ホーム > タグ > 印刷

印刷

100枚を超えるのならば年賀状は印刷会社へ

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「大量に印刷」についてお話したいと思います。

家庭用の年賀状でも100枚以上刷るのでしたら、それはもう印刷会社へ印刷をお願いするのが良いというものでしょう。
使っている家庭用プリンターにもよりますけれど、写真対応のできる高性能プリンターですと、ものすごくたくさんのインクを消費するんですよね。

大量に印刷するためのレーザープリンターならまだしも、家庭用インクジェットプリンターの場合ですと、本当にもう「インク代もバカにならない!」というぐらいに、インクを大量消費します。年賀状用にと写真ハガキ印刷を行うのでしたら、なおのことそのインク代は決して安くは抑えられないことでしょう。

そしてだからこそ、100枚以上の印刷となるのでしたら、もう印刷会社にお願いしてしまった方がいいと言えるのです。印刷会社によるプリントは、いくら高性能だとはいえ家庭用プリンターよりもキレイに仕上げてくれますし、それに印刷料金にしましても、家庭用インクジェットプリンターでプリントするよりも安く抑えられたりしますからね。

まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いしますa
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

雑誌の印刷は結構早く行っている。

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「雑誌の印刷は結構早く行っている。」についてお話したいと思います。

店頭で販売されている雑誌は発売日前日になれば、
ほぼ間違いなく出回っているものもあります。

こうした雑誌については、印刷会社が相当早めに印刷を開始しており、
結構前には出せるようにしています。

これは、土日の関係もあり、
それを超えてしまうとうまく印刷が出来ないなど、デメリットが生まれてしまうからだそうです。

週刊誌のように、どうしても土日を跨いでしまうものが多くある場合は、
それを逆算して印刷していることが多くあります。

早めに行っているものは、そのまま印刷会社に在庫を残しておくか、
配送会社に指示を与えて遅らせているのです。

発売日に間に合わないのが一番の問題となりますから、
そうしたことが起こらないように、徹底して早い印刷をしています。

土日等の休日を含めたスケジュールを考慮して印刷を進めていくことは、
雑誌の流通や地方でも安心して購入できるようにする為なのです。

印刷等に関してご相談ご要望があれば、是非とも大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

折込チラシの印刷のサービス

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「折込チラシの印刷のサービス」についてお話したいと思います。

近年では、折込チラシの印刷に関する依頼が、
業者に対して数多く寄せられていると考えられています。

そのため、こうしたチラシの印刷に注力するところが多くなってきつつあり、
質の高い折込チラシが製造される環境が、
整備されているのではないかと思います。

チラシは日常的に作られ続けてきているため、
印刷業者が高い頻度で
この印刷物をオファーする傾向が強くなってきているのではないかと思います。

折込チラシは印象的なデザインの配置が重要であると考えられており、
印刷を請け負う業者によってはそのデザインを良くしようとする
取り組みが実践されているのではないかとみられています。

今後はより多くの業者が折込チラシの印刷を
展開するようになっていくのではないかと推測されています。

そのため、現在よりも高い頻度で
印刷に関するサービスが実施されてくいと見込まれており、
折込チラシが容易に印刷できるようになるのではないかと予測されています。

印刷等に関してご相談ご要望があれば、是非とも大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

印刷するときに意識したい用紙の節約

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「印刷するときに意識したい用紙の節約」についてお話したいと思います。

印刷をするとき少しでも意識しておきたいのは「用紙を無駄に使わない」ということです。
印刷機にはいろいろ便利な機能があり、それを用いれば用紙を節約して使用することが可能です。

家庭内で1枚印刷すれば良いということであれば節約の余地はあまりないのかもしれませんが、そうではなくて仕事で大量印刷するときは節約を考えて印刷をしなければ無駄な経費がかかってしまいます。

印刷で用紙を節約するためには、縮小印刷、両面印刷などがあります。
これらの機能を駆使して用紙を一杯に使って印刷を実行すれば、かなりの用紙を節約することができます。

ただ、それによってレイアウトがおかしくなり見辛くなってしまっては意味がないので、そうならないように注意した上でしていかなければならないです。

それができれば用紙の節約になり、無駄な経費をかけずに済みます。
無駄な経費をかけなければ会社からも評価されますので、上手く節約して印刷をすることは仕事の現場においてとても大切なノウハウなのです。

印刷に関するご質問がございましたら、まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

インクカートリッジのポイント

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「インクカートリッジのポイント」についてお話したいと思います。

プリンタで印刷をするときに欠かせないのが、各種インクアートリッジです。
インクカートリッジがないと印刷できませんので、それについての知識を簡単に説明します。

印刷をしていると、インクカートリッジのインクがなくなってしまい、文字がかすれたり、薄くなってしまったりきちんと印刷することができません。
そんな時は、インクカートリッジ交換タイミングです。

インクカートリッジの交換は、マニュアルを見ながらやればそこまで難しい作業ではないのですが、初めてだと凄く戸惑います。

印刷するだけならボタン一つで出来ますが、インクカートリッジの交換になると手作業になるので、きちんと覚えておいた方が良く速やかに印刷できるようにカートリッジの交換のやり方は知っとくべきことですね。

インク交換がご面倒で印刷をご希望の場合は、是非とも大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

印刷業者を使うタイミング

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「印刷業者を使うタイミング」についてお話したいと思います。

パソコンの普及していることで、自宅でも会社でも、書体を選び写真やデザインを簡単に添えて作成することが出来て、プリントアウトすることができるようになりました。

こうした影響で、家庭の年賀状などの印刷を、業者にお願いする人は減りました。

しかし、印刷枚数が非常に大量であったり、紙質を自由に選びたかったり、大判サイズのポスターであったり、綺麗な発色を望む場合にはやはりプリンターでは駄目で、印刷業者を利用した方が良い物が仕上がります。

インターネットの文化が普及したため、町にある印刷屋さんも今ではインターネットを活用するようにかわってきています。
枚数が少なくても注文を受けてもらえ、それでいて納期が極めて短く、むしろ昔に比べて便利になったとも言える状況です。

家庭の用途でも、会社の用途でも、プリンターでのアウトプットと業者さんの印刷を上手に使い分ける事で、目的に適った品質の印刷を最適な価格で得る事ができるので、一度利用してみてください。

ご要望がありましたら、まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

写真屋さんからコンビニへ

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「写真屋さんからコンビニへ」についてお話したいと思います。

コピーが主流のコンビニですが、今となっては写真やPDFファイルであったりを簡単に印刷することができます。

普段コンビニを利用する人でも、コピーを利用する人でも、写真を印刷できることを知っていたり、実際に機会を操作して印刷したことがある人は少ないと思われます。

さらに、アプリと連携しているコピー機もあったりして、毎日使用している人がいる中、聞いた事がないという人もいます。

昨今では、携帯にて写真をたくさん撮る人が多くなっていますし、保存できる画像の数も増えており、写真を撮る文化の進化は素晴らしいものです。

旅行の写真、出先の写真、ランチの写真。

撮影する方法が進化している中、印刷する方法も進化しています。

写真が気軽に印刷できる世の中になっていますので、コンビニに良く行く方は一度、利用してみてはいかがでしょうか。

こんな印刷物がほしい、そんなご要望がありましたら、まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

印刷と共に生きよう

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「印刷と共に生きよう」についてお話したいと思います。

日本の人々が、印刷に携わる機械が最も多いのは、やはり年賀はがきでしょう。

今は手書きのはがきを見かけることが非常に少なくなっており、パソコンでデザインしたものを使っているケースが大半を占めています。

パソコンでデザインしたものが多い理由として、作成するスピードが早く、何枚でも複製出来るという点です。

年賀はがきをすべて手書きで書いていたら、時間がかかり過ぎてしまいます。

宛名を書くだけでも、失敗する緊張感を持ちながら作らないといけないですし、字が汚いと相手に与える印象も悪くなってしまいます。

こういったことを考えながら作成していると、神経がすり減って気疲れしてしまいますし、やり直しばかりしていると時間が無駄です。

ですがパソコンで一気にデザインしてしまえば、そういった手間も省けます。

新年の挨拶部分は手書きにするとしても、ほかの部分は印刷を行う。

そういった分業をすることが、効率がよく相手に与える印象も良い時代になってきつつあるかと思われます。

手書きや印刷は人によって良し悪しが違います。

ですが、パソコンで作成したものを印刷会社で印刷して使うという人が、多くなってきており、何より便利なのでそのスタイルが増えてきて定着する日も近いでしょう。

年賀状以外にも印刷会社三陽美術ではポスターやパンフレット、名刺などあらゆる印刷を手がけております。

要望がありましたら、まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

印刷工場で父と見たもの

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「印刷工場で父と見たもの」についてお話したいと思います。

父は仕事の関係上、トラックに乗ってよく遠方に行ってました。
新聞社関連の仕事をしているので、新聞社にある印刷工場の廃棄物を取りに行ったりしている仕事のように思います。

私は小学生の時に、社会見学も兼ねて、夜3時頃から出発する父の運転するトラックに乗り、印刷工場を見学させてもらえることとなりました。

トラックでの道中は、見慣れない土地だったり、暗い道を走って行きました。
印刷工場に行く途中は、楽しくトラックに揺られながら走っていると、目的地まではあっという間でしたが、もう朝になっていました。

到着して、会社を見学させてもらい感じたのは、新聞というのはこんなに朝早く色々な人が働き、作成しているんだなと子供ながらに実感したことを覚えています。

旅行気分で見た印刷工場は私にとって衝撃を受けた社会見学となったのと、いい経験ができたと思います。

帰りに、美味しいものを食べて、お土産のキーホルダーを買って貰ったのもいい思い出になりました。

印刷物を素早く、綺麗に完成させたい。
そんなご要望がありましたら、まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

パンフレット印刷を通じて広がる人との輪

ブログをお読みいただきありがとうございます。

大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「パンフレット印刷を通じて広がる人との輪」についてお話したいと思います。

パンフレットは、多くの人の目に留まる印刷物です。
そのパンフレットがどんなパンフレットかによって、利用する人の性別や年齢層、目的など、さまざまです。
パンフレット印刷をしながら、必ず心がけていることや、気をつけておこうと思うことがあります。

このパンフレットを見た人が、どんな第一印象を持つかということ、つまり、第三者の目線で考えてみるということです。

パンフレット印刷をしている側としては、どこにどんな注目ポイントがあって、どこを一番見てほしい部分かということや、どこに有益な情報が記載されているかなど、知っているうえで目にしています。
しかし、そのパンフレットを初めて見る人が、はたしてどこに注目するか、どうしたらわかりやすい、見やすいか、どの点を改善したらもっと良くなるか、そういったことは、パンフレット印刷をした方とは違ってきます。

その点を重要視してパンフレット印刷することで、より分かりやすくて有益な情報が的確に入手できるパンフレットを作ることができるのです。

まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術

〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号

TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188

印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします

>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

名刺に載せる情報

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

きょうは「名刺に載せる情報」についてお話ししたいと思います。

名刺には会社名や住所、名前、電話番号など必要な情報に
会社の「ロゴ」を配置すればできあがりです。

ロゴからデザインされるならテーマカラーやモチーフを決め
なるべくシンプルなものにすると色々アイデアが出てくると思います。

また店舗なら営業時間・定休日・最寄駅を含めた地図などを加えれば集客も望めますね。
期間限定でクーポンつきにしたり、スタンプカードを追加したり、お財布に入るカードサイズなのに
りっぱな広告アイテムになります。

大阪の印刷会社三陽美術デザインに関するアドバイスもおこなっております。
名刺印刷のことなら大阪の印刷会社三陽美術にまずはご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

変わった紙に印刷する効果

変わった紙に印刷する効果

>>取扱印刷物一覧はこちら

ブログをお読みいただきありがとうございます。大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

封筒印刷、名刺印刷、伝票印刷なら大阪の印刷会社三陽美術

行楽日和だった三連休とはうってかわって今週の天気はすっきりとしませんね。
天気によって気分が左右されてしまうあたりがやはり動物なのだなあと再認識してしまいます。
ビタミンDは太陽光に当たることで生成されるそうですが、太陽はやはりエネルギーを与えてくれるものですね。

三陽美術ではさまざまな紙への印刷を行っております。
よく見かける印刷用の紙ではなく、少し変わった紙への印刷を行うことで目を引くことは間違いありませんし、デザイン的な面でも幅が広がります。

また、ファッションの世界では異なる素材の組み合わせなどが流行中ですが、そのように印刷する紙に変化をつけることで印象的な印刷物の作成が可能ですよ。

他ではなかなか見たことがないというようなオリジナル印刷のアイディアをお持ちであれば、ぜひ私たちに気軽にご連絡いただければと思っています。

いろいろな印刷物に対応させていただきます。
イベント時や会社全体の印刷物の請負、大量印刷も対応可能です。
少量の印刷物でも問題はありません。

デザインなどにお悩みの場合には、40年を超える実績と経験をもとにデザインについてもアドバイスをさせていただきますので、お気軽にご相談ください。

こんな印刷はできないのだろうか?そのようないろいろな印刷に対するご意見をぜひ三陽美術までお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

三重県松阪市で目隠しシールの印刷をおこないました

三重県松阪市で目隠しシールの印刷をおこないました

>>目隠しシールの印刷はこちら

ブログをお読みいただきありがとうございます。大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

三重県松坂市のお客様に目隠しシールの印刷をおこなわせていただきました。
昨今は色々な手続きをインターネットからおこなえるようになり便利なものですが、例えばハガキなどに個人情報を記載して返送しなければならないことなども少なからずあるかと思います。

そんな時に便利なのが目隠しシールです。特に気にならないという方もいらっしゃるかもしれませんが、個人情報保護の観点からも目隠しシールを利用したほうがいいことは言うまでもありませんよね。

今回のお客様は、自社商品販売サイトに会員登録した人の中で商品購入時に金利無料の分割払いを指定された方には銀行引き落としにしてもらう必要があり、その際の返送用はがきに同梱する目隠しシールを印刷したいということでした。
担当の方はこだわりをお持ちの方で、目隠しシールに自社のロゴなどのデザインを入れたいと既に完成形の具体的な案を考えていらっしゃいました。
あとは私たち三陽美術がお客様のご要望に沿った印刷をおこなうだけでした。

目隠しシール、プライバシーを守るシールを印刷したいとお考えの方はいらっしゃいませんでしょうか。小ロット大ロットは問いませんのでぜひ一度三陽美術にご相談くださいませ。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

薬袋の記載事項とオリジナル薬袋印刷

■薬袋の記載事項とオリジナル薬袋印刷■

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。
今回のテーマは「薬袋の記載事項とオリジナル薬袋印刷」についてです。

医院や調剤薬局で患者さんにお薬を出す際に薬袋は欠かせません。
それぞれの医院や薬局で薬袋はデザインが違っていることが多く、薬袋は医院や調剤薬局のイメージにもなります。

私も調剤薬局で内服薬を受け取ることがあります。薬袋をよく見てみると、手書きの部分は一切ないことに気が付きます。すべて、データ入力されたものを印刷されているようです。

しかし、このような薬袋はすべての記載事項やデザインを医院や調剤薬局で印刷しているところは少ないでしょう。あらかじめ基本となるフォーマットが印刷されている薬袋に、患者情報や処方内容などの記載事項を印字するだけの薬袋があるので、これを利用します。このほうが印刷時間や、トナー代が節約もできます。

印刷会社に薬袋への必要事項(患者さんの氏名、用法、用量、調剤年月日、医院・薬局名・所在地・連絡先など)を印字するための記載や、デザインの希望を伝えればオリジナルの薬袋を印刷できます。もちろん、手書き用にも作れます。また、印字の際の印刷も、インクジェットプリンターだけではなくレーザープリンター用の薬袋もお任せ下さい。

今ではプリンタの性能も向上し、医院や調剤薬局でもご使用されていると思います。必要事項を印字するだけのオリジナル薬袋の印刷は、大阪の印刷会社三陽美術までまずはご相談下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

トーンジャンプしやすいグラデーションと印刷

■トーンジャンプしやすいグラデーションと印刷■

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。
今回は「トーンジャンプしやすいグラデーションと印刷」についてです。

トーンジャンプ(階調飛び・バンディングとも)とは色のグラデーションの際に本来は色から色へとスムーズに変化していく階調が急激に変化してしまう事を言います。
結果として縞々模様になってしまうというわけです。
これはヒストグラムで表示を確認してみても形が髪をとくクシのように隙間が出来ているのがよくわかります。

トーンジャンプは画像を大きく加工したりすると起きる事があります。空や人肌などの微妙なグラデーションに起きやすく、なるべくトーンジャンプは起こさないほうがもちろん良いです。

では、印刷時にこのようなトーンジャンプを出来るだけ起こさないにはどうすればよいか。

方法のひとつとしては16bit処理という方法があります。
8bitで作業するより16bitで作業をしたほうが階調の幅が広いのでトーンジャンプを回避出来るのですがこの処理を施してもトーンジャンプが起こる場合があります。

そこで「ノイズを加える」という方法があります。もちろん分からない程度の量を加えます。
また、グラデーションに合わせて縦や横のストライプ(もちろんこれもわからない程度)を加える事によってもトーンジャンプを抑えることが出来ます。

このような事で確実にトーンジャンプを抑えていけば、印刷の仕上がりも綺麗にいくわけですね。大阪の印刷会社三陽美術では、このような技術をもってしっかりと印刷をさせていただいております。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

複製・偽造防止用紙への印刷で不正させない

■複製・偽造防止用紙への印刷で不正させない■

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。
今回のテーマは、「複製・偽造防止用紙への印刷で不正させない」についてです。

アルゼンチンが新紙幣を発表しました。
三十三歳の若さで亡くなり、「エビータ」の愛称で親しまれたエバ・ペロン元大統領夫人。
その美しさと貧困対策に尽力したことから、死去60年経過した今でもアルゼンチンでは根強い人気を誇っています。
このエビータさんの紙幣は100ペソ。日本円にして約1710円です。
アルゼンチンは欧州の財政難の影響で経済成長に陰りが見えています。
この100ペソ、現在のアルゼンチンでは最高額です。エビータ札はアルゼンチンの国民の経済難を救うことができるのか注目が集まっています。

紙幣にはあらかじめコピー防止・コピーガードが組み込まれています。当然のことながら紙幣をコピーすることは法律で禁止されています。
重要書類や官公庁の書類もコピーされてはならないものです。

三陽美術は個人情報保護、偽造防止に必要なコピーガード用紙への印刷を承っております。

コピーガード用紙・複製抑止用紙印刷の詳細はこちらからです。

複製・偽造防止用紙への印刷は三陽美術にどうぞお気軽にご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

お菓子包装紙、ケーキ紙箱印刷

■お菓子包装紙、ケーキ紙箱印刷■

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。
今回のテーマは、「お菓子包装紙、ケーキ紙箱印刷」についてです。

部屋の掃除をしていると古いゴーフルの缶が出てきました。
中を開けてみると小さい頃に集めたお菓子包装紙が入っていました。

色とりどりのお菓子の包み、ケーキ紙箱を小さく切り取ってロゴの部分だけを残していました。
ロゴデザインというものはそれだけで美しさを持っています。
デザイナーが考え抜いて、洗練して決めたデザインなのですから当然です。
お菓子包装紙は幼少の頃の宝物だったのです。
友人も集めていて、ないものは交換し合ったりしました。
当時は牛乳キャップ集めも流行っていました。
「何かを集める」というのは大人になっても変わりません。百貨店で貰った包み紙などもちゃんと大切に置いているのです…
きれいなものを集める、ということで日常の美に対する意識は高まるのではないかと思います。

少し80年代風のデザインのお菓子包装紙は見れば見るほどレトロモダンに思えました。
缶は再び引き出しにしまいました。

三陽美術には欧文を含め、2,000種類のフォントが揃っています。一般で市販されているフォントに関しては、ほぼ対応しております。
不安な場合は、どうぞお気軽にお問い合わせください。

デザインにこだわったこんな印刷がしたい、そういったアイデアは三陽美術にどうぞお気軽にご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

印刷産業統計と大判プリント印刷の需要

■ 印刷産業統計と大判プリント印刷の需要 ■

ブログをお読みいただきありがとうございます。大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。
今回のテーマは、「印刷産業統計と大判プリント印刷の需要」についてです。

新聞を読んでいると統計情報があったのでご紹介いたします。その統計では、印刷・同関連業(印刷産業)の事業所数は、製造業24業種中、「金属製品」「食料品」「生産用機械器具」「繊維工業」に次ぎ5番目に多く、全製造業の6.3%を占めているとのことです。

そして、印刷産業の平成21年の出荷額は前年比8.3%減少し6兆3205億円だったそうです。日本のGDPが約500兆円なので1%くらいになりますね。
30,318件も事業所数が印刷会社はあるそうで、そう考えるとすごく多いですね。このような統計情報を見るといろいろ考えますね、統計だけ見ても仕方がないにしろその内容などはやはり今後どのような分野の印刷に力を入れないといけないかなど考えないといけません。

ところで三陽美術ではシュリンクラベル印刷や大判プリント印刷など様々な印刷のご相談をいただきますが、やはり印刷といえば特色印刷。印刷技術を駆使した経験豊富な特色印刷はいかがでしょうか。これからも技術力高く三陽美術はいい印刷を創ってまいります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

印刷の下請け・外注先のご相談

■ 印刷の下請け・外注先のご相談 ■

大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。
今回のテーマは、「 印刷の下請け・外注先のご相談 」についてです。

三陽美術ではこれまでいろいろな会社様の下請け実績を残しております。
各種印刷会社様、デザイン事務所様、広告会社様など、印刷物を扱う企業様などなど、印刷会社としての技術の向上や、お客様の立場に立った営業展開などによって、多くの実績を残しております。特に自社でできない加工や特色印刷、大きさがあわないなどなどそういったお困りごとはございませんか?

  • 印刷業務(名刺・はがき・伝票・封筒・チラシなど)
  • 製本・加工業務(ミシン・マイクロミシン・T字ミシン・スリッター・筋入れ・穴あけ・角丸・角切り など)
  • データ加工(データ変換・製版フィルムのデータ化 など)
  • 製版作業(CTP出力(菊半裁・菊四栽・A3縦型))
  • デザイン業務 など

納期でのお困りごとであったり、イラストレータなどソフトのバージョンによって困難という場合なども多々あるかと思います。
オーソドックスな名刺から、特色名刺・デザイン名刺・型押し名刺(箔押し名刺・浮出し名刺)などなど、お気軽に
「こういった相談あるけどできるかな?」
ということなら三陽美術にまずはご相談ください。下請け・外注先としてもいいご縁になればと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Home > タグ > 印刷

検索
フィード
メタ情報

Return to page top