ホーム > タグ > 赤塚不二夫

赤塚不二夫

点字印刷は用紙枚数が必要、点字は役所系多い

■点字印刷は用紙枚数が必要 点字は役所系多い■

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。
今回のテーマは、「点字印刷は用紙枚数が必要、点字は役所系多い」についてです。

2000年、漫画家の赤塚不二夫さんは「触図」と「点字」で目に障害を持つ人たちでも楽しめるように漫画をつくりました。
視覚障害の子どもたちが笑顔になるように点字コーディネーターさんと相談して作品をつくりました。赤塚さんは入院中にこのアイデアを閃き、目の見えない人も自分のギャグ漫画で笑わせたい、と思ったのです。
視覚障害者にとって点字は情報を得るための重要な手段です。情報が得られなければ世の中との繋がりをもつことができなくなります。それは孤独でさみしいことです。ハンディのある方をそういった環境においてはならないのです。
点字は横2×縦3の6つの点で表されます。文字数が多くなりますので、用紙枚数も必要となってきます。
点字印刷の注文は市役所など行政から依頼されることが多いです。
バリアフリー化はまだまだ途上の段階と言えます。誰もが快適に暮らせるように点字の充実をはかりたいものです。
三陽美術では、点字印刷など特殊加工印刷も行っておりますので是非ご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Home > タグ > 赤塚不二夫

検索
フィード
メタ情報

Return to page top