ホーム > タグ > DTPソフト データ 印刷

DTPソフト データ 印刷

印刷業界で主流となっている「DTP」とは?

印刷業界で主流となっている「DTP」とは?

>>ポケットタイプパンフレットやページ物パンフレットなどの印刷は、三陽美術におまかせください。
封筒印刷、名刺印刷、伝票印刷なら大阪の印刷会社三陽美術<br />

ブログをお読みいただきありがとうございます。大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

印刷物、出版物の原稿作成や編集作業などをPC(コンピュータ)上でおこない、そのデータを印刷する場所に持っていって印刷、出版することを「DTP(DeskTop Publishing)」と言います。
DTPは1990年代頃から印刷業界で普及し始めて、昨今ではDTPが主流となっています。

DTPの出現以前は、印刷工程のそれぞれに専門家をおいて、それぞれの工程を経てやっと印刷物が出来上がるといったものでしたが、今はPC上で一連の作業が完結するので、まずはその人手を削減できるのです。
そして、印刷技術ももちろん時代の経過とともに進化していますので、よりスピーディでより繊細で美しい印刷物を実現できるようになったのです。

何らかのトラブルにより印刷物を修正しなければならなくなったとしても、机上で簡単におこなうことができますから、本当に便利になりました。弊社ももちろんこのDTPを利用して印刷作業をおこなっていますので、なにか印刷物でお困りのことがあれば、ぜひ一度ご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

バリアブル印刷の種類

バリアブル印刷の種類

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

バリアブル印刷とは、データベースの情報をもとに1枚ずつ違う可変印刷を行うことができるというもの。
例えば、エクセルで顧客管理をしているけれど、案内状はワードで作成してしまい、宛名をひとつひとつ入れていくのが大変…というときに、ワードの「差し込み印刷機能」を使うことで、エクセルの顧客情報のデータを簡単にワード文章の中に取り込むことができます。
これが、バリアブル印刷の仕組みです。

こういった文字情報だけのものなら、パソコンを使ってご自分で行うことも可能ですが、印刷会社にバリアブル印刷を依頼すると、文字情報だけでなく、画像の差し替え、バーコードの作成はもちろん、DTPソフトで作成したデータなども可変印刷することができるんです。

三陽美術で特に多いのは、バーコードの作成です。
バリアブル印刷対応のバーコードにもいろいろな種類があります。
日本で流通する商品に使われるJAN、宅配便の配送伝票や会員カードなどに使われるNW7、工業用のCODE39、医療業界や冷凍食品業界、また世界中の流通で使われるCODE128、段ボールに使われるITFやINDUSTRIAL、書籍に印刷されるISBN、携帯電話や航空券などさまざまな分野で活用されているQRなどがあります。

三陽美術では、これらの印刷を承っております。
バリアブル印刷、バーコード作成などは、三陽美術へお任せください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Home > タグ > DTPソフト データ 印刷

検索
フィード
メタ情報

Return to page top