Home > 印刷知識

印刷知識 Archive

マルチ素材のユポ印刷

ブログをお読みいただきありがとうございます。

大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「マルチ素材のユポ印刷」についてお話したいと思います。

ユポとは一見紙のようですが、
フィルム法合成紙で、主原料はポリプロピレン樹脂で出来ています。

水に強くて、破れにくく、
かつ白色度が高く、印刷や筆記にも適した合成紙です。
手で裂こうとしても破れない丈夫な素材です。

代表的な耐久性・耐水性がある素材とされています。
ユポは、ありとあらゆる用途に対応できるマルチな素材と言えるでしょう。

表面にラミネート加工を施すことで耐久性が増します。
そうすることで屋外用途としても十分な耐久性を発揮します。

ユポ紙は印刷のほかに筆記にも適しており、
上記の特徴とも相まって、
紙を超えた紙として使えるという利点があります。

まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いしますa
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━%

名刺印刷は複数のデザインも印刷会社で対応

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「名刺印刷は複数のデザインも印刷会社で対応」についてお話したいと思います。

色々な名刺を作りたいと思っている時や、社員の名刺を一括で依頼したいと思っているときには、名刺印刷のために印刷会社を利用するといいです。

これによって、大量に印刷できることはもちろんのこと、複数のデザインを比較して対応することも出来ます。

1つの名刺だけを持っているのではなく、複数の名刺を持っていることで、もしかしたら使える場面が増えるかもしれません。

一括で対応してくれることを考えると、名刺印刷は自社で行うよりも、印刷会社のように力を持っているところにお願いするといいです。

価格も安いですし、デザインの幅も広げることが出来て、しかも質のいい名刺を作成してくれます。

会社として一括依頼をしたいなら、印刷会社と相談するといいです。

大量にある場合は、日数が必要となるケースもありますが、自社で印刷して1週間以上かかるくらいなら、印刷会社にすぐに対応してもらったほうがいいです。

早ければ数日で大量の印刷を終えて出荷してくれます。

まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いしますa
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

印刷屋さんの加工機械たち〜PP貼り〜

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「印刷屋さんの加工機械たち〜PP貼り〜」についてお話したいと思います。

世の中にはいろいろな印刷物があります。

今回は、その中で屋外に貼られているポスターなどツルツルした感じの加工についてご紹介します。

街を歩いていると、ポスターなど屋外でも印刷物はよく見かけます。

屋外で使用されるときには、雨や太陽の光を考えなければなりません。

このときに役立つのがPP加工です。

この加工は、表面に加工を施すのですが、1.塗る 2.貼る 3.写す の三つの分類があるのです。

1.塗るという加工は、OPニスと呼ばれるものを表面に塗る技法で、印刷物の表面の保護の役割を果たします。

2.貼るという加工は、表面にポリプロピレンを貼ることで、PP加工とも呼ばれています。

この技法が一般的で需要も高いです。

3.写すという加工は、プレスコートが代表的です。

印刷物の表面に光沢材をぬって、乾燥させ熱圧着させ、光沢を出す方法です。OPニスよりも光沢がありツルツルしています。

このように、印刷するだけではなくこのような加工をして使い分けをしているのですね。

お気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いしますa
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

印刷の問題

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「印刷の問題」についてお話したいと思います。

ある時、母に印刷を依頼されました。

ネットに公開されている著作権の切れた楽譜を印刷してほしいという事でした。

家にプリンターがあるのですが、うちの母はいまいち使いこなせず僕にこういった事を依頼することが多いのです。

PDFファイルだったのでまずはそこから普通に印刷しました。

する印刷して出てきた楽譜は余白が多くて不格好でしたのでやり直しと言われました。

次にPDFから画像として抽出してページに余白が出ないようにしながらJPG形式で画像として保存して印刷しました。

すると今度は母が「音符とかが潰れてて詠みにくい」とまたダメ出しをもらいました。

どうやらJPG形式で画像にすると画質が悪くなるという性質が音符を見にくくさせたようです。

ならば画質が劣化しない形式で印刷しようと思いました。

調べた結果png形式で保存すれば画像が劣化しないと判明しました。

一番最初のPDFをpng画像に変換、そこから余白が出ないように注意しながら編集して印刷した所、楽譜は綺麗に印刷されました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いしますa
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

印刷部数が多い場合は間違いなく印刷会社に軍配が上がります

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「印刷部数が多い場合は間違いなく印刷会社に軍配が上がります」についてお話したいと思います。

家庭用プリンターは年々進歩しており、自宅で印刷したとは思えない程のクオリティが高いものが仕上がりますが、そこで印刷会社が不要となるかというと決してそんな事はないどころか益々必要とされるはずです。

もちろん印刷会社の印刷技術も同様に進歩しておりますし、その上価格の面においても家庭の物を数段凌駕しているのは言うまでもないこと。

特に印刷部数が多い場合は、印刷会社に発注した方が確実に一枚あたりの価格が抑えられますし、クオリティも高いものが仕上がるのは間違いありません。

家庭の印刷面は総じて水濡れに弱いですが、印刷会社による技術はその様な物も克服しております。

また、最近ではネットを経由して自分でデザインしたものを手軽に印刷会社に発注できるようになっていますので大変便利です。

またデザインも一緒に受注しているところもありますので、コストパフォーマンスを考えると数段上になることでしょう。

つまり、印刷枚数が多い場合は確実に印刷会社に軍配が上がるという事になります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いしますa
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

印刷会社に勤務していた頃のメリットとデメリット

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「印刷会社に勤務していた頃のメリットとデメリット」についてお話したいと思います。

台本印刷会社に勤務していました。

テレビ局や脚本家からファックスなどで送られてくる文字原稿をもとに、オペレーターが専用のコンピューターに文章を入力し、それが終わると内容を印刷して校正にまわします。

校正から赤字修正されたものが戻ってきたらそれを修正するのですが、ほとんど直しがない場合にはゲラを出力して校正に渡すこともあります。

その時点でまた赤が入った場合、量が多かった場合にはオペレーターのほうに戻ってくることもありますが、量が少ない場合には校正で対応することがほとんどです。

朝方の番組の原稿が、番組がはじまる数時間前にくることが多いため、迅速な対応が求められます。

印刷業界は24時間営業のところが多く、朝方納品するものもあるため、大手の場合はかなり忙しいいと思います。

印刷業界のデメリットは、給料が少ないといったところでしょうか。

入力だけの単調な作業が、数時間続くこともあります。

しかし、マスコミの仕事を体験できるというメリットがあります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いしますa
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

年賀葉書、印刷会社でお願いした方がコストパフォーマンス良い場合もありますよ。

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「年賀葉書」についてお話したいと思います。

最近はパソコン化が進み、印刷もご自宅で済ませる方が増えてきています。

これは印刷業界に限った事ではなく、様々な分野で広がっている事です。

特に年賀葉書は、ネットでそれなりのアプリを手に入れて、自分なりに加工して印刷。

何と言っても安いし手軽。主流になっています。

でもそれは、枚数が少ない家庭の話です。1家族200~300枚程度でしょうか。

家族が多かったり、仕事関係等で印刷葉書の枚数が多い場合、たとえば500枚以上なら、はたして自宅の印刷は安いと言えるのでしょうか?

葉書は他の印刷物と違い、厚みがあります。

これを家庭用プリンターで何回も印刷した場合、印刷機が故障する可能性は高いのです。

紙送りがへたってしまいますからね。

いくら安いプリンターを買ってきても、1回の年賀はがき印刷で駄目になってしまったら、コスト的にはどうなんでしょうか。

印刷会社にお願いすれば、自分でやるよりは高いですが、安心です。

葉書印刷は枚数で、業者に頼むか自宅でやるか、選択する必要があるでしょう。

まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いしますa
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

オンデマンド印刷の人気の秘密はなに?

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「オンデマンド印刷の人気の秘密」についてお話したいと思います。

そこまでの高品質で大量部数の印刷を要求しないのでしたら、オンデマンド印刷を行っている印刷会社に印刷物をお願いするのが良いでしょう。

なぜならオンデマンド印刷は、自分の好きな枚数を好きな時に刷ってもらえるからです。

そういいますと「当たり前じゃん!」と返ってきそうですけれど、オンデマンド印刷ではない一般的な印刷機械での印刷となりますと、ある程度の枚数のまとまりで料金が設定されていますので、その枠内ならば何枚刷ってもらおうと料金は同一という会社も多いのです。

けれどもオンデマンド印刷の場合は、印刷する枚数によって料金が比例していくといった料金体系にしている会社もあり、節約したいという気持ちの人には合っているのではないでしょうか。

「刷りたい分だけ刷ってもらえる」ということなのです。

そしてなおかつ、「すぐに印刷可能」だったりしますからね。

印刷機械の順番待ちをしなくてもいいのです。

この柔軟さが支持されてオンデマンド印刷のニーズは増々高まっているのです。

まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いしますa
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

印刷方式を知って賢く印刷しよう

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「印刷方式」についてお話したいと思います。

ひと昔前までは、印刷といえばオフセット印刷で、大量に印刷をしなければならず、なかなか一般の方にとっては馴染みが薄いものだったのですが、オンデマンド印刷のサービスができてからは、少部数でも印刷が可能になったため、より印刷が身近になったと思われます。

オフセット印刷は、仕上がりが美しいのですが、版をを作る必要があり、印刷物の完成までに時間がかかってしまいます。

オンデマンド印刷は、版を使わず印刷をしいます。

ですので版を作る費用や機材費用などが必要なくなるので、低コストでサービスが提供できます。

ただ、印刷にかかる費用は同じですので、少部数の場合はどうしても単価が高くなってしまいます。

しかし、不必要なものを作る必要がないので、出費自体を抑えることが可能になります。

そんな優秀なオンデマンド印刷にも弱点があります。

それは、原稿によっては、モアレが発生してしまいます。

ですので、原稿によって印刷方式を検討するのが望ましいと考えています。

まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いしますa
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

印刷会社も担当者で選んで良し!?

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「印刷会社も担当者で選んで良し!?」についてお話したいと思います。

とくに都会に行けば行くほどに、印刷会社の数は増えていきますよね。

それにどこの印刷会社も料金表は、ハッキリと言って似たようなものです。

ですから、「一体どこの印刷会社に印刷をお願いしたらいいの!?」と悩んでしまう人も多いことでしょう。

そこでずばりアドバイスを言いますと、それならばもう「親切な担当者」「対応が丁寧な会社」で選んでいいと言えるでしょう。

やっぱり選ぶ決め手の最後は、印刷会社にしましても結局は「人間」だったりするのです。

少量の印刷部数でも、しっかりと丁寧に対応してくれる印刷会社こそ、優良だと思ってもいいでしょう。

そしてレスポンスの早さも重要です。

連絡を入れたらできるだけ早く折り返しの連絡を入れてくれる会社には、やはり好感を持つものです。

そして、その反対の対応の会社は話にもなりませんね。

オンデマンド印刷も含めますと、印刷を請け負っている会社はこれだけ多いのですから、やはり気持ちのいい対応をしてくれる印刷会社と付き合っていきたいものですからね。

まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いしますa
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

活版印刷の歴史

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「活版印刷の歴史」についてお話したいと思います。

活版印刷とは、活字を組み合わせて作った版(このことを活版と呼ばれます)を使って印刷をする技術で、印刷物のことです。

鉛、樹脂版、線画凸版も含めて活版印刷ということもあるようです。

今も活版印刷は活躍していて名刺やカードなどで見かけることも多いかと思います。

活版印刷が初めて行われたのは中国だそうです。

最古の印刷物は法隆寺に保管されている《百万塔陀羅尼》という書物です。

770年に完成したと伝えられています。

日本へ伝わったのは13世紀に活字の技術が伝わるのですが、崩した文字を使用していた日本ではすぐに広まることはなく、江戸時代にキリシタン版などの活字を使った印刷物が増えたとされているようです。

今の漢字が用いられた活版印刷は19世紀からはじまったとされています。

今はデジタルの時代でパソコンで誰もが印刷できるという時代に入りましたが、当時は一般的なものではなく技術を要する職業でした。

これからもますますデジタルが普及する中でも活版印刷は次の世代に残すべき印刷技術だと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いしますa
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

プリンター印刷について

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「プリンター印刷」についてお話したいと思います。

プリンターは、コンピュータやワードプロセッサーからの情報出力装置として古くから利用されてきました。

印字方式としてはインパクト方式とノンインパクト方式があり、かつてはインパクト方式であるドットインパクトプリンターが主流でしたが1980年代から90年代を境にノンインパクト方式であるインクジェットプリンターやレーザープリンターなどが台頭で、2008年当初ではパソコン用プリンターの出荷台数の3分の2がインクジェットプリンターでした。

家庭および小規模オフィスにはインクジェットプリンターが置かれることが多く、それ以外では企業向けにレーザープリンターを置き、最近は個人向けの安価なレーザープリンターも普及してきています。

また、急速に低価格化が進んだインクジェットプリンターでは2005年ごろからコピーやファクシミリ機能が搭載された複合機タイプが主流になっています。

企業向けレーザープリンターでは、高機能複合機タイプからモノクロ単機能タイプまで様々なラインナップがなされています。

まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いしますa
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

同人誌の印刷はオンデマンド印刷を行っている会社に出す原稿

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「同人誌の印刷」についてお話したいと思います。

「趣味のサークルで作った同人誌の印刷は、オンデマンド印刷を行っている会社に出す」という人が増えてきているのです。クリエイティブな趣味をしている人は、やっぱり「刷り」にこだわりますから。

ですから、それこそオンデマンド印刷が世の中に普及する以前から、印刷会社に同人誌の印刷はお願いする〜といった人は、決して少なくはないのです。いや、むしろ同人誌を作っている人の大半は印刷会社に印刷をお願いしていたと言ってもいいほどでしょう。

そこそこの印刷料金を覚悟してでも、印刷会社に印刷を出していたものです。けれども今では、オンデマンド印刷がありますから。事細かにこだわっていけばオンデマンド印刷の方が刷り上がりは劣るような気がするという感想を言う人もいるものの、けれどもオンデマンド印刷でも十分にキレイですからね。

それに料金の安さと、「すぐに印刷物を出してもらえる」対応の早さは同人誌制作にはとても助かるところなのです。ですから今ではすっかりこちらの支持者が多いのです。

まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いしますa
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

オンデマンド印刷とオフセット印刷のメリット・デメリット

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「オンデマンド印刷とオフセット印刷のメリット・デメリット」についてお話したいと思います。

印刷にはオンデマンド印刷とオフセット印刷という二つの方法があり、商業用印刷では多くがオフセット印刷にて行われています。

一見言葉だけでは何が違うのかわかりづらいかもしれませんが、簡単に言うと版を用いるか用いないかの違いになります。

版とはわかりやすく言えばハンコのインクがのる部分のことを言い、オフセット印刷は版にインクをのせて転写していくだけなので短時間で大量の印刷ができます。

また、版は価格が高くなりますが、大量に印刷する際には一枚当たりの印刷代を低くすることができる他、オンデマンド印刷では扱えない特色系のインクも使用できるというメリットがあります。

逆にオンデマンド印刷は版を用いない印刷のことを指し、家庭用プリンターの大型版と考えて差し支えありません。

前述の通り、版を用いないので小ロットの場合や、複数印刷しなければならない場合に印刷代を安くすることができ、版を作る時間も不用なので印刷時間が短く、スピーディーに納品ができるというメリットがあります。

まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いしますa
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

名刺は印刷会社で安く綺麗に作ることができる

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「名刺は印刷会社で」についてお話したいと思います。

名刺はどうしても必要なものですが、自宅のパソコンとプリンターを使って作っているという人も見かけます。

しかし自宅のプリンターを使っても、素人仕事なのでなかなか納得の行くデザインにできなかったり、上手く行かなかったりします。

印刷会社での名刺制作依頼というのは、考えてみるべきアイディアになります。それは名刺のイメージをそのまま伝えて、思い通りのデザインの名刺を完成させてくれるからです。

自宅で名刺を作ると安上がりになるからという人もいますが、実際のところ印刷会社でちゃんとしたものを作成してもらっても、値段としては自己制作と、それほど大差は無いという感じがします。

上質な紙でフルカラーで頼むとしても、100枚あたり1,000円出せば作れてしまいます。

この価格はまったく家計に影響しないレベルであるので、100枚以上を発注することも全然気になりません。

自分を宣伝することのできる名刺一枚一枚が、ムラなく綺麗にできることは嬉しいことですから、印刷会社の利用はしてみるべきです。

まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いしますa
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

印刷業務で一番大変で一番やり甲斐を感じること

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「印刷業務で一番大変で一番やり甲斐を感じること」についてお話したいと思います。

印刷業務でよく誤解されることは、印刷とは印刷データをただ出力するだけで簡単そうということです。

しかし、印刷とはそんな簡単な仕事ではありません。

まずデザイナーが作製した印刷データをPC画面で見たものと実際印刷したものとでは最初から色みが合うことはほとんどありません。

また同じデータでも印刷機の違いや、天候、気温、湿度といった環境の違いで、全く違う印刷物になってしまいます。

自分的に良い印刷だと思ったとしても、お客様が承認しなければ、承認が得られるまで調整・印刷を行わなければなりません。

正に印刷業務従事者は職人なのです。そんな大変な印刷業務ですが、機械特性や経験則からある程度、最初の印刷から良い品質のものを印刷できるようになります。

そうなると印刷のやり甲斐を感じられるようになり、また印刷の奥深さを感じるようになります。

そして何より、自分が印刷したものが世に出回っているのを見たときは、達成感を感じることは間違いありません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いしますa
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

印刷業界は斜陽産業なのか

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「印刷業界」についてお話したいと思います。

印刷業界は市場規模マップを見てもわかるように、年々縮小傾向にあります。

この原因は様々ですが、不景気により発行部数の伸び悩みや、インターネットや電子メディアによる紙媒体での需要の低下が挙げられます。

しかし、そんな印刷業界ですが、販促物(SP)や紙媒体での広告等はまず無くならない分野だと言えます。

なぜなら店舗にて商品の販促を行う場合、紙媒体が圧倒的に安価で、軽量なので場所を選ばず展開できるからです。

普段気にしていないかもしれませんが、ショッピングモールやドラッグストアなど日常生活に密接に関わる場所には紙媒体の販促物が溢れております。

また電子書籍が出て久しくなりますが、紙媒体の書籍は騒がれた程衰退しておりません。

このように紙媒体での仕事が無くなることがないとはいえ、競争力の低い印刷会社は淘汰されるのは間違いありません。

今後印刷業界は、いかに紙媒体を印刷するだけのものと考えず、大きな視野で販促品のように印刷物と消費者とを結びつけられるかが重要となります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いしますa
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

フォントについて

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「好きなデザインをバッグに「フォント」についてお客様から頂いたお声えをお話したいと思います。

みなさんのパソコンに入っているフォントについて今日は少しお話をいたします。

フォントというのは、同じ大きさで、活字が法則に沿ってデザインされている活字の集合体です。デザイナーや印刷に携わる私たちには大変馴染み深いものです。

紙面の印刷や書籍などに利用され、書体といわれていました。

金属の活字だった時代から書体に関わっていた人々は、データとしてのフォントはデジタルフォントと区別して呼ばれることもあります。

普段何気に使っているフォントですが、フォントを作っている会社があります。

明朝体、ゴシック体、デザイン書体など数千の書体があると言われています。

その会社では、一つのフォントが完成するまでに10年という月日を費やし、作り上げるものもあるそうです。

普段何気に見ているチラシやパンフレットなどを少しよく見ると、様々なフォントが使われています。イメージに合わせた書体が使われていて、製作者の意図がとてもよくあらわれます。一度見てみてください。

まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いしますa
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

フチなし印刷は印刷会社におまかせ

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「フチなし印刷は印刷会社におまかせ」についてお話したいと思います。

家庭用プリンターが普及し印刷を業者に出す事を知らない方も多くなっています。
印刷会社を使う事も現在では少ないと思いきや、印刷業者のお仕事は増えてきていると言われます。

・業務で使うフチなし名刺印刷や年賀状は印刷会社がおすすめ
仕事で必ず使う名刺印刷も、家庭用プリンターがあれば確かに可能です。

でもプリンターには印刷できる印刷可能枠の設定があるので、名刺サイズの規格用紙にイラストレーターやフォトショップでデータを作った場合、デザイン通りにフチなしで印刷する事は難しく、仮にフチなしが可能なプリンターの場合は、表示させたサイズを拡大して印刷するので、狙ったデザインに仕上げるまでにプリンタの調整と、データの作りの変更を行わなくてはならず、印刷形式の設定に慣れないうちは細かい設定を行う事にも困難を極めます。

その点印刷会社は印刷のプロなので、データを見て依頼者のイメージ通りにどこを変更し、出来ない表現はどれかを判断してくれるので、あとは仕上がりを待つだけなのです。

まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いしますa
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

印刷業界のこれからのビジネスについて

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「印刷業界のこれからのビジネスについて」についてお話したいと思います。

印刷業界は大手から中小企業まで、今後は急速なビジネスモデルのかじ取りの変更を迫られることになるでしょう。

すでに中小企業で大規模印刷会社のインフラのスケールメリットに勝てなくなって衰退、廃業したところもあると思われます。

しかし、これからは大手であっても同じように厳しい状況になります。誰しもがわかってる通り、紙媒体での印刷が新聞であれ、パンフレットであれ、ポスターであれ減ってきてるからです。

電子カタログ、電子ポスター、デジタルサイネージがメインになってくる中、違ったビジネスを展開していかねばなりません。

カタログにICチップを仕込んで新たな媒体としてマーケティングツールとして提案するとか、印刷ではない活字電子媒体を自ら運営していくとか、サイネージと紙媒体のミックスしたマーケティングを提案するといったところでクリエイティブな発想が求められていくわけです。

非常に難しい時代になってきますが生き延びるためには重要なポイントになってきます。

まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いしますa
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

印刷会社にしか出来ないことがある

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「印刷会社にしか出来ないこと」についてお話したいと思います。

昨今、どこの家庭にもパソコン、プリンターは当たり前の時代となりましたし、企業の事務所や事業所ともなれば、印刷会社へ委託していた書類を自分たちでプリントアウトしてコスト削減を行っているところが多くなってきていると思います。

しかし、やはり印刷会社へお願いしないと出来ない業務も有ります。

例えば複写になっている用紙の印刷ですが、これは一般の印刷機ではまず無理です。

用紙が薄すぎることと、使用する際に2枚1セットや3枚1セットとなっているものは家庭用のプリンターでは印刷できません。

一度、2枚綴りや3枚綴りのものも家庭用のプリンターで印刷して印刷後にホッチキスで止めて使用したらコストダウンになるのではないかという意見が上がりやってみたことが有りますが、かえって時間がかかり、また印刷したものをホッチキスで止める作業は間違えない様に組まないといけないので神経を使いました。

契約書や同意書は間違っているとあとあと問題になりかねないので、印刷会社さんにお任せした方がいいこともあるなと痛感しました。

あとは、大きいPOPや掲示物も印刷会社さんには適わないと思います。インクも発色が違うようで、きれいな色が出ないのと用紙の質感も全然違います。無理矢理に自分たちで何とかしようとしても、出来上がりが貧相なら逆効果だと思います。

特にお店のPOPや広告は見栄えが重要なので、そこはお金がかかってもプロの方にお願いする方が仕上がりが良く効果もあると思います。

まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いしますa
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

個人商店様に利用していただきたい

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「印刷業者の活用」についてお話したいと思います。

昔と比べると印刷料金が抑えられること、また少部数からでも対応してくれる印刷業者がふえました。

この点からも、是非印刷業者を活用し、商品の魅力やイベントなど、工夫を凝らしてお客様をお迎えにしていただきたいです。

特に、イベント開催時には様々なツールが必要となります。告知ポスターやイベント会場説明、各店への誘導などからチラシなど。

webでの告知も大切ですが、やはり紙のツールの告知もまだまだ効果があると思います。

ネット印刷の方法も、最近では、イラストレーターの様な専門ソフトがなくても、ワードなどでも印刷が可能になってきている状況です。

賢く利用してお客様に喜んでいただきたいですね。
小さなお店でも、アイディア次第でお客様に喜んでもらうことができる時代です。小さなお店だからできることがきっとあるはずです。

40年続けられている製麺所さんでは、うどんの帯を印刷されたことから、売り上げが上がったと聞いています。小さな販促物も、利益につながりますので、工夫してチャレンジしてみてください。

まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いしますa
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大量にはがきを発送するなら印刷会社を使おう

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「はがきの印刷」についてお話したいと思います。

“はがきの印刷は、10枚位なら個人でも行えますし、会社でもすぐに完了できることですが、大量に発送しなければならない場合、すごく大変なものとなります。

裏面はほぼ同じものを作って、宛名欄は別のものを印刷してもらわなければならないので、1000枚クラスになると会社で対応できるラインを超えてしまっているのです。
そこで印刷会社を利用して、簡単に印刷ができるようにします。

裏面だけ行って欲しい場合にも対応できますし、宛名の印刷についても、一部だけ対応してくれる印刷会社はあります。こうして枚数分だけ厳しい状況になってしまうのを、業者に依頼して時間を削減することが出来ます。
大量に発注すれば、それだけ費用負担が軽減され、更に短時間で発送まで持っていくことが出来ます。

業者によっては、ロットが設定されている場合もあります。最低ラインでこれくらいの枚数をお願いするというもので、そうしたロットの設定を見てから、印刷会社に依頼を出すといいです。”

まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いしますa
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

印刷会社で印刷するメリット

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「印刷会社で印刷するメリット」についてお話したいと思います。

ひと昔前は個人で印刷会社を利用するというのは考えられなかったという方も多いのではないでしょうか?

現在ではCMでも印刷会社を良く見かけるようになりました。
これは一般の方にもアピールするという狙いがあるためです。

取り込むためには一般のユーザーにとってメリットがあるんです。
そこで一般の方が使えるような印刷物はどんなものか調べてみました。

今では中学生でも自分の名刺を持つ時代だそうです。
名刺は印刷会社にオーダーするとクオリティの高い印刷技術で印刷できます。

次に暑中見舞いや年賀状をオーダーする。
これは家で印刷するのはとても時間がかかったり、ロスが出たりします。

印刷会社で印刷するとキレイで、そして時間がかからずに完成します。
オプションで名入れもしてもらえるというサービスもあるので時間がなく忙しい方にはオススメです。

その他にもオリジナル封筒を作ることも可能です。
かわいいデザインをして自分だけの封筒を作ってみるのもおすすめです!

まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いしますa
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

少部数印刷にも応えてくれるオンデマンド

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「少部数印刷にも応えてくれるオンデマンド」についてお話したいと思います。

オフセット印刷や活版印刷やグラビア印刷をはじめとして、
印刷方法にも色々な種類があります。

そんな中、最近になって大きく注目されているのがオンデマンド印刷です。

オンデマンド印刷というのは、
顧客の要求や必要に応じて必要なだけの少ない部数でも提供することが可能な印刷という意味です。

カラーレーザー印刷機によるプリントのことをオンデマンド印刷と呼ぶことも多くて、
これなら通常のコピー機と同じようにデータをダイレクトに読み込むだけでプリントできますので、
小部数には最適な印刷方式だと言えます。

しかもプリント後の折り加工や製本なども一貫して処理することも可能なので、
ユーザーにとってもメリットは大きいのです。

まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いしますa
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

カタログ印刷

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「カタログ印刷」についてお話したいと思います。

印刷をする機会は、私達の身近なところで沢山あります。
自社の製品が新しくなる度に、カタログを作成するなんて事もあると思います。

その時はカタログ制作を専門とするデザイナーに頼み印刷をするのですが、
以前はカタログデザインやレイアウトを1つ1つ打ち合わせをしていました。
しかし、この方法だと何度か修正が発生してしまうために、時間的な無駄が発生してしまってきました。
この方法もオフィスソフトが、普及してからの大きく進化してきた感じがあります。
ご自身でソフトを使い、カタログのデザインイメージを作る方法もあります。
そうすることで、自分のイメージを直接伝えることができるからです。
そうなると印刷を行うだけになります。
これは忙しい毎日の中で、時間を短縮させるだけでなく、トータル費用も大きく削減することになるのです。
イラストレーターを持っている会社であれば、自ら原稿案を作る事もできますよ。

まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いしますa
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

現在の主流であるオフセット印刷とは

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「現在の主流であるオフセット印刷とは」についてお話したいと思います。

木版印刷から始まり受け継がれている印刷という技術は現在様々な方法が用いられています。
その中でも昨今の主流はオフセット印刷というもので、
新聞やポスター、雑誌やカタログといった紙媒体の印刷物のほとんどがこの方法で行われています。

オフセットというのは版に塗ったインキを、
ゴムや樹脂などで作ったブランケットと呼ばれるローラーに移してから紙に印刷するという方法です。
凹版印刷や凸版印刷といった他の印刷方法と同じように平板印刷と呼ばれることもあります。

先のふたつはどちらもインキを紙に直接塗りつける方法なので、
オフセット印刷は少々特殊な方法といえるかもしれません。

どのようにして印刷しているのかというと、
水と油が反発する作用を利用しています。

版に親油性の部分と親水性の部分を作り、
水とインキを付けることによって塗る箇所を分けているのです。
最近では水を使わずに、油を弾くシリコンなどを使用していたりもします。
版の耐久性が高かったりとメリットの多い方法といえるでしょう。

まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

印刷会社だと多彩な紙を選ぶことができる

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「印刷会社だと多彩な紙を選ぶことができる」についてお話したいと思います。

どのような紙に印刷するかによって受け取られる印象は大きく変わってきます。
たとえば名刺を半透明の紙に印刷するのと、
透明ではないマットな紙に印刷するのとでは見た目が大きく変わりますよね。

家庭用のプリンターは確かに質が高くなってきていますが、
選べる紙はそこまで多くありません。
インクジェット対応の紙というのはまだまだ種類が少ないのです。

色々な紙を選んでということであれば印刷会社にぜひご依頼ください。
紙を選ぶのだけで何時間もかかるというようなことがおこることもあるでしょう。
それだけ印刷会社で扱っている紙は多いのです。
紙によって相手に与える印象は大きく異なります。
紙をきちんと選びたいという人は印刷会社に頼んだ方が絶対に良いですね。

印刷会社に頼むことによって印刷の選択肢が増え、
さらには印刷のクオリティも上げることができるんです。
また、紙に対しても出来る限りのアドバイスをさせて頂いております。

まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

印刷物の魅力と利便性について

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「印刷物の魅力と利便性について」についてお話したいと思います。

印刷には長い歴史があります。
すでに7世紀には木版印刷が始まっていたといわれます。
それから千数百年もの間、ずっと人類は印刷と共に歴史を刻んできたわけです。

そのためインターネットが普及した現代でも、印刷の重要性は益々高まりこそすれ衰えることがありません。

例えば電子書籍は一見便利なようでも、何故か余り普及が進んでいません。
それは人々が紙の印刷物に深い愛着を感じているからかも知れません。

確かに印刷した紙のニオイを嗅ぐと不思議と気分が落ち着くという人もいます。
また高齢者は長年紙に親しんできたので、電子画面の中の文字を追うことが苦手で目が疲れるという人も多いです。

しかもデジタルの場合はパソコンやスマホなどの電子機器が必要です。
でも紙の印刷物なら、見るのに機械も何も全く何も必要ありません。

気軽に持ち運べるし、何か思いついたらペンで直接メモ書きが簡単にできます。
印刷物は利便性や温かみや手軽さなど、多くの利点があるのです。

まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

印刷会社に頼まなければできないことが沢山ある

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「印刷会社に頼まなければできないことが沢山ある」についてお話したいと思います。

最近は家庭用プリンターの質も上がってきました、
なので印刷屋さんに頼まないで家庭のプリンターでも良い、
と考えてらっしゃる方もいるかもしれません。

確かに印刷にこだわらない人にとってはそうなのかもしれませんが、
印刷屋さんに頼むと様々な特殊印刷などを楽しむことができます。
たとえば箔押しといって金や銀などの箔を用紙に貼り付けて演出する方法ですとか、エンボス加工とかもやってもらえます。

また、オフセット印刷といっていくつかの版を作ってから印刷する方法もあり、
一般に販売している書籍等と同等の見た目になりますので、
家庭用プリンターで満足されている方は驚かれるかも知れません。

一部で流行っている活版印刷なども印刷会社でないとできないような印刷方法です。
これも独特な風合いが出て味のある印刷方法で素敵な仕上がりになります。
こういったちょっとこだわった印刷をやろうとすると家庭では難しいんですよね。
なので、出来上がった印刷のクオリティを見ればより実感して頂けると思います。

まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ホーム > 印刷知識

検索
フィード
メタ情報

Return to page top