ホーム > タグ > RGBとCMYKの違い

RGBとCMYKの違い

カラー印刷に欠かせない!RGBとCMYKとは?

ブログをお読みいただきありがとうございます。大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

封筒印刷、名刺印刷、伝票印刷なら大阪の印刷会社三陽美術<br /> width=

カラー印刷に使うデータには種類があります。それはRGBとCMYKといわれるものです。

PC(パソコン)でカラーのデータを作成して色合いなども含めて確認したはずなのに、印刷して現物を見てみると何となくデータと少し色合いの違うものができあがってきた、という経験はありませんか。

これが、RGBとCMYKの違いによるものなのです。PCで表示されるデータはRGBが利用されます。
R=レッド、G=グリーン、B=ブルー、の3つの原色をもとにそれぞれを混ぜ合わせてさまざまな色を映し出しています。

印刷の際に使用するデータはC=シアン、M=マゼンタ、Y=イエロー、K=ブラックの4つの色をもとに構成されます。そして、CMYKはRGBよりも色彩の表現範囲が狭いという違いがあります。
この違いによって、PCで目にしていた色合いと印刷物の色合いに違いが出てしまうのですね。
この違いを解消するために、データ編集の際に、CMYK方式を利用して作成していただければ印刷後の誤差はほとんどありませんので、ぜひ参考にしてください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Home > タグ > RGBとCMYKの違い

検索
フィード
メタ情報

Return to page top