ホーム > タグ > 折り加工 製本 印刷

折り加工 製本 印刷

印刷物の折り加工の種類

■印刷物の折り加工の種類

ブログをお読みいただきありがとうございます。大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。
「印刷物の折り加工の種類」についてお話しますね。

レストランや飲食店に行くとメニューにも様々な折り方がありますよね。ラミネート加工を施せば、ぴんとテーブルの上に立つのでテーブルにバラバラとメニューを広げることもありません。

印刷物の折り加工の種類にはいくつかあるのをご存知でしょうか?

まずは一番スタンダードな用紙の真ん中で折る二つ折りですね。また、パンフレットなどでよく見るのが用紙を三等分に折る巻き三つ折りです。さらにメニューなどでは文字のZのように三等分に折るZ折りがあります。

さらにちょっとかわった巻き四つ折り、W折り、観音折りなんていうのもありますので、用途や見せ方を折り方で変えることができます。デザインするときにはまずどのような折り方をする印刷物なのかを決めてから、レイアウトなどを組んでいきましょう!

印刷物の折り加工は大阪の印刷会社三陽美術にご相談ください!もちろん、メニューのフルカラー印刷や配布用のパンフレット印刷も合わせてご注文をお待ちしております!迅速・格安・ハイクオリティの印刷会社三陽美術は印刷の強い味方で居続けます!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

小口折の製本印刷

■スクラッチとは。スクラッチ印刷のご用命は。■

大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。
今回のテーマは、「小口折の製本印刷」についてです。

今回は製本印刷についてのご紹介ですが、製本となると各工程において、さまざまな作業と工程が必要になります。
まずイメージしていただくと、紙が多い際には製本といってもその本のとめている部分を背と言いますが、背の部分を綴じる必要があります。

となるとその機械が必要ですし、また綴じた際にその紙が曲がってしまうこともあるので、断裁をすることも大事です。
また、自動的に折りたたむような機械があれば折り加工が楽になりますし、製本といってもさまざまな工程をふまなくてはなりません。

三陽美術では、製本についてのご相談を受けることもありますが、いわゆる小口折の製本印刷についてご相談いただいたことがあります。小口とは切り口のことで、本を読むとき開く部分のことを言います。
通常、製本にはさまざまな種類があります。またサイズもA6サイズからB4サイズ、縦であったり横であったり開き方についても右綴じ、左綴じという違いもあります。

そういった製本についても、まずはお気軽にご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Home > タグ > 折り加工 製本 印刷

検索
フィード
メタ情報

Return to page top