ホーム > タグ > 薬袋印刷 オリジナル薬袋

薬袋印刷 オリジナル薬袋

患者さんにもわかりやすい薬袋印刷

ブログをお読みいただきありがとうございます。大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。
きょうは「薬袋印刷」についてお話ししたいと思います。

「薬袋」というのは医院・薬局などで患者さんに渡す薬を入れる紙袋のことですね。よく見かけるシンプルな定番の薬袋を想像されると思いますが、実はお手軽な「オリジナル薬袋」の制作が可能なのです。三陽美術では各種オリジナルをお作りしていて「患者さんにもわかりやすい」と、たいへん好評をいただいております。

標準サイズの薬袋は「黒文字1色からカラーを用いるもの」まで幅広くお選びできますし、また表裏の両面印刷なども可能です。ロゴマークを用いるものや袋の大きさなども自由自在です。
インクジェットプリンターやレーザープリンターをお持ちの病院・診療所の方には「各プリンターで出力可能」な薬袋もございます。サイズもB6、B5、A6、A5、A4など各種取り揃えております。

「オリジナル薬袋印刷」のことなら、大阪の印刷会社・三陽美術にお任せください。患者さんへの必要事項の記載がより読みやすくなることはもちろんのこと、素敵なデザインの薬袋で病院や薬局のイメージアップにもつながること請け合いです。ぜひ、お気軽に三陽美術にご相談くださいませ!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

小児科内科(子供向けクリニック)のオリジナルデザイン薬袋

■小児科内科(子供向けクリニック)のオリジナルデザイン薬袋■

大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。
今回のテーマは、「小児科内科(子供向けクリニック)のオリジナルデザイン薬袋」についてです。

以前、小児科内科(子供向けクリニック)のオリジナルデザイン薬袋の印刷をしたことがあります。そのお客様は、コート紙にクリニックオリジナルのデザインをフルカラー印刷で仕上げました。

子供にとっては病院は怖いから行きたくない!薬も苦いから飲むのは嫌だ!という子供が当然です。その気持ちをカラフルでかわいい薬袋、好きなキャラクターの絵が印刷されている薬袋で少しでも緩和してもらえるようにとの配慮です。

私たちの時代には、薬袋といえば単色で医院名などが印刷されて、名前の部分は手書きで書いてもらうというのが一般的でしたが、最近は少子化にもなり、病院側の販促物と同じような考え方にもなっているのかもしれないですね。

このような配慮から、子供の好きなキャラクラー、例えば今流行りのものだとワンピース、ドラゴンボール、プリキュアや、サンリオやワーナー・エンターテイメントのキャラクターを印刷して販売されている薬袋もあるようです。

子供自身が好きなキャラクターや、かわいい絵が印刷されている薬袋で薬をもらえたら病院に行くのも楽しみになりそうですね。
親も、子供を病院に連れて行くのが、それを口実にすれば少しは楽になるかもしれないですね。

三陽美術では、紙質・表示内容・印刷色数・両面印刷とお客様のご要望に合わせたオリジナル薬袋印刷も承っておりますので、お気軽にご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Home > タグ > 薬袋印刷 オリジナル薬袋

検索
フィード
メタ情報

Return to page top