Home > 未分類

未分類 Archive

使いやすく目を引く小型タペストリー

ブログをお読みいただきありがとうございます。

大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「使いやすく目を引く小型タペストリー」についてお話したいと思います。

展示会や同人販売のグッズとして
注目されているのが、
小型のタペストリーです。

取り付けは簡単で、
見やすく、たたむと省スペースになるため、
持ち運びも楽なため、
ノベルティグッズや
販促グッズとしてもおすすめです。

のぼりのように、
展示の場所を目立たせる役割としても、
空間の賑やかしや
お部屋のインテリアにもおすすめです。

まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いしますa
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

好きなデザインをバッグに印刷

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「好きなデザインをバッグに印刷」についてお客様から頂いたお声えをお話したいと思います。

友人が可愛らしいカエルの絵がついたエコバッグを持っていたので、どこで売っているの?と聞いてみると、インターネットでエコバッグに印刷してもらったんだよと話してくれました。

主婦なので買い物する時にいつもエコバッグを使うのですが、こんな可愛いデザインをバッグに印刷できるなんて良いなぁと思い、さっそく私も頼んでみることにしました。

使い勝手が良いのでコットンタイプを選び豊富なデザインがあるのでどれを印刷してもらおうかなぁと迷いましたが、結局大好きなハートにしました。
子ども達からもそのバッグ可愛いねと言われて、欲しいと言われたので、あと二つエコバッグを頼みとても満足です。

子ども達はデザインを考えるのが楽しいかったらしく、また注文したいと言うので、バッグが汚くなったらねと言っておきました。
エコバッグに好きなデザインを印刷してもらえるなんてとても楽しいですし、好きなデザインだと使っていて毎日気分が良いですね。
買い物に行きたくなります。

こんな印刷物がほしい、そんなご要望がありましたら、まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

なぜパンフレット印刷で地域が重要視されるか

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「なぜパンフレット印刷で地域が重要視されるか」についてお話したいと思います。

パンフレット印刷の依頼をしている方々は、しばしば地域を意識しています。

そもそもパンフレット印刷は、納期がある程度タイトな事もありますね。締め切りが迫っているとなると、やはり一刻も早くパンフレットを受け取りたいものです。

そのような時は、郵送よりもむしろ店舗の方が良いことがあります。実は完成したパンフレットは、実店舗などで受け取る事もできるのですね。郵送だと時間がかかってしまいますので、実店舗の方がスピーディーに受け取れる事もしばしばあります。

ところでパンフレットを直接受け取るとなると、やはり地域性は非常に大切なポイントです。実店舗が自社から遠い場所にあると、ちょっと受け取りまでに時間がかかってしまうでしょう。また移動をする為の手間もかかってしまいますね。

ところが自社オフイスから近い所にある店舗ならば、速やかに完成したパンフレットを受け取る事ができるのです。ですのでパンフレット印刷を依頼しようと考えている方々は、しばしば地元の業者を探している事もあるのですね。

まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

パンフレット印刷の業者により色々異なる領収書発行

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「パンフレット印刷の業者により色々異なる領収書発行」についてお話したいと思います。

パンフレット印刷をしてもらうとなると、やはり領収書は気になる問題です。後で申告の手続きを行う時には、その書類が必要になってくるからです。

その領収書の発行は、実は支払い方法によって異なる一面があるのです。例えばあるパンフレット印刷の業者の場合は、代金引き換えと銀行振り込みで支払った時には、領収証は通常通り発行される事になります。ところがカード払いを用いてパンフレット印刷の料金を支払った時には、領収証は発行されないのですね。そのような時には、カード払いの取次会社が領収証を発行している事が多いです。

それと最近では、領収証としてWEB媒体を採用している印刷会社も多いです。領収書というと紙媒体をイメージなさる企業も多いのですが、ここ最近のIT化などに伴って、紙媒体ではなくWEB媒体を採用している会社が増えてきています。もっともWEB媒体でも、後でプリンターを用いて印刷をすれば特に問題は無いのですが。

このように印刷会社によって、領収書のルールは色々異なっているのですね。特にWEB媒体などは、困惑してしまう法人も多いようです。領収証は大切な書面ですし、少しでも不安があるならばパンフレット印刷の業者に連絡をして、よく確認しておくと良いでしょう。

まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

名刺印刷にはこだわりたい

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。
今日は「名刺印刷にはこだわりたい」についてお話したいと思います。

名刺はあなたを表すもの。
他人にお渡しする名刺ですから、名刺印刷にはこだわりたいものです。
ペラペラのシンプルな名刺よりも、一味異なる高級感のある名刺の方が、受け取った人物に印象を与えやすいです。
名刺印刷業者は、様々な印刷方法、インク、紙質により、個性的な名刺を作り上げられます。
写真や柄を挿れたり、カラフルにしてみてもいいですね。
名刺のデザインは素人ですと、中々上手く仕上がりませんが名刺印刷業者は名刺のデザインまで請け負ってくれるため、デザインセンスに自信のない人でしたらデザインも依頼すると良いでしょう。
あまり名刺を取っておく習慣が無い人物であっても、変わったデザインの名刺や高級感のある名刺、個性的な名刺でしたら取っておいてくれるかもしれませんね。
勿論、あまりこだわらなくとも良いから形だけの名刺を作っておきたいと思う人もいるでしょう。
とりあえず名刺を作っておきたいという人は、格安コースがお勧め。
名刺の質により、料金も異なるのです。

まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ビジネス以外でも活用できる名刺印刷

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。
今日は「ビジネス以外でも活用できる名刺印刷」についてお話したいと思います。

名刺はビジネスで利用するだけと思われている方も多いかもしれませんが、ビジネス以外でも名刺は活用されています。
例えば、ボランティア活動をされている方も、自分の名前や所属先のボランティアグループ名が書かれた名刺を利用しています。ボランティアに来た人が自己紹介の時に名刺を差し出すと、所属がきちんとわかるので信用度が増します。
こういった名刺は、自宅のプリンターを利用して作成しがちですが、プロの名刺印刷なら、ボランティア活動の内容など、自分で作成すると省略してしまいそうな詳細も、綺麗なレイアウトで書き込むことができます。また名刺の素材なども選ぶことができますので、お年寄りを対象にボランティアをされる場合なら、和紙などお年寄りが好みそうな素材にすることで、印象に残る名刺になります。
他にも趣味で音楽活動をされている方などは、音符や楽器など音楽をイメージできる図柄を入れてデザインしたり、グループ名のロゴを入れることで、グループのイメージアップにもつながります。
少ない枚数の依頼でも、ご心配なくお気軽にご相談ください。プロの名刺印刷で、ビジネス以外のシーンでも、あなたの活動の顔として、名刺を活用してみてはいかがでしょうか。

まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

手頃な価格の名刺印刷

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。
今日は「手頃な価格の名刺印刷」についてお話したいと思います。

印刷は、さまざまな場面で行われているものですが、しっかりとした作業が必要になる印刷の代表例が名刺印刷です。名刺というのは、持ち主のことを示す重要な役割を果たしているものなので、きちんと印刷された名刺を用意しなければなりません。手抜きして作られた名刺では、渡した相手に対しても失礼になってしまいます。また、質の良くない名刺を手渡してしまうと、相手から軽んじられてしまうことにもなりかねません。優れた印刷技術を持った業者に、名刺印刷を依頼することが大切なのです。

名刺印刷は、枚数によって料金が変わってきます。大量の名刺を必要としている場合は、比較的リーズナブルな金額で印刷することができます。名刺には、ただ単に会社名・氏名・役職名が記載されていれば良いわけではありません。バランスよく掲載することが大切ですし、字体にも気をつけなければならないのです。ビジネスの場面で役立つ名刺は、できるだけオリジナルのものを用意することが望ましいです。

まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

パンフレット印刷のコストパフォーマンスについて

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「パンフレット印刷のコストパフォーマンスについて」についてお話したいと思います。

“最近は家庭用プリンターの性能向上が著しく、ちょっとしたパンフレット程度なら簡単に作成できてしまいます。

しかし、本格的なパンフレット印刷ならプロに依頼したほうが圧倒的に高いクオリティで作成できますから、ある程度まとまった枚数を印刷したい場合やより見栄えのいいパンフレットを作成したい場合は専門のパンフレット印刷業者に依頼しましょう。

プロが作るパンフレットならクオリティが段違いですし、何よりも自分で印刷する手間を省くことができます。

家庭用プリンターは少部数の印刷ならまだしも、たくさん印刷しようとするとインクや上代で意外とコストがかかります。

10枚、20枚程度なら自作パンフレットでも負担は少ないですが、100枚以上印刷するとなると途端にコストが跳ね上がってしまいます。

プロにパンフレット印刷を依頼した場合、枚数が増えれば増えるほど割安になります。

パンフレットを大量に配布してPR効果を高めたいなら、ぜひプロに依頼して立派なパンフレットを割安で作成しましょう。

大阪の印刷会社三陽美術では40年を超える実績を生かしてアドバイスをさせていただきます。
まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

パンフレット印刷で使う色は3色がベスト!

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「パンフレット印刷で使う色は3色がベスト!」についてお話したいと思います。

自分で作成したデータを利用して、パンフレット印刷を発注するオンデマンド印刷は、コストを抑えてパンフレットを作成することができます。

その代わり、パンフレットの出来は、印刷用データをどれだけ上手に作成するかで決まってしまいますから、魅力あるパンフレットを作成するためのコツを押さえておかないと平凡で印象の薄いパンフレットが出来上がってしまいます。

カラーパンフレットの印刷データの作成で、一番のポイントになるのが、色づかいです。

デザインの基本中の基本ともいえる色づかいを抑えておかないと、印象が薄くて見づらいパンフレットが出来上がってしまいます。

せっかくカラーパンフレット印刷を発注するのだから、たくさんの色を使ってカラフルに仕上げよう、と思ってしまいがちですが、パンフレットは色数が多ければいいというものではありません。

あまり色数が多いと、見ていて疲れるパンフレットになってしまいますから、使う色の数はベースとなる色、目立たせたい色、サブとして使う色の3色に止めましょう。

たった3色?と思うでしょうが、読みやすさを考慮するひつようがありますし、3色を効果的に使えば十分インパクトのあるパンフレットが作れます。

パンフレット印刷は派手さを競うものではありませんから、色を効果的に使うことを意識することが肝心です。


大阪の印刷会社三陽美術では40年を超える実績を生かしてアドバイスをさせていただきます。
まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

何枚印刷すればいい?パンフレット印刷枚数について

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「何枚印刷すればいい?パンフレット印刷枚数について」についてお話したいと思います。

パンフレット印刷を発注する時に頭を悩ませるのが、何枚印刷したらよいのか?という問題です。

枚数を決めるためには、パンフレットをどのような形で配布するのかを考えましょう。

例えば、お芝居で来場者に無料でパンフレットを配布する場合、座席数分の枚数+予備の枚数が必要になります。

チケットの売れ行きに関わらず満席分の枚数を印刷しておかないと、予想以上に客入りが良かった場合にパンフレットが不足してしまいます。

企業のPRパンフレットの場合は、同じパンフレットをどの程度継続して配布するのかがポイントになります。

毎年パンフレットを作成し直すなら一つのパンフレット配布期間は1年間ということになりますから、1年間でさばききれる枚数を用意しなくてはいけません。

多少多めに印刷しておく必要はありますが、あまり印刷枚数を増やしてしまうと配布しきれなかったパンフレットを廃棄することになってしまいます。

平均的な来店数は何人でそのうち何割がパンフレットを必要としているのかをリサーチすれば、必要な枚数の見当が付きます。

多すぎず少なすぎない枚数を印刷して無駄なコストを抑え、その分の費用をパンフレットのクオリティアップに回しましょう。

大阪の印刷会社三陽美術では40年を超える実績を生かしてアドバイスをさせていただきます。
まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

パンフレット印刷のコストパフォーマンスについて

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「パンフレット印刷のコストパフォーマンスについて」についてお話したいと思います。

最近は、家庭用プリンターの性能向上が著しく、ちょっとしたパンフレット程度なら、簡単に作成できてしまいます。

しかし、本格的なパンフレット印刷なら、プロに依頼したほうが圧倒的に高いクオリティで作成できますから、ある程度まとまった枚数を印刷したい場合や、より見栄えのいいパンフレットを作成したい場合は、専門のパンフレット印刷業者に依頼しましょう。

プロが作るパンフレットなら、クオリティが段違いですし、何よりも自分で印刷する手間を省くことができます。

家庭用プリンターは、少部数の印刷ならまだしも、たくさん印刷しようとすると、インクや上代で意外とコストがかかります。

10枚、20枚程度なら自作パンフレットでも負担は少ないですが、100枚以上印刷するとなると途端にコストが跳ね上がってしまいます。

プロにパンフレット印刷を依頼した場合、枚数が増えれば増えるほど割安になります。

パンフレットを大量に配布してPR効果を高めたいなら、ぜひプロに依頼して立派なパンフレットを割安で作成しましょう。

大阪の印刷会社三陽美術では40年を超える実績を生かしてアドバイスをさせていただきます。
まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

パンフレット印刷技術の進化

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。


今日は「パンフレット印刷技術の進化」についてお話したいと思います。


パンフレットは、商品のイメージを大きく左右するものです。特に現物を見ないで、商品を購入する時は、パンフレットに載っている写真や情報で、決めることになります。

商品のイメージを最大限に生かして、パンフレット印刷をしたいものです。同じ商品でも、パンフレットによって、かなり印象が変わってきます。


パンフレットはデザイン性も大切ですが、見やすさが一番大事だと思います。わかりやすいパンフレットにするためには、シンプルなデザインが求められます。

さらに、ユーザーの好みに合わせたデザインならば、見やすくて利用価値のあるパンフレットになるのではないでしょうか。


世の中にはさまざまなパンフレットが存在します。個性豊かでわかりやすく、時代のニーズに合ったパンフレット印刷が求められていると思います。

一昔前に比べると、パンフレット印刷の技術は大きく進化しています。パンフレット印刷はこれからもっと進化をしていくでしょう。さらに優れた未来のパンフレット印刷に期待したいものです。


大阪の印刷会社三陽美術では40年を超える実績を生かしてアドバイスをさせていただきます。
まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

DTPで使うソフト

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

DTPという言葉をよく聞くかと思いますが、印刷物などを作成したことがない人にとっては、なんのことかわかりませんよね。DTPというのはDTP (Desktop publishing)の略で、デスクトップパブリッシングという意味です。

つまり、机の上で印刷データをつくることを意味します。デスクトップパブリッシング以外に、DTMはデスクトップミュージック、なんていうのもあります。このうように、印刷物のデザインをおこなうデザイナーをDTPデザイナーと言います。

DTPで使うソフトはIllustrator、 Photoshop、などが有名ですが、アドビのソフトなのでライセンスが必要で有償です。学生さんならアカデミックで安く購入することができますね。

イラストレーターのようなソフトで フリーというとFireAlpacaや、PictBearなどありますね。有料ではありませんがペイントソフトではペイントツールSAIが最近人気です。

大阪の印刷会社三陽美術では40年を超える実績を生かしてアドバイスをさせていただきます。
まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

通い袋の印刷

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。
本日は【通い袋】のお話をさせていただきます。

会社内や取引先との書類のやりとりに使われるのが【通い袋】です。
何度も繰り返し使うため、紙のものでも普通の封筒より耐久性のある素材のものを使います。
レンタルビデオでも使われているビニール製や布製のものは、しっかりとして
昔ながらのエコバックではないでしょうか。
用途に分けて素材や色をかえて持っておくと便利ですよね。

そこで社名や用途の記入欄を印刷した オリジナル通い袋を作ってみてはどうでしょうか。
管理もしやすく、大事な書類の区別もしやすくなるのではないでしょうか?

オリジナルの【通い袋】の作成の際には、ぜひ封筒専門店封筒屋どっとこむをご利用下さい。
封筒屋どっとこむではお客様のご要望に合わせた多種多様な大きさや形、素材、加工のオリジナル封筒のご注文をオーダーメイドで承っておりますので、御入用の際にはお気軽にご相談ください。
大阪の印刷会社三陽美術では40年を超える実績を生かしてアドバイスをさせていただきます。
まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

卒業式や修了式の表彰状・賞状の印刷

卒業式や修了式の表彰状・賞状の印刷

>>表彰状・賞状の印刷はこちら

ブログをお読みいただきありがとうございます。大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

表彰状・賞状の印刷、名刺印刷、伝票印刷なら大阪の印刷会社三陽美術

卒業式や修了式など、ある節目の時には賞状が必要になります。また、絵画や作文のコンクールでも賞状を渡すことがありますし、もらった本人は一生ものの記念となりますから、それを考えると表彰状・賞状の印刷には身が引き締まる思いです。

賞状だけでなく、職業訓練などの資格取得においても修了証が発行されますので、自身の資格の証拠となる修了証印刷はやはり、とても重要なものだと思っています。

まわりに金で縁取りを入れるだけで、高級感は増しますし、紙の質感によっても賞状や修了証の印刷は随分と印象が変わってくるものです。

小ロットの印刷のご依頼でも問題はございません。
表彰状・賞状の印刷にを急ぎで印刷したいというお客様はぜひ三陽美術にご連絡くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

印刷会社のブログ

印刷会社のブログ

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

ブログをはじめてもう長くなりますが、印刷会社でブログを書いていると様々なメリットがあります。まず、印刷というのは専門知識がなないとなかなかイメージしにくいものでありますから、こちらのブログを読んでいていただくことで、生の声が聞けるというわけです。

名刺印刷ひとつでも、初めて印刷会社に依頼する場合は一体どうすればいいのかわからないですよね。三陽美術では名刺印刷を得意としていますので、例えば一面べた塗りの黒の名刺にインクを落とすこともできます。二つ折りの名刺などもできますし、女性名刺という小さいものもご用意できます。

電話でいきなり印刷会社に問い合わせするのは少し気が引ける、という方でもまずは三陽美術のブログをご覧ください。印刷会社でもブログをしているところの方が、スタッフの顔が見えるかと思いますよ!

まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

印刷業界の年末とは?

印刷業界の年末とは?

ブログをお読みいただきありがとうございます。大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。
きょうは「印刷業界の年末とは?」という題でお話ししたいと思います。

この時期の「年末進行」は「ゴールデンウィーク進行」「お盆進行」とならんで、印刷業界ではかなり過密なスケジュールとなっています。カレンダーや年賀状にとどまらず、新年度に備えた印刷物の受注が多く、ただでさえタイトなスケジュールのところに、「年末年始の休み」が入るためです。定期刊行物などはひと月の日数が少なくなってしまうことと同じですから、この時期に増ページをすることも少なくないため、印刷業界の仕事量が増えるのは当然のことなのです。

では「年末も休まず働けばいいんじゃないか?」と考えることもできますが、時代が変わって年末年始は「お役所」と同じかそれ以上に確実に休みをとることが印刷業界では定着しています。

例えば出版業界は印刷所の休暇にあわせて進行予定を組んできます。それだけ印刷オペレーターは出版業界にとっては大切な存在であるということなのです。彼らがハードな業務をこなし、かつ高度な技術を持つということなのです。日本の印刷技術は国別のトータルの水準からみて世界トップクラスであるといわれています。仕事をこなすことも大事ですが、オペレーターの水準を保ち続けることも、また大事なことなのです。

今年も残りわずかです。弊社におきましては「卓上カレンダー印刷」「年賀状の印刷」など、今年の年末もお客様がたからたくさんの印刷のご依頼をいただくことができました。本当にありがとうございました。来年もまた、大阪の印刷会社・三陽美術のスタッフ一同、忙しい年末が過ごせるように品質・サービスともに向上させてまいりたいと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

三重県津市でステッカーの印刷をおこないました

大阪市都島区で会社案内のスピード印刷をおこないました

>>ステッカーの印刷についてはこちら

ブログをお読みいただきありがとうございます。大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

封筒印刷、名刺印刷、伝票印刷なら大阪の印刷会社三陽美術

行楽シーズンの到来ですね。各地で秋らしいイベントが開催されはじめたような印象を受けます。PR方法にしても、主催の団体の創意工夫が見られて、その視点でも楽しめます。

そんな秋のイベントを開催する三重県津市で先日ステッカーの印刷をおこないました。

イベントのPRと思い出作りに、というアイディアでイベント会場でステッカーの配布を行うそうです。

イベントグッズとして、タオルやTシャツなども販売するそうですが、ステッカーならそれに比べて低価格で制作が可能なため、無料配布にされるそうです。

楽しかったイベントの思い出を何か持って帰りたい、という来場者の想いにも応えることができますし、いただいたステッカーは持ち物やおうちのどこかにきっと貼っていただけますから、来年度にもまた思い出して来場してもらえる可能性もあります。

先のことまでよく考えられたPR方法だなあ、と感心してしまいました。

三陽美術は、ステッカー印刷を行う際、お客様と綿密なお打ち合わせを行い、お客様のご要望に沿ったステッカー印刷をご提供させていただいております。

デザインなどにお悩みの場合には、アドバイスもさせていただいておりますのでお気軽にご相談ください。

ステッカー印刷をお考えなら、三陽美術へご用命ください。
三陽美術なら、きっとご希望に合ったステッカー印刷をさせていただきます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

地域のための感謝状、表彰状印刷もお任せください

地域のための感謝状、表彰状印刷もお任せください

封筒印刷、名刺印刷、伝票印刷なら大阪の印刷会社三陽美術<br />

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

三陽美術では、地域のための感謝状、表彰状印刷をおこなっております。

感謝状や表彰状では、紙質は重要なポイントとなります。
あまり良い紙でないもので作られた感謝状や表彰状だと、なんだかちょっと質が落ちる感じがしますよね。
そのため、三陽美術では手書き筆耕用に使われる厚口の高品質紙を使用しています。
そして、感謝状や表彰状には欠かせない鳳凰枠には、金粉付け加工を施し、より高級感を出しています。
これにより、プリンター用賞状用紙よりもぐっと質感が上がります。

感謝状や表彰状は、手書き筆耕で依頼されていた方も多いのではないでしょうか。
しかし、手書き筆耕の場合は枚数が増えると時間がかかり、また文字数が増えると料金も高くなってしまいます。

三陽美術は、これをデジタル筆耕でおこなうことで、時間もコストも削減して提供しています。
仕上がりも、手書き筆耕に劣らない美ししさに仕上がります。
デジタル筆耕なら、簡単でスピーディに格安で感謝状、表彰状を印刷することができます。

三陽美術では、感謝状や表彰状を印刷する際、お客様と綿密なお打ち合わせをおこない、お客様のご要望に合った感謝状や表彰状の印刷をご提供させていただいております。

地域のための感謝状、表彰状印刷も、三陽美術にお任せください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

イラストレーターだけでなくパワーポイントデータも入稿できます!

イラストレーターだけでなくパワーポイントデータも入稿できます!

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

印刷用のデータの作成につきものなのが、イラストレータなどのソフトです。
これらのソフトを扱えないから、自分は印刷会社さんへ依頼することができない、とお悩みの方もいらっしゃるのでは?

しかし、三陽美術では、こちらの指定の方法でデータ変換していただくだけで、パワーポイントデータなどでご自分で作成されたデータを印刷することも可能なんですよ。

もともと、パワーポイントなどのオフィス系のソフトで作成されたデータは、色の表現の仕方が違ったり文字化け・文字崩れするといった問題などがあり印刷には向かないとされていました。
これはお客様がお使いのパソコンと、印刷会社側で使っているパソコンの環境の違いから起こることです。
しかし、どんな環境でも崩れることのないデータを作成することでこういったトラブルは解決することができるんです。

そのためにデータ変換し作成していただくのが「中間ファイル」というもの。
中間ファイルの作成は、専用のプリンタドライバをインストールしていただければ可能になり、あとはとても簡単なので、ご心配はいりません。

こうして変換して中間ファイルを作成し提出していただければ、非常にスムーズに印刷作業が進みます。
これまでのように変換していないデータだと、印刷作業に入ることができなかったわけです。

パワーポイントデータの印刷も、三陽美術へご用命ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

公演用ポスター印刷の紙の種類

公演用ポスター印刷の紙の種類

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

コンサートやイベントなどの公演用ポスターを作成する際に、使用できる紙の種類はいくつかあります。

光沢度が高く、写真のような鮮明な画像を印刷することができる光沢フォト紙、発色が美しく光沢フォト紙より落ち着いた色合いに仕上がる厚手コート紙やコート紙、引き裂きに強く強度のあるユポクロス、破れにくくしっかりとした素材の塩ビタックなどが使用できます。

使用する紙の種類は、設置する場所が屋内なのか屋外なのか、公演内容はどういったものなのかといったことに合わせて選ぶとよいでしょう。
例えば、公演内容に合わせて高級感のある仕上がりにしたい場合にはマットな厚手コート紙やコート紙を使う、といった具合です。

三陽美術では、上記に挙げた以外の用紙でも公演用ポスター印刷を行っておりますので、お気軽にご相談ください。

三陽美術は、公演用ポスター印刷を行う際、お客様と綿密なお打ち合わせを行い、お客様のご要望に合った公演用ポスター印刷をさせていただいております。
また、デザインなどでお困りの際も、これまでの実績をもとにアドバイスさせていただきます。

公演用ポスター印刷をお考えなら、三陽美術へご用命ください。
きっとご希望に沿った公演用ポスター印刷をご提供させていただきます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

西宮市でおこなった円形うちわ印刷

西宮市でおこなった円形うちわ印刷

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

三陽美術では、以前、西宮市で円形うちわ印刷をさせていただきました。

円形うちわとは、イベントなどで配られることの多い丸い形をしたうちわで、販促物としてよく利用されています。
円形うちわのメリットは、イベントやキャンペーンなどで気軽に利用できるということ。
通常のチラシのように広告を掲載するのはもちろんのこと、クーポンを付けたりして活用することができるのが大きな魅力です。

また、うちわという性質上、夏に利用されることが多いですが、暑い時期、涼を取れるということで持ち歩いてもらうことができるというのも大きなポイントです。

西宮市でおこなった円形うちわ印刷も、イベントで利用されるということでのご依頼でした。
この時は、お客様と綿密にお打ち合わせを行い、デザインのアドバイスもさせていただきました。
結果、非常に反響が大きかったとお喜びいただきました。

コンパクトで持ち運びに便利、かつリサイクルも可能な紙製円形うちわは、販促物として非常に人気があります。

これからの季節、イベントなどで利用したいとお考えなら、三陽美術へご用命ください。
三陽美術は、きっとご満足いただける円形うちわ印刷をご提供させていただきます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

紙箱・化粧箱などのパッケージ印刷

紙箱・化粧箱などのパッケージ印刷

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

紙箱・化粧箱などのパッケージは、店舗などを始め、幅広いシーンで使われています。
パッケージを利用したことが無い、という方はいらっしゃらないのではないでしょうか。

ビジネスシーンでも、紙箱・化粧箱などのパッケージ印刷を必要としている、ということは多いでしょう。
店舗などでは商品を封入するための必須ツールとして、また企業さんなら、販促物としてイベントなどで配るなどで活用されることもあります。

三陽美術でも、紙箱・化粧箱などのパッケージ印刷を承っております。
幅広くつかわれているキャラメル箱、糊づけの必要が無く安価なN式箱、底抜けがしにくく安価な地獄底、贈答用によくつかわれる組箱、組み立てが簡単で重量物もOKなワンタッチ底、高級な印象のあるスリーブ箱、組立てが簡単でギフトにおすすめなピローケースなどを扱っております。

また、加工オプションも承っております。
ロゴやイラストなどを金、銀などに装飾できる箔押し、ロゴ・イラストを目立たせるエンボス、PET貼り・マットPP貼りやUVニス加工、さらには特色インキでの印刷やトムソン(型保管)などを行うことも可能です。

紙箱・化粧箱などのパッケージ印刷をしたいとお考えなら、三陽美術へご用命ください。
三陽美術なら、きっとご希望に沿ったパッケージ印刷をさせていただきます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スクールバスに貼れる 車用マグネットシート印刷

スクールバスに貼れる 車用マグネットシート印刷

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

スクールバスに車用マグネットシートが貼られているのを見たことがあるでしょうか。
例えば「スクールバス」や「幼児バス」などと書かれたマグネットシートなどがよく使われています。

三陽美術奈良、専用の強力なマグネットシートの表面に屋外用のステッカーを張り付けるため、安価で耐久性の高いマグネットシートができますよ。
また、ご希望ならマグネットシートに直接印刷を施すことも可能です。
形も自由に型抜きをすることができるので、お好みの形で作成することができます。

マグネットシートの磁力は強力ですので、安心してご使用いただくことができます。

車用マグネットシート注意点としては、強力な磁力がありますから、近くのゴミや砂鉄などを付着させてしまい、そのまま使用すると車体の傷やさびの原因になってしまいます。
また、車体の凹凸面や局面に張り付けている場合には、隙間があると走行中に風圧で剥がれる可能性がありますから、必ず滑らかで平らな面に張り付けてください。

三陽美術では、車用マグネットシート印刷を行う際、まずお客様と綿密なお打ち合わせを行い、お客様のご要望に沿った車用マグネットシート印刷をさせていただきます。

車用マグネットシート印刷なら、三陽美術へお任せください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

珍しい名刺を作りたい方に

珍しい名刺を作りたい方に

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

人とちょっと違った珍しい、オリジナリティのある名刺を作成したいとお考えではありませんか。

名刺は、ビジネスシーンで会社や自分をアピールする重要なツールとなります。
初めて会う人に、自分はどんな人間であるか、会社はどんなことをしているのかなど、ぱっと見て判別できるのはもちろん、より強くアピールできればそれに越したことはありません。

何より、相手に個性を強く印象付けることで、次の商談や取り引きにつながることもあります。
ビジネスにおいて、名刺は強い味方となることもあるんですね。

個性的な珍しい名刺を作るには、型押しや型抜き、変形、箔押しなどさまざまな印刷方法を利用することがポイントです。
最近では、活版印刷やエンボス加工、黒い紙に白のインクで印刷するなどの方法が人気です。

他とは違った名刺で、自分のことを覚えてもらうことで、ビジネスを有利に進めることもできますね。

三陽美術では、お客様と綿密なお打ち合わせを行い、お客様のご要望に沿った名刺印刷をさせていただいております。
珍しい名刺、オリジナリティのある名刺を作りたいとお考えなら、三陽美術にお任せください。
きっと、ご希望にあった珍しい名刺を作成いたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

同人グッズのペットボトル ラベル印刷

同人グッズのペットボトル ラベル印刷

同人グッズを作成していらっしゃる方は結構多く、三陽美術にも同人グッズののご依頼をいただくことがあります。

同人グッズには実にさまざまなものがありますが、中でも特にお勧めなのが「ペットボトル ラベル印刷」です。

ペットボトルラベルは、通常シュリンクラベルというもので印刷されます。
シュリンクラベルとは、ペットボトルのようなちょっと複雑な形状のものでもぴったりとフィットするように印刷されたラベルのことです。
ペットボトルのラベル印刷と言えば、今はこのシュリンクラベルが主流です。

オリジナルのペットボトルのラベル印刷は、実は簡単にできるものなんです。
ミネラルウォーターにそのペットボトルの形状に合わせたオリジナルのラベルを印刷して作ることができるので、企業様だけでなく個人の方でも手軽にオリジナルのペットボトルラベル印刷を行うことができるというわけです。

買う側のお客さんにとっても、ちょっとのどが渇いたから飲み物が欲しい、という時に手が伸びやすいのが手軽なペットボトルです。
そんなペットボトルにオリジナルのラベル印刷を行う、というのはより効果的なものなんですね。

同人グッズのペットボトル ラベル印刷をしたいと思ったら、ぜひ三陽美術にご用命ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

結婚式の点字招待状印刷

■結婚式の点字招待状印刷■

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。
今回のテーマは「結婚式の点字招待状印刷」についてです。

目の不自由な方にとって点字は情報を得る大切な手段です。
点字は街中でも見かけますが、こういった点字に関しても印刷会社の分野になります。

では街中ではなく、個人的に点字の入った印刷は利用できるのでしょうか。
もちろん出来ます。三陽美術でもそのような印刷は対応しています。

例えば、結婚式で招待状をいろんな方に送りますよね。
小さい頃から可愛がってもらっていて目に不自由のあることもよく知っている親戚の方が居たときどうしますか?
そこで結婚式の点字招待状を印刷して、結婚式に招きたい・・・そんなときにも点字の印刷は活躍します。

点字印刷の手法はいろいろとあります。
結婚式の点字招待状のような紙媒体の場合に利用されるものでいうと
固型印刷、サームファーム、発泡印刷のほか点字製本の主流になっているエンボス印刷があります。
エンボス印刷は亜鉛板を製版し、点字印刷機のローラーの間を通しプレスすることで紙に点字が印刷されます。印刷が比較的容易なため、よく使われます。

少数なら立体コピー機やご自分でされる方もいますが、点字も文字と一緒で読みやすさがあります。印刷所でしっかりとした点字を印刷されるほうがきっと受け取る方も喜ばれます。
エンボス印刷などで結婚式の点字招待状印刷をお考えの際は大阪の印刷会社三陽美術におまかせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ペットボトルのラベルを印刷をしたい方に

■ペットボトルのラベルを印刷をしたい方に■

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。
今回のテーマは「ペットボトルのラベルを印刷をしたい方に」です。

ペットボトル飲料を自社で新商品として発売、または販促品として…オリジナルラベルを印刷してまずは試作品を…イベントなどでも人気のオリジナルボトルの決め手はやはりラベルでしょう。

ペットボトルのラベルの印刷は通常シュリンクラベルで印刷されます。
シュリンクラベルとは、ペットボトルの色々な形状にもしっかりフィットするように印刷されたラベルのことです。
紙ラベルもありますが、シュリンクラベルに比べるとあまり見かける機会は少ないですよね。

実は本当にこういったオリジナルボトルは手軽に出来てしまいます。
自社で新しい飲料品の開発はちょっと…という企業様でも、オリジナルのラベルを印刷して作るミネラルウォーターがあります。
ペットボトルの形状に合わせたオリジナルのシュリンクラベルさえ印刷すれば完成!
イベントや販促品にこういったオリジナルのミネラルウォーターはインパクトが強く、ブランド力もあがります。

自社オリジナルのミネラルウォーターなど、多種多様なペットボトルの形状にあわせたラベルの印刷がしたい。まずは試作品からでも印刷可能です。
ペットボトルのラベルの印刷のことも、大阪の印刷会社三陽美術におまかせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

寄せ書き用色紙印刷

■寄せ書き用色紙印刷■

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。
今回のテーマは「寄せ書き用色紙印刷」についてです。

寄せ書き用色紙は広く使われる厚い紙質で金の縁があり、裏面に銀箔がほどこしてあったりする少し高級感のあるものです。

色紙に寄せ書きを書いたことは大半の人があると思います。
印刷会社で寄せ書き用色紙の印刷も出来るのでしょうか?
実はこういった寄せ書き用の色紙も、印刷会社に頼むことで市販のものを買ってくるのとは一味違ったものに印刷できます!

市販のものでは無地のものが多いですよね。
印刷会社に頼めば自分の好きなデザインに作ることもできます。中でも写真入りの色紙やイラスト入りの寄せ書き用色紙の印刷は人気が高いです。
寄せ書きに自分の写真やみんなで撮った写真などが貼ってあったら、思わずうるっときちゃいますよね。

パソコンでオリジナルでデザインした色紙を印刷したい場合もご相談ください。家庭用プリンタで印刷して糊で貼ったりするよりも断然きれいに仕上がります。
また、サイズや紙質などもご相談いただければと思います。

思いの詰まった寄せ書き用色紙、出来るだけいいものにしようと思うのは当然のことです。手書きやシールを貼ったりするのも良いですが、印刷会社に頼むことでより一層いい寄せ書き用色紙に仕上がりますよ。

そういった寄せ書き用色紙印刷のことなら、大阪の印刷会社三陽美術におまかせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

のし袋・のし紙印刷と冠婚葬祭のマナー

■のし袋・のし紙印刷と冠婚葬祭のマナー■

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。
今回のテーマは「のし袋・のし紙印刷と冠婚葬祭のマナー」についてです。

冠婚葬祭やお見舞いの時に祝儀袋やのし袋をよく使います。のし紙を書くのは日本古くからのしきたりですが、現代では簡略化されることも多くなってきています。

特に表書きの右上に添えられている「のし(熨斗)」は、元来は熨斗鮑(のしあわび)というアワビを薄く伸ばし乾燥されたものを、長寿の縁起物として添えていました。しかし、現代になるにつれて次第に簡略化され、アワビものし(熨斗)の中央にある黄色の紙になり、最近では紙に直接のし(熨斗)が印刷されているのし紙を使う事も少なくありません。

のし(熨斗)は水引と併用される事が多いですが、不祝儀の際にはのし(熨斗)は用いません。お香典などがそうですよね。水引の色や結び方にも注意です。

また、のし紙に直接のし(熨斗)を印刷する場合の「印刷のし」には、松葉のし・わらびのし・文字のし・判のし・結びのし等、アワビを象徴する黄色い紙を包んだのし(熨斗)とはまったく別のものを使うこともあります。

これらをうまく活用してのし紙のサンプルやテンプレートを印刷しておくと、便利ですよね。のし袋・のし紙印刷に関するご相談は大阪の印刷会社三陽美術までまずはご連絡下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ホーム > 未分類

検索
フィード
メタ情報

Return to page top