちしております!

定形封筒と定形外封筒もおまかせ、大阪の印刷会社、三陽美術

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三陽美術 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

伝票印刷

伝票印刷

私たちの生活の中、特にビジネスの場においては、さまざまな伝票を使用しています。
請求書や納品書、領収書、宅配便の送り状など、よく使う伝票類は多いかと思います。

請求書や納品書などの伝票は、市販されているものもありますから、それを使っておられる方も少なくないのではないでしょうか。
また、今ではインターネットでテンプレートを簡単に入手することもできますから、それに必要事項を入力してプリントアウトしてしまう、という方もいらっしゃるでしょう。

しかし、より自分たちの会社に合った項目や内容、また使い勝手の良いデザインの伝票類を使えば、より効率的にお仕事ができるんです!

さらに、デザインをオリジナルのものにすれば、個性を演出することもでき、会社のイメージアップにつなげることもできます。

よく使うツールだからこそ、人の目にもつきやすいもの。
オリジナリティを出せば、思わぬビジネスチャンスにつながっていくかもしれません。
しかし、伝票類には使いやすさを重視するのももちろん大切なことです。

オリジナリティと使い勝手を両立した伝票の印刷も、三陽美術にお気軽にご相談ください。
お客様としっかり打ち合わせさせていただき、お望みのものを作成させていただきます。

シュリンクラベルとは

シュリンクラベルとは

「シュリンクラベル」という言葉だけでは、あまり聞いたことがない方がほとんどではないでしょうか。
シュリンクラベルとは、ペットボトルの表面に巻かれている、商品名や内容物の情報などが掲載されたビニール製のラベルのことです。
こういえば、ほとんどの方が目にされたことがありますよね。

シュリンクラベルにはとても重要な役割があります。
中に入っている商品がどんなものなのかを消費者がわかるように説明するというのはもちろんのこと、商品そのもののイメージを伝える重要なツールでもあるのです。

例えばペットボトル飲料。
みなさん一度は購入されたことがあると思います。
ペットボトル飲料のシュリンクラベルには、その飲料がイメージしやすい、考えられたさまざまなデザインが施されています。
炭酸飲料なら炭酸の「泡」を表現したものや、果汁飲料ならフルーツを使ったものなどですね。
シュリンクラベルによって内容物がイメージしやすいと、それが消費者の購入意欲につながっていきます。
シュリンクラベルがペットボトルの第一印象を決める重要なポイントであることは、お分かりいただけるのではないでしょうか。

三陽美術では、これまでに多くの飲料関係などのシュリンクラベルを制作してきた実績があります。
シュリンクラベルの印刷も、ぜひ当社にお任せください。
シュリンクラベルの印刷おまかせ、大阪の印刷会社、三陽美術

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三陽美術 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

NW-7(CODERBAR)バーコードとは

NW-7(CODERBAR)バーコードとは

NW-7(CODERBAR)バーコードとは、以前お話したCODE39コードなどと比べて、構成がとても簡であり、印刷もそれほど高度な技術を必要としないため、昔から幅広い用途に使われてきました。
例えば、血液バンクの管理用としてや、宅配便伝票、図書館などでの本の管理や書留郵便の管理といったものです。
みなさんも一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

NW-7(CODERBAR)バーコードは、アメリカでCODERBAR、日本ではNW-7と呼ばれます。
バーコードの始まりと終わりには、スタートストップキャラクタというアルファベットのa,b,c,dいずれかが付きます。
その間に数字のデータが入り、この数字は連番印刷が可能です。
そのため、特に連番バーコードでの管理が必要なものに利用されることが多くなっています。

ちなみにNW-7の名称は、Narrow(細エレメント)とWide(太エレメント)で構成されていることからつけられているんですよ。

このバーコードは印刷面積が狭いところにも印刷可能なため、例えば社員証などの余白部分につけることも可能です。
これにより社員コードをNW-7(CODERBAR)バーコードで管理することも可能なんですね。

NW-7(CODERBAR)バーコードの印刷も、三陽美術にぜひご依頼ください。

NW-7(CODERBAR)バーコードのご用命もおまかせ、大阪の印刷会社、三陽美術

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三陽美術 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Home > アーカイブ > 2021-02

検索
フィード
メタ情報

Return to page top