Home > アーカイブ > 2009-05

2009-05

三様美術と三陽美術

三様美術と三陽美術

パソコンが普及して、文字を手書きするよりもキーボードで入力・変換を行うことがほとんどの昨今、私たち印刷会社でもデータでの入稿をお受けすることが非常に多くなりました。

パソコンでの入力は便利な反面、使用する人にとって好ましくない影響もあります。
文字を手で書くということが減ってしまうため、単純に文字が下手になってしまうということもありますし、何より文字自体を忘れてしまったり、覚えられなかったりします。
「あの字ってどう書くんだったっけ?」と悩むことが増えた、という方も少なくないのではないでしょうか。
やはり人は「書く」ことによってより記憶しやすくなっているようで、仕事上重要なことは必ずメモをするようにと言われるのも、後から見返せると同時に記憶できるようにということもあるようですね。

印刷会社に影響があることといえば、同じ読みで変換の違う、いわゆる「表記ゆれ」です。
例えば「三陽美術」。
これが「三様印刷」と変換されている場合、これが表記ゆれということになります。

自分の手で書くのとは違い、この表記ゆれを見逃してしまうことが非常に多くなるようです。
そのため、のちほどの「校正」という文字のチェック作業がより重要になるのです。

データを入稿される前に、表記ゆれのチェック作業はしっかり行ってくださいね!

名刺に間違って.comと.jpサイトの間違い

名刺に間違って.comと.jpサイトの間違い

名刺に印刷する必要事項として、名前は当然のこと、所属や肩書き、住所、電話番号などがありますが、最近ではインターネットが普及したこともあり、メールアドレスやホームページのURLもあげられます。

このメールアドレスやURLというのが、実はクセモノ。

名前や住所などはお客様や印刷会社でも問題なくチェックできますが、これらは見慣れない方もまだ多く、間違いを見落とす可能性が高い項目なのです。

特に厄介なのが、ドメインの種類です。

ドメインの種類には非常に多くのものが存在します。

例えば、最も多く目にする機会のある.jpというドメイン。
これは、日本を意味するもので、日本国内の企業や個人などが取得できるものです。
これが企業なら.co.jp、ネットワークサービスなら.ne.jp、大学なら.ac.jpといった形で使い分けがされています。
そのほかに、国籍や業種等に関係なく取得できるドメインも存在します。
.comや.netなどのようなドメインです。
インターネットの利用が増えるにつれ、これらのドメインを使用する企業様も増えてきました。

そこで、印刷前のチェックで特に注意しなければならないのはこのドメインの部分なんです。
企業様だからといって、ドメインが.co.jpとは限らないので、注意が必要です。
万一間違って印刷してしまったら、ホームページが存在しないか、悪くすれば他の企業様のページにアクセスしてしまうということになってしまいます。

みなさんも、入稿前には気をつけてチェックしてくださいね。

名刺印刷も大阪の印刷会社、三陽美術

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三陽美術 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

サーバに印刷データ保存

サーバに印刷データ保存

印刷のデータをご自分で作られて、いざ印刷会社へ納品、という際にメールでデータを添付したり、CD-Rなどのメディアに保存して手渡ししたりという方法を取る方がほとんどかと思います。

が、メールで送るにはセキュリティ上不安を感じたり、またメディアに保存して渡すという手順が面倒だと感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな時には「サーバに印刷データを保存」する方法も便利です。

ご自分でサーバを作ってそこに印刷データを保存するわけですが、このサーバに印刷会社からもアクセスができるようにすれば、わざわざメディアで渡す手間も省けますし、セキュリティ上も安心、というわけです。

また、ちょっとした修正を加えた場合でも、メディアなどの場合再度データを渡す必要がありますが、サーバに保存している場合は印刷会社に連絡すればすみますし、とても簡単!

お客様にとっても私たち印刷会社にとっても、楽に作業が進められるお勧めの方法なんです。
サーバを用意するのはそれほど難しくはなく、レンタルサーバなどで気軽に利用することができるのでぜひ利用してみてくださいね。

三陽美術では、サーバに印刷データ保存して印刷ご依頼される場合も対応いたします!

プラスチックカード名刺とは

プラスチックカード名刺とは

皆さんの名刺のイメージは、基本的に大きさは通常名刺55×91サイズ、紙ベースのものではないでしょうか。
以前名刺の大きさは55×91サイズ以外でも作ることができるとお話ししましたが、名刺の土台である「紙」を「プラスチック」にすることも可能なんですよ。

プラスチックカード名刺の利点としては、何より丈夫で折れたりまがったりしにくいということ、それから水濡れに強いということです。
水分で名刺を汚してしまった、ということは少なくありませんので、防水はお勧めポイントのひとつでもあります。商談の際に、うっかり名刺の上に飲み物をこぼしてしまった…というときでも、さっとひとふきすれば綺麗になるので汚してしまうこともありません!

また、覚えてもらいやすい、目を引きやすいということもあります。
まだそれほど使われている方は多くありませんから、個性的で注目されることは間違いありません。

プラスチック部分をスケルトンや白、またカラーでの作成もできるので、ぜひ印刷会社さんと相談しながら自分だけのオリジナル名刺を作ってみてはいかがでしょうか。

三陽美術でも、プラスチックカード印刷のご依頼をお待ちしております。
お気軽にご相談下さい。

プラスチックカード名刺もおまかせ、大阪の印刷会社、三陽美術

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三陽美術 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Mac9とMac10と印刷業界

Mac9とMac10と印刷業界

印刷業界といえばMacを使用されている方が多いのが現状ですが、OSのバージョンは何をお使いでしょうか。

現時点で一番新しいバージョンは10です。
ですが、ひとつ前のバージョン9をお使いの方も非常に多くいらっしゃいます。

その秘密は?
なによりMac9(バージョン9)は、Mac10(バージョン10)に比べて一部の動作が軽いということ。
またMac10との互換性も兼ね備えており、一部のユーザーから高い評価を受けているわけです。

さらにMac10ではこれまでのバージョンにないシステムを搭載しており、その使い勝手にいまひとつ魅力を感じられないユーザーが少なくないということも理由になっているのではないでしょうか。

新しいシステムなどをスムーズに利用するために時間を割くなら、慣れたもので快適に作業を進めたいというのが本音、というところかもしれませんね。

ちなみにWindowsとMac、昔はグラフィックはMacが強いといわれていましたが、現在はどちらもほとんど違いはありません。
しかし、印刷業界ではいまだMacが強い人気を誇っているのです。
昔から使い慣れたもの、というだけではない魅力がMacにはあるのかもしれません。

名刺のサイズ 55×91 以外のサイズの名刺のインパクト

名刺のサイズ 55×91 以外のサイズの名刺のインパクト

ビジネスシーンでは見慣れたツールである「名刺」。
印刷方法やデザインにこだわって、個性を出し記憶に残るものを…と考える方は多いですが、実は名刺のサイズも変えることができるって知っていましたか?

通常の名刺のサイズは55×91mmです。
名刺のサイズはこれだけと思われている方がほとんどかと思いますが、これ以外のサイズのものも作成することができるんです!

大きさが通常と名刺と違うと、規定の名刺ホルダーなどに入らず他の場所に保管されてしまうのではとご心配の方もおられるでしょう。
ですが、そこが覚えてもらえるひとつのポイントではないでしょうか。
名刺ホルダーに他の名刺と一緒に普通にファイリングされてしまったら、そのまま紛れ込んでしまい忘れられてしまうかもしれません。
「大きさが違うから他のものと一緒に入れられない」、そこからまず覚えてもらうことができます。

大きさが違うだけでも、相手に与えるインパクトの大きさはかなりのものなんですよ。

決まりきった定型から外れること、意外にビジネスシーンにも使えます。
まずは覚えてもらうことから、そうお考えなら、定型サイズ以外の名刺もオススメです。

55×91 以外のサイズの名刺印刷も、三陽美術へご依頼下さい!

名刺印刷なら大阪の印刷会社、三陽美術

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三陽美術 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

バーコード印刷・JANコード・CODE-39について

バーコード印刷について

商品などに印刷されているバーコード、皆さんもよく目にされているかと思います。

一般的に日本で流通している商品に使われるバーコードは「JANコード」というものです。
一方、産業用として開発されたバーコードは「CODE-39」というものになります。
これ以外にもいろいろな種類のバーコードが使われており、一言でバーコードと言っても、種類はいくつもあるのです。

そんなバーコードの色といえば白黒で印刷されていることがほとんどですが、実は黒でなくてもいいんです。
バーコードリーダーで読み取れる色(赤色光線を反射する色)なら大丈夫なので、極端な話ではありますが黒の部分は紫や緑など、白の部分は赤や黄色などで代用することも可能です。

ですから、カラフルでインパクトのあるバーコードを印刷することもできるんです!
この性質を使って、個性的で遊び心のあるバーコードを印刷してみるのも楽しいかもしれませんね。

バーコードを印刷される際には、まずメーカーコードを取得します。
これにアイテムコードと言われる3桁のコードを付けてバーコードは完成です。
この番号を元に、印刷会社で実際に印刷をします。

バーコード印刷は三陽美術におまかせください!
バーコード印刷・JANコード・CODE-39もおまかせ、大阪の印刷会社、三陽美術

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三陽美術 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1文字1文字見写り印刷チェック

1文字1文字見写りチェック

印刷の工程として文字の見写りチェック作業というのがあります。
文字の間違いはもちろん、文字サイズやフォント、インクの色なども入念にチェックします。
特色や箔押しなどの特殊加工をされている印刷物は、特に注意が必要です。

最近では印刷物もバラエティに富み、さまざまなフォントやデザイン、カラーが使われるようになりました。
それらをいかに正確で綺麗に印刷物として再現できるかが印刷会社の腕の見せ所でもあります!
逆に言えば、間違いがあれば印刷会社としては致命的、というわけなんですが…。

だからこそ、私たち印刷会社としてもこのチェックは命ともいえるわけです。
お客様との打ち合わせも入念に行い、チェック作業を綿密に行うことで、印刷物が仕上がった後で間違いが発覚、ということにならないよう防いでいるのです。

お客様が一生懸命お考えになった印刷物を、忠実に再現することこそ印刷会社の務めだと当社では考えています。
印刷物は、見る人に正確に必要事項を伝えるのはもちろん、インパクトを与えたり、目を引くこともひとつのポイントです。
そのため文章やデザインに凝る方も多くおられます。
それをできるかぎり表現できるよう、私たちは持てる印刷技術を駆使してお応えさせていただきます!
1文字1文字見写り印刷チェックします、大阪の印刷会社、三陽美術

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三陽美術 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

浮出し名刺とは

浮出し名刺とは

皆さんは「エンボス」という加工はご存知でしょうか?
エンボス加工とは、デザインの形をかたどった金属版(凸版と凹版)を作成し、それを使ってプレスすることで、用紙の表面を浮き出させる加工のことです。
この加工を、名刺にも利用することで「浮出し名刺」を作成することができます。

名刺は、何より「目立つ」ことも必要です。
昔は形や書式などが決まっていましたが、最近の名刺はとても自由になってきました。
デザインや書式に凝る方も増えてきましたし、覚えてもらうには目を引く名刺であることはやはり重要ですね。

このエンボス加工を、例えば会社のロゴなどに利用してみてはいかがでしょう。
コーポレートカラーを使い、ロゴを浮き出させれば、会社のアピールになるだけでなく一味違った印象を残せること請け合いです!

ロゴだけでなく、自分の写真の部分を浮き出させてみるというのも面白いですね。
会社よりも個人を目立たせたいときにはオススメです。

浮出し名刺は、どの部分を浮き出させるかによってアピールしたいポイントを変えることができ、また個性的な名刺を作ることができます。
名刺にはまだそれほど使われている加工ではないので、個性を出すにはぴったりの加工です。
ぜひ一度お試しいただき、活用してみてください!

浮出し名刺の印刷もおまかせ、大阪の印刷会社、三陽美術

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三陽美術 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

箔押し名刺のススメ

印象深い名刺を作りたいけれど、安っぽいのはちょっと…という場合には、「箔押し名刺」をオススメします。

箔押しとは、金属をごく薄く打ち延ばした「箔」を、熱を加えながらプレスすることで印刷物に圧着させる加工のことです。
金箔や銀箔などは食品などに使われることも多いので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

箔の色は金箔や銀箔はもちろん、数種類用意している印刷会社が多いので、その中から好きな色を選んで箔押しをすることができます。
箔押しをすることで、通常のインクのみで印刷した名刺よりも、とても高級感のある美しい名刺に仕上がるというわけです。

先日お客様からいただいた名刺にも、この箔押し加工がされていました。
そのお客さまの名刺は、コーポレートロゴを箔押しされていたのですが、とても綺麗で目を引く仕上がりになっていました。
ブルーの箔押しでしたが、清涼感もプラスされておりとても印象の良いものでした。

実際に箔押し名刺をいただいたことがあるからこそ言えることですが、やはり印象はかなり違いますよ!
「しっかりした会社なんだな」という印象を受けますから、会社の印象をアップさせるにはもってこいの加工でしょう。

箔押し名刺をお考えなら、ぜひ三陽美術にご相談ください。

箔押し名刺もおまかせ、大阪の印刷会社、三陽美術

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三陽美術 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

納品データとバックアップ保存

納品データとバックアップ保存

印刷会社に印刷物をご依頼いただく際には、デザインなど一からおまかせいただくこともありますが、お客様によってはご自分ですべて作成され、印刷のみご依頼いただくこともございます。

その場合はデータで入稿していただくわけですが、この納品データは当社では大切にお預かりさせていただいています。
そのため、例えば「5年くらい前に依頼したあの印刷物をもう一度印刷してほしい」といった場合にも、対応できるんです。

お客様の方で保存されている場合は良いのですが、年数がたつと既に削除されてしまっている方も少なくありません。
昔に作った印刷物がまた必要になったけれどデータが残っていない、という時にはまず印刷会社にご相談ください!
古いものでも、お客様からお預かりしたデータは保管していることも多いので、対応可能な印刷会社さんも多いはずです。

ですが、必ずしもデータを保管しているという保証はありませんので、データを入稿する際には必ずバックアップ保存をしておいてくださいね。
どんなデータもバックアップしておくことはとても大切です。

古いデータを無くしてしまったためにまた一から作り直さなければいけない…ということになると、時間も手間もかかり、その分の損失も発生してしまいます。
そんな事態を避けるためにも、バックアップ保存は常に「クセ」にしてしまうことをオススメいたします!

大阪の印刷会社、三陽美術

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三陽美術 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

高見の里の印刷会社

高見の里の印刷会社

前回は松原市と松原市の印刷会社についてお話しました。
今回は、「高見の里の印刷会社」についてお話したいと思います。

三陽美術は松原市の、もっと絞り込めば「高見の里」というところに位置します。
お店が多く公共施設なども近いので住まわれる方が多く、大阪市内のベッドタウンとしても人気がある地域で、基本的に住宅街というイメージが強い町です。

では、高見の里に印刷会社はどのくらいあるのでしょう?

「高見の里 印刷会社」で検索してみると約119件がヒットします。
すべてが印刷会社のホームページではなかったり重複していたりして、実際はこの検索結果ほど多くはありません。
やはり不便だと考える方が多いのでしょうか。

実際は、近畿自動車道の松原インターチェンジから車で約10~15分くらいですし、また近鉄電車の高見の里駅からも5分くらいの非常に便利なところにあります。
大阪市内からもアクセスは非常によいので、決して不便ではありません。
松原市役所も近く、とても便利な場所なのです。

打ち合わせなどにお越しいただくのにも便利ですので、ぜひ一度お越しください!
ご興味があれば、高見の里をご案内させていただきますよ。

印刷物に関しては、交通も便利でお気軽にお越しいただける三陽美術へぜひお申し付けください。

高見の里の印刷会社かつ、大阪の印刷会社、三陽美術

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三陽美術 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

松原市の印刷会社

松原市の印刷会社

三陽美術は大阪の松原市に社屋を構える印刷会社です。
この「松原市」、人口124,958人、面積は16.66平方キロメートル。
お隣であり関西の都心の大阪市が人口2,653,407人、面積222.30平方キロメートルですから、少し田舎、ということになります。

1平方キロメートル当たりの人口は、大阪市が約12,000人に対して松原市は約7,500人と、ずいぶんゆったりとしたところであることはご想像いただけるのではないでしょうか。

そんな松原市の中に、印刷会社はどのくらいあるんでしょう?
インターネット検索で「松原市 印刷会社」と入れてみると、32,800件がヒットします。
これが「大阪市 印刷会社」だと約320,000件。
圧倒的な差がありますね。

とはいえ、松原市の印刷会社もそれほど不便を感じるわけでなないのです。
大阪市内から阪神高速道路や近畿自動車道を利用すればとても近いですし、近鉄電車も通っているので交通の便は決して悪くはありません。
当社の取引先企業様からも「交通の便もそこそこ良いし、静かで良いところだ」と言っていただいています。
落ち着いて仕事をするにはとても良い環境かもしれませんね。

当社では、松原市近辺の方はもちろん、それ以外の方からのご依頼もお待ちしております。

松原市の印刷会社かつ、大阪の印刷会社、三陽美術

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三陽美術 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

安い印刷会社

安い印刷会社

企業さんは日ごろから取り引きのある印刷会社さんがあると思います。
ずっと取り引きをしているからその印刷会社さんで…とお思いだろうと思います。

ですが経済状況の悪化、不景気だといわれる昨今、経費削減をお考えの企業さんは少なくありません。
その「経費削減」の中に、普段利用されている印刷物も入っているのではないでしょうか?

印刷物自体を減らされる企業さんもあるでしょうし、印刷物の費用を安く上げようと苦慮される企業さんもあるかと思います。

いつもお願いしている印刷会社さんに掛け合って安くしてもらうか、それともより安い印刷会社さんを探すか…。

印刷の依頼先を変えたところで、「安かろう悪かろう」では企業さんも困りますし、ここは非常に悩みどころだと思います。
安くて良い印刷会社さんを探すには、やはりクチコミ、周りの評判が一番なのではないでしょうか。
どんな業界でもそうですが、実際の利用者・消費者の方の評価は一番正確で厳しいのです。

当社でも、ご依頼者様のご負担を少しでも軽くできるよう、費用についてもご相談を承っております。
こんな世の中ですから、企業さんの経費削減に少しでもお力添えしたいと考えていますので、どうぞお気軽にご相談くださいね。
勉強させていただきます!

大阪の印刷会社、三陽美術

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三陽美術 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

名刺でフォトショップデータ入稿する際には

名刺でフォトショップ データ入稿する際には

以前にも少しお話しましたが、最近では名刺に自分の顔写真を入れる方も多くなってきました。
会社や名前、住所、電話番号などといった基本情報はもちろん、顔写真があると、あとで「どんな人だったかな」と思い出してもらいやすいという利点があります。

写真の画像データはフォトショップで処理されることが多いかと思います。
そこで、フォトショップ データ入稿の際にご注意いただきたいことをお話ししたいと思います。

03

まずは、カラーモードの設定。
カラーの画像データの場合、フォトショップデータでは、「RGB」というカラーモードになっています。
印刷会社さんへ入稿する前には、これを必ず「CMYK」モードに変換してください。
モノクロ画像データの場合は、グレースケールもしくはモノクロ2階調に変換が必要です。

それから、解像度。
解像度とは、簡単に言うと画像の「密度」のことです。
画像データは、もともと小さな四角い点で表現されています。
この点の大きさを決めるものが「解像度」です。
データ入稿の際には、解像度は300dpi前後が最適な設定になります。

この2点は、必ず抑えていただきたいポイントですので、フォトショップ データ入稿する際には気をつけておいてください。

名刺印刷もおまかせ、大阪の印刷会社、三陽美術

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三陽美術 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

即日名刺ってできますか?

即日名刺ってできますか?

名刺はビジネスシーンで自分を紹介する大切なもの。
初めて会う取引先の人や顧客などと顔合わせの際に、必ず交換しますよね。

そういった機会の多い営業職の方などは、特に名刺の残り枚数には気をつけたいものです。

ですが、仕事が忙しく名刺を気にする余裕がなくて、気がつけば名刺が無くなっていた!ということはあると思います。
「どうしよう、明日朝から取引先との打ち合わせがあるのに!」と、どこかに1枚でも残ってはいないものかと探してみて…あったらラッキーですが、見つからなければ、

「すみません、今名刺を切らしておりまして…」

と謝るしかありません。

名刺の管理もできないのかと思われてしまうのは、ビジネスマンとしてはマイナスポイントです。
また、自分のことを覚えてもらうためのチャンスでもあるので、あとから思い出してもらえるよう渡しておくのがベスト。
そこから他の仕事が舞い込んでくる…ということもありますから、ビジネスチャンスを生むためのツールでもあるわけです。

どうしても即日名刺が必要という場合、ひとまずは印刷会社に相談してみてください。
即日名刺印刷に対応している印刷会社も今では多くなっています。

当社でも、ご相談いただければできる限り対応させていただいておりますので、あきらめる前にまずはお問い合わせください。

即日名刺もおまかせ、大阪の印刷会社、三陽美術

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三陽美術 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

二つ折り名刺の印刷も

二つ折り名刺の印刷も

二つ折り名刺は、通常の名刺と比べて印刷できる面が多いため、当然アピールできる内容も増やすことができます。

多くのお店や営業所をもつ会社さんなどでは、情報量が多い分ひとつひとつ記載することができるので、どこにお店や営業所があるのか一目で分かったり、お店ならどんな店舗なのかを詳しく記入したりと、通常の名刺より宣伝効果が高いのが魅力です。
また、お店なら個人の名刺ではなくショップカードとして利用することもできますし、両面印刷をすることでスタンプカードやメンバーズカードとして利用することも可能です。

さらに、二つ折りにすれば通常の名刺と同じ大きさになりますので、かさばらないのも利点のひとつです。

印刷に関しても、カラーやデザインなど通常の名刺同様、特色やロゴなどを入れることも可能ですので、印象に残る名刺・カードを作ることができるはずです。
会社さんなどではまだあまり利用されていませんが、私たち印刷会社としてはお勧めの、ぜひ活用していただきたいツールです。

ですがこの二つ折り名刺、レーザー出力の名刺印刷会社では取り扱いが少ないため、作ることができる印刷会社はそれほど多くないんです。

当社では取り扱い可能となっておりますので、二つ折り名刺の印刷も、ぜひ三陽美術にご用命くださいね!

二つ折り名刺の印刷もおまかせ、大阪の印刷会社、三陽美術

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三陽美術 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

印刷物のコピーガード

印刷物のコピーガード

個人情報保護法が制定され、各個人の情報漏えいに対して世間全体が非常に厳しく、敏感になっている状況です。
背景には個人情報を悪用する犯罪が増加をたどる一方であるという現状があり、とても残念なことですね。

そんな今、ビジネス上で取り扱われる個人情報についても様々な取り組みが各企業さんで行われています。

そのうちの一つが「印刷物のコピーガード」です。
これは、個人情報を直接書き込んだり印刷したりする用紙に「コピーガード用紙」というものを使い、不正な複製や偽造を防止するというものです。

個人情報といえばまず真っ先に思いつくものが「住民票」や「印鑑証明書」といった官公庁で発行される書類ではないでしょうか。
これらの書類には、数年前からコピーガード用紙が使用されるようになりましたので、「COPY」「複写」などの牽制文字がうっすらと浮かびあがっているのを、ほとんどの方が目にしたことのあるかと思います。

これらのコピーガード用紙で印刷された書類は、コピー機やスキャナなどで複製した場合、用紙にもともと印刷されている牽制文字が浮き出て複製されるため個人情報が読み取れなくなるのです。

コピーガード用紙は、個人情報を悪用されないよう保護するためにビジネスシーンでさらに活用されていくことでしょう。

個人情報を保護するコピーガード用紙も、三陽美術へご依頼ください。

コピーガード用紙もおまかせ、大阪の印刷会社、三陽美術

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三陽美術 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Home > アーカイブ > 2009-05

検索
フィード
メタ情報

Return to page top