ホーム > タグ > 医療用バーコードシール印刷

医療用バーコードシール印刷

医療機器・医療材料標準バーコードと医療用バーコードシール印刷

■医療機器・医療材料標準バーコードと医療用バーコードシール印刷■

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。
今回のテーマは「医療機器・医療材料標準バーコードと医療用バーコードシール印刷」についてです。

2008年9月より医療機器・医療材料標準バーコードの表示の標準化がすすめられてきました。それまでの医療機器・医療材料標準バーコードは、各製造業者や医療機関が必要に応じてそれぞれのバーコードシールを作っていたため、統一性がありませんでした。

医療機器・医療材料標準バーコードを表示することで、類似した医薬品の取り違え事故、投薬による過失の防止や、品質不良などの回収時の迅速な対応、在庫管理の効率化・統一化などのメリットが高く、厚労省も今後のバーコード表示の義務化をさらに進めていくようです。

標準化されたといっても、バーコード表示にはいろいろなバーコードシールがあり、医療機器・医療材料に合わせて「商品コード」や「有効期限」、「製造番号」などの情報を記載して印刷できます。大きさは幅100mm以内、高さ10mm以上が標準です。

医療機器・医療材料標準バーコードの表示は、何といっても医療事故防止に重要です。今後も表示の義務化はさらにすすみ、医療用バーコードシールの印刷を効率良く行いたい各製造業者様や医療機関様は多いかと思います。

そういった標準化にあわせた医療用バーコードシール印刷は、大阪の印刷会社三陽美術までまずはご相談下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Home > タグ > 医療用バーコードシール印刷

検索
フィード
メタ情報

Return to page top