Home > 印刷知識 > モリサワフォントとフォントの種類

モリサワフォントとフォントの種類

今回はフォントの種類について。

フォントとはワードやエクセルで設定するのでご存知かと思いますが、
日本語のフォントや英語のフォントなど数多くの種類があります。

よく使うのはMSPゴシック、または明朝体といったところだと思います。
このほかにも、さまざまなフォントの種類があります。

ところでこの三陽美術で用いるフォントの種類は何種類くらいあると思いますか?

正解は約2000種類以上のフォントがあります。
一般で市販されているフォントに関しましては、ほぼ対応しておりますのでご安心ください。

その中でもフォントといえば「モリサワ」が有名です。
モリサワは実用写真植字機第1号を発明するなど昔から有名な会社さんでしたが、デザイン会社や印刷会社などはみんなモリサワフォントを使っているなど非常にシェアの高い会社です。
新ゴなどモリサワフォントで有名なものは数多く数えればきりがありません。

デザインはフォントでイメージがかなり変わります。「このようなフォントはありますか?」とご相談いただければほぼお答えできると思います。
もちろん印刷の前にデザインが必要な場合にも大丈夫ですのでお気軽にご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
名刺・封筒の印刷は、大阪の印刷会社、三陽美術へ
────────────────────────────
三陽美術 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
https://www.sanyoubijyutsu.co.jp/blog/archives/90/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
モリサワフォントとフォントの種類 from 大阪の印刷会社「三陽美術のブログ」

Home > 印刷知識 > モリサワフォントとフォントの種類

検索
フィード
メタ情報

Return to page top