ホーム > タグ > 同人誌印刷

同人誌印刷

同人便箋という時代

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「同人便箋という時代」についてお話したいと思います。

最近はオタク文化の裾野が随分広くなりました。
世界最大のオタクの祭典ともいえる
コミックマーケットの入場者数も年々増加しています。
コミックマーケットなどの同人誌即売会で
中心になるのはやはり同人誌です。
同人生活を長く続けていらっしゃる方は
ひいきの印刷屋さんをお持ちの方も多いでしょう。

今の30代から40代の方ならご存知なのが、
同人便箋というグッズ販売です。
今で言う『推し』のキャラクターをイラストにして便箋上に配置して、
暗めの色調の紙にグラデーションの印刷、というのがスタンダードでした。

最近はあまり見かけなくなりましたが、
あえて今グッズとして同人便箋を作成したならば、
懐かしさに身悶えしてしまう方も
少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。

懐かしい同人便箋の企画をお待ちしております。

まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いしますa
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

同人誌印刷には融通のきく印刷会社がおすすめ

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「同人誌印刷には融通のきく印刷会社がおすすめ」についてお話したいと思います。

最近ではアニメや漫画、ゲームなどを中心としたオタク文化は
ある意味サブカルチャーから日本のメインカルチャーとして世界に発信されるようになってきました。
コミックマーケットの規模や種類、イベントの回数なども随分多くなると共に、
どんどんオープンになり参加人数も増加の一途を辿っています。

今では3Dプリンターを使ったフィギュアの製造なども個人で行うことも可能になりましたし、
グッズなども、缶バッジ、抱き枕やクッション、Tシャツの量産も個人で気軽に発注することができるようになってきました。

同人誌の発行はずいぶん昔から印刷会社に任されています。
数十年前はラミネートされたキャラクターカードを使用したキーホルダーや、
グラデーション加工が施された同人封筒、便箋のセットなどが主流でした。
もちろん、それらの印刷は、印刷会社に依頼されていました。

グッズはもとより、同人界隈でのメインはなんといっても同人誌です。
個人が集まってサークルを作り、原稿を持ち寄って一冊の本を作り上げるスタイルや、
1人の作家が一冊分全てを書き上げるものなどがあります。
人気の作家ともなると専門書店などでの委託販売もありますね。

同人誌の発行までには原稿の作成作業が必要です。
スイスイと計画通りに進むなんでことはごく稀なタイプで、
多くの人が予定よりもずれ込んでゆくことになります。
そんな時に融通のきく、長い付き合いのできる印刷会社があれば
持ち込みからチェック、印刷までがスムーズにすすみます。
付き合いが長いと話が早いので、価格やロット数も相談に応じられます。

まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いしますa
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Home > タグ > 同人誌印刷

検索
フィード
メタ情報

Return to page top