Home > アーカイブ > 2019-02

2019-02

POPって意外と種類があるって知っていましたか?

大阪の印刷会社三陽美術のブログをご覧いただき、ありがとうございます。
今回のテーマは「POPって意外と種類があるって知っていましたか?」についてです。

25be651066e542d680ab95779b0e40ff_s1

POPは、お客様が商品を手に取ってみたくなり、買ってみようかな?と思ってもらうための販促ツールです。
そんなPOPですが、実は様々な種類があるのです。
ここでは、POPの種類をご紹介したいと思います。

・スタンドPOP
・ハンガーPOP
・スイングPOP
・ボトルネックPOP
・卓上三角POP
・プライスPOP

上記のようにPOPにも様々な種類があり、使用する場所や商品の種類によって、最適なPOPを選ぶ必要があります。

今回のテーマは「POPって意外と種類があるって知っていましたか?」についてでした。
私たち、大阪の印刷会社三陽美術では、POP印刷も承っております。
印刷だけでなく、デザインに関するご相談にも対応させていただきます。
まずはお気軽に、お問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

印刷用紙を選ぶ時の「kg」って何?

大阪の印刷会社三陽美術のブログをご覧いただき、ありがとうございます。
今回のテーマは「印刷用紙を選ぶ時の「kg」って何?」についてです。

d7a1c121793ff6840d2775c71440c800_s

ネット印刷などを利用しようとする時には、用紙を選択する項目があります。
同じ紙の種類でも、「90kg」、「110kg」、「135kg」というように「kg」で分かれているため、どれを選んだらいいのかわからないという方もいるでしょう。
実は、この「kg」というのは、紙の厚みを表しています。
数字が大きければ大きいほど、紙が厚いとうことになります。
例えば、「90kg」の厚さは約0.08mmで、コピー用紙よりやや厚めです。
「135kg」の厚さは約0.13mmで、パンフレット、ポスターなどに使用されることが多い厚さです。
「180kg」の厚さは約0.2mmで、官製はがき程度の厚みとなり、名刺やショップカードで、よく使用されています。

印刷の用紙を選ぶ時は、印刷物の種類によって紙の厚さを選ぶといいですよ。

今回のテーマは「印刷用紙を選ぶ時の「kg」って何?」についてでした。
私たち、大阪の印刷会社三陽美術でも、様々な厚みの紙を取り扱っています。
また、ネット印刷も可能です。
わからない、難しいと感じる場合は、お気軽にお問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

飲食店を始める時に準備しておきたい印刷物とは

大阪の印刷会社三陽美術のブログをご覧いただき、ありがとうございます。
今回のテーマは「飲食店を始める時に準備しておきたい印刷物とは」についてです。

213316975b7b563c3415e93c9ee1a33b_s

これから飲食店を始めたい!と思っている方の中には、何を準備してよいのかわからないという方も少なくないでしょう。
飲食店の準備には様々な物が必要になりますが、ここでは、準備しておきたい印刷物について、ご紹介したいと思います。

・宣伝用のポスター
・チラシやフライヤー
・メニュー表
・のぼり
・箸袋
・コースター
・ショップカード
・ポイントカード

お店の形態などによっては、必ず全て必要というわけではありませんが、上記のものが揃っていれば安心ですね。
箸袋やコースターは、印刷しないという場合もありますが、お店のロゴ等を印刷するとオリジナル感があり、他店との差別化を図ることができますのでオススメですよ。

今回のテーマは「飲食店を始める時に準備しておきたい印刷物とは」についてでした。
私たち、大阪の印刷会社三陽美術でも様々な印刷を承っております。
こんな物に印刷ってできるの?と思う場合でも、一度ご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

うちわ広告のメリット

大阪の印刷会社三陽美術のブログをご覧いただき、ありがとうございます。
今回のテーマは「うちわ広告のメリット」についてです。

69c5fa76005a15755f6cc65d7eb0f40c_s

暑い季節になると、様々なイベントやお祭り等で、うちわを配っていますよね。
あのような、うちわの表面に、会社や商品、お店の情報などの印刷を施したうちわを、うちわ広告と呼びます。
うちわ広告の大きなメリットは、チラシ等に比べ、受け取ってもらいやすいだけでなく、捨てられずに使用してもらえることが多いということです。
うちわは暑さをしのぐために便利ですので、広告だとわかっていても受け取る人が多いのです。
さらに、その場ですぐに使用したり、後日別の場所で使用することもありますので、宣伝効果が広がりやすいとも言えます。
うちわ広告は、PRツールとしての効果も高く、夏の時期にオススメの広告ですので、夏にむけて、うちわ広告の印刷に取り組んでみてはいかがでしょうか。

今回のテーマは「うちわ広告のメリット」についてでした。
うちわ広告にも様々な大きさや素材など種類があります。
私たち、大阪の印刷会社三陽美術でも、うちわ広告の印刷を承っております。
どういった物がよいかわからないという方も、まずはお気軽にご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

チラシ印刷に活かしたい!人の視線の動かし方

大阪の印刷会社三陽美術のブログをご覧いただき、ありがとうございます。
今回のテーマは「チラシ印刷に活かしたい!人の視線の動かし方」についてです。

0f4bc1920de79d5a3f6e15e89d8ba1c3_s

チラシを印刷する際は、デザインやレイアウトがかなり重要なポイントとなります。
もちろん色等もデザインの一部ですが、レイアウト(配置)は、そのチラシの読みやすさが決まると言っても過言ではありません。
人の視線の動かし方には、一定の法則性があると言われています。
横書きの印刷物の場合は、左上から右上、左下からと「Z」の形に視線を動かします。
縦書きであれば、右上から右下、左上から左下になるのです。
この人の視線の動かし方を意識して、チラシのレイアウト(配置)を決めていくのがいいですよ。
ファーストビューとなる位置には一番伝えたい情報を配置しましょう。
この部分には、文字も画像も大きめに配置するというのもポイントです。

今回のテーマは「チラシ印刷に活かしたい!人の視線の動かし方」についてでした。
チラシのレイアウトを工夫するだけで、わかりやすいチラシや、気になるチラシになる可能性が高いです。
私たち、大阪の印刷会社三陽美術でもチラシ印刷を承っております。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

個性的なデザインに!高級感もある特色印刷とは

大阪の印刷会社三陽美術のブログをご覧いただき、ありがとうございます。
今回のテーマは「個性的なデザインに!高級感もある特色印刷とは」についてです。

c9bad7fe2fb8459b249b02ac8df19396_s

特色印刷とは、CMYKの4色では作り出せない色のことで、金色や銀色、蛍光色やパステルカラー、メタリックカラーなどのことを指します。
特色を使用した印刷物は、他の印刷物と違った個性を出すことができ、目を引くデザインになりやすいです。
また、特色印刷は高級感を表現することもできますよ。
名刺やロゴ、チラシやDM、フライヤーやショップカードなど様々な印刷物に、特色を使用することで、受け取った人の印象に残りやすいでしょう。

今回のテーマは「個性的なデザインに!高級感もある特色印刷とは」についてでした。
大阪の印刷会社三陽美術でも、特色印刷を承っております。
印刷だけでなく、デザインに関してもご相談いただけます。
特色を効果的に使う方法についてもアドバイスさせていただきます。
特色印刷をご希望の方や、興味をお持ちの方は、お気軽にご相談ください。

【印刷豆知識】上質紙の特徴とは

大阪の印刷会社三陽美術のブログをご覧いただき、ありがとうございます。
今回のテーマは「【印刷豆知識】上質紙の特徴とは」についてです。

f79d998ef031d07808aa36b53b11ec7d_s

印刷に紙は欠かせませんが、印刷に使用する紙にはたくさんの種類があり、使用用途や印刷物の特徴に適した紙を選ぶ必要があります。
しかし、お客様からは「自分の印刷にどの紙が適しているのかわからない」という声もよく聞かれます。
そこで今回は、印刷に使用する紙の中でも「上質紙」についてご紹介したいと思います。

上質紙は、植物や木材から取り出した繊維であるパルプ100%で作られた紙で、表面に塗布(コート)などを施していません。
上質紙の特徴は、光沢がなく光が反射しにくいため可読性に優れています。
そのため、文字を主体とする印刷物に使用されることが多いです。
可読性だけでなく、筆記性がよいという特徴もあります。
一方で上質紙は、塗布(コート)されていませんので、写真印刷などには不向きと言えます。
インクの滲みが発生しやすく、暗く見えてしまうからです。

今回のテーマは「【印刷豆知識】上質紙の特徴とは」についてでした。
大阪の印刷会社三陽美術では、上質紙を使用した写真印刷も承っております。
印刷物の種類に合わせて、適した紙の種類をご提案させていただきます。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

ネット印刷利用時の注意点

大阪の印刷会社三陽美術のブログをご覧いただき、ありがとうございます。
今回のテーマは「ネット印刷利用時の注意点」についてです。

aa564d79f665f73d08f5cf73fe8b3002_s

ネット印刷は、自宅や会社にいながら印刷を発注することができ、早ければ翌日には手元に印刷物が届くこともあるので大変便利ですよね。
しかし、ネット印刷をあまり利用したことのない人や、初めて利用する人にとっては、わからないことも多く、うまく印刷ができないということもあるようです。

【データ入稿前にチェックするポイント】

ネット印刷では、データ入稿もネットで行うことが多いです。
しかし、このデータ入稿に不備があれば、納期が延長されたり、何度も修正を繰り返すことになったり、最悪の場合イメージ通りの印刷ができない可能性があります。
こういったトラブルを防ぐためにも、データ入稿前には以下のポイントを必ずチェックするようにしましょう。
・文字がアウトライン化されているか
・塗り足しが設定されているか
・不要なパーツの消し忘れがないか
・パーツの配置は適切か
・画像の解像度は350dpi以上あるか

上記のポイントをチェックしてから、データ入稿を行うことで、修正の可能性が減りますよ。

人気の印刷用紙!マットコート紙とは

大阪の印刷会社三陽美術のブログをご覧いただき、ありがとうございます。
今回のテーマは「人気の印刷用紙!マットコート紙とは」についてです。

48140f7a06d83b71fa117a4a6644887f_s

マットコート紙とは、印刷に使用される紙の種類で、コート紙と同じように表面が加工された紙です。
コート紙は光沢がありますが、マットコート紙は光沢が抑えられ画用紙のようなマットな質感になっています。
マットコート紙は、つや消しされた印刷物を希望される方に人気があります。
コート紙に比べると、マットコート紙の方が若干ですが厚みを感じます。
落ち着いた雰囲気やゆったりとした雰囲気の印刷物が得意な一方で、鮮明さが大切な写真などの印刷には不向きという特徴があります。

今回のテーマは「人気の印刷用紙!マットコート紙とは」についてでした。
大阪の印刷会社三陽美術でも、マットコート紙を使用した印刷が可能です。
厚みも選んでいただけますので、様々な印刷物に対応ができます。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

読んでもらえる印刷物を作るには

大阪の印刷会社三陽美術のブログをご覧いただき、ありがとうございます。
今回のテーマは「読んでもらえる印刷物を作るには」についてです。

287ad8797a93115fa46b25d7853af2bc_s

チラシなどの広告には、3秒ルールがあると言われています。
3秒ルールとは、広告を見る側は、見て3秒以内に必要か不必要かを決めているということです。
どれだけ内容が素晴らしくても3秒で捨てられてしまっては、内容が届きません。
そこで重要なのは、3秒で「必要」と判断される印刷物を作るということです。
3秒で必要と判断される印刷物をつくるには以下のポイントを大切にしましょう。

・配色
・キャッチコピー
・デザイン

細かい文章まで、3秒で読むことはできません。
まずは、上記の3つで、必要と感じてもらい、その後ゆっくり文章を読んでもらうというのがいいですよ。

今回のテーマは「読んでもらえる印刷物を作るには」についてでした。
大阪の印刷会社三陽美術では、印刷だけでなくデザインに関することも、ご相談いただけます。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

パンフレットとリーフレット違い

大阪の印刷会社三陽美術のブログをご覧いただき、ありがとうございます。
今回のテーマは「パンフレットとリーフレット違い」についてです。
リーフレットとパンフレットは同じものだと思っている人も多いですが、実はそれぞれ明確な定義があります。

c80e5ade07882863ada20e2ac6dc8eb9_s

【リーフレット】

リーフレットとは元々、一枚の葉っぱという意味があり、印刷業界では両面に印刷を施した一枚の紙を複数回折りたたんだ印刷物のことを指します。
一枚の紙を折りたたんでできていますので、もちろんですが広げると一枚の紙になるという特徴があります。
よく目にするリーフレットですが、名前の認知度は低く、折パンフやミニパンフと呼ばれることも多いです。

【パンフレット】

一方で、パンフレットは本に似た形をしていて小冊子のようなものを指します。
本との違いは、装丁された表紙やハードカバーの表紙を持たないことや、ページ数も少なめで綴じ方も簡易的なことです。
今回のテーマは「パンフレットとリーフレット違い」についてでした。
大阪の印刷会社三陽美術でもリーフレットやパンフレットの印刷を承っております。
用途に合わせて、パンフレット印刷かリーフレット印刷かを選ばれてみてはいかがでしょうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Home > アーカイブ > 2019-02

検索
フィード
メタ情報

Return to page top