ホーム > タグ > 大阪

大阪

折込チラシの印刷のサービス

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「折込チラシの印刷のサービス」についてお話したいと思います。

近年では、折込チラシの印刷に関する依頼が、
業者に対して数多く寄せられていると考えられています。

そのため、こうしたチラシの印刷に注力するところが多くなってきつつあり、
質の高い折込チラシが製造される環境が、
整備されているのではないかと思います。

チラシは日常的に作られ続けてきているため、
印刷業者が高い頻度で
この印刷物をオファーする傾向が強くなってきているのではないかと思います。

折込チラシは印象的なデザインの配置が重要であると考えられており、
印刷を請け負う業者によってはそのデザインを良くしようとする
取り組みが実践されているのではないかとみられています。

今後はより多くの業者が折込チラシの印刷を
展開するようになっていくのではないかと推測されています。

そのため、現在よりも高い頻度で
印刷に関するサービスが実施されてくいと見込まれており、
折込チラシが容易に印刷できるようになるのではないかと予測されています。

印刷等に関してご相談ご要望があれば、是非とも大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

DMを作るなら家で作るより印刷会社が効果的

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「DMを作るなら家で作るより印刷会社が効果的」についてお客様のお声を話したいと思います。

中小企業や個人事業主などで宣伝のためにDMを送りたいということを考える場合があります。

そんな時、そんなに枚数がないため、
印刷会社などの価格を見るとやはり一度に大量に印刷すると安くなる価格設定もあって、
今回は少量だからとか最近のプリンターは結構綺麗だからと自分で印刷しようかと思われることも多いと思います。

それ自体間違いではないのですが、
色んなことを考えると実は印刷会社に頼んだ方が効果的だったりします。

重要なポイントと言える費用面ですが、確かに少量だと印刷会社だと割高になるかもしれません。

しかし、家のプリンターの場合、綺麗に印刷しようと最高画質で印刷した場合、
かなりのインクを消費してしまいます。

市販のプリンタだとプリンタで使う全色を購入すると案外高かったりします。

費用面で結果的に変わらないのに品質が劣ることにもなるのです。

それならDMを共通な部分を作るなどして、
多めの枚数を印刷会社に頼んで綺麗なDMがあった方が、
ビジネス的にもメリットが大きかったりするのです。

印刷等に関してご相談ご要望があれば、是非とも大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

様々な印刷物

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「様々な印刷物」についてお話したいと思います。

印刷物には紙ベースのものだけでなく、生活の中にあるあらゆるものが印刷されてできています。

そのデザインは多岐にわたり、商品が魅力的に見えるように印刷が役立っています。

印刷物として一番生活に密着しているのが本などの出版物です。

インターネットが普及した現在でも本は多くの人に読まれています。

デジタル化が進んでも紙ベースの印刷物はこれからも人々にとって身近なものとして使われるでしょう。

印刷は物にデザインを与え、人の目を楽しませることができますよね。

また、文字で的確にその商品について表したり、ロゴのように一目で何かを表すこともあります。

印刷されたものは生活の中にあふれていて、印刷によって人はそのものに親しみを覚えたり、どういうものかを認識したりできます。

生活に密着したさまざまな印刷物は印刷会社によってつくられ、私たちは日々その商品を手に取ったり見たりしています。

印刷はあたりまえのように生活にあふれていますが、なくてはならないものです。

印刷に関してご要望があれば、是非とも大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

兵庫県姫路市でチラシの印刷をおこないました

兵庫県姫路市でチラシの印刷をおこないました

>>チラシの印刷はこちら

ブログをお読みいただきありがとうございます。大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

最近たまたま通りかかった街角でチラシを配っている方がいたので受け取るとスポーツジムが新しくできてその宣伝のためだったようで、チラシを持って行くとさらに割り引かれるといった記載もありました。

よくあるパターンと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、何をアピールしたいのかが分かりやすいシンプルかつユニークなチラシでした。

兵庫県姫路市のお客様からチラシ印刷のご依頼を受けたのですが、このお客様も同じような考えをお持ちで、自社の商品在庫処分による特売チラシを作って街頭で配布し、それを持参していただいた方には販売価格からさらに10%オフするという特典を付けるというものでした。
デザインは無駄な文言を省いたシンプルなもので、パッと目の引く色合いのもので、大量に印刷をさせていただきました。

後ほどうかがった話なのですが、これまでも数回おこなった在庫処分セールの中で一番売り上げが良かったそうです。こんな時代だからこそアナログな方法が効果を発揮するのかもしれませんね。

大ロット、小ロットは問いませんのでチラシ印刷をお考えの皆様、どんなチラシがいいか相談したいという段階でも結構ですのでぜひお気軽に三陽美術にご連絡くださいませ。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

自動車・電車などの座席カバー、ヘッドレスト印刷

■自動車・電車などの座席カバー、ヘッドレスト印刷■

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。
今回のテーマは「自動車・電車などの座席カバー、ヘッドレスト印刷」です。

ヘッドレスト印刷

と、聞くと少し聞き慣れませんが、まずヘッドレスト (Head rest)とはタクシーやバス、飛行機などの輸送機械の座席に設ける背もたれの上部の枕になっている部分のことです。

ヘッドレストと印刷とどう関係あるのでしょうか。少し疑問に感じる方もいるかもしれませんが、よくよく思い出してみるとヘッドレストの枕カバーに広告があったりしませんか?

そうなんです、ヘッドレストの裏部分や、座席カバーに広告があることはむしろ当然のことです。
タクシーやバス、飛行機など座りっぱなしになるとどうしても退屈になるもので、目の前の座席の広告を見てもらえる可能性が非常に高い広告とも言えます。特にヘッドレスト広告は、目の高さで広告情報を発信するので確実にアピールできます。活用しないわけにはいかないですよね。

最近は時代が時代なのかデビタル化によってヘッドレスト裏にモニターが設置してあることもあるものの、紙での印刷のほうが設置費用や紙広告のほうが慣れている企業様も多くニーズが高いと思われます。

自動車・電車などの座席カバー、ヘッドレスト印刷のことなら、大阪の印刷会社三陽美術までまずはご相談下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

回数券・金券・ドリンクチケットの偽造防止印刷

■回数券・金券・ドリンクチケットの偽造防止印刷■

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

日本国内における偽造等の被害は年々増加傾向にあるといい、あとを絶ちません。
またその被害は公式で発表されているものの数倍に及ぶとも言われています。
特に、金券ショップ等で現金化しやすい回数券・商品券・金券・ドリンクチケット・クーポン券等、紙幣などとは違い比較的セキュリティの甘い分、偽造されやすいと言えます。
そんな時「偽造防止印刷」技術は頼りになります。

普段、私達が使っているお札にもありとあらゆる偽造防止印刷技術が使われています。
例えば1万円札は国立印刷局の紹介しているだけでも20個もの偽造防止印刷技術が駆使されており、世界でもトップクラスと言われています。

もちろん、1万円札のようなたくさんの偽造防止を回数券・金券・ドリンクチケット等にまで施す必要はありません。
ですが、現金化しやすい回数券・金券・ドリンクチケット等は通貨に比べ狙われやすいのはお分かりいただけると思います。

せっかくトップクラスの偽造防止印刷技術を持つ我が国ですから、回数券・金券・ドリンクチケット等を印刷する際にはしっかりと偽造防止印刷をしておきたいところです。
偽造防止印刷には複写の文字が浮かぶコピーガードや、ホログラム、すかし等、紙幣で使われているような印刷を行う事で偽造防止が実現出来ます。

回数券・金券・ドリンクチケット等の発行をお考えの場合、偽造防止印刷をご検討されてみてはいかがでしょうか。
そういったご要望やご相談は大阪の印刷会社三陽美術までご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

障害や能力を問わずに利用可能なユニバーサルデザインと点字印刷

■障害や能力を問わずに利用可能なユニバーサルデザインと点字印刷■

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。
今回のテーマは、「障害や能力を問わずに利用可能なユニバーサルデザインと点字印刷」についてです。

ユニバーサルデザインとは、文化・言語・国籍・老若男女といった違い、障害や能力を問わずに利用することができる施設や製品、情報のデザインのことです。
「UD」と略されていますので、見かける方も多いかもしれません。
点字もユニバーサルデザインの一環にあたります。
缶ビールなどの上の部分に浮き出し文字で「ビールです」と書かれ点字で「ビール」と表現されているものもあります。
間違ってアルコールを飲まないように配慮されているんです。
ユニバーサルフォントというものもあり、3と8の違いなど文字の認識がしやすくなっています。
家電の説明書やリモコンなどによく使われています。
また、色弱者のためのグラフィックカラーを配慮する例などもあげられます。

ユニバーサルデザインの7原則として下記が掲げられています。

■どんな人でも公平に使えること
■使う上で自由度が高いこと
■使い方が簡単で、すぐに分かること
■必要な情報がすぐに分かること
■うっかりミスが危険につながらないこと
■身体への負担がかかりづらいこと(弱い力でも使えること)
■接近や利用するための十分な大きさと空間を確保すること

バリアフリーというものがユニバーサルデザインによって生活の細やかなところまでに行きとどき、ハンディのある方の生活をスムーズにすることができればと思います。

ユニバーサルデザインの印刷や点字印刷については三陽美術にお気軽にご相談ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

既製品ののぼり旗では物足りない…オリジナルのぼり旗を印刷!

■既製品ののぼり旗では物足りない…オリジナルのぼり旗を印刷!■

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。
今回のテーマは、「既製品ののぼり旗では物足りない…オリジナルのぼり旗を印刷!」についてです。

大きな道路沿いなどでよく目にするのぼり旗ですが、どういった工夫で訴求効果が高まるのでしょうか?
のぼり旗は狭いスペースで設置できるという特徴から、大きな道路沿いだけでなく、商店街の店頭など、設置されるロケーションはさまざまです。
また、さまざまな場所に設置できる特徴にともない、大きな通りで目立たせるだけでなく、表通り沿いに設置して路地裏にあるお店の存在を知らせるなど、その設置の目的も多岐にわたります。

そのような多様な用途があるのぼり旗ですが、やはりその設置場所や設置目的に応じたオリジナルののぼり旗を設置する方が、当然、訴求効果も違ってきます。
アピールしたい内容を端的に表すことで、訴求力は違ってきますし、設置するロケーションに応じて、背景色をデザインすることで、目立ち具合もまったく違います。

せっかくのぼり旗を設置するなら、訴求効果の高いオリジナルののぼり旗を作ってみませんか?大阪府松原市の三陽美術では、オリジナルののぼり旗の印刷もうけたまわります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社でPTA新聞をつくる

■大阪の印刷会社でPTA新聞をつくる■

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。
今回のテーマは、「大阪の印刷会社でPTA新聞をつくる」についてです。

PTAの広報部になった多くの場合、PTA新聞の製作に取り組むことになります。
PTA新聞は年に2回~4回と、地域や学校によって発行回数が異なります。
企画にはじまり、取材や撮影、そして記事を書きレイアウト、誤字脱字があるといけませんから校正まできっちりとやらなければなりません。
新聞記事を書いたり、取材をしたり、印刷会社のことを知らない…
そういった親御さんがいきなりPTA新聞の担当になってしまい…不安でいっぱい、ということは珍しくありません。
当然、大きな学校であるばあるほどPTA新聞の発行部数は多くなり、学校の輪転機では到底刷りきれません。
印刷や製本は手間と時間がかかるのでまるごと業者に委託するところも多いようです。

ママさんの中には絵の描くのが得意な方もいたり、イラストやマンガを描いてもらうとPTA新聞の華やかさは増します。
注意しなければならないのは、個人に負担をかけすぎいないことです。
毎回会議に参加できるPTA委員さんは少ないかもしれませんが、協力し合ってつくる意識を持つことが大事です。

慣れないPTA新聞の印刷のことも三陽美術にお気軽にご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社で光沢合成紙のポスター

■大阪の印刷会社で光沢合成紙のポスター■

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。
今回のテーマは、「大阪の印刷会社で光沢合成紙のポスター」についてです。

天気の急な変化が多いこのごろ。鞄に折り畳み傘はいつも入れておきたいものです。
ポスターは屋外に張っていると雨風などですぐボロボロになってしまいます。
短期間の屋外用ポスターなら光沢合成紙のポスターがおすすめです。
PPフィルム素材でできたPP光沢合成紙はラミネート加工しなくても丈夫で、雨にぬれても破れることがありません。
美術館、野球、サッカーの試合、案内図など多方面で活躍します。

通常、ポスター印刷は製版代、刷版代、抜型代など、初期費用が掛かるので、ある程度の部数を余分につくらないと1枚あたりの単価が高くなってしまいます。
三陽美術では印刷のための版を作らず、一枚ずつプリンタで印刷します。1部からの極少部数でも、コストに見合うスピーディーな印刷が可能となっております。

大きなサイズで訴求力抜群の光沢合成紙のポスターの印刷は三陽美術に是非ご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『ほんまや』と言えるようなシュリンクラベルを作りたい

■『ほんまや』と言えるようなシュリンクラベルを作りたい■

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。
今回のテーマは、「『ほんまや』と言えるようなシュリンクラベルを作りたい」についてです。

ほんまやペットボトル、大阪人なら知っているはず。
2007年に大阪市水道局が大阪の水が美味しいということをアピールするべく製造した商品です。
しかしながら大阪市の橋下徹市長は2012年に入って税金の無駄遣いだということで製造中止を決めました。水道水を高度浄水処理してペットボトルに詰めて販売するというアイデアは斬新だったのですが、お金の出所が税金となると話は別です。しかも赤字になってしまったのですから廃止になるのも仕方がないと言うしかありません。

さて、このペットボトルなどに使用されるラベルはシュリンクラベルと言います。最近ではどんどん薄型のものも出ていて話題になりました。ペットボトルの普及に伴ってシュリンクラベルの需要はどんどん高まっています。多色刷りもできるのでデザインの幅も広がります。
ほんまやペットボトルのような大胆なデザインのものをズラリと並べるとなかなか圧巻ですよね。
マラソンブームが流行の今、大会ごとにデザインするのも効果的です。
よいデザインのシュリンクラベルなら中身を入れ替えて繰り返し使うこともありますよね。

オリジナルのシュリンクラベルが作りたい、そのようなご要望は是非とも三陽美術にご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Home > タグ > 大阪

検索
フィード
メタ情報

Return to page top