Home > 印刷の歴史 > 甲骨文字と印刷

甲骨文字と印刷

甲骨文字と印刷

今回は昔の印刷に関係した話。甲骨文字ってご存知ですか?

名前の通り、亀の甲羅や動物の骨にかいた文字のことです。
ちょうどこの甲骨文字は紀元前800年頃に使われていたようで、もちろん当時は日本では縄文時代よりも前で文明らしきものは存在してませんでした。

そして卑弥呼の時代になると、『漢委奴国王』という刻印を中国からもらったとの歴史があり、
中国でもその歴史が残っています。

エジプト文明などの世界四大文明時でもそうですが、古く歴史は全て文字によって今この現代社会に残されています。

その文字は甲羅であり、骨であり、また後々発展する印刷技術によるものなのです。
そのように考えると、甲骨文字も印刷も同じ意味を持っているような気がします。

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
https://www.sanyoubijyutsu.co.jp/blog/archives/210/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
甲骨文字と印刷 from 大阪の印刷会社「三陽美術のブログ」

Home > 印刷の歴史 > 甲骨文字と印刷

検索
フィード
メタ情報

Return to page top