Home > 印刷つれづれ > CIDフォントとOCFフォント

CIDフォントとOCFフォント

CIDフォントとOCFフォント

OCFフォントとCIDフォントは、フォントの種類です。
もともと以前からOCFフォントが使用されておりました。そのうちに改良されて開発されたのがCITフォントです。
1バイト文字用のものを拡張して使用していたOCFフォントと比べて、CITフォントは非常にシンプルな構造で入出力が速く、扱いやすくなっています。
このことから「拡張Type1フォント」とも呼ばれます。

OCFフォントはCIDフォントが開発されるまで、DTPの発達とともに普及してきました。
CIDフォントが開発されると、メーカーから利用者にフォントの交換を推奨したものの、
交換にかかる費用と比べてその利便性が利用者に認められなかったこともあり、DTPの現場では現在でも実際に使われているんです。
統計などは明確にはわかりませんが、現在はCIDフォントやOpenTypeフォントが多いことは多いですが、印刷の現場では使われ続けているような感じです。
結構費用がかかる、というのは大変なので。

とはいえ、Mac OS XではOCFフォントはインストールできなくなっており、新規で入手することなども今では難しくなっています。
そのためOCFフォントを使い続けているのは、OCFフォントが標準だった時代から使用しているユーザーということになるんですね。

そんな背景があり、DTPの現場では、この2種類のフォントが使用されています。
いずれのフォントを使っていても、注意すべきところさえ気をつければ互換性はあるので、混同しても大丈夫。
ですが、手間を省こうと思えばやはり、いずれかに統一して制作するのが良いでしょう。

印刷のことならまずご相談!大阪の印刷会社、三陽美術

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三陽美術 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
https://www.sanyoubijyutsu.co.jp/blog/archives/442/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
CIDフォントとOCFフォント from 大阪の印刷会社「三陽美術のブログ」

Home > 印刷つれづれ > CIDフォントとOCFフォント

検索
フィード
メタ情報

Return to page top