ホーム > タグ > シルク印刷 曲面 円柱状

シルク印刷 曲面 円柱状

もっとも流通量の多い印刷手法

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「もっとも流通量の多い印刷手法に」についてお話したいと思います。

世の中に出回っている印刷物を作る時に、主流になっている手法はオフセット印刷という方法です。
基本的には赤と青と黄色の三原色のインクを調整しながら使用して、文字などの色は黒色のインクに統一しながら使用します。

部数が少ないパンフレットなどをプリントする場合、1枚ずつ機械で印刷していく事が特徴です。
新聞や広告などは、多くの部数が必要になる為に丸めながら効率良くプリントアウトをします。

色を紙面上に表示する場合、赤と青と黄色のインクや板を上手に使い分ける事で希望する色の醸し出せる事が特徴です。
生産する印刷物によって機械の種類を使い分ける事で、生産の効率を向上します。

タオルの布などにプリントする場合の手法として、シルク印刷という方法を用います。
タオルなどの布に明白で綺麗な文字を出力するために、小さな穴からインクを絞り出しながらプリントをする事が特徴で、金属製の製品やプラスチックの製品などにもシルク印刷という手法が有効的です。

こんな印刷物がほしい、急ぎの印刷物を仕上げてほしい、というご要望がありましたら、まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

シルク印刷 ポリプロピレンやポリエチレンへの印刷

■シルク印刷 ポリプロピレンやポリエチレンへの印刷■

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。
今回のテーマは「シルク印刷 ポリプロピレンやポリエチレンへの印刷」です。

シルク印刷とはなんでしょうか。シルクスクリーン印刷と言ったほうがわかりやすいかもしれません。昔流行った「プリントゴッコ」を想像するとわかりやすいと思います。

シルク印刷は曲面にも印刷することが出来るため、紙や平面上よりもポリプロピレンやポリエチレン素材で作られた容器や食器など、曲面の多い円柱状のものへの印刷を得意としています。

昔は絹(シルク)の布の繊維の間を利用してインクを通し、転写する方法でしたが、現在では絹(シルク)の代わりに化学繊維の糸で織られた布を使うようになっています。より、精密に転写することができるのです。

さきほど曲面、ポリプロピレンやポリエチレンへの印刷が得意とお話しましたが、シルク印刷は他にもメリットがたくさん。
まずインクの種類が豊富で微妙な色も再現可能なこと。また、厚盛りが可能なこと。変色に強く耐候性にも優れています。そして小ロットにも対応しやすい。

また、こういった特性から最近ではシルク印刷を使っての絵画制作にも利用されることも多いのだとか。曲面やポリプロピレンやポリエチレンにとどまらず、とても万能な印刷と言えるかもしれません。
そんなシルク印刷のご要望は、大阪の印刷会社三陽美術までまずはご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Home > タグ > シルク印刷 曲面 円柱状

検索
フィード
メタ情報

Return to page top