Home > アーカイブ > 2018-06

2018-06

個人情報の保護として圧着はがき印刷~シール印刷

個人情報の保護として圧着はがき印刷~シール印刷

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。
今回のテーマは、「個人情報の保護として圧着はがき印刷~シール印刷」についてです。

圧着はがきは多くの企業様がDMや請求書用に用いています。
他人に中の情報を読まれることがなく、そのまま郵送できるので個人情報の記載がある書面の保護には最適です。
当社では、2つ折りだけでなく、Z折りでの圧着など多彩な加工が可能です。

三陽美術では、過去の経験に基づいて培った技術を大いに発揮し、多くのはがき印刷を行っています。
大量のハガキを郵送する場合は、宛名印刷も行っておりますので時間のかかる宛名書きの作業もいりません。

行政機関、官公庁、病院、クリニックなどの検診のご案内、公共料金、圧着はがきは幅広く活躍します。

個人情報の保護として圧着はがきの印刷につきましては三陽美術にどうぞお気軽にご相談ください。

おしゃれ名刺でビジネスアピール!

おしゃれ名刺でビジネスアピール!

ブログをお読みいただきありがとうございます。

『かっこいいと言われるにふさわしい名刺のかっこいい名刺デザインです。
かっこよくクールに決めたいあなたにはこのかっこいい名刺のクールデザインがオススメ!
ここでは、かっこいい名刺デザインでアピール!
かっこいい貴方には、このかっこいい名刺がピッタリ
お好きなかっこいい名刺デザインをお探しください』

ちょっと堺筋本町のビジネス街で見た広告に貼ってありました。
おしゃれ名刺にはいろんな方法あるんですが、その中でもこれは「エンボス加工」です。これは名刺に圧力をかけて、部分的に浮き出させる効果です。ロゴや名前など強調したい情報にこの効果を使うと印象づけることができるようになります。

名刺に含む情報は、必要最低限になるように十分に吟味して決定しましょう。

そして、その名刺見てかっこいいと思ってもらい、情報について一瞬で伝え、すごいな思わせることが重要なんです。

三陽美術では、こういった部分まで考えて名刺の印刷も承っております。

小ロットの無線綴じ印刷

小ロットの無線綴じ印刷

無線綴じとは、本の背の部分にのりを塗り、本文部分を表紙にに貼り付けていく製本方法のことです。
無線綴じは中綴じなどの他の製本方法に比べて強度が高く、ページ数の多い印刷物に向いています。
例えば電話帳や教科書、カタログやマニュアル、社史、小冊子、文庫本などです。

しかし、印刷会社さんには小ロットでは印刷を頼めないと思ってはいませんか?
実は、印刷会社さんの中でも、小ロットから印刷ができるところも少なくないんです。

三陽美術でも、小ロットから印刷を承っております。
例えば報告書や論文、同人誌など、あまり部数が多くないものを無線綴じ印刷したい、という場合、1部からでも印刷することが可能ですので、お考えならばぜひご相談ください。

三陽美術は、印刷物についてお客様と綿密にお打ち合わせを行い、ご希望に沿った印刷物を作成しております。
小ロットからの無線綴じ印刷について、多くの実績があるので安心してお任せください。

三陽美術の無線綴じ印刷は、表紙の種類も豊富に取り揃えておりますので、個性を出した印刷物を作成することも可能です。

小ロットの無線綴じ印刷をお考えなら、ぜひ三陽美術にお任せください。
お客様のご希望に沿った、ご納得いただける無線綴じ印刷をさせていただきます。

半端ない!箔押し印刷

■ 半端ない!箔押し印刷  ■

半端ない!箔押し印刷についてです。
ワールドカップすごかったですね。大興奮でした。

箔押しは熱と圧力で、金・銀・色箔の文字や絵柄を入れる印刷加工です、よくみかける印刷の種類ですし三陽美術でもご相談いただくことも多いです。
箔押の最大の特徴は、メタリックな光沢感を表現できます、見たらすぐに「かっこいい!」というインパクトがあります。

あとは印刷がはげにくく、仕上がりも美しいですね。個人的には好きです。大阪のおばちゃんはきらきらしたもの大好きなので、気に入ってもらえるのではないのかな、と思います。販促物やノベルティーグッズ、ギフト商品、記念品やプレゼントなんかにもいいですね、かっこいいです、オススメです。

箔押し印刷は別名ホットスタンプともいいます。この前も結婚式の引出物にということでご相談ありました。
お祝い事にいいですね、 箔押し印刷、ホットスタンプのご用命は三陽美術までどうぞ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

変わった名刺で目を惹く

ブログをお読みいただきありがとうございます。

大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

変わった名刺で目を惹く、ことないでしょうか?

ビジネスの現場において名刺とは、直接顔を合わせた後の連絡先としてだけでなく本人の形代な役割を果たしていますよね。

特徴的な名刺をお持ちの方の場合、名刺交換の際の話題ともなって本題の前に気持ちをほぐすにも最適なアイテムとして活躍することになってくると思います。

例えば営業職につかれている方を想像してみますと、同じ現場で数名から複数枚の名刺を受け取ったとします。

話は盛り上がって好感触で終わったとしても、一発で顔と名刺が一致するという方はなかなかおられないと思います。

実際に後から名刺を眺めながら誰が誰だったのかと後から混乱してしまうというを経験されたことはないでしょうか?

そんな時に型押し、型抜きなど、少し変わった変形の名刺で他の人の名刺で差をつけてみるのはいかがでしょうか。

名刺交換の場で一瞬であれ話題になれば、後から思い出してもらえる可能性もぐっと上がると思います。

他ではなかなか見たことがないというようなオリジナル名刺印刷のアイディアをお持ちであれば、ぜひ私たちに気軽にご連絡いただければと思っています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

UV印刷という言葉をきいたことはありますか

ブログをお読みいただきありがとうございます。大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

さてみなさんはUV印刷という言葉をきいたことはありますか?

印刷関係者の間ではよく聞く印刷方法です。

UV(Ultraviolet)印刷とは、印刷インクを文字通り紫外線により瞬間硬化させる印刷方式です。

UVを技術として使用することで一般の印刷では考えられない様々なことを実現することが可能となります。

UV印刷の用途としては、印刷直後に巻取りや加工を行う必要のあるビジネスフォーム印刷、軟包装材などへの印刷、オフセット印刷分野では印刷表面の強度が必要な紙器印刷やフィルム、プラスチック、金属など、インクの浸透がない素材への印刷に利用されています。

また、シルクスクリーン印刷分野でも多用されています。

印刷の特性やニーズに合わせて、生産方法や作業工程もどんどん分かれていきます。

このように考えていけば、お客様の要求の多くがまだ満たされない、細部にわたるまで残っているのではないかと感じることもあります。

そういった部分まで届くような期待に答えられる印刷物をこれからも作っていきたいと思います。

三陽印刷では印刷方法についても長年の実績を生かしてアドバイスをさせていただきます。

三陽美術は全国配送いたしますので、どんな印刷もまずはご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

オンデマンド印刷とオフセット印刷

ブログをお読みいただきありがとうございます。大阪の印刷会社 三陽美術スタッフ松田です。

よく使われる代表的な印刷方法はオンデマンド印刷とオフセット印刷ですが、それぞれの特性を知り、ご希望される印刷物に合った印刷方法を選びたいものですよね。

一般的な印刷の場合、まず版を作り、その版にインクを付けることで印刷をおこないます。
オフセット印刷の場合も、この版が存在します。
オフセット印刷は水と油が反発する原理を利用しており、版の画像のない部分に水を付着させることで、画像部分にのみインクを付着させ、それをゴムのブランケットに転写してから紙に印刷をおこないます。
この仕組みを「オフセット」といい、この方法で印刷することをオフセット印刷、というわけです。

一方、オンデマンド印刷は、印刷特有の版が存在せず、無版印刷とも呼ばれます。
直接プリンタなどの出力機にデータを送り、印刷をおこなう方法です。

大量に印刷をおこなうなら版を作って印刷するオフセット印刷、少量なら製版せずコストを抑えられるオンデマンド印刷が向いています。
仕上がりの美しさにこだわるなら、やはり版を使って印刷をおこなうオフセット印刷の方がいいでしょう。

オンデマンド印刷、オフセット印刷をしたいとお考えなら、三陽美術へお任せください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

請求書・納品書など複写式伝票の作成

請求書・納品書など複写式伝票の作成もお任せください

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

ビジネスシーンでは、実にさまざまな複写式伝票が使われます。
請求書、納品書、領収書、発注書などなど…たくさんの複写式伝票を利用することで、ビジネスがなりたっているわけです。
その用途に合わせた使いやすい複写式伝票を用意することは、仕事の作業効率があがり、取引先やお客さんにもわかりやすい、といったメリットがあります。

さらに、これらの複写式伝票は、常に切らすことなく常備しておく必要があります。
そのため、こまめに印刷会社さんに印刷を依頼されている企業さんや店舗さんも多いことでしょう。

三陽美術でも、用途の合わせた複写式伝票の作成を承っております。

三陽美術では、お客様がデザインされたレイアウトをもとに、オリジナル複写式伝票の作成をおこないます。
また、現在お使いの伝票と同じ様式のものを作成したい、という場合も、そのとおりに作成いたします。
用途に合わせて、より使いやすく、分かりやすい複写式伝票を、三陽美術で作成してみませんか。
三陽美術は、高品質の複写式伝票をコストを抑えてご提供いたします。

用途の合わせた複写式伝票の作成をしたい、とお考えなら、三陽美術にお任せください。
三陽美術なら、きっとご要望に合った複写式伝票を作成いたします。

販促物ノベルティ印刷

ブログをお読みいただきありがとうございます。

大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。販促物ノベルティ印刷についてです。

お客さんが店舗に来店し、店頭でまず見るのは全体。
そして、一瞬で気になったものに反応し、その商品をじっくり見るということになります。
ですから、その一瞬で商品に魅力を感じさせて購買意欲をかきたてる、販促効果の高いパッケージデザインが重要になってくるわけです。

パッケージ印刷は、まずターゲットを絞り込むことからはじまります。
そして、そのターゲットに対し商品について一瞬で伝え、ほしいと思わせることが重要なんです。
さらに、多くの商品の中で目を引くものであることもポイントでしょう。
また、ロゴやカラーなどが企業イメージと関連づけられているか、といったことも必要なことです。

三陽美術では、販促効果の高いパッケージの印刷も承っております。
これらのポイントに重点を置き、お客様と綿密なお打ち合わせをおこない、お客様のご要望に沿った販促効果の高いパッケージの印刷をご提供させていただいております。
デザインなどでお困りの際には、これまでのノウハウをもとにアドバイスもさせていただきます。

販促効果の高いパッケージの印刷をしたいとお考えなら、三陽美術にお任せください。

パンフレット印刷をプロに依頼

ブログをお読みいただきありがとうございます。

大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

パンフレット印刷をプロに依頼、についてについてお話したいと思います。

最近は、家庭用プリンターの性能向上が著しく、ちょっとしたパンフレット程度なら、簡単に作成できてしまいます。

しかし、本格的なパンフレット印刷なら、プロに依頼したほうが圧倒的に高いクオリティで作成できますから、ある程度まとまった枚数を印刷したい場合や、より見栄えのいいパンフレットを作成したい場合は、専門のパンフレット印刷業者に依頼しましょう。

プロが作るパンフレットなら、クオリティが段違いですし、何よりも自分で印刷する手間を省くことができます。

家庭用プリンターは、少部数の印刷ならまだしも、たくさん印刷しようとすると、インクや上代で意外とコストがかかります。

10枚、20枚程度なら自作パンフレットでも負担は少ないですが、100枚以上印刷するとなると途端にコストが跳ね上がってしまいます。

プロにパンフレット印刷を依頼した場合、枚数が増えれば増えるほど割安になります。

パンフレットを大量に配布してPR効果を高めたいなら、ぜひプロに依頼して立派なパンフレットを割安で作成しましょう。

ステッカーデザイン印刷

ブログをお読みいただきありがとうございます。

大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

好きな絵柄を使ったステッカーをデザインして印刷する、というのは、最近とても人気があります。

例えば車やバイクなどに貼ったり、看板などに付け加えたりといった使い方ができます。

種類もカッティングステッカーや屋外用のフルカラーステッカーなどさまざまありますので、用途に合わせて選ぶことができますよ。

ステッカーは、塗装などと違ってコストも抑えられ、気軽に作成することができるので人気です。

ご自分でデザインして、ご自宅のプリンターを使って、簡単にステッカーを作ることができるキットなども市販されています。

しかし、よりきれいに、手間を省いてステッカーを作りたい、という場合には、印刷会社さんに依頼するのがおすすめです。

好きな絵柄を使ったオリジナルステッカーの印刷は、三陽美術でも承っております。

三陽美術では、好きな絵柄を使ったステッカーの印刷をおこなう際、お客様と綿密なお打ち合わせをおこない、お客様のご要望に沿ったオリジナルのステッカー印刷をご提供させていただいております。

デザインなどでお悩みの場合には、これまでのノウハウをもとにアドバイスもいたします。

Home > アーカイブ > 2018-06

検索
フィード
メタ情報

Return to page top