Home > アーカイブ > 2015-11

2015-11

ユーザーに適した販促にも印刷会社が役立ちます

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「ユーザーに適した販促にも印刷会社が役立ちます」についてお話したいと思います。

今や販促ツールは無限ともいえるほど多種多様になりました。
最近では、ちょっと販促ツールとして豪華ではないかな?と思うほど質の良いものも増えましたね。

販売を促進するためのツールですから、ユーザーの潜在需要に合わせた選択が必要になってきます。

例えば、主婦層を主なターゲットとする場合には、買い物する時にいつもエコバッグとしてお使いいただけるよう、可愛いデザインをバッグに印刷して配布するなどはいかがでしょう。

ますます印刷技術は発達していますから、現在では布地への印刷もキレイにできるようになっています。

エコバッグを持ち歩いていただくことで、ユーザーのみならず、エコバッグを見た潜在的なユーザーへの波及効果も期待できますね。

もちろん布地以外にも印刷可能です。こんな印刷物がほしい、そんなご要望がありましたら、まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コンビニ印刷と印刷会社の使い分け

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「コンビニ印刷と印刷会社の使い分け」についてお話したいと思います。

プリンタを購入して自宅で印刷する場合に問題になるのはインクやトナーでしょう。
一定回数の印刷を行うとインクやトナーが切れてしまうので、買い替えをしないといけません。
また、プリンタの使い方がよくないと、買ったばかりのインクやトナーがすぐに切れてしまうこともあります。

買い替えの際の取付作業もマニュアルを見ながら慎重に行う必要がありますし、プリンタに慣れていない人にとっては大変です。

そこでおすすめなのはコンビニのコピー機を使った印刷です。
例えば、USBメモリにpdfファイルを入れて持って行くと、pdfファイルを見た目通りにそのまま印刷することができます。画像やワードファイルの印刷にもほとんどのコンビニのコピー機が対応しています。

プリンタを印刷する機会が、年賀状作成のときぐらいしかない個人の人にとっては、プリンタを所有するよりコンビニ印刷のほうがおすすめです。

しかし商業用の印刷となると、枚数が多いこともあります。
特に込み入った細かいデザインや、金色、シルバーなどのちょっと豪華な色を使いたい場合、エンボス加工などをしたい場合には、さすがに便利なコンビニプリントでも対応していないでしょう。

そうした場合には小ロットでも対応ができる印刷会社に依頼するのが最も安価で仕上がりの良いコストパフォーマンスの高い方法となります。個人の方でも小ロットであれば手が出しやすいですね。

TPOに合わせて印刷も使い分けするのがおススメですね。

こんな印刷物がほしい、そんなご要望がありましたら、まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

年賀状。宛名印刷のコツ

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「年賀状。宛名印刷のコツ」についてお話したいと思います。

家庭用プリンターで年賀状を印刷する風景はもう今や当たり前の物になりましたね。

個人で数十枚程度であれば、好きな年賀状イラストをダウンロードしたり、あるいは自分で描いたりして印刷することが簡単にできるようになりました。
年賀状の印刷はもう手慣れている、という方も多いのではないでしょうか。

しかし、「宛名印刷についてはあまり自信がない」という声もちらほら耳にします。
特に郵便番号がズレるというお悩みはその中でも多くきかれますね。

実は印刷位置というのはプリンタによりますが、ある程度調整することが可能です。
特に高品質な写真はがきは普通のはがきより一回り小さいため、
印刷ソフトの初期設定のままではズレが生じることが多くあります。

そんなときには、お使いの宛名ソフトの印刷位置を調整したり、
テスト印刷をしながら、プリンターの設定で調整をかけていきます。

こんな印刷物がほしい、そんなご要望がありましたら、まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

飲食店で使われる印刷物の例

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「飲食店で使われる印刷物の例」についてお話したいと思います。

自営業で飲食店を経営している場合の印刷物といえば何が思い浮かびますか?
一見、IT業界ほど紙には縁がないように思われる飲食店ですが、必要になる印刷物というのは様々あります。
名刺はもちろん、ショップカードやフライヤー、メニューの印刷も必要です。

新規で開店される場合、メニューが手書きということも時々見られます。
椅子や冷蔵庫などの設備投資は飲食店では避けることのできない出費ですから、どうしても印刷物にかける手間やコストは後回しにせざるを得ない場合もありますよね。

その中でも、欠くことのできない印刷物といえばショップカードでしょう。
ショップカードは消費スピードが速いため、1000枚単位で購入されるお店様も多いですが、予算や店舗規模など、様々な事情で小ロットでのご依頼いただくことも多くあります。

印刷の方法もオンデマンド印刷とオフセット印刷がありますが、ベタが多い場合にはオフセットの方がきれいに印刷ができるのでおすすめです。

しかし、オフセット印刷は以前もブログで申し上げましたが、大量に印刷しなければ相当な割高になります。
小ロットで印刷を希望される場合には、オンデマンド印刷を選ばれると良いでしょう。

その分の費用で、比較的更新頻度の低い、メニューを印刷会社にお任せになるのはいかがでしょうか。
メニューがお店のレイアウトの一部と考えると、イタリアンであれば明るいカラーが似合うでしょうし、フレンチであれば格調高いデザインが良いでしょう。

デザインからお任せいただくことも可能です。一括で承ることもできますので、ショップカードとメニューのイメージを統一することもできます。
店舗の雰囲気にあうショップカードやメニューがほしい、そんなご要望がありましたら、まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

印刷の発注と時代の流れ

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「印刷の発注と時代の流れ」についてお話したいと思います。

冊子などの印刷の依頼に関して、従来は業者と顔を合わせてプリントの流れや予算などを相談しながら発注する流れが一般的でした。

そのころは、名刺や冊子の作成を依頼する場合に電話などで依頼の注文をしたり、業者の店舗などに直接伺って店舗を行き来する事が当たり前でした。
営業マンとのやり取りなどで、行き来する時間などが掛かっていた時代です。

最近はインターネットの社会になって、ネット上で印刷物の依頼ができる時代になりました。
発注の基本は、印刷会社のサイトから、印刷の形状や数を指定して注文し、データを入稿、特に修正がなければ納品の日付に届く、といった流れになります。

従来の発注方法と異なり、担当者と顔を合わせる事が無いので、注文のやり取りに時間がかからず、また、高品質な印刷物を低価格で購入できる利点があります。

こんな印刷物がほしい、急ぎの印刷物を仕上げてほしい、というご要望がありましたら、まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

もっとも流通量の多い印刷手法

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「もっとも流通量の多い印刷手法に」についてお話したいと思います。

世の中に出回っている印刷物を作る時に、主流になっている手法はオフセット印刷という方法です。
基本的には赤と青と黄色の三原色のインクを調整しながら使用して、文字などの色は黒色のインクに統一しながら使用します。

部数が少ないパンフレットなどをプリントする場合、1枚ずつ機械で印刷していく事が特徴です。
新聞や広告などは、多くの部数が必要になる為に丸めながら効率良くプリントアウトをします。

色を紙面上に表示する場合、赤と青と黄色のインクや板を上手に使い分ける事で希望する色の醸し出せる事が特徴です。
生産する印刷物によって機械の種類を使い分ける事で、生産の効率を向上します。

タオルの布などにプリントする場合の手法として、シルク印刷という方法を用います。
タオルなどの布に明白で綺麗な文字を出力するために、小さな穴からインクを絞り出しながらプリントをする事が特徴で、金属製の製品やプラスチックの製品などにもシルク印刷という手法が有効的です。

こんな印刷物がほしい、急ぎの印刷物を仕上げてほしい、というご要望がありましたら、まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

忙しい時期にこそご利用ください

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「忙しい時期にこそご利用ください」についてお話したいと思います。

月日の経つのは早いもので、今年もあと残すところ7週間ほどとなりました。あっという間に師走ですね。

印刷会社様、デザイン事務所様、広告会社様などでは、クライアントから依頼された年賀状や初売り用のチラシなど、いくつもの納期が重なっている時期ではないでしょうか。

そんな猫の手も借りたい会社様を、三陽美術がお手伝いいたします。
弊社では印刷に関することであればどのような業務でも下請け業務を承っております。
たとえば、宛名印刷やバリアブル(差し込み)印刷など、工程の一部分をスポット的にお任せいただくことも可能ですが、1から全ての工程をお任せいただくことも可能です。

デザインから印刷、製本、加工、折込業務にも幅広く対応いたします。
大ロットの印刷はもちろん、小ロットからでもご発注可能です。
お急ぎの場合でもご相談ください。

こんな印刷物がほしい、急ぎの印刷物を仕上げてほしい、というご要望がありましたら、まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

オリジナル伝票はクライアントにとっても嬉しい

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「オリジナル伝票はクライアントにとっても嬉しい」についてお話したいと思います。
今の時代、印刷機が存在しないと仕事にならないケースも多々ありますよね。

印刷機でコピーをすることがたくさんある世の中では、印刷機は必須となっています。
あなたが使用しているパソコンも、もし、印刷機がなくて印刷できなければとても苦労することになりますよね。

それだけ印刷機が私たちを助けてくれるケースというのは多いのですが、生活のあらゆるところで関わっているのだということは普段あまり感じることが少ないかもしれません。

例えば、最近、どの会社でも、パソコンでの伝票発行が増えてきました。
既製品だと社名が入っていないので、社名を入れたオリジナルの伝票を作成しませんか?

オリジナル伝票なら、かさばる伝票類の中でもすぐに見つけることができ、相手先様にとっても嬉しいメリットがあります。

今年も残すところあと1ヶ月半程度となりましたが、年度末に向けてこれから様々な予定が立て込む季節となってきます。
オリジナル伝票をお考えのお客様はどうぞ、まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

販促用にチラシがほしい場合

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「チラシのコストバランスを考える」についてお話したいと思います。

販促用にチラシがほしい場合、皆さまだったら印刷はどうしますか?
例えばA4サイズの300枚くらいであればお手持ちのプリンターで刷りだしてしまうといった方もいるでしょう。
しかし、手持ちのプリンターでは使用できる紙や再現できる色にも制限があり、訴えたいテーマや商品によっては販促物として使える品質には至らない場合があります。

そしてなにより枚数が多いほど、コストが高くついてしまいます。
カラー印刷だと使うインクの数も多くなりますから、紙代とインク代とを考えると、あまりお手軽とは言えなくなってしまう場合もありますね。

特にチラシやDMは一瞬で勝負が決まってしまいます。
もらった人が「ちょっと読んでみようかな?」と思うような目を引くチラシでなければ、せっかく投じたコストが回収できない場合も。

三陽美術ではチケットやクーポン付きのチラシ、ミシン入りのチラシなど、フルカラーから特色印刷まで、小ロット対応でも印刷が可能です。

他社とは一味違うチラシを用意したい、こんな印刷物がほしい、というご要望がありましたら、まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

印刷ミスを防ぐには

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「印刷ミスを防ぐには」についてお話したいと思います。

パソコンで印刷をする機会も多くあると思いますが、思ったように印刷できないこともありますよね。
例えば印刷したいものが全部用紙に入りきっていないと印刷後に気付くパターンです。

何度も印刷に失敗してしまうと紙やインクがもったいないので、こんな対策をおすすめします。

1度印刷プレビューという画面を出しましょう。
印刷をする前に印刷プレビューを見ると、どういう状況で印刷がなされるのか?印刷後の状況がプレビュー画面として見られます。

そこに映っているもので良いならばそのまま印刷をしますが、
ちょっとこのままだと上手くいきそうにないなぁという場合には、用紙サイズの設定を再確認したり、トリミングするなりして、満足いく形で印刷できるようにすると良いのではないでしょうか?
年賀状のデータ作成時にハガキサイズより一回り小さめにデータを作っておくと、端が切れずに印刷できますよ。

三陽印刷なら箔押しの印刷もお作りできます。
手の込んだ年賀状で日頃お世話になっている方に想いを伝えたい。
そんなご要望がありましたら、まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

年賀状を使い分ける

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「年賀状を使い分ける」についてお話したいと思います。

家庭用年賀状を作る場合、たいていの人は家庭用のインクジェットプリンターで印刷をすることでしょう。

しかし、年賀状の枚数が100枚を超えるような場合でしたら、印刷業者に頼んでしまった方がコストがかからなくって済みます。

家庭用年賀状の絵柄(ないし写真)を家庭用のインクジェットプリンターで印刷をすることは、非常に非効率的だといえるのです。

大量にインクを消費する心配がないばかりでなく、なにより印刷の仕上がりがキレイです。
とくに大量にカラーを使う場合は、印刷業者に依頼する方が賢明です。
特色印刷もできますから、明るく華やかな雰囲気も手軽に依頼できますね。

年末年始の多忙な中、膨大な時間を使って微妙な配置を調整する手間も不要です。

最近ではタブレットなどを用い、インターネット上で好みのデザインを選び印刷するタイプの年賀状サービスも出てきました。

そこで、ごく親しい人に送る年賀状の他に、会社でのお付き合いなど、ビジネスユースの年賀状はプロへ依頼する、など、印刷目的によって使い分けするというのがおススメですね。

こんな印刷物がほしい、というご要望がありましたら、まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Home > アーカイブ > 2015-11

検索
フィード
メタ情報

Return to page top