Home > アーカイブ > 2009-04

2009-04

急ぎ名刺!

急ぎ名刺!

新年度も1か月が過ぎましたが、入社・異動などで新しい名刺を作られた方も多いことと思います。
そろそろ作った名刺がなくなってくる方もおられるのではないでしょうか?

営業の方など、取引先などとの打ち合わせが多い方は名刺を配る頻度も高いもの。
気がつけば名刺が無くなっていた…ということもあるかもしれません。

ビジネスシーンにおいて、名刺は自分の所在を明らかにし、「何者であるか」を相手に示す大切なものです。
名刺の交換はビジネスマナーの基本中の基本。
名刺交換の仕方など、特に新入社員のうちは戸惑うことが多いですが、それ以前に名刺がないのは問題外、ということにもなります。

取引先にうかがう、もしくは来社される予定があるのに名刺がない!
そんな時には、すぐに印刷会社へご相談ください。
スピード名刺印刷に対応している印刷会社は今やずいぶんと多くなっていますので、即日・翌日仕上げなどその印刷会社によって対応が可能となっています。

ですが、本来ならあわてずに用意できるのがやはり理想的です。
残りの名刺の数は、できるだけ把握しておいてくださいね。

当社でも、スピード名刺印刷に対応させていただいておりますので、ぜひご用命ください。

スピード名刺もおまかせ、大阪の印刷会社、三陽美術

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三陽美術 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

圧着はがきの下請けもお任せ!

圧着はがきの下請けもお任せ!

最近では、重要な内容などが書かれたはがきを郵送する際に、その情報を他人に見られることがないよう、二つ折りやZ折りなどにはがきを圧着して情報を隠して送ることができる「圧着はがき」がよく見られるようになりました。
例えば、請求書や個人情報登録の確認といったものに使用されてることが多いようです。
封書で送るよりも送料も安く済みますし、大量に送る必要がある企業様には特に利用価値が高いものです。

個人情報が悪用されることが多くなった今では、欠かせないツールのひとつになっています。

この圧着はがき、その性質から大量に印刷するものですし、圧着という特殊な工程も必要になりますから、作られる際には印刷会社さんなどに依頼されるかと思います。
でも圧着はがきの下請けもお任せしたい…という会社さんのために、当社で下請けをさせていただいております!

圧着はがきの場合、通常のはがきや印刷物とは違って「圧着する」という工程が必要になる分、時間と手間もかかります。
ですが当社にお任せいただければ、そんなご負担も軽減させることができます。
また、ご依頼いただいた圧着はがきは、当社の印刷技術によってきれいで確実に仕上げます。

圧着はがきの下請けも、ぜひ三洋美術にお任せください。

圧着はがきの下請けもおまかせ、大阪の印刷会社、三陽美術

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三陽美術 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

学校案内パンフレットの印刷は

学校案内パンフレットの印刷は

4月ももうまもなく終わりますが、新年度に入って少し経ち、会社さんなどはようやく少し落ち着いてきたところではないでしょうか?
当社でも年度末までのたくさんのご依頼がおわって、一段落つきました。

ですが、この時期にさっそくご依頼をいただくのは、学校案内パンフレットなんです。

受験シーズンになれば、その学校の大切なPRツールとして使われるものですから、いかに内容を充実させ、またきれいに仕上げるかが勝負どころです。

こういった学校や企業の案内パンフレットというものは、私たち印刷会社も特に気を使う印刷物のひとつです。
何しろ、内容に誤りがあっては絶対にいけませんから、お客様との打ち合わせや印刷物のチェックも特に入念に行います。

イメージ写真などを利用することもあります。
その場合も、その学校のイメージをより正確に、そしてより印象的にみせることのできる写真を慎重に選定していくのです。

受験する学校を決める時にイメージだけで決める人はいないでしょうが、やはりパンフレットの印象が良いと「きちんとしている学校なんだ」というアピールにつながるからです。

その学校の個性が反映されたパンフレットができれば、印刷会社の仕事としてもベストと言えるのです。

学校案内パンフレットの印刷も、当社までお気軽にご依頼ください。

学校案内パンフレットの印刷もおまかせ、大阪の印刷会社、三陽美術

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三陽美術 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大量印刷できる下請け会社を探している企業様

大量印刷できる下請け会社を探している企業様

ビジネスシーンでは、たくさんの印刷物が利用されています。
封筒やラベル・ステッカー類、請求書や納品書などの書類など、さまざまなものがありますが、企業様で使われる場合はどれも大量印刷が必要なものがほとんどです。

そんな印刷物を作る際に、ほとんどの企業様はまず印刷会社さんやデザイン事務所さんなどにご依頼されるでしょう。
ですが受注された印刷会社さんやデザイン事務所さんで、他にも仕事がたくさんあって下請けをしてほしい、けれど大量印刷を引き受けてくれる下請け会社がなかなか見つからない、ということも耳にします。

三洋美術では、大量印刷の下請けも行っておりますおりますので、下請け会社をお探しの企業様のお力になれるかと思います。
単純に印刷業務だけではなく、製本・加工やデータ加工、デザイン業務なども行っておりますので、かなり作業の軽減を図っていただけるのでないでしょうか。
もちろん、印刷業務のみでもお受けしております。
また作業だけにとどまらず、営業展開などの部分に関しても、お客様とご相談しながら進めてまいります。

大量印刷できる下請け会社をお探しの企業様の良きビジネスパートナーとなれればと当社では考えております。
どうぞお気軽にご相談ください。

印刷下請けもおまかせ、大阪の印刷会社、三陽美術

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三陽美術 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

特色印刷で封筒を作りませんか

特色印刷で封筒を作りませんか

以前にお話ししました「特色印刷」と「封筒印刷」。
このふたつを組み合わせてオリジナルの封筒を作ってみませんか?

特色は金・銀や基本色以外の独特のカラーのことで、これらの色を使って印刷を行うことができます。
会社独自のコーポレートカラーなどはこれに当たります。

封筒印刷では自社の情報を封筒に印刷するわけですが、住所や電話番号はもちろん、ロゴマークやキャッチコピーなどを入れることも可能です。

わかればいいから、と黒一色刷りで本当に必要な情報だけの印刷をご依頼される会社さんも少なくありませんが、ぱっと目を引き、覚えてもらえるようなその会社さんの個性のある封筒にするのもお勧めです。

簡単なところでは、黒一色刷りのところをコーポレートカラーの一色刷りにしてみてはいかがでしょう?
これだけでも、印象はずいぶんと違います。
もっと凝るなら、会社名だけ、キャッチコピーだけなど一部分を特色で印刷してみるといったことも可能です。

独自のカラーやデザインにこだわった封筒なら、たくさんの封筒の中にあってもより印象を残せるはずです。
封筒そのものはもちろん、会社自体にも興味をもってもらえるかもしれません。

いろいろ組み合わせて、ぜひオリジナリティあふれる封筒を作ってみてください!

特色印刷もおまかせ、大阪の印刷会社、三陽美術

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三陽美術 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

名刺デザインに凝った印刷

名刺デザインに凝った印刷

名刺はビジネスシーンにおいて、個人を表す大切なツールです。
ご挨拶に名刺交換をした後でも、相手に覚えておいてもらえるよう手助けをしてくれるものでもあります。

そんな名刺ですから、デザインに凝りたいと思われることも決して少なくないと思います。

昔は名刺もレイアウトがだいたい決まっていて黒一色刷りのものがほとんどでしたが、最近では名刺の自由度もずいぶんと高くなり、あらゆるデザインのものが使われています。
顔を思い出せるようにと写真入りの名刺もよく出回っていますね。

ですが、オリジナリティを持たせたいからといっても、肝心の会社名や名前がわかりにくくなってしまうようでは、名刺本来の機能が失われてしまいます。
デザインを考える際には、そのあたりも注意しなければいけません。

印刷会社では、当社のようにデザインからお任せいただけるところもあります。
当社の場合、漠然としたイメージでも、綿密に打ち合わせをさせていただき、できるだけご希望に沿ったデザインの名刺をお作りしております。
また、それだけ凝ったデザインの名刺印刷でもよりきれいで正確に仕上げさせていただいていますので、ご安心してお任せください。

オリジナルのデザインで凝った名刺印刷をぜひ当社で実現してください。

名刺デザインに凝った印刷もおまかせ、大阪の印刷会社、三陽美術

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三陽美術 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪市のとある企業様のスピード名刺

大阪市のとある企業様のスピード名刺

以前、大阪市のとある企業様から当社にご連絡があり、「どうしても明日、新しい名刺が必要なのですぐに作ってほしい」とご依頼いただいたことがあります。

それもちょうど今頃の時期で、4月に新入社員のための新しい名刺を作成したものの配りきってしまい、名刺がほとんどなくなっている状態に気付かずにいた…とのこと。
翌日午後には取引先訪問を控えているため、午前中に取りに行くのでそれまでに仕上げてほしいということでした。

その企業様は普段は当社とのお取り引きがなく、別の印刷会社さんにご依頼されていたようなのですが、そちらにお願いすると翌日の午後には間に合わないと言われたようなのです。

そこで急ぎ、当社でお受けすることになりました。

すぐに名刺のデータをメールで送っていただき、当日のうちに印刷作業を行い…その日のうちに印刷は仕上がりました。
そして、翌日の午前中、無事に仕上がった名刺をお渡しすることができたのです。

「丁寧でスピーディに対応してくれて助かった」と言っていただき、それからは当社とお付き合いをさせていただいています。

名刺はなくなっていることをうっかり忘れてしまっていた、ということもあると思います。
当社ではそんなときもできる限りの対応をさせていただいておりますので、どうぞお気軽にご相談くださいね。
スピード名刺もおまかせ、大阪の印刷会社、三陽美術

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三陽美術 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ハガキの小ロット印刷

ハガキの小ロット印刷

ハガキはいろいろなご挨拶に利用されています。
年賀状、寒中・暑中見舞い、引っ越し挨拶や異動の連絡など、メールや携帯電話が発達した現代でも、まだまだ利用価値の高いツールです。

ハガキの印刷は、会社さんが大量に同じ文面を印刷したいといった場合には私ども印刷会社へご依頼いただくことが多いのですが、ごく少数であったり個人の方からのご依頼というのはあまりありません。

「あまりに枚数が少なすぎて依頼できない」と思っておられる方も少なくないようなのですが、実は多くの印刷会社ではハガキの小ロット印刷も行っています。
最少枚数で1枚からというところもあります。
ですので、少なくても、個人のお客様でもお気軽にご依頼いただけるんです!

パソコンで印刷するのもいいけれど、どうせ作るならきれいに作りたい、自分の作ったデザインを正確に再現したいといった時には、ぜひ印刷会社に印刷をご依頼いただくことをお勧めします。

市販のプリンタでは再現できない色や細かな部分も正確に印刷することができるので、きっとご満足いただけると思います。
また、自分で印刷される場合よりも時間や手間を省けるという利点もあります。
受け取られた方も、思いがけずきれいなハガキをもらったら、送られた方への印象が変わるのではないでしょうか?

ハガキの小ロット印刷もおまかせ、大阪の印刷会社、三陽美術

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三陽美術 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

封筒宛名印刷のご依頼の前に

封筒宛名印刷のご依頼の前に

この前に、封筒のデザイン印刷についてお話ししましたが、封筒の宛名については皆さんどうされていますか?

「温かみが感じられる手書きで!」とこだわる方もおられるかもしれません。


が、ビジネスシーンでは大量の郵送物を発送することも多いので、パソコンで封筒宛名印刷の処理をされているのがほとんどではないでしょうか。

ですがパソコンで印刷をすると、プリンタが占領されてしまって使えない、時間がかかってしょうがない…という問題も発生します。

そこで、封筒の宛名印刷も印刷会社にご依頼されてはいかがでしょうか?

当然のことながら印刷会社は印刷のプロですから、大量の宛名印刷も、手間をかけることなく、きれいに仕上げることができます。

ただ、印刷会社にご依頼いただく前に、エクセルなどのデータに宛先の情報をまとめていただく必要があります。
これをもとに私たち印刷会社は封筒宛名印刷を行っていくわけですね。

ですので、この元データの情報に誤りがあるとそれがそのまま反映されてしまいます。
印刷会社にお渡しいただく前に、チェックは入念にお願いしますね!

封筒宛名印刷も手間無く美しく仕上げるなら、ぜひ当社にご用命ください。

印刷なら何でもおまかせ、大阪の印刷会社、三陽美術

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三陽美術 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

よくある窓加工付の封筒

よくある窓加工付の封筒

個人宛に送られてくるダイレクトメールや取引先からの郵送物、各種請求書などによく使われている窓加工付の封筒は誰でも一度は目にしたことがあると思います。
ビジネスシーンでは非常に多く利用されている封筒です。

窓加工付の封筒だと、宛名をひとつひとつ封筒に印刷する必要がなく、中の書類に印刷した住所や名前をそのまま宛名として利用することができるので、とても便利なツールです。

パソコンなどで宛名印刷をされている場合でも、その時間や手間を省くことができますので、印刷会社としてもお勧めの封筒なんですよ。

窓加工付の封筒は、既製品の長3窓付き封筒・長4窓付き封筒・洋形長3窓付き封筒などはもちろん、窓の位置や封筒のサイズを送る書類のサイズや宛先印刷の位置にあわせてお作りすることができます。
さらに、窓の大きさを変えることも可能ですから、実は活用範囲がとても広い封筒なんです。

また、受け取った側にとっても個人情報を管理するための手間が省けます。
封筒にも中の書類にも個人情報が書かれていたら、どちらも慎重に取り扱う必要がありますから、それだけ管理する範囲が狭くなるということですね。

よく送る機会のあるサイズの窓加工付封筒は、ぜひ作っておかれることをお勧めします!
印刷なら何でもおまかせ、大阪の印刷会社、三陽美術

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三陽美術 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

市販の封筒印刷よりも印刷会社の印刷は・・

市販の封筒印刷よりも印刷会社の印刷は

ビジネスシーンでは、ほとんどの会社さんが、会社名をプリントした封筒を利用されていると思います。
取引先などに送る場合もそうですが、ダイレクトメールなどを送る場合などは特に、封筒に何かしらの魅力を感じてもらえるものであれば印象も違ってきます。


送られてきた郵便物、封筒を見て中を見てみるかどうかを決める人も少なくないのではないでしょうか?
だからこそ、封筒のデザインにもぜひ力を入れていただきたいのです。

市販の封筒印刷では、既存のデザインを組み合わせるなどしてセミオーダーのような形である程度お好みの封筒を作ることができますが、印刷会社で印刷をする場合は、より独自のデザインでの製作が可能です。
会社さん独自のロゴマークはもちろん、カラーやデザインもその会社さん独特のものをそのまま再現することができるからです。

また、どんな会社なのか、何をしている会社なのかを文字にして入れるのもひとつの手段です。
例えば「名刺・封筒などの印刷はおまかせください」といった文言を、小さく入れるのです。
それだけで、「ここは印刷会社なんだな」ということが分かるわけですね。
封筒は、受け取る側に送付先がどんなところなのかをひと目で分かってもらえるよう、アピールするひとつのツールになのです。

独特の封筒で、印象を変えてみませんか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
名刺・封筒の印刷は、大阪の印刷会社、三陽美術へ
────────────────────────────
三陽美術 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

往復はがき印刷の際には

Eメールや携帯電話が普及したとは言え、まだまだ利用価値が高い往復はがき。
受け取った側に金銭的な負担がない、送った側は返信はがきが返ってくるため集計などがしやすいといったメリットがあります。
特に結婚などのパーティーにはよく利用されるようです。

すぐに返事が来ないというところではアナログな感じではありますが、返ってくるまでに「あの人は出席してくれるんだろうか」という独特の期待感や不安感などもあって、メールなどとは違った楽しみもありますよね。

往復はがきをパーティーの招待状として送る場合は、より綺麗に印刷されたものが喜ばれます。
最近ではデザインに凝られる方も多いので、カラーなど忠実に再現することが私たち印刷会社には求められます。

また、当然のことですが印刷する内容もとても重要です。
開催日時や場所はもちろん、返信はがきの投函期限も忘れてはならない項目ですね。
これらの項目をきちんと確認し、正確に印刷することも印刷会社には必要な「技術」です。

印刷が完了してから「日付が間違ってる!」なんてことになっては大変ですから、当社ではお客様との打ち合わせは特に綿密に行います。

往復はがきの印刷の際は、ぜひ当社におまかせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
名刺・封筒の印刷は、大阪の印刷会社、三陽美術へ
────────────────────────────
三陽美術 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

名刺の特色印刷について

名刺の特色印刷について

印刷のカラーには「特色」というものがあります。
特色とは、わかりやすいところでは金・銀、また基本色にはない独特のカラーなどのことです。
多くの会社さんでは、独自の「コーポレートカラー」を使ったロゴなどをお使いかと思います。
会社の顔のひとつとも言える名刺には、コーポレートカラーを使用されることがほとんどではないでしょうか。
そういった場合に、この「特色」が必要になってくるわけです。

独自のカラーであるがゆえに正確に再現するのはとても難しく、だからこそ、どのくらい近いカラーで印刷できるかで印刷会社の力が試されるところでもあります。

実際に名刺の印刷を印刷会社に依頼してみたけれど、イメージしている色とは微妙に違った…ということも少なくないのではないでしょうか。

そういった「イメージ違い」が起こらないよう、カラーのイメージなどをきちんとお伺いしたり、実際の印刷物をつき合わせて打ち合わせるなど綿密なコミュニケーションもとても重要なのです。印刷機の性能や職人の技術などはもちろんですが、当社では、このような「コミュニケーション」も含めて「特色技術」と考えています。

イメージにぴったりの名刺を作る際にはぜひとも当社の「特色技術」をお役たてください。
特色印刷もおまかせ、大阪の印刷会社、三陽美術

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三陽美術 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

印刷会社の魅力とリピーター

印刷会社の魅力とリピーター
みなさんのお付き合いしている印刷会社はどのような印刷会社ですか?
お客さんに満足していただいているいい印刷会社さんかどうかは、リピーターさんの数の多さによって異なると思います。
いい印刷会社さんはお客さんが気付かないところまでしっかりと気付いてくれて、
細かいところまできちんと行ってくれる印刷会社さんです。
お客さんは名刺でも封筒でもシールでも何でも、印刷のことや実際に完成物を作るわけではないですし、印刷物を受け取った方がどのような印象を受けるのかなどはなかなか気配りを忘れてしまうこともあります。
そこで当社のようなプロが

「この場合はこのようにしたほうがオススメですね」

とご提案を行えば、当初目的とした以上の部分まで完成度が高くなりいいものができます。
そして結果的にお客さんの満足にも繋がります。

難しい技術や印刷ができるのもそうですが、こういったちょっとしたプロならではの視点を
お客さんは喜びますしお付き合いが長いと期待もします。

当社がリピーターさんの多い会社さんであることは、お客さんに印刷物だけでないほかの部分にも満足いだけているから、(?)でしょうかね。
プロならではのいいアドバイスさせていただきます!

印刷なら何でもおまかせ、大阪の印刷会社、三陽美術

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三陽美術 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

通常の印刷会社と下請け受注

通常の印刷会社と下請け受注

印刷会社って印刷を行う会社ですが、うちの会社で行う印刷機などでは難しい印刷のご依頼を
受けた際にどのようにするか知っていますか?

こういった場合印刷会社によってさまざまですので、もちろん断る会社さんもあるかと思います。

ただ印刷で悩んでいる場合にお客さんはどの印刷会社に相談すればいいのかさえわからない、
ということがほとんどです。更に納期も迫っていて大変という場合もよくあります。
こういったお客さんに「うちではできまへん、すんまへんな」とお断りするのはちょっと・・・。

と感じますのでこの場合は、何とか代替案を考えてうちで行う場合もありますし、
または他の知り合いの印刷会社さんにお願いすることもあります。

実はサイトのほうにこのようなページがあります。
下請け受注について

当社でできないことはやはり他の印刷会社さんにお願いすることもありますし、
またその逆に他の印刷会社さんからお願いを受けることもあります。

とにもかくにも印刷でお困りごとありましたら何でもご相談ください。
うちで何とかいいアドバイスさせていただきます!

印刷のことは何でもおまかせ、大阪の印刷会社、三陽美術

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三陽美術 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

折込チラシとチラシ印刷

折込チラシとチラシ印刷

みなさんのご家庭では新聞は取っていますか?
新聞には折込チラシがよく入っていますが、この折込チラシには入れるタイミングが非常に大事なんです。
例えばマンションや戸建などの不動産情報は土曜日が多いです、これは土曜日休みの日に不動産情報の折込チラシを見て、土日にかえて実際に見に行く、という予定が立てやすいからです。

最近は新聞を取る家庭も少なくなってきて、折込チラシの威力が少し減ってきているとはいっても、
地域的な情報やお店の新装オープンなどの場合にはやはり広告としての折込チラシは効果的です。

御社のターゲットとしている方はどのような方ですか?

折込チラシはまだまだいい販促物ですし、このような折込チラシの印刷は是非とも当社三陽美術に
一度ご相談ください。

広告チラシの専門サイト

広告チラシもおまかせ、大阪の印刷会社、三陽美術

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三陽美術 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

名刺印刷とロゴマーク

引き続き名刺印刷について。

スピード名刺印刷とか即日名刺印刷とかいろいろ名刺印刷にもありますが、
名刺って以外に難しい要素もあります。

というのはあの小さい空間に住所や電話番号、メールアドレスに会社名、もちろん名前を紹介しなくては
いけないので、バランスが難しいんです。
このバランスが取れているかどうかでプロかそうでないか大体見えてきます。

あと会社さんなんかではロゴマークやフォントをしっかりしなくてはいけません。
ロゴマークは特に細かい規定がびっしりあったりしていて、特に気を使います。色やフォント、大きさの
決まりがあることも多いのです・・。

もちろんいろいろな決まりがある場合でも当社ではお客さんのご要望にあわせて名刺印刷できますので
ご心配なくお問い合わせください。

ロゴマークってコンセプトやロゴマークポリシーもあって前もってお伝えさえいただければ
いろいろいい感じにできますので・・・。
名刺印刷もおまかせ、大阪の印刷会社、三陽美術

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三陽美術 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スピード名刺印刷って何で早いか?

スピード名刺印刷って何で早いか?

春ですね。大阪城の桜も、ここ松原市の会社の近くの公園の桜もとてもきれいで見ごろですね。
ところで桜シーズンになると学生も社会人もいろいろな生活の変化も多いのではないでしょうか。

社会人なんかは新入社員入社式などありますが、三陽美術ではこのシーズンは名刺の印刷が多くなります。
新しい部署が増えて部署変更から名刺の刷りなおしになったり、新入社員の名刺を刷ったり、出世したので課長肩書きが
部長になったり・・・などなど。

ちなみによく街で「スピード名刺」という看板など見かけますが、
名刺は明日必要などの場合もあるので、もちろん当社でもスピード対応させていただいてます。

このスピード名刺印刷がなぜ早くできるのか?ですが名刺印刷は印刷機で印刷して名刺サイズにカットすること
もありますが、スピード名刺印刷できる場合は名刺印刷機が導入されている場合が多いです。

もちろん当社でも名刺印刷機はあります、急ぎの用事の場合もぜひぜひご相談ください。

スピード名刺印刷もおまかせ、大阪の印刷会社、三陽美術

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三陽美術 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コート紙・ミラーコート紙・マット紙など紙の種類

三陽美術で取り扱っている紙の種類(コート紙・ミラーコート紙・マット紙などなど)をご紹介します。

印刷会社で用いる用紙には180k、130kなど「k」という英文字がついていますが

この意味はご存知でしょうか?
k、というのは印刷用紙1,000枚分(=1連)の重さです。
印刷業界ではこの重さを「連量」(れんりょう)と言っています。
連量は用紙の厚さを測る目安になりますが、銘柄や用紙寸法の違いで厚さが異なります。
例えば
コート紙の63kなら普通のコピー用紙と同じくらい、
マットコート135Kならポスターなどの硬い紙に適してます、
上質紙55kは伝票などに適しています。
それぞれ用紙いろいろありますが、用途に合わせて最適な紙を用いることで見た目が美しい印刷ができます、今回はちょっと専門的な説明でしたが、最適な紙についてなど詳しく知りたい際には三陽美術にお問い合わせください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三陽美術 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

オンデマンド印刷とオフセット印刷

オンデマンド(on demand)とは、デマンド=要求 ですのでご要望に応じて、という意味です。
オンデマンド印刷の反対がオフセット印刷という従来の方法になります。

オンデマンド印刷は、オフセット印刷に比べて一般的に、
・小部数の対応、
・納期が早い、
・低価格、
・パソコンからデータを直接送れる
などの面で便利です。

従来のオフセット印刷では、紙にインキを転写するのに必要な刷版の製作に費用と時間がかかってしまいます。
部数が多くて一度に大量に刷る場合には良いのですが、小部数を刷るには問題があります。

反対にオンデマンド印刷では、パソコンで設定して印刷機に指示を出して印刷します。
1部でも100部でも必要に応じて気軽に印刷できますし、刷版の製作という工程がないので納期も大幅に短縮できます。

もちろん大量の印刷には向かない、という欠点もあります。
どっちがいいかというのは、その部数の数や用途に合わせて方法を考えるというのが一番いいですね。
もちろん当社ではどっちの方法でも「お客さんのご要望次第」ですので、納期や部数などをお聞きした上でご提案いたします。

「納期的に厳しい!」という場合でもまずは一度ご相談ください。

オンデマンド印刷もおまかせ、大阪の印刷会社、三陽美術

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三陽美術 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Home > アーカイブ > 2009-04

検索
フィード
メタ情報

Return to page top