Home > アーカイブ > 2016-08

2016-08

印刷会社に頼むメリットはたくさんある

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「印刷会社に頼むメリットはたくさんある」についてお話したいと思います。

同人誌のようなものを作ったので大量に印刷したいという人は多いと思います。
家庭用のプリンターでやっている人もいるかもしれませんが、
1枚あたりのコストを考えるとどうなるかというのは計算に入れているでしょうか。

また製本するとなると時間はどれくらいかかるのかなどの計算はできていますでしょうか。
最近の印刷会社は安価なところが多く、家庭用のプリンターで出力するよりも圧倒的に安く本の形で届けてくれるというところが多いのではないでしょうか。

もちろん部数にもよりますが、100部などそれなりの部数になると印刷会社の方が安いと言うことの方が多いと思います。

さらに急いでいるときなどでも印刷会社は対応してくれるんですよね。
特急仕上げのようなオプションが存在していて、
そういった注文をしておけばかなり早く印刷物ができあがってきます。

もちろん早くやってもらうにはそれなりにお金はかかってきますが、
それよりもスピードが必要だと言うこともありますよね。

まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いしますa
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

現在の主流であるオフセット印刷とは

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「現在の主流であるオフセット印刷とは」についてお話したいと思います。

木版印刷から始まり受け継がれている印刷という技術は現在様々な方法が用いられています。
その中でも昨今の主流はオフセット印刷というもので、
新聞やポスター、雑誌やカタログといった紙媒体の印刷物のほとんどがこの方法で行われています。

オフセットというのは版に塗ったインキを、
ゴムや樹脂などで作ったブランケットと呼ばれるローラーに移してから紙に印刷するという方法です。
凹版印刷や凸版印刷といった他の印刷方法と同じように平板印刷と呼ばれることもあります。

先のふたつはどちらもインキを紙に直接塗りつける方法なので、
オフセット印刷は少々特殊な方法といえるかもしれません。

どのようにして印刷しているのかというと、
水と油が反発する作用を利用しています。

版に親油性の部分と親水性の部分を作り、
水とインキを付けることによって塗る箇所を分けているのです。
最近では水を使わずに、油を弾くシリコンなどを使用していたりもします。
版の耐久性が高かったりとメリットの多い方法といえるでしょう。

まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

印刷の知識

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「カタログ印刷」についてお話したいと思います。

チラシやパンフレットなど世の中に印刷物は多くありますが
あの印刷物がどのように刷られているか知っていますか。
印刷物と言うものは様々な紙にインクを載せて色を出しています。

通常の印刷であれば色は基本の4色から作られます。
CMYKと言ってシアン、マゼンタ、イエロー、キープレート(黒)が基本です。
これらの色を掛け合わせて色を出しますが、色は紙に点で付着します。
目で見てもわかりませんが、色のひとつひとつはそれぞれの色の点であり、
それが重なりそれぞれの色が映し出されています。

点の重なりがかなり細かいので肉眼では普通に色が載っているように見えるのです。
紙に色をつける機械には4色をそれぞれ塗るための場所があり、そこを通ることで色が塗られていきます。

それぞれの場所には版と呼ばれるアルミの板が設置されており、
機械で色が乗る箇所が指定されています。

そのアルミの版の上を紙が通ることで色が付着するのです。
そのようにして皆様がよく見る印刷物は出来上がります。

まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

印刷会社にしかできない印刷方法があります。

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「印刷会社にしかできない印刷方法があります。」についてお話したいと思います。

世の中には特殊な印刷方法というのがあります。
たとえば活版印刷などは独特の味があるといわれていますね。

こういった印刷は専門の印刷会社に頼まなければほぼできないといえます。
個人で活版等の道具を集めるのも大変です、
自宅ではできないこのような特殊な印刷をできるのが印刷会社の良いところですよね。
もちろん、特殊な印刷ができるだけではなく
熟練した技術がありますからそこは安心してくださいね。

他にも家庭ではできない印刷技法というのは沢山あります。
たとえば箔押し印刷などもそのひとつでしょう。
箔押しをすると印刷に金や銀を綺麗に表現することができ豪華な仕上がりになります。
どう考えてもこういったものは家庭では再現するのは難しいですよね。

そのような多種な表現で印刷をしてみたいご要望があれば色々な提案していきたいと思います。

まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最近の印刷技術は目を見張るばかりですね

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「最近の印刷技術は目を見張るばかりですね」についてお話したいと思います。

一般的に印刷と言えば紙に対してするものだというイメージを持たれていると思いますが、
現代の技術力をもってすればあらゆる場所に印刷をすることが可能になってきました。
ただ残念ながら印刷機には入らないため、大抵はシートなどに印刷をしている場合が多いですが。

さて、私がこれら印刷技術に対して感服する最も大きな理由は再現度の高さですね。
とにかく、現実のものと寸分の狂いも無いような素晴らしい色、形を再現してくれるんですよ。
それが紙ではなく、例えば洋服などの布においてもそうですね。

特にシャツに風景や動物、人物などの写真をそのまま印刷したいなんて思っても、
以前であれば多少の粗が目立ったのでしょうが今はそれがありません。そのままの画像が印刷されたりしますので、本当に驚きますよ。

今後はこうした技術をどのように利用するのか、考えるだけでちょっとワクワクしますよね。

まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

印刷会社だと多彩な紙を選ぶことができる

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「印刷会社だと多彩な紙を選ぶことができる」についてお話したいと思います。

どのような紙に印刷するかによって受け取られる印象は大きく変わってきます。
たとえば名刺を半透明の紙に印刷するのと、
透明ではないマットな紙に印刷するのとでは見た目が大きく変わりますよね。

家庭用のプリンターは確かに質が高くなってきていますが、
選べる紙はそこまで多くありません。
インクジェット対応の紙というのはまだまだ種類が少ないのです。

色々な紙を選んでということであれば印刷会社にぜひご依頼ください。
紙を選ぶのだけで何時間もかかるというようなことがおこることもあるでしょう。
それだけ印刷会社で扱っている紙は多いのです。
紙によって相手に与える印象は大きく異なります。
紙をきちんと選びたいという人は印刷会社に頼んだ方が絶対に良いですね。

印刷会社に頼むことによって印刷の選択肢が増え、
さらには印刷のクオリティも上げることができるんです。
また、紙に対しても出来る限りのアドバイスをさせて頂いております。

まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

印刷技術の進歩は、機械や印刷方法のIT化に伴い目覚ましいものがあります。

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「印刷技術の進歩は、機械や印刷方法のIT化に伴い目覚ましいものがあります。」についてお話したいと思います。

印刷会社で行われる印刷は、今IT技術を使った印刷機械及び印刷技術で長足の進歩をしています。
昔の活字印刷の頃からは考えられないです。

ネットワーク技術の発展でゲラの段階から印刷完了までのスピードもものすごく短縮されました。
だから、新聞などを見てみても夜中にTVで見ていたことが、朝刊に載っているのです。

カラー印刷技術もすごい進歩です。
鮮明な印刷は実際目の前に風景を見ているような感覚にもなります。

シルク印刷技術も進歩し、例えば永久にどんな薬品を使用しても文字が消えない技術がカメラなど多くの物に応用されています。

どんな形状の物にも印刷できるのです。
また、3D等の立体印刷も今では当たり前になりました。

多種多様化していく技術がある中、常に研究していきお客様の期待に応えていきたいものです。

まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

DMを作るなら家で作るより印刷会社が効果的

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「DMを作るなら家で作るより印刷会社が効果的」についてお話したいと思います。

中小企業や個人事業主などで宣伝のためにDMを送りたいということを考える場合があります。
そんな時、そんなに枚数がないため、印刷会社などの価格を見るとやはり一度に大量に印刷すると安くなる価格設定もあって、今回は少量だからとか最近のプリンターは結構綺麗だからと自分で印刷しようかと思われることも多いと思います。

それ自体間違いではないのですが、色んなことを考えると実は印刷会社に頼んだ方が効果的だったりします。

重要なポイントと言える費用面ですが、確かに少量だと印刷会社だと割高にように思うかもしれません。
しかし、家のプリンターの場合、綺麗に印刷しようと最高画質で印刷した場合、かなりのインクを消費してしまいます。

市販のプリンタだとプリンタで使う全色を購入すると案外高かったりします。
費用面で結果的に変わらないのに品質が劣ることにもなるのです。

それならDMを共通な部分を作るなどして多めの枚数を印刷会社に頼んで
綺麗なDMがあった方がビジネス的にもメリットが大きかったりするのです。

まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

高い頻度で展開される印刷の製本

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「高い頻度で展開される印刷の製本」についてお話したいと思います。

現在は印刷時に複数枚の紙面を製本する作業が、
高い頻度で展開されるようになり始めているのではないでしょうか。

大量の紙面を製本する場合、そのための専用の技術も確立されてきています。
このような取り組みは大半の印刷業者で展開されるものとなってきつつあることから、
よく知られた技術や取り組みであると言えるのではないでしょうか。

要望に応じて製本の方法も異なっていると考えられています。
現在では確実に製本できるように配慮されており、確実な紙面の綴じ方が展開されているとみられています。

ページ数の薄いものから分厚い本まで、幅広いタイプのものが製本されるようになってきており、この動向が注目されています。

印刷業者によっては、最新の製本に絡む技術が取り入れられるようになってきているとも考えられていることから、
今後も高い頻度で製本が実施されていくとみられており、期待が寄せられるのではないかと思います。

まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

印刷の種類について

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「印刷の種類について」についてお話したいと思います。

世界的にも仕事等で使用されている印刷機、
そんな印刷機の印刷方法には様々な種類があるのをご存知でしょうか?
大きく分けて凸型印刷、凹型印刷、平型印刷と三種類が存在します。

凸型印刷、これは広く一昔前に一般的に使用されていた印刷方法です。
印刷した箇所のみ凸型に出てしまう為凹みが発生してしまったり、
水等の侵食に大変弱い為平版印刷が誕生するまではメジャーな印刷方法でした。
今でも活版印刷等の特殊印刷等でも使用されている事があります。

凹型印刷、こちらは凸型の反対で紙が沈み込んでいる所を生成して
そこにインキで印刷する方法です。
凸型と違い、一度印刷機で圧力をかけて凹みを生成する必要がある為、
あまり使用される事がない印刷方法とも言えます。

平型印刷、こちらは今現在最も使用されている印刷方法で、
凸凹を利用して印刷するのではなく、水と油を使用して直接印刷する方法です。

以上、印刷の種類についてでした。

まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

印刷物の魅力と利便性について

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「印刷物の魅力と利便性について」についてお話したいと思います。

印刷には長い歴史があります。
すでに7世紀には木版印刷が始まっていたといわれます。
それから千数百年もの間、ずっと人類は印刷と共に歴史を刻んできたわけです。

そのためインターネットが普及した現代でも、印刷の重要性は益々高まりこそすれ衰えることがありません。

例えば電子書籍は一見便利なようでも、何故か余り普及が進んでいません。
それは人々が紙の印刷物に深い愛着を感じているからかも知れません。

確かに印刷した紙のニオイを嗅ぐと不思議と気分が落ち着くという人もいます。
また高齢者は長年紙に親しんできたので、電子画面の中の文字を追うことが苦手で目が疲れるという人も多いです。

しかもデジタルの場合はパソコンやスマホなどの電子機器が必要です。
でも紙の印刷物なら、見るのに機械も何も全く何も必要ありません。

気軽に持ち運べるし、何か思いついたらペンで直接メモ書きが簡単にできます。
印刷物は利便性や温かみや手軽さなど、多くの利点があるのです。

まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

DMを作るなら個人で作るより印刷会社が効果的

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「DMを作るなら家で作るより印刷会社が効果的」についてお話したいと思います。

中小企業や個人事業主などで宣伝のためにDMを送りたいということを考える場合があります。
そんな時、そんなに枚数がないため、
印刷会社などの価格を見るとやはり一度に大量に印刷すると安くなる価格設定もあって、
今回は少量だからとか最近のプリンターは結構綺麗だからと自分で印刷しようかと思われることも多いと思います。

それ自体間違いではないのですが、色んなことを考えると実は印刷会社に頼んだ方が効果的だったりします。
重要なポイントと言える費用面ですが、確かに少量だと印刷会社だと割高になるかもしれません。
しかし、家のプリンターの場合、綺麗に印刷しようと最高画質で印刷した場合、かなりのインクを消費してしまいます。

市販のプリンタだとプリンタで使う全色を購入すると案外高かったりします。
費用面で結果的に変わらないのに品質が劣ることにもなるのです。

それならDMを共通な部分を作るなどして多めの枚数を印刷会社に頼んで
綺麗なDMがあった方がビジネス的にもメリットが大きかったりするのです。

まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

仕上がりを綺麗で安く

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「仕上がりを綺麗で安く」についてお話したいと思います。

お仕事やご家庭で使う案内状等を作成する場合どの様にしているでしょうか、
家庭用のプリンターでは、印字のズレ等が生じて何枚かは必ずロスが発生します。
大量に印刷するとトナーの消費が多くなるだけでなく、プリンタそのものも熱を持ち調子が悪くなってしまいます。
なので、そういった場合も印刷会社に依頼するのが便利です。
あらかじめ印刷するテンプレートを決めておいて
日時だけ空白部分にしておくなんて事もできます。

印刷会社に依頼すると、初めに版を作って印刷するので、初めだけは少しコストがかかりますが、
コストを抑えることができます。
仕上がりも印字のズレもなく、細かい文字も鮮明に印刷できます。
原稿はカラーで作って印刷は白黒でといった注文も可能です。
印刷会社では仕上がりも綺麗でコストも抑えられます。

まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

印刷会社に頼まなければできないことが沢山ある

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「印刷会社に頼まなければできないことが沢山ある」についてお話したいと思います。

最近は家庭用プリンターの質も上がってきました、
なので印刷屋さんに頼まないで家庭のプリンターでも良い、
と考えてらっしゃる方もいるかもしれません。

確かに印刷にこだわらない人にとってはそうなのかもしれませんが、
印刷屋さんに頼むと様々な特殊印刷などを楽しむことができます。
たとえば箔押しといって金や銀などの箔を用紙に貼り付けて演出する方法ですとか、エンボス加工とかもやってもらえます。

また、オフセット印刷といっていくつかの版を作ってから印刷する方法もあり、
一般に販売している書籍等と同等の見た目になりますので、
家庭用プリンターで満足されている方は驚かれるかも知れません。

一部で流行っている活版印刷なども印刷会社でないとできないような印刷方法です。
これも独特な風合いが出て味のある印刷方法で素敵な仕上がりになります。
こういったちょっとこだわった印刷をやろうとすると家庭では難しいんですよね。
なので、出来上がった印刷のクオリティを見ればより実感して頂けると思います。

まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大量印刷はやっぱり印刷会社がお得

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「大量印刷はやっぱり印刷会社がお得」についてお話したいと思います。

お客様からの名刺サイズのカードをご依頼された時のお話なのですが。
会社で一万枚印刷が必要なので、テストを兼ねて自宅で最初の100枚印刷をしたところで、かかった時間に唖然となったそうです。
水にぬれてもボケない事が条件なので、顔料機を選んでの作業でしたが、ものすごく遅く途方に暮れていたのですと、
しかもレーザープリンターは用紙サイズに適応していない、どうしたらいいのだろう?

そういった経緯でお電話され、データを持ってきて頂ければすぐにでも入稿できますよ。とお伝えしました。
明日の朝にはできますので、昼以降であれば、お渡しできますとお伝えすると即断で持ち込んでいただけました。

枚数も多いのでお得にご提供できますので、想定の価格よりもお安くご案内する事ができます。
もちろん水濡れしても印刷には影響ない仕上がりです。

お客様も大満足で
「さすが印刷会社だと言える、期待以上の製品が出来上がり感謝です。」
とおっしゃって頂きました。
こういったお言葉を頂くと弊社としても仕事のし甲斐を感じますね。

大量印刷等、迷った時は
まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

印刷会社での印刷物はきれいに仕上がる

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「印刷会社での印刷物はきれいに仕上がる」についてお話したいと思います。

自宅及び職場にある印刷機でもある程度きれいに印刷できます。
ただインク乾く時間が長いものだと大量の印刷物だと乾かないうちに印刷するため印刷物が汚れたり、
別のものが写ったりしていることが多くなります。

また両面印刷ですとインクにもよるのでしょうが、文字が読みずらくなっているのもあります。
印刷物を裁断するのも裁断機によっては紙がそろわず裁断されるものもでてきてしまいます。

印刷会社で印刷したものは、印刷がきれいにできていますし、裁断した印刷物も紙がそろっています。
両面印刷のものでも、インクがにじんで読みずらくなってはいません。

両面印刷だとずれて印刷される場合がありますが、それがほとんどありません。
大量の印刷物を製本するのならば、印刷会社に任せたのがよいでしょう。手帳程度の大きさの物は裁断が難しくなってきます。

印刷物を大量に印刷しそれを製本するのならば印刷会社に注文すると印刷も鮮明ですし、
製本もきれいに仕上がってきますので、印刷会社に依頼してみてはいかがでしょう。

まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

印刷会社と家庭用プリンターでのコストパフォーマンスの差

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「印刷会社と家庭用プリンターでのコストパフォーマンスの差」についてお話したいと思います。

年々プリンターの質も向上してきており、簡単な印刷くらいならコストパフォーマンスもかなり良いと思いますが、
商業利用によるチラシやポスターはやはり印刷会社に依頼した方が間違いなく綺麗に仕上がります。

また印刷枚数がかさむと、結局のところインク代や用紙代、電気消費量もかさんできますので、
利用法と枚数まで含めて自宅で作成するか、印刷会社に依頼するかを決めた方が良いでしょう。

またそもそも商業利用ではなく、さらに枚数が少ないとしても、
プロフェッショナルな仕事ですので業者に依頼したところで後悔することは皆無だと思います。
紙の質や厚さによっても仕上がりはかなり変わってきます。
そこまでのクオリティを求めることは家庭用プリンターでは不可能です。

耐久性も印刷会社依頼品と家庭用では段違いで、雨に多少濡れたところで印字された用紙に大きな変化はありません。
撥水性はチラシ、ポスターでは必要不可欠な条件ですので、迷ったらまず一度印刷会社に相談してみると良いかと思います。

まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

需要が拡大するラミネート加工の印刷

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「需要が拡大するラミネート加工の印刷」についてお話したいと思います。

最近では、ラミネート加工の施される印刷技法が、多くのところから需要が寄せられていると考えられています。
印刷会社によっては、こうしたラミネートの専用の技術を取り入れることも普遍的になっているため、
積極的にこうした方方法での印刷が実践される動きも見受けられています。
ラミネート加工の施された印刷物は、多くのところで利用されるようになりつつあることから、
こうした需要は更に拡大するのではないかと見込まれています。

このような加工に関する技術は、複数の印刷業者で取り入れられるようになっているため、
要望に応じてラミネート印刷が可能な環境が確立され始めています。全国規模でこの動きが活発に確認されていると推測されていることから、
注目の度合いが増しています。今後もラミネート加工に関する印刷技術が、更に多くの印刷業者で確認されていくと予測されています。

そのため、様々な方面から、こうした印刷に関する要望が集まるのではないでしょうか。

まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

印刷会社の印刷のプリンターでの印刷との使い分け

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「印刷会社の印刷のプリンターでの印刷との使い分け」についてお話したいと思います。

パソコンと低価格なプリンターが普及する前には印刷は印刷会社しか方法をありませんでした。
印刷会社が使えないような少量の印刷物が必要な時には手書きでするか、
手書きしたものをコピーするしかありませんでした。

その意味のおいてはパソコンとプリンターの普及は少量の印刷をしたいときには非常に便利になったといってもいいでしょう。

しかし、今でもある程度以上の数量の印刷をする場合には印刷会社に依頼した方がメリットがあります。
年賀はがきの印刷や、社内の資料、自営業等での領収書や納品書などは同じ仕様の印刷が必要になってきますし、
プリンターでは品質に問題があることが少なくないのです。

もちろん、高価なプリンターであれば品質も改善するのでしょうが、印刷会社でも一定の数量以上であればコストがプリンターよりもかなり安くなります。
プリンターのランニングコストは思っているほど安価ではないのです。

コストが合理的で品質が必要であれば印刷会社で印刷を頼むメリットがあります。

まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

高速での印刷の展開

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「高速での印刷の展開」についてお話したいと思います。

最近では、高速での印刷が多くの業者において展開されているのではないかと推測されています。
様々な印刷に関連した技術が台頭しつつあります。
こうした傾向が鮮明なものとして見受けられているのではないかと思います。

印刷物の形態も多彩になりつつあることから、
印刷技術が台頭して高速で印刷物を仕上げることのできる環境が、着実に整備されることにも繋がってきていると言えるのではないでしょうか。

大量に印刷を行う必要がある場合でも、高速で印刷できる環境や技術が整えられていると迅速に対処できると考えられています。
同一の印刷物を大量に印刷する際には、こうした高速での印刷は非常に大きなメリットのあるものとして認識されるのではないかと思います。

高速での印刷を進められる技術は、今後も更に多くの印刷会社で整備されていくものと見込まれています。

そのため、これまで以上にスピーディーに印刷が強く期待できるようになるのではないでしょうか。

まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ネットにおける印刷のサービスの台頭

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「ネットにおける印刷のサービスの台頭」についてお話したいと思います。

最近では、ネット上で印刷に関連したサービスが提供されるようになり、
この取り組みが台頭しつつあります。
印刷業者が積極的にネットを介して印刷の注文を受けるようになり、
高い頻度でこのサービスが利用されていると言えるのではないでしょうか。
以前に比べても、専門的な印刷業者に印刷に関する依頼を行うことが簡単にできるようになっていることから、
非常に強い関心が寄せられているのではないかと思います。

昨今は、ネットで印刷のサービスを利用して、希望の印刷物を刷ってもらう人や企業が多く確認されているのではないかとみられています。
また、継続的に印刷業者のネットサービスを利用する人も高い割合で存在しているため、
利便性の高いサービスとしての認識も着実に強くなっていると言えるでしょう。
今後も同じようの傾向が維持されていくと予測されているため、
ネットを駆使した印刷のサービスが普及していくのではないかと強く期待されています。

まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

印刷会社で印刷をするメリット

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「印刷会社で印刷をするメリット」についてお話したいと思います。

昨今自宅用のプリンターも進化し綺麗に印刷できるようになりました。
しかし大量に印刷するとなると意外と時間が必要となってしまったり、
インク代などのコストがかかってしまったりします。

パンフレット等の場合ですとそれを綴る作業なども加わりなかなかに大変なものとなるでしょう。
そのため、たくさんの印刷をする場合には印刷会社で依頼するのがおすすめです。

印刷会社で印刷してもらうメリットは大量に作ることができるという点だけではありません。
インクの種類が家庭用のものと異なっているため鮮明に、
そして綺麗に印刷することができるという利点があります。

紙にもこだわることができるため、高品質な印刷物に仕上げることができます。

また、印刷物が喪中はがきなどの場合には雛型もあるため自分への負担を軽減することが可能です。

時間やコストなどを考えてみて、印刷会社を利用する事を検討してみるのはいかがでしょうか。

まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Home > アーカイブ > 2016-08

検索
フィード
メタ情報

Return to page top