ホーム > タグ > 自治体改ざん防止用紙

自治体改ざん防止用紙

大阪での自治体改ざん防止用紙印刷

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。
今回のテーマは、「大阪での自治体改ざん防止用紙印刷」についてです。

インターネットが普及し、個人情報の流出が相次いでいます。
それでなくても、日常的に「お名前を」「ご住所を」「電話番号を」と署名する機会は多々あります。
その度に、「この個人情報はちゃんと管理さているのだろうか?」と気になってしまいます。
「同意ください」と言われても長々と書かれた個人情報についての文章はとうてい読む気にはならないものです…しかし、ちょっとしたトラブルがそういったところに潜んでいるのかもしれません。

自治体住民の名前や住所などを多く取り扱う地方自治体では、住民票など個人情報掲載書類など公開によってトラブルが発生する書類がたくさんあります。
このような自治体改ざん防止用紙にはこのコピーガード用紙がお役に立ちます。

個人情報を管理する立場ならば、しかるべき措置を取らなければなりません。問題が大きくなってからでは遅いのです。
改ざん防止シール、セキュリティシールなども個人情報保護に必要不可欠です。

個人情報保護の観点からニーズの高いコピーガード用紙、大阪での自治体改ざん防止用紙印刷をご希望のお客様は是非、三陽美術にご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

セキュリティは大丈夫ですか?コピーガード用紙、マイクロ文字で偽造させない!

■セキュリティは大丈夫ですか?コピーガード用紙、マイクロ文字で偽造させない!■

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。
今回のテーマは、「セキュリティは大丈夫ですか?コピーガード用紙、マイクロ文字で偽造させない!」についてです。

家庭用のプリンタやスキャナの性能が上がるにつれ、だれでも容易にコピーを作成することができるようになりました。
大事な契約書や認定証、個人情報を有する書類には偽造防止対策が必須です。

マイクロ文字は肉眼で見えないくらい小さな文字や線で画像を表現する技術です。お札はマイクロ文字の代表ですね。
ルーペ等を使わなければ繊細な文字は確認できません。マイクロ文字は解像度の低いコピー機では再現が困難です。
印刷する用紙にもセキュリティをほどこす方法として、コピーガード用紙があります。
特に官公庁などでの住民登録票や印鑑証明などに使われていますが、個人情報保護の高まりや法整備によって今では履歴書や各種申込書など、個人情報を直接書き込む用紙に積極的に使われています。
自治体改ざん防止用紙、契約書、請求書・見積書、楽譜、認定証など幅広く利用されています。コピーガード用紙を印刷すると文字が浮き出てコピーが判明します。

個人情報保護、偽造防止に必要なコピーガード用紙をお探しの方、どうぞ三陽美術の技術をご利用ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Home > タグ > 自治体改ざん防止用紙

検索
フィード
メタ情報

Return to page top