ホーム > タグ > 官公庁

官公庁

プライバシーマーク制度と中身が透けないプライバシー封筒

■プライバシーマーク制度と中身が透けないプライバシー封筒■

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。
今回のテーマは「プライバシーマーク制度と中身が透けないプライバシー封筒」です。

個人情報を適切に取り扱う企業に公的機関が認定するプライバシーマーク(Pマーク)の取得は、今や個人情報を扱う企業には必須の資格です。

2005年には個人情報保護法が施行され、近年プライバシーに対する世間の見方は強まっています。
そういった意味でもプライバシーマークは個人情報をしっかり取り扱っている事の証明になります。
また、個人や企業などの情報の取り扱いは年々重みをましており、そういった書類を扱う際には細心の注意を払わないといけません。

たとえば封筒で重要な申請書や機密文書を送付する際、封筒が透けていて中身がうっすら見えてしまった!
という事があれば、それは大きな問題ですよね。
封筒を二重にするとか、厚みのある封筒を使ったりする事で漏洩防止をしているところも多いかと思われます。

しかし、従来の封筒と同じ厚みで、なおかつ不透明度が高い中身が透けないプライバシーに配慮した封筒もあります。カラーを施す事もできます。

大切な個人情報を扱うために中身の透けないプライバシー封筒も、プライバシーマーク同様とても重要なものです。

行政機関・官公庁様からのご注文をいただくことも数多くあります。

そういったプライバシー封筒の印刷は大阪の印刷会社三陽美術までまずはご相談下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

セキュリティは大丈夫ですか?コピーガード用紙、マイクロ文字で偽造させない!

■セキュリティは大丈夫ですか?コピーガード用紙、マイクロ文字で偽造させない!■

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。
今回のテーマは、「セキュリティは大丈夫ですか?コピーガード用紙、マイクロ文字で偽造させない!」についてです。

家庭用のプリンタやスキャナの性能が上がるにつれ、だれでも容易にコピーを作成することができるようになりました。
大事な契約書や認定証、個人情報を有する書類には偽造防止対策が必須です。

マイクロ文字は肉眼で見えないくらい小さな文字や線で画像を表現する技術です。お札はマイクロ文字の代表ですね。
ルーペ等を使わなければ繊細な文字は確認できません。マイクロ文字は解像度の低いコピー機では再現が困難です。
印刷する用紙にもセキュリティをほどこす方法として、コピーガード用紙があります。
特に官公庁などでの住民登録票や印鑑証明などに使われていますが、個人情報保護の高まりや法整備によって今では履歴書や各種申込書など、個人情報を直接書き込む用紙に積極的に使われています。
自治体改ざん防止用紙、契約書、請求書・見積書、楽譜、認定証など幅広く利用されています。コピーガード用紙を印刷すると文字が浮き出てコピーが判明します。

個人情報保護、偽造防止に必要なコピーガード用紙をお探しの方、どうぞ三陽美術の技術をご利用ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Home > タグ > 官公庁

検索
フィード
メタ情報

Return to page top