Home > 点字印刷

点字印刷 Archive

想いを伝える点字印刷

大阪の印刷会社三陽美術のブログをご覧いただき、ありがとうございます。
今回のテーマは「想いを伝える点字印刷」についてです。

近年はバリアフリーに対する関心や意識が高まり、公共施設をはじめ、アクセシビリティに配慮している場所も多くなっています。

点字は視覚障害者にとって情報を読み取るための手段として使用されています。指先を使って、店の配置を認識することで、目が見えなくても文や言葉を読み取ることができるのです。

点字の普及は、視覚障害者の方が暮らしやすい世界を実現するための第一歩と言えるかもしれません。

案内や注意喚起など、様々なことで使用されることがある点字ですが、そのどれもが、想いを視覚障害者に伝えるために欠かせない大切な役割を担っているのです。

大阪の印刷会社三陽美術でも、点字のラベル・シール・ステッカーなどを扱っています。

その用途は利用する方によって様々ですが、様々な場所で視覚障害者に想いを伝えるために利用されています。

点字印刷に関するご相談やご質問はお気軽に、大阪の印刷会社三陽美術までご連絡ください。

DMはがきに点字印刷

ブログをお読みいただきありがとうございます。

大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「DMはがきに点字印刷」についてお話したいと思います。

視覚障害者にとって点字は情報を得るための重要な手段です。
情報が得られなければ世の中との繋がりをもつことができなくなります。
視覚に問題があろうとなかろうと、
当たり前に情報に触れることができるよう、
DMはがきに簡易的な点字印刷を施すのはいかがでしょうか。

点字は横2×縦3の6つの点で表されます。
文字数が多くなりますので、
本来であれば用紙枚数も必要となってきます。
しかしDMハガキの一部でも、
『何についてのハガキなのか』を伝えることは可能になります。

バリアフリー化はまだまだ途上の段階と言えます。
誰もが快適に暮らせるように点字の充実をはかりたいものです。
三陽美術では、点字印刷など特殊加工印刷も行っておりますので是非ご相談ください。

まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いしますa
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

点字印刷の印刷工法

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「点字印刷の印刷工法」についてお話したいと思います。

点字とは、視覚障害者が触覚で読むことのできる字で、横2×縦3の6つの点のバリエーションで表されます。
近年、バリアフリー、あるいはユニバーサルデザインの一環として点字仕様の製品が街でよく見られるようになりました。
点字は視覚障害者にとってよりよい暮らしをサポートする大切な社会とのコミュニケーションツールのひとつです。

点字印刷の印刷工法はスクリーン印刷で、透明なUVインキを使用して立体的に盛り上げる印刷方式を利用しています。
通常の印刷より版の膜厚が厚いため、たくさんのインキを盛ることが可能です。
約0.3~0.5mmの安定した高さで印刷を完成させます。

近年ではバリアフリーの意識が高まり、
特に公共施設などで障害者や高齢者等の社会的弱者のアクセシビリティに配慮された設計やサービスなどが提供されるようになってきました。
その一環として必要な箇所に普通の印刷と共に点字が併記されている事も多いです。

点字は必要な方にとっては重要な情報源であり、視覚障害の方が生活していくにはなくてはならないものです。

三陽美術では、点字でのラベル・シールやステッカーなども扱っており、その用途は様々でニーズも様々です。
場所の案内に使用するだけでなく、普段の生活でよく使われるような生活用品に貼ることも可能です。

まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いしますa
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

バリアフリーの一環としての点字印刷について。

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「バリアフリーの一環としての点字印刷について」についてお話したいと思います。

近年ではバリアフリーの意識が高まり、特に公共施設などで障害者や高齢者等の社会的弱者のアクセシビリティに配慮された設計やサービスなどが提供されています。
その一環として要所に普通の印刷と共に点字が併記されている事も多いです。

点字印刷とは、目が見えない方のために盛り上がってる点々になってそれを触ることで文字として認識できる印刷のことをいいます。

また案内以外にも缶入りビールなどのアルコール飲料に「おさけ」「さけ」「びーる」といった表記が行われていることで、誤ってアルコールを飲まない様に配慮されていたりもします。

点字は必要な方にとっては重要な情報源であり、何の不安もなく生活していくにはなくてはならないものです。

三陽美術では、点字でのラベル・シールやステッカーなども扱っており、その用途は様々でニーズも様々です。
場所の案内に使用するだけでなく、普段の生活でよく使われる様な生活用品に貼ることも可能です。

ユニバーサルデザインの提唱などもされていますが、実際はバリアフリー化はまだまだ途上の段階であり、誰もが快適に暮らせるように点字の充実をはかりたいものです。

まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

障害や能力を問わずに利用可能なユニバーサルデザインと点字印刷

■障害や能力を問わずに利用可能なユニバーサルデザインと点字印刷■

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。
今回のテーマは、「障害や能力を問わずに利用可能なユニバーサルデザインと点字印刷」についてです。

ユニバーサルデザインとは、文化・言語・国籍・老若男女といった違い、障害や能力を問わずに利用することができる施設や製品、情報のデザインのことです。
「UD」と略されていますので、見かける方も多いかもしれません。
点字もユニバーサルデザインの一環にあたります。
缶ビールなどの上の部分に浮き出し文字で「ビールです」と書かれ点字で「ビール」と表現されているものもあります。
間違ってアルコールを飲まないように配慮されているんです。
ユニバーサルフォントというものもあり、3と8の違いなど文字の認識がしやすくなっています。
家電の説明書やリモコンなどによく使われています。
また、色弱者のためのグラフィックカラーを配慮する例などもあげられます。

ユニバーサルデザインの7原則として下記が掲げられています。

■どんな人でも公平に使えること
■使う上で自由度が高いこと
■使い方が簡単で、すぐに分かること
■必要な情報がすぐに分かること
■うっかりミスが危険につながらないこと
■身体への負担がかかりづらいこと(弱い力でも使えること)
■接近や利用するための十分な大きさと空間を確保すること

バリアフリーというものがユニバーサルデザインによって生活の細やかなところまでに行きとどき、ハンディのある方の生活をスムーズにすることができればと思います。

ユニバーサルデザインの印刷や点字印刷については三陽美術にお気軽にご相談ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

点字印刷は用紙枚数が必要、点字は役所系多い

■点字印刷は用紙枚数が必要 点字は役所系多い■

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。
今回のテーマは、「点字印刷は用紙枚数が必要、点字は役所系多い」についてです。

2000年、漫画家の赤塚不二夫さんは「触図」と「点字」で目に障害を持つ人たちでも楽しめるように漫画をつくりました。
視覚障害の子どもたちが笑顔になるように点字コーディネーターさんと相談して作品をつくりました。赤塚さんは入院中にこのアイデアを閃き、目の見えない人も自分のギャグ漫画で笑わせたい、と思ったのです。
視覚障害者にとって点字は情報を得るための重要な手段です。情報が得られなければ世の中との繋がりをもつことができなくなります。それは孤独でさみしいことです。ハンディのある方をそういった環境においてはならないのです。
点字は横2×縦3の6つの点で表されます。文字数が多くなりますので、用紙枚数も必要となってきます。
点字印刷の注文は市役所など行政から依頼されることが多いです。
バリアフリー化はまだまだ途上の段階と言えます。誰もが快適に暮らせるように点字の充実をはかりたいものです。
三陽美術では、点字印刷など特殊加工印刷も行っておりますので是非ご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

点字印刷について(用途に合わせて印刷方法が異なります)

■点字印刷について(用途に合わせて印刷方法が異なります)■

大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。
今回のテーマは、「点字印刷(用途に合わせて印刷方法が異なります)」についてです。

点字印刷については以前お話したことがありますが、
前回は点字印刷のバーコ印刷・UV厚盛り印刷の特殊加工印刷のご紹介をしました。今回は用途に合わせて印刷方法が異なることをご説明します。

どのようなものかというと、
文字が表示されている物に、その上から点字シールを貼る部分的なものと、書籍を点字に変えて点字印刷にする場合があります。

点字印刷の場合は、文章の文字をひらがなに変えて点字に印刷をします。
一度ひらがなに変えてから印刷をするので、元々はA4サイズ1枚の文章がA4サイズ3枚程度になることもあります。

点字印刷の加工方法によっては、透明インキを使用することで文字の上に印刷ができ、 通常の印刷に影響を与えることなく印刷することが可能です。

三陽美術では、このような点字印刷などの特殊加工印刷についても承りますので、
ご用命の際は1度お問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

アート盛上げ印刷さんと印刷での下請け同業者さんからご相談

■アート盛上げ印刷さんと印刷での下請け同業者さんからご相談■

大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。
今回のテーマは、「アート盛上げ印刷さんと印刷での下請け同業者さんからご相談」についてです。

アート盛上げ印刷さんは、特殊加工印刷を専門に行っている会社さんです。

特殊加工印刷がどのようなものがあるかというと、バーコ印刷やUV厚盛印刷、点字印刷の盛り上げる印刷方法になります。

バーコ印刷は、印刷した部分に透明な樹脂パウダーをふりかけ熱で樹脂を溶かし隆起を作る加工方法です。
UV厚盛印刷は、UVクリアーの盛り上げ加工の場合ですと、クリアー(透明)インクと樹脂パウダーを紫外線にあて硬化させ隆起を作る加工方法です。こちらは、PP貼り、ビニール引き、二ス引きなどの表面加工も可能です。

この2つの加工法がどのように違うのかというと、
バーコ印刷の場合・・山型に盛り上がり、高さが標準 0.03mm~0.07mm、加工の際に熱を使用するので熱に弱い用紙は印刷不可です。
UV厚盛印刷・・縁が盛り上がり、高さが標準 0.05mm~0.07mm、
点字印刷の場合は、透明インキを使用すると文字の上に印刷ができ、通常の印刷に影響を与えることなく印刷することが可能です。

このような盛上げ印刷については、アート盛上げ印刷さんは有名なので、別の印刷会社さんなどもアート盛上げ印刷さんに相談をする場合があるようです。

印刷でもそれぞれに専門分野や得意分野がありますので、下請け同業者さんからご相談やお問い合わせを受けることもあり、また三陽美術でも珍しい印刷物などは同業者さんから問い合わせいただくこともあります。

三陽美術では、下請け受注も承っております。これまでに、各種印刷会社様、デザイン事務所様、広告会社様など印刷物を扱う企業様の下請け業務を行ってまいりました。これからも、印刷会社としての技術向上とともに、お客様の立場に立った営業展開やご提案をし、同業者同士の横のつながりも大切にし日々努力していきます。
下請けの印刷会社を必要とされてる企業様がございましたら、どうぞお気軽にご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の点字・点訳印刷なら三陽美術

■大阪の点字・点訳印刷なら三陽美術■

大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。
今回のテーマは、「大阪の点字・点訳印刷なら三陽美術」についてです。

点字・点訳印刷についてですが、点字印刷というのは目の見えない方、視覚障害者が手や指で触って読む文字のことを点字と言います。そして、この点字について印刷することも難しい技術として三陽美術は、ご相談いただくことがあります。

点字については、最近では官公庁でもバリアフリーやユニバーサルデザインの一環として点字を置くことがよくあります。視覚障害者にとって住みやすい町づくりとして点字の必要性は、日々高まっています。

そして三陽美術でも、このような点字の要望に応じて点字印刷も行っております。
特に点字に当たっては、まず点字の製品の存在に気づいてもらう事が必要ですし、さらにどういった場所に点字シールや印刷を行うのか、という場所によっても印刷の方法が異なります。

たとえば日常生活で必要な備品・消耗品に使われる場合であったり、駅や公園であったり、公共の施設内で使われる場合など、さまざまな場合があります。その他にも、カラー点字印刷としてドアのノブに点字を付ける場合もあります。

さまざまなニーズもありますが、まずはお気軽にご相談いただければと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

点字印刷と文字幅

■ 点字印刷と文字幅 ■

ブログをお読み頂きありがとうございます。大阪の印刷会社サンヨー美術のスタッフ松田です。
今回は点字印刷と文字幅についてです。点字印刷とは、目が見えない方のために、盛り上がってる点々になってるようなこういった印刷のことをいいます。
よく見かける事も多いので、ご存知の方も多いかと思います。

印刷によって情報を伝える事が最大の価値ですが、情報のバリヤフリーとして、点字印刷もよく役所であったり、また駅であったり、たくさんの人が利用される場所では使われています。

ご相談の内容としては、例えば機器メーカーの取り扱い説明書いわゆる取説であったり、化粧品の使用説明書や保険の案内また行政関連でいうと行政の福祉計画やまた役所の作る冊子に用いられる事も多いです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
お問い合わせ http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/info/contact.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ホーム > 点字印刷

検索
フィード
メタ情報

Return to page top