Home > アーカイブ > 2011-02

2011-02

バーコ印刷。盛り上げ印刷の加工方法のひとつ

バーコ印刷って知ってますか?盛り上げ印刷の加工方法のひとつです。

名刺なんかでも触ると盛り上がっている名刺がありますね、あれが盛り上げ印刷なんです。
盛り上げにはいろいろな種類がありますがバーコ印刷もその1つ。
バーコタイプの盛り上げ加工は、印刷した部分に透明な樹脂パウダーを降りかけて作ります。

バーコ印刷は熱を使って盛り上げを行うので、熱に弱い用紙では使うことができません。
熱に弱い用紙はPP貼りとか、ビニール引き加工した用紙や、ユポ紙などです。これらは別の方法で盛り上げ加工を行います。

ちなみに「バーコ」って何か知ってますか?
初めて聞いたときはパーマンに出てくるパーマン3号、あの女の子を一瞬思い浮かんでしまったのですがあれば「パーコ」ですね、ちょっと違います。
アメリカのバーコ社が開発した技術、なのでバーコ印刷なんです。

よく会社名が付くことが多いです、体操の選手が開発した技なんかも名前が付いてますね、「モリスエ」とか「コマネチ」とか。あれと一緒です。
広面積になると凹凸がでるのが独特の風合いで、インパクトが強くてオススメですね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
大阪の印刷会社 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

金粉付けで印刷・・よく見る表彰状などの印刷

■ 金粉付けで印刷・・よく見る表彰状などの印刷 ■

大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です、もうすぐ3月、3月というと卒業式のシーズンです。
仰げば尊しわが師の恩、先生はいつでも先生です。ほんとに御世話になった先生は今振りかえれば迷惑ばかりかけたな、とか、お礼言いたかったなとか感じますね。

もちろん一緒に学んだ仲間のことも。

で卒業式では卒業証書授与があります、校長先生が名前を呼んで1人1人に卒業証書を渡していくあれです。
しっかりした卒業証書の紙に、円の筒があってその重々しい感じは今でも懐かしいですね。

ところで、卒業証書でも金粉が付いてたりしますが、あのような印刷もなかなか難しいんです。
金粉付け印刷のことで、表彰状やこの卒業証書でもよくあります、印刷で金粉が載ってない場合もあるのですが、金粉がついていると何か神々しい感じがしますのでこちらのほうがもらうほうには好評です。

金粉付けの印刷の依頼が入ってくると、春の訪れを感じますね。
仕事柄季節に合わせてさまざまな仕事があるので、季節感が印刷業界にもあるんです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
大阪の印刷会社 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

セロファン窓といえば封筒の中でも窓付き封筒 

■ セロファン窓といえば封筒の中でも窓付き封筒  ■

大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です、最近は春っぽくなってきましたね、
いい季節で何か楽しい気持ちになります。今回は窓付き封筒についてご紹介します。
月末になってくると請求業務などが多くなるのはどの会社さんでも一緒でしょうか。

封筒の中でも窓付き封筒は、セロ窓付きで住所の印刷欄をそのまま見せることができます、これが結構便利でして、いつもいちいち封筒に書かなくてはいけない住所も請求書を送る際にはこの窓付き封筒を使えば記載は不要。
昔起業された方におすすめしたら
「こんな請求書があったんや!」
とびっくりされた経験があります、確かに大きい会社になればなるほど営業と請求関連業務は別個になっていて窓付き封筒を見る機会もないかもしれませんので。
よく公共料金の請求なんかでも見ることは多いですね、この窓付き封筒の透明部分はいろいろ種類があります、通常昔は塩ビ製かセロファン製だったそうです。

ただ環境に配慮しないと・・などもあって他にも多々最近はあります。こういった窓付き封筒もまずご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
大阪の印刷会社 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

森林を元気にする間伐材の名刺

■ 森林を元気にする間伐材の名刺 ■

間伐材とは森林の成長過程で密集化する立木を間引く間伐の過程で発生する木材です。
そして、間伐材マークは間伐や間伐材利用の重要性等をPRし、間伐材を用いた製品を表示する間伐材マークの適切な使用を通じて、間伐推進の普及啓発及び間伐材の利用促進と消費者の製品選択に資するものです。

ちなみに、森林は、動物や植物の住みかであると同時に、水源を守ったり、大気をきれいにしたり、
土砂などの流出を防いだりといった役割があります。

そして森林整備は大事です。

仮に、森林整備を行わないとしたら、地球温暖化が今までよりも早く進んだり、洪水が起こったりといった深刻な結果を招いてしまいます。
というわけで森林整備が必要不可欠なんです。

そして、間伐財は森林整備する際に出る「間伐材」の利用がより地球にやさしいと言えます。
このような名刺のご用命も三陽美術にお任せください。

■ 森林を元気にする間伐材の名刺 ■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
大阪の印刷会社 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

名入れ印刷 粗品など筆記用具への印刷

■ 名入れ印刷 粗品など筆記用具への印刷 ■

名入れ印刷をご存知でしょうか?
よく周年行事や年末年始の粗品に企業さんにいただいたりしますよね、ボールペンとかものさしとか、文房具類が多いですがその中の名入れ印刷についてです。

名入れ文具は粗品に多いですが、名入れは何でも大丈夫です。
名入れ商品はほんとに多いですが、このシーズンになってくると卒業記念品・入学記念品にピッタリな商品なんかも多いですね。
やっぱり定番のボールペンや万年筆なんかもありますし、他にもパソコンのUSBメモリに名入れ印刷することも前にありました。

他にもクリアファイルなんかも多いですね、記念品授受やタオルなんかにもおすすめです。
名入れ印刷 粗品など筆記用具への印刷は三陽美術にお任せください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
大阪の印刷会社 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

トーンジャンプ

トーンジャンプという現象について
あまり知らない方が多いと思いますが、印刷と言うのは中途半端な色がありません。
これだけでは分かりにくいですが、例えば印刷で灰色を表現する場合は白と黒のバランスで灰色に見えるように印刷すると言うような方法なのですが
グラデーションを印刷する場合縦のグラデーションなら上から下に行くにつれて白と黒のバランスを変えていき表現します。
色がドットで表現されているのは雑誌や漫画など白黒のページで使われている黒でも白でもない部分を表現しているトーンが分かりやすいのではないでしょうか。
 
ここでトーンジャンプという話にもどるのですが、このバランスが途中で一気に変わってしまい、滑らかに印刷したい部分の色が急激に変化(トーンがジャンプ)してしまうことです。
これは目に見えてわかるものから細かいところまでありますが、ぱっと見てきれいにみえるもの、汚くみえるものはこの差が出ている場合も少なくありません。
 
雑学ではありましたが、印刷技術についての「こんなことはできるのか?」「こういうものをつくりたい」 というご連絡はまず三陽美術までお問い合わせください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
大阪の印刷会社 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

話題の3D印刷

このブログでも何度か記事をかいています、話題の3D印刷についてですが。

3D印刷は以前書いたとおり、そして名前のとおり3D、立体に見えるように印刷する技術なのですが単に印刷の技術
と言い切れない部分もあります。
 
例えば普通に撮影した写真も3Dにできなくはないのですが、3Dで印刷するためには3Dにできるだけのデータが必要になり、3Dで印刷するつもりで撮影しなければいけません。
3Dで印刷したい写真はどうやって撮影するのか?というとクロマキー撮影という方法で、名前は知らないかもしれませんが、テレビや雑誌などで見たことはあるかと思います。
 
具体的にどういった撮影方法かというと
青や緑、人体にはない色を背景にして撮影し、キーイングという編集技術
(指定した色の範囲だけ消すというような技術)を使い背景を消してしまします。
この背景のない人物の写真と、背景だけが写された写真を組み合わせて立体に見える写真ができます。
さきほど普通の写真でできなくもないという書き方をしたのですが、これはこの加工を手作業でするので
質にも多少影響がでるということです。
 
雑学ではありましたが、印刷技術についての「こんなことはできるのか?」「こういうものをつくりたい」 というご連絡はまず三陽美術までお問い合わせください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
大阪の印刷会社 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

インクとインキ

突然ですが、インクとインキの違いをご存知ですか?
 
一般的な認識では
言い方が違うだけで同じもの
印刷関係の人はインキと言う

というぐあいでしょうか。

答えなんですが…
もともとは「英語」か「オランダ語」かの違いだそうで、意味は同じ顔料・染料を含んだ液体。
英語でインク「ink」
オランダ語でインキ「inkt」

なぜ同じ意味で違う言葉が使われているのか?これは日本に印刷技術が伝わった経緯に関係しています。 
日本に印刷というものは伝わったのは500年以上前でオランダからインキという言葉で伝わってきたとされています。

昔からある社名や商品名などには比較的「インキ」のほうがつかわれていますが、最近のものでインクジェットプリンタなどは「インク」ですね。
このようにもともとインキという言葉が使われていて実は一般的に使われているインクという言葉は比較的最近になってから使われだした言葉なんですね。

雑学ではありましたが、印刷技術についての「こんなことはできるのか?」「こういうものをつくりたい」 というご連絡はまず三陽美術までお問い合わせください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
大阪の印刷会社 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

温度に反応する印刷

温度に反応する印刷方法についてなんですが。
みなさん一度は見たことがあるのではないでしょうか?
 
確かではないのですが、小学校の遠足か社会見学かに行った際にその施設の方からこの温度変化に反応する印刷が施されたものさしを頂いた記憶があります。
この印刷方法は示温印刷というのですが、一般的に知られているものは一見普通の黒いフィルムのようなものなんですが、触った部分だけ赤くなり、はなして少し時間がたつと冷えて色がもとにもどります。

これは印刷方法の名前そのままなんですが、示温インキという温度によって変色する物質が含まれたインキを使って印刷します。
私は見たことがないのですが食料品、医薬品、化粧品などのパッケージの印刷に使われていたり、アクセサリーやTシャツといった意外なところにもつかわれています。
この用に装飾を目的に使われることもありますが、このインキの特徴である温度による変化は温度計や温度を示すインテリア、工業用の温度計などそのまま温度を計る目的として使われることも多いです。
 
三陽美術では特殊な印刷でのお問い合わせも承っておりますのでなにか気になることが御座いましたらお気軽にお問い合わせください。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
大阪の印刷会社 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最近変わった名刺をよくみかけます。
というのもお客様からのご注文でかわった名刺を注文されるということが多いのではなく名刺で遊ぶ、印象を残すという考え方がいぜんよりつよくなったのかと思います。
かわった名刺のなかからひとつご紹介します。

全体ではなく、文字やロゴ、模様の部分が金や銀にきらきら光っている名刺なのですがここで使われている技術で単色で印刷し、その部分だけに金や銀の箔を転写しています。
この方法で金箔、銀箔を転写すると印刷された部分全てに箔がつきます。
 
文字までキラキラ光っているとインパクトは大きいかもしれませんが、読みにくくなりますのであまりオススメではありません。
それでも遊び心、インパクトの方が大事!というかたはきらきらの名刺を使ってもいいかもしれません。

インパクトのある名刺、自分だけのほかには無い名刺を印刷する際には三陽美術までお問い合わせください。

マグネットへの印刷

このブログでは球体、ゴルフボールやガラス、プラスチック、Tシャツなど色々なものへ印刷できる技術、プリンタなどご紹介していますが、今回はマグネットへの印刷について、少し印刷に関係ないことも交えてご紹介します。

車用のマグネットなんですが、あまり一般的に使われていませんが、宣伝用、キャンペーンなど短期間車を装飾する目的で使用されることが多いようです。
短期間のために車を塗装してしまうと手間もお金ももったいないからということだと思いますが、装飾、宣伝用のマグネットについて、注意点など。

車にはるということは、あたりまえですがそのまま走るので風や砂、場合によっては雨があたることも考えられます、そのため通常よりもしっかり印刷する必要があります。
印刷とは別にマグネットについてですが、車にはって走るので通常の磁石の力では走っているうちに風ではがれてしまいます、道路でマグネットがはがれて飛んでいっては危険なので強力な磁石が必要になります。

マグネットのほか「こんなものにも印刷できるの?」ときになったかた、まずは三陽美術までお問い合わせください。

写真を引き伸ばしての印刷

印刷の内容面での記事になりますが、学参書体をご存知でしょうか?
最近の記事で書きました、小学校などで使う手書き風テスト用紙の印刷
にも関連しますが、大まかに言うと学生に分かりやすい書体です。

具体的には小学生用教科書やその関連の学習参考書、副読本などに使われる、文部科学省小学校学習指導要領に準拠した字体で。
小学生は学校の授業で漢字を習っている最中なので1年生、2年生の違いで読める漢字、書ける漢字の差が大きく、各学年で使用可能な漢字も定められています。

先ほどでました、小学校などで使う手書き風テストを作成する際にもこの書体で作成されます。

他にも三陽美術では学校関係の印刷(卒業文集、写真の印刷など)を行っていますので、ユニバーサルデザインとまでは言いませんが、こういった細かい点なども意識して業務を行っております。

単純な印刷、こんなものにも印刷できる?他、こういう物の印刷で気をつけることは?などご注文以外でもお気軽にお問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
大阪の印刷会社 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

学参書体とテストの印刷

印刷の内容面での記事になりますが、学参書体をご存知でしょうか?
最近の記事で書きました、小学校などで使う手書き風テスト用紙の印刷
にも関連しますが、大まかに言うと学生に分かりやすい書体です。

具体的には小学生用教科書やその関連の学習参考書、副読本などに使われる、文部科学省小学校学習指導要領に準拠した字体で。
小学生は学校の授業で漢字を習っている最中なので1年生、2年生の違いで読める漢字、書ける漢字の差が大きく、各学年で使用可能な漢字も定められています。

先ほどでました、小学校などで使う手書き風テストを作成する際にもこの書体で作成されます。

他にも三陽美術では学校関係の印刷(卒業文集、写真の印刷など)を行っていますので、ユニバーサルデザインとまでは言いませんが、こういった細かい点なども意識して業務を行っております。

単純な印刷、こんなものにも印刷できる?他、こういう物の印刷で気をつけることは?などご注文以外でもお気軽にお問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
大阪の印刷会社 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

紙への印刷

印刷の仕事をしている中で、やはり多く扱っているのは紙に印刷することです。

「あたりまえ」のことに思われがちですが、最近ご紹介したシルクスクリーン印刷やデジタルセラミック印刷などガラスや布に印刷する技術もあれば、プラスチックカード印刷など「紙ではないもの」への印刷、一口に紙と言っても封筒や薬袋の印刷からシールやステッカーの印刷も。

仕事としてではなくみなさんも一番多く見かける、多く手元にある印刷されたものと言えばなにかの商品のパッケージであったり、チラシ、フライヤーなど紙に印刷されたものなのではないかと思います。

単純に印刷という言葉から想像するのもインクジェットやレーザーの違いはあるかもしれませんが紙へ印刷プリンターです。

新しい技術、印刷方法が現れ今まで難しいとされていた物への印刷が可能になるのはもちろん素晴らしいことではありますし、取り入れることも大切に思いますが、古くからの方法、今まで使われてきた印刷方法を大事に、丁寧に続けていくことが一番大事なことだと考えます。

ガラスやプラスチック、封筒、薬袋からボール紙、チラシやフライヤーの印刷も三陽美術で承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
大阪の印刷会社 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

デジタルセラミック印刷

去年の8月ごろにデジタルセラミック印刷について「ガラスに印刷」という記事でご紹介させていただきましたが、「デジタルセラミック印刷」と、同じくガラスに印刷することができる技術「シルクスクリーン印刷」の違いやコスト面、でのお話です。
 
一方シルクスクリーン印刷についてはこのブログでも何度かご紹介していますが、、「スクリーン」と呼ばれるナイロンやテトロンといった合成繊維でできた網を引っ張って枠に貼り付けた版にインクを乗せて、えらで上からインクを押し出すことで印刷する方法のことで、この印刷方法が使われている製品など一般的に知られているところでTシャツのプリントで版画のような印刷方法ですので、1箇所を1版というように数えられます。
この1版は基本的に1色とされているためある程度の多色刷りは可能ですが、写真やグラデーションなどの再現には向いていません。

デジタルセラミック印刷ではシルクスクリーン印刷のように何度も色を重ねるという版画のような方法とは異なり、直接ガラスに印刷します。
また、シルクスクリーン印刷は色の数が多い場合に向きませんが、デジタルセラミック印刷では写真など色の数が多くても印刷可能です。
もちろんコスト面ではシルクスクリーン印刷に比べ高くなってきますし、デジタルセラミック印刷の機会が入っている業者も少ないです。

シルクスクリーン印刷はもちろん、デジタルセラミック印刷などその他の印刷も三陽美術でも承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
大阪の印刷会社 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

無線とじとは?

無線とじとは、さまざまな本に使われている製本の方法のひとつです。

製本の際に、糸や針金などを使わない方法で、のりを塗ることで貼り付けたものです。

無線とじの中にも種類があり、本の背を一度切断して接着面を作り貼り付ける「切断無線とじ」と、接着面に切り込みを入れ、そこにのりを浸透させて貼り付ける網代とじがあります。

この製本方法は、比較的良く使われるものです。

というのも、なにより安価で、かつ美しく仕上がるからなんです。

安いという点では中とじの方が安いですが、無線とじならより多ページのものを、ページのずれなどを発生させずに製本することができるんです。

たとえばマンガ雑誌やコミックなどはこの製本方法が使われています。

背の端だけをのりで固定しているため、180度いっぱいに開くことはできません。

また、以前は強度や耐久性に問題がありましたが、現在ではのりが改良されており、以前ほどは本が傷む心配がなくなってきました。

さらに、大きな本への対応もできるようになったので、より需要が多くなりました。

無線とじを使った製本印刷をご検討の方は、ぜひ三陽美術にお問い合わせください。

より美しく、無線とじの製本をさせていただきます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
大阪の印刷会社 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Home > アーカイブ > 2011-02

検索
フィード
メタ情報

Return to page top