ホーム > タグ > チケット印刷 ミシン目加工

チケット印刷 ミシン目加工

演奏会のチケット印刷とミシン目加工

ブログをお読みいただきありがとうございます。大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。
「演奏会のチケット印刷とミシン目加工」についてお話しますね。

先日は神戸市灘区でコンサートチケットの印刷をおこなわせていただきました。

ホールでの交響楽団のコンサートとお聞きしておりましたので、クラッシックらしい高級感のあるデザインをお求めなのかと思いきや、有名なゲームの挿入歌やゲームミュージックの演奏会ということでした。
そんなお客様とのご相談のうえでコンサートのテーマに沿った配色とモチーフなどを施したデザインにさせていただきました。通常のコンサートとは一風変わった企画であるからこそ、オリジナルのチケットを用意したいですよね。

三陽美術ではそんなご要望や企画に応じたオリジナルチケットの印刷を小ロットから承っております。
チケットのナンバリングや、ミシン目加工なども可能です。
チケットを印刷したけれど、もう少し完成度を上げたい、という時にはミシン目加工をおこなうことで、
より一層チケットらしくすることができますよ。

また三陽美術は、チケットの印刷を行う際、お客様と綿密なお打ち合わせを行い、
お客様のご希望に沿ったチケットの印刷をご提供させていただいております。
デザインなどでお困りの際も、ぜひご相談ください。ご要望に沿ったデザインのお手伝いをいたします。
他の印刷会社さんでは断られてしまったミシン加工も、あきらめずに三陽美術へ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ジャンピングミシンでチケットのミシン目の加工

■ジャンピングミシンでチケットのミシン目の加工■

大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。
今回のテーマは、「ジャンピングミシンでチケットのミシン目の加工」についてです。

ジャンピングミシンとは、紙にミシン目を入れる機械の名称になります。
ジャンピングミシンは、その名の通りミシンが途中で止まりジャンプしているように見えることから、このように呼ばれています。
設定でミシン目の長さを調節できるので、L字、T字、コの字、ヒの字などに加工することが可能です。

このジャンピングミシンがない場合は、トムソン型が必要になります。
トムソン型は、打ち抜き加工や折り目加工、ミシン目加工の際に使われるのですが型代が高いためロット数が多い場合にはいいのですが、小ロットの場合はコストがとても高くなってしまいます。

ジャンピングミシンの場合は、型を作る必要もなく、紙サイズや加工に合わせて設定できるので、簡易にミシン目を入れることが出来ます。

ミシン目加工は、特にチケットの半券部分に入れることが多く、チケットが何枚が綴りになっている場合に切り離すためにもミシン目が入れてあることもあります。

三陽美術では、チケットの印刷からミシン目加工まで承っておりますので、ご用命の際はぜひ1度お問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Home > タグ > チケット印刷 ミシン目加工

検索
フィード
メタ情報

Return to page top