Home > 印刷つれづれ > シルク印刷という印刷の種類

シルク印刷という印刷の種類

シルク印刷という印刷の種類

皆さんは「シルク印刷」というものをご存知でしょうか?
正式には「シルクスクリーン印刷」といいます。
昔は製版生地にシルク(絹)を用いていたことからシルク印刷と呼ばれるようになりました。
現在ではナイロン・テトロンなどの合成繊維でできた網を使用しています。
それを引っ張り、枠に貼り付け「スクリーン」と呼ばれる版を作り、その上にインクを乗せてへらで押し出して印刷します。
昔家庭用に普及した「プリントごっこ」がこの印刷方法そのものです。

ほかの印刷方法と比べ、比較的安価で、たくさんの種類のインクを使用でき、なにより印刷物の素材を選ばずさまざまなものに印刷が可能なのが大きな特徴です。

そのため紙以外のガラスや金属、プラスチックなどといったものにも印刷ができ、看板やディスプレイなどの印刷に利用されています。

シルク印刷は、スクリーンの網目が細かいほど、印刷物は美しく仕上がります。
また、インクの乗らない部分がはっきりと残り、メリハリが出るのも魅力のひとつでしょう。

ちなみにシルク印刷はもともと日本の友禅の型紙をヒントにして考え出された技術なんです。
こんなところでも、日本の古い技術が生きているんですね。

もちろん印刷によってはシルク印刷で行ったり行わなかったり、費用面なども考慮して提案しますが、
三陽美術では、シルク印刷で行う場合やそうではない方法などまずはご相談ください。

シルク印刷もまずはご相談、大阪の印刷会社、三陽美術

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三陽美術 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
https://www.sanyoubijyutsu.co.jp/blog/archives/344/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
シルク印刷という印刷の種類 from 大阪の印刷会社「三陽美術のブログ」

Home > 印刷つれづれ > シルク印刷という印刷の種類

検索
フィード
メタ情報

Return to page top