ホーム > タグ > 薬袋印刷 製版フィルム

薬袋印刷 製版フィルム

薬袋印刷のご依頼・ご相談の流れ

■薬袋印刷のご依頼・ご相談の流れ■

大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。
今回のテーマは、「薬袋印刷のご依頼・ご相談の流れ」についてです。

当社の場合は、デザイン会社様からご依頼を受けることが多いです。医院や薬局店はデザイン会社様に薬袋のデザイン印刷の発注をし、デザイン会社様から印刷データを受け取り薬袋印刷をします。

薬袋の原物をお預かりして、同じサイズ同じ印刷内容でお受けすることもあります。また原物をお預かりして、住所や電話番号などの文字の一部変更の際はデータ加工後に印刷作業を行います。データ加工の際は、データ変換・製版フィルムのデータ化作業も承っております。

ご相談内容としましては、一番多いのはやはりお値段のことです。基本的には薬袋印刷は単色印刷(1色印刷)が多くサイズも、小さなものから大きなものまで様々です。
薬袋サイズに関しては、とくに規格というのがありませんので、お客様のご要望に合わせて製作することが出来ます。

サイズによっては、少しサイズを小さくすることで1枚の紙に対する出来上がり枚数が増えることもありますので、お客様のご予算に合わせてご提案させていただきます。

印刷入稿データに関しましても、イラストレータCS5.5(Illustrator CS5)まで対応しておりますので、入稿データ加工から製版作業まで、大阪の印刷会社三陽美術にお任せください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Home > タグ > 薬袋印刷 製版フィルム

検索
フィード
メタ情報

Return to page top