Home > アーカイブ > 2015-03

2015-03

読みたくなるパンフレット印刷について

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「読みたくなるパンフレット印刷について」についてお話したいと思います。

いろいろな場所で多くのパンフレットが配られていますが、中には残念ながら、受け取ったそばから読まずに捨てられてしまうパンフレットもあります。

思わず読みたくなるようなパンフレットを作るには、どうしたら良いでしょうか?

まず、黒1色よりはカラー印刷の方が目に留まるでしょう。
ただし、色をたくさん使えば良いというものでもありません。
色とりどりでごちゃごちゃしたパンフレットは読みづらく、ゴミ箱行きになりがちです。

メインの色・サブの色を1色ずつ決めてとすっきりとまとまって、見栄えも良くなります。

また、目立たせるために立体文字・重ね文字を多用するパンフレットを見かけますが、素人っぽい印象となり逆効果です。

それよりもフォントを変える方が統一感を保ちつつ、インパクトを与えることができます。

最後に本文ですが、「短すぎるぐらいでちょうどいい」とお考えください。
だらだらと長い文章は説教くさくて、読む気がしませんよね。

業種によっては説明を尽くさないといけない類のパンフレットもありますが、ほとんどの業種のパンフレットは、見た目が勝負といっても過言ではありません。

一番伝えたいことに絞って、本文も十分に吟味しましょう。

まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

手描きのイラストを活用しませんか?

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「手描きのイラストを活用しませんか?」についてお話したいと思います。

皆さんがパンフレットを作成するとき、表紙はどのように決めていますか?

写真を使ったり、イラスト集にある素材を切り貼りしたり、文字だけのシンプルなデザインにしたりと色々候補があると思います。

さて、今回皆さんに提案したいのが「手描きのイラスト」を使うことです。

表紙に手描きのイラストが描かれていると、温かみのある感じがしませんか?

イラストは、鉛筆でチラシの裏に何気なく描いたようなイラストでも構いません。

印刷会社でスキャナーに取り込み、ご希望とあらば色づけすることもできます。
運動会やピアノの発表会等お子様の関る行事で、我が子の描いたイラストが表紙になったら、それはお父さんお母さんの一生の思い出になりますね。

また絵の得意な方でしたら、同窓会の会報や町内会のお知らせ等に自分の描いた絵を載せることで、励みになるのではないでしょうか?

パソコンで作ったものでは出せない、手描きならではのぎこちない線や輪郭が、逆に良い味わいを出してくれることでしょう。

まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

デザインを重視するだけで好印象がアップするパンフレット印刷

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。
今日は「デザインを重視するだけで好印象がアップするパンフレット印刷」についてお話したいと思います。

安値で印刷をしたパンフレットやハガキや封筒であっても、デザインに拘ると、ぐっと高級感やデザイン性がアップします。

素人がデザインした印刷類と、ブランド物を手がけるようなデザイナーがデザインした印刷類では、雲泥の差が生じます。

パンフレット印刷は、デザインが肝。

勿論、印刷会社の条件に合っておれば素人がデザインした物でも印刷してもらえますが、ここぞ気張りたい印刷物を印刷する時は、デザインを勉強した専門的なデザイナーにデザインを依頼した方が、見栄えが良くなり、読みやすくなります。

優れたデザインを用いると、他人が見た時に、デザインが優れているから性能、品質、サービスなども良いのだろうと錯覚を感じます。

デザイナー探しは、骨が折れる仕事となりますが、印刷会社にはデザイナーが在籍していることもあり、デザインを任せることもできるのです。

デザイン分の費用はかかりますが、デザイナーを探す手間が省けお手軽に依頼できるのでお勧めです。

まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

封筒印刷を利用してみませんか?

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。
今日は「封筒印刷を利用してみませんか?」についてお話したいと思います。

皆さん、お仕事などで、日頃、封筒を頻繁に使っておられませんか? 
例えば、お客様宛ての封筒でしたら、やはり、自社のイメージアップに繋がるデザインのものが良いですよね。

また、同じ趣味の仲間(サークル)宛ての封筒でしたら、そのサークル固有のデザインにしてみたい、と思うかもしれませんね。

実は、そう言った様々な希望は、封筒印刷を利用すれば、簡単に叶えられるのです。
そして、封筒印刷では、印刷適性および筆記適性の良好な紙を使用しています。
従って、印刷はもちろん、手書きや押印の際の良好な仕上りも期待できます。

なお、封筒のサイズも多数揃えておりますので、ご希望に合ったサイズを選ぶことが可能です。
また、ビジネス用途の封筒では、社名や連絡先だけでなく、ロゴマークなども綺麗に印刷できます。

また、封筒の用紙として、クラフト、ケント、カラー(多数あり)などの素材を取り揃えているので、ご希望に合った最適な素材を提供することが可能です。

最後に、枚数が多くなるほど1枚当りのコストは安くなるので、封筒印刷を利用する際には、出来るだけまとまった数量にて依頼されることをお奨めします。

まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

さまざまな形があるパンフレット印刷

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。
今日は「さまざまな形があるパンフレット印刷」についてお話したいと思います。

パンフレット印刷といっても、その種類や形態にはさまざまなものがあります。

表だけや、両面、二つ折りのスタイルや、三つ折り、冊子状になっている物まで、本当に多種多様です。

多くの種類や形態があるという事は、それだけたくさんの要望があり、伝えたい事がたくさんあるという事です。
パンフレット印刷を仕事とする私は、そのどんな要望にもお答えしようと日々努力をしています。

その努力一つ一つは、申し込みいただくお客様一人一人の、パンフレット印刷を通じて伝えたい事を形にするという技術につながります。

この仕事を通して感じることは、どのパンフレットにも、たくさんの人の想いが詰まっているという事です。
パンフレット印刷をお申込みになるお客様で、パンフレットに思い入れの無い方などおりません。
どのパンフレットも、多くの人の大切な伝えたい事が詰められた印刷物なのです。
パンフレット一つ一つが、その印刷に至るまで、努力と知恵のかたまりである、宝物なのです。

まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ただの印刷物とは異なるパンフレット印刷

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。
今日は「ただの印刷物とは異なるパンフレット印刷」についてお話したいと思います。

パンフレットは、それぞれの店、それぞれの会社によって、作りや構成、色使いが大きく違ってくるものです。

これは、私たち人間が一人一人違うのと同じことではないかと考えています。
それぞれの店、それぞれの会社には、みな、歴史があります。
歴史があるという事は、そこまでのたくさんの人の努力があり、積み重ねがあり、試行錯誤が存在します。

パンフレット印刷はその背景を、広く人々に伝えるべく作られる印刷物だと思います。

そのパンフレットを一目見れば、その会社が、店が、どんな雰囲気であるのかを印刷するのがパンフレット印刷だと考えるのです。

大切な人の歴史や気持ちを印刷する仕事なのですから、毎日一つ一つ丁寧に仕上げていくことを心がけています。

お客様の納得のいくパンフレット印刷が作れ、ご満足いただけたときには、本当に心からの喜びが湧き出てくるような感情になります。

パンフレット印刷を通して、お客様の大切にしていることを、これからも形にしていけたらと思っています。

まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

お客様の気持ちまでをも印刷するパンフレット印刷

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。
今日は「お客様の気持ちまでをも印刷するパンフレット印刷」についてお話したいと思います。

パンフレットは、その会社や店の印象を決める、大切な印刷物です。
そのパンフレットによって、お客様が持つ印象は大きく変わるものです。

パンフレットを通じて伝えられること、特徴、背景、歴史、様々なものがありますが、パンフレット印刷で最も大切なことは、そのパンフレットを作りたいというお申込みいただいたお客様の、お気持ちをもパンフレットに込めるということだと思います。

ただ、情報を印刷するものでは決してないと考えています。

申し込むお客様は、みなどのお客様も、自分の会社や店が、どんな場所なのか、どんな気持ちで仕事をしているか、どんな歴史があるのか、そういった背景を大切にしている方ばかりです。

パンフレットを印刷するこちらは、そのお申込者様それぞれの大切にしていること、伝えたいことを、印刷に込めてお作りするわけです。

パンフレット印刷の仕上がりによって、その会社や店の印象が決まると考えたら、毎日の一つ一つの仕事が、それぞれ本当に大切なものであり、心をこめて制作しなければならないと感じます。

パンフレット印刷によって、お申込みいただいた方の大切なお気持ちが、少しでも印刷に反映してくれればと考えて、日々の精進を心がけていきたいと思います。

まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

パンフレット印刷のメリット

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。
今日は「パンフレット印刷のメリット」についてお話したいと思います。

皆さん、ご存知でしょうか?
パンフレット印刷にはたくさんのメリットがあります。

中でも、大きなメリットが2つあります。
1つ目は、コストが安いことです。
最近では、家庭用プリンターも高性能になって来たので、普通のパンフレットなら自宅のプリンターで作成できます。

ただし、枚数が多くなると、そのコスト(紙代やインク代)は馬鹿になりません。
ところが、ある程度まとまった枚数のパンフレットを作る場合、パンフレット印刷を依頼した方が安上がりになります。

例えば、数100枚規模のパンフレットを作成する場合、パンフレット印刷を利用した方がずっと安価になるでしょう。

2つ目は、オリジナルなパンフレットを作成できることです。
パンフレット印刷の場合、家庭用プリンターでは出来ないオリジナルなパンフレットを作ることが出来ます。

例えば、特殊な紙を使ったパンフレット、豪華な装丁のパンフレット、安価な紙を使ったパンフレット、折り方に工夫を凝らしたパンフレット、などです。

パンフレット印刷を利用することで、あなたの目的に合った素敵なパンフレットを作ることが出来るでしょう。

まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

パンフレット印刷は、プロに頼むといいものが仕上がります

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。
今日は「パンフレット印刷は、プロに頼むといいものが仕上がります」についてお話したいと思います。

イベント、開業などのためにパンフレットを印刷したいけれど、専門的な知識がなくて作る自信がなかったり、忙しくてデザインを考える時間がないときにプロの印刷会社に依頼することもできます。

個人的なイベントの依頼のためにカジュアルなものから、学校の案内のような公的なものまでさまざまなニーズに対応してくれるようです。

自分では思いつかないようなデザインも提案していただけるのが面白いですし、プロの目線で伝えたいことをうまくまとめてもらうと思いがけないような宣伝効果を得られるパンフレットが出来上がることもあるのです。

でも、気になるのはコスト面ですよね。
今はさまざまなパンフレット制作会社がありますから、見積もりを取ってもらって選ぶこともできます。

印刷する紙の質感によって予算も変わってくると思います。
光沢のあるものは新聞に挟まれたチラシなど一般的に使われているものです。
また、マット紙というものは、わざとつやを消しているので高級感がありますね。

予算を押さえるならば普通紙です。
普通紙は高級感はないかもしれませんが、とても身近に感じられる温かみがあるのではないでしょうか。

まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

さまざまなタイプがある封筒印刷

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。
今日は「さまざまなタイプがある封筒印刷」についてお話したいと思います。

今日は納品書や請求書などを郵送する時に使っている封筒がなくなりかけていたので、封筒印刷やパンフレット印刷のサービスについて書いてみます。

封筒印刷と一言で言っても、いろいろあります。
レイアウトを自分で作ってそのまま印刷を依頼するもの、使っている封筒をそのまま同じデザインで作ってもらうもの、一からデザインを作ってもらって印刷してもらうものなど様々です。

文字だけの印刷ならば、自分でレイアウトをして印刷してもらうものでも大丈夫です。

会社にロゴマークなどがあって、ロゴのデータを持っておらずに、そのロゴをそのまま封筒に印刷しなければならない場合は、ロゴの作成もお願いしなければならないので、今のデザインのままで印刷してもらうか、一からデザインを作ってもらうほうが良いです。

デザインが決まれば、あとは封筒の種類を選びます。

茶封筒と言われているものから、ケント紙の封筒などもあり、紙の厚みを選ぶこともできます。
カラー紙を使う封筒を選んだ場合は、会社のイメージに合ったカラーを選ぶことも可能です。

封筒の口に最初から糊を付けてあって、事務作業の効率をあげることができる糊付きの封筒もあります。
封筒印刷にはいろいろなタイプがあり、用途に合ったものを選ぶことが可能です。

まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

封筒、パンフレット印刷を利用するメリット

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。
今日は「封筒、パンフレット印刷を利用するメリット」についてお話したいと思います。

パンフレットは、会社や企業はもちろん、様々な各店舗の広告媒体としては、非常に効果的なものです。

このパンフレット上手に使いこなしている店舗などのを見てみると、それぞれにデザインや内容に強いこだわりや個性を持ったものも多くあります。

一般的にはパンフレットと言えば2つ折り、三つ折り、観音開きなど様々な種類が存在します。それぞれに使い方やニーズなどによって形を変えるのが理想ですが、そのパンフレットに印刷をする場合、自分でやろうとしてもやはり限界があります。
ロット数が少ないならば、自宅用のプリンターなどでも可能ですが、コストが当然かかっています。

会社や企業なので封筒などで使用する、はがきや封筒に印刷する際も同様です。
手書きで書くことも大切ですが、やはり印刷を利用することで、作ったデザインをそのまま内容を少し変えて、また流用するということも可能なので、時間とコスト削減に大きく貢献することになります。

また、手書きでは、フォントなども当然決まってしまいますが、印刷の場合は、ハガキや封筒印刷、パンフレットに印刷する場合でも、様々なフォントを使用することができます。
それによって高いデザイン性と、見やすさを実現することができます。

このように印刷を利用することは印刷料することは様々にメリットがあります。時間やコストを削減したい方などはぜひお勧めです。 

まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

名刺印刷こそプロにまかせた方が楽ちん

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。
今日は「名刺印刷こそプロにまかせた方が楽ちん」についてお話したいと思います。

新人の頃、エクセルを勉強する一環で名刺作りをしました。
目的も無くただ勉強するよりはずっと楽しそうでしたがいかんせん何から始めればよいのかちんぷんかんぷんでした。
家に置くようなプリンタならUSBを差してCD-ROMを入れれば簡単に印刷出来ますが、
会社にある複合機は全くの未知の世界。
ネットでいろいろ調べながらなんとかプリンタの設定は完了したものの、
肝心な名刺印刷のアプリをどのように作ればよいものか見当も付きませんでした。
先輩に聞こうにもとても忙しそうなので聞ける雰囲気ではなく、こちらについても結局ネット頼り。
簡単な方法では名刺サイズのセルを作ってそこにいろいろなフォントを駆使して作成するとありましたが
なかなか思い通りのレイアウトにならず悪戦苦闘。マウスの使い方も慣れていないので酷い肩こりに悩まされました。
とあるサイトで見つけた簡単な方法でなんとかエクセルを完成させて先輩に見てもらったところ・・・爆弩
小学生以下と罵られました。
どうやら名刺印刷といいながらもデータ管理と出力を学ぶことが目的だったようで、一から調べ直しでした。

今思えばその時の苦労のおかげでそこそこエクセルも使えるようになりました。
が、名刺を自作するのは時間のある新人のうちだけですね。
レイアウトや裁断の手間や出来栄えを思うとやはり業者さんに頼むのが一番だと思います。

まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

名刺印刷で工夫しているポイント

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。
今日は「名刺印刷で工夫しているポイント」についてお話したいと思います。

名刺をもらうという事は、自分の第一印象を相手に対して伝えているという事だと考えています。
その名刺によって、その人がどんな人なのか、すべては伝わらないにしても、その一部でも伝えたいと考えて名刺を作ります。
名刺印刷とは、シンプルに思えて、それほど奥が深い作業なのです。
名刺交換の機会は、毎回、様々の人のアイデアや工夫を勉強する良い機会です。
そう考える璃理由は、名刺印刷の方法もさまざまなものがありますが、その名刺を持つ人が、自分または会社が、どんな特色を持っているのか、どのような事を意識しているのか、そんな名刺印刷の裏側にあるそれぞれの立場や人柄までも考えて作りたいと思っているからです。
名刺で広がる人と人との輪を、その人なりの表現で作ろうとしているわけですから、その小さな名刺が果たす役割はとても大きなものです。
名刺印刷という作業は、その人と人とをつなぐきっかけの、後押しをしているという事なのですから、本当に誰かの役に立てる名刺を作っていきたいと心がけていこうと思います。

まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

名刺印刷において考えること

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。
今日は「名刺印刷において考えること」についてお話したいと思います。

名刺というのは単に自身の所属場所や名前を伝えるだけでなく、本人の第一印象にも結びつく大事な物です。そのため、「必要な情報が入ってればそれでいい」ということはありません。
例えば、名刺上のどの位置にどんなフォント(字の形)で自分の氏名を書き込むのか、紙の色は何色だと相手に好印象を与えるのか、メールアドレスや電話番号の文字の大きさはどの程度がいいのか、など読みやすさと印象の良さを兼ね備えた名刺にするためには様々なことを考慮することが大切です。自身の手や企画書よりも先に初対面の相手が触れる物ですから、名刺はビジネスの中でとても重要な印刷物です。
また印刷とは少し離れますが、名刺は必ずしも長方形とは限りません。カップ麺を製作している会社の社員さんが提示する名刺はカップ麺のシルエットの形をしていたり、相手の印象に強く残らせるために手裏剣の形の名刺を持っている方もいらっしゃいます。これらの特殊な形の名刺は貰う側が所持しにくいというデメリットはありますが、その分先方に強い印象を残しますので自身の表現方法の一つとして有効と言えます。印刷業者さんによってはこのような長方形以外の名刺の大量受注も行っています。
このように、名刺は相手への自己紹介とともに第一印象も作り出すアイテムということなのです。

まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大量に刷ると安くなる名刺印刷

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。
今日は「大量に刷ると安くなる名刺印刷」についてお話したいと思います。

基本的に、名刺印刷は刷る枚数が多ければ多いほど料金は安くなります。
仕事を転々とする人や、名刺の消費量が少ない人、転職する予定がある人でしたら大量印刷は向いていませんが、正社員であり名刺を必要とする職種に就いているのであれば名刺は大量に刷っておくのがお勧め。
印刷する枚数が少ないと、割高になってしまいますし、無くなってしまった時に不便となります。
沢山刷っておくと安心感も得られますね。
名刺印刷は印刷業者が刷ってくれますが、それぞれ特徴があり、少部数向け、個人向け、多部数向け、など向き不向きがあります。
多くの印刷業者は分かりやすくサービス内容を解説しているために、一読してから申し込みをすると、間違いが無くスムーズです。
社会人になると、多くの人が名刺を活用します。
名刺から利益に繋がるため、名刺は必要不可欠。
どうせ刷るのならば、名刺印刷業者選びには念入りになりましょう。
良い名刺を持っている知り合いがおれば、どこで刷ったのか聞いてみてもいいですね。

まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

名刺印刷にはこだわりたい

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。
今日は「名刺印刷にはこだわりたい」についてお話したいと思います。

名刺はあなたを表すもの。
他人にお渡しする名刺ですから、名刺印刷にはこだわりたいものです。
ペラペラのシンプルな名刺よりも、一味異なる高級感のある名刺の方が、受け取った人物に印象を与えやすいです。
名刺印刷業者は、様々な印刷方法、インク、紙質により、個性的な名刺を作り上げられます。
写真や柄を挿れたり、カラフルにしてみてもいいですね。
名刺のデザインは素人ですと、中々上手く仕上がりませんが名刺印刷業者は名刺のデザインまで請け負ってくれるため、デザインセンスに自信のない人でしたらデザインも依頼すると良いでしょう。
あまり名刺を取っておく習慣が無い人物であっても、変わったデザインの名刺や高級感のある名刺、個性的な名刺でしたら取っておいてくれるかもしれませんね。
勿論、あまりこだわらなくとも良いから形だけの名刺を作っておきたいと思う人もいるでしょう。
とりあえず名刺を作っておきたいという人は、格安コースがお勧め。
名刺の質により、料金も異なるのです。

まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

写真付名刺のメリット

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。
今日は「写真付名刺のメリット」についてお話したいと思います。

名刺と言えば企業名、役職、名前、連絡先等文字ばかりの堅苦しいイメージですが、最近は自分の顔写真やイラスト入りの名刺を持っている人がいます。
これは、渡す側にも受け取る側にもメリットがありますよね。
渡す側としては、インパクトのある名刺ゆえ受け取った側に自分の顔を覚えてもらえること、これが1番のメリットです。
受け取る側のメリットは、その人の顔の特徴をメモしておかなくても名刺を見れば「○○さんだ!」と分かるので、次に会った時に名前で呼びかけられることです。
特に新入社員や転勤直後であればたくさんの名刺交換をしますから、顔写真入りの名刺は重宝されますね。
とはいえ、顔写真入りの名刺をビジネスの場面で使用している人はあまり見かけません。
やはり「恥ずかしい」「他に誰もやっていないから」という理由で、便利であることは理解しているけれども実行に移せないという人が多いのだと思います。
写真が無理という方は、似顔絵のイラストを入れるというのはどうでしょうか?
似顔絵であれば抵抗感も少ないですし、その人のマークみたいで面白くないですか?
自分自身でイラストを描くでも良し、誰かにデザインしてもらうのも良し、ロゴマークのようなつもりでイラスト入り名刺を作ることを検討されてみてはいかがでしょうか?

まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

ビジネス以外でも活用できる名刺印刷

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。
今日は「ビジネス以外でも活用できる名刺印刷」についてお話したいと思います。

名刺はビジネスで利用するだけと思われている方も多いかもしれませんが、ビジネス以外でも名刺は活用されています。
例えば、ボランティア活動をされている方も、自分の名前や所属先のボランティアグループ名が書かれた名刺を利用しています。ボランティアに来た人が自己紹介の時に名刺を差し出すと、所属がきちんとわかるので信用度が増します。
こういった名刺は、自宅のプリンターを利用して作成しがちですが、プロの名刺印刷なら、ボランティア活動の内容など、自分で作成すると省略してしまいそうな詳細も、綺麗なレイアウトで書き込むことができます。また名刺の素材なども選ぶことができますので、お年寄りを対象にボランティアをされる場合なら、和紙などお年寄りが好みそうな素材にすることで、印象に残る名刺になります。
他にも趣味で音楽活動をされている方などは、音符や楽器など音楽をイメージできる図柄を入れてデザインしたり、グループ名のロゴを入れることで、グループのイメージアップにもつながります。
少ない枚数の依頼でも、ご心配なくお気軽にご相談ください。プロの名刺印刷で、ビジネス以外のシーンでも、あなたの活動の顔として、名刺を活用してみてはいかがでしょうか。

まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

手頃な価格の名刺印刷

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。
今日は「手頃な価格の名刺印刷」についてお話したいと思います。

印刷は、さまざまな場面で行われているものですが、しっかりとした作業が必要になる印刷の代表例が名刺印刷です。名刺というのは、持ち主のことを示す重要な役割を果たしているものなので、きちんと印刷された名刺を用意しなければなりません。手抜きして作られた名刺では、渡した相手に対しても失礼になってしまいます。また、質の良くない名刺を手渡してしまうと、相手から軽んじられてしまうことにもなりかねません。優れた印刷技術を持った業者に、名刺印刷を依頼することが大切なのです。

名刺印刷は、枚数によって料金が変わってきます。大量の名刺を必要としている場合は、比較的リーズナブルな金額で印刷することができます。名刺には、ただ単に会社名・氏名・役職名が記載されていれば良いわけではありません。バランスよく掲載することが大切ですし、字体にも気をつけなければならないのです。ビジネスの場面で役立つ名刺は、できるだけオリジナルのものを用意することが望ましいです。

まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

自分だけのプライベート名刺を作るおすすめ。

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。
今日は「自分だけのプライベート名刺を作るおすすめ。
」についてお話したいと思います。

名刺は会社勤めをしている人にとっては、会社から与えられるものですね。
たぶん、会社の名刺に関しては、特にこれといってどうと考えたりしたことはないかもしれません。
でも、会社の名刺は、全員が持っているもので、まったく同じデザイン、同じフィントで、もちろん自分の意志や好みが反映されているものではないですね。

そんな時、自分の個人の名刺を作ってみるのはいかがでしょうか。
プライベートの名刺です。

自分だけの名刺は、自分の趣味の活動やプライベートな友達、あるいは資格をとっている人はをれを肩書にしたりして、自分の交友関係を広げて行けるツールになります。

そしてそれを印刷するにあたっては、100%、自分の好み、自分の趣味がいかせるのです。
イラストを入れてもよいし、カラーにこだわってもよいし、既存のデザインでも自分のセンスで選べて、フォントにもこだわれる。
これはとても新鮮です。

自分だけの名刺を持つことは、自分の趣味や交友関係においても、それを出会った人に渡そうと思うととてもワクワクしてくるものです。

ぜひ気に入った名刺印刷をしてみてください

まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

名刺印刷はプロに飲むのが一番

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。
今日は「名刺印刷はプロに飲むのが一番」についてお話したいと思います。

仕事をしている人のほとんどが、名刺を持っていることでしょう。この名刺は、自分のことを知ってもらう手段としては一番いい方法です。日本ではこの名刺の交換から始まることも少なくはありません。その名刺ですが、今や色んなものがあります。最近では、自宅にあるプリンターで自作できるので、手軽に作成することが出来ますが、自宅のプリンターだと、出来ることが限られてきます。本当に凝った名刺作成をしたいならば、専門家に頼むのが一番です。

実際に何が違うのかと言ったら、デザインが豊富なところでしょう。名刺の色や紙の種類などいろいろと組み合わせて、自分好みの名刺を作ってもらうことが出来ます。最近では、わざと派手なものにして、相手にインパクトを与えるような名刺を作っている人もいます。会社によっては、自分で作ってはいけないと言うところもあるでしょう。しかし、自由に作って良いというところは、ぜひともプロの印刷屋さんに、自分にぴったりの名刺を作成してもらうことを勧めたいです。

まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

何枚印刷すればいい?パンフレット印刷枚数について

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「何枚印刷すればいい?パンフレット印刷枚数について」についてお話したいと思います。

パンフレット印刷を発注する時に頭を悩ませるのが、何枚印刷したらよいのか?という問題です。

枚数を決めるためには、パンフレットをどのような形で配布するのかを考えましょう。

例えば、お芝居で来場者に無料でパンフレットを配布する場合、座席数分の枚数+予備の枚数が必要になります。

チケットの売れ行きに関わらず満席分の枚数を印刷しておかないと、予想以上に客入りが良かった場合にパンフレットが不足してしまいます。

企業のPRパンフレットの場合は、同じパンフレットをどの程度継続して配布するのかがポイントになります。

毎年パンフレットを作成し直すなら一つのパンフレット配布期間は1年間ということになりますから、1年間でさばききれる枚数を用意しなくてはいけません。

多少多めに印刷しておく必要はありますが、あまり印刷枚数を増やしてしまうと配布しきれなかったパンフレットを廃棄することになってしまいます。

平均的な来店数は何人でそのうち何割がパンフレットを必要としているのかをリサーチすれば、必要な枚数の見当が付きます。

多すぎず少なすぎない枚数を印刷して無駄なコストを抑え、その分の費用をパンフレットのクオリティアップに回しましょう。

大阪の印刷会社三陽美術では40年を超える実績を生かしてアドバイスをさせていただきます。
まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Home > アーカイブ > 2015-03

検索
フィード
メタ情報

Return to page top