Home > 医療関係印刷

医療関係印刷 Archive

オリジナルの薬袋で患者さんに安心感を

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「オリジナルの薬袋で患者さんに安心感を」についてお話したいと思います。

医院、薬局などで患者さんに渡す薬袋。
医院、薬局の名前が印刷されたオリジナル薬袋は、
患者さんに対して信頼感と安心感を与えます。

必要事項の記載はもちろんのこと、
病院や薬局のイメージアップを考慮するなど、
オリジナルで制作が可能です。
今までの薬袋を使用していた病院や薬局にも、
オリジナルの薬袋で患者さんにもわかりやすく大変好評をいただいております。

わかりやすい服用方法等のレイアウト、
患者さんにとって優しい医療機関であるイメージを与える薬袋デザインは
医院、薬局のイメージ向上につながります。

医院、薬局用のオリジナル薬袋のデザイン・印刷でお悩みの方は、
大阪の印刷会社三陽美術にお任せください。

まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いしますa
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━%

医療の現場で役立つ印刷

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「医療の現場で役立つ印刷」についてお話したいと思います。

印刷物は、生活の中に馴染みきっていて、
『人が目的に合わせてデザインを考えてデータを作成し、それを受けて印刷業者が制作したもの』
という認識は非常に薄いのではないかと思われます。

生活の上で欠かすことのできない病院、
そんな医療の現場でも印刷物はもちろん頻繁に使用されています。
病院に始めて訪れた際に書き込む問診票や
患者さんの診療内容を書き込むカルテ、
処方された薬剤を分別して持ち帰る薬袋も全て印刷物です。

現場において、実際に使いだしてみると
「もう少し患者さんに配慮した問診票にできないか。」
「特定の症状を書きこみやすいカルテはないのか」
などの要望も出てくるかと思います。

そんなときには是非印刷会社にご相談ください。
ご希望に沿った内容で、テンプレートに沿ったかたちからご相談にのらせて頂きます。

調剤薬局オリジナルの薬袋のデザインもお受け致します。

まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いしますa
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

堺市西区で薬袋の小ロット印刷をおこないました

堺市西区で薬袋の小ロット印刷をおこないました

>>薬袋の印刷はこちら

ブログをお読みいただきありがとうございます。大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

封筒印刷、名刺印刷、伝票印刷なら大阪の印刷会社三陽美術

エボラ出血熱の感染拡大が話題になっていますね。
感染してしまうと、治癒するか否かは、年齢や性別や食生活などの健康状態などは関係ないということを7月に現地で治療にあたっていた専門家の方がテレビで話していらっしゃいました。

空気感染はないということなので、濃厚な接触をしない限り感染することはないという話ですが、日本でもし水際対策に不備があり、一般に感染者が出た場合は初期症状の発熱の段階でも公共交通機関で出社する方は多くいらっしゃるでしょうし、一気に感染拡大してしまいそうだと想像力が働いてしまいます。

さて先日堺市西区で薬袋の小ロット印刷をおこないました。
小児科も併設されている個人医院さまですが、患者さんから同時に家庭内で複数の子供が病気にかかっているとどの子がどの薬なのか混乱してしまうというお話を伺ったそうです。

お子さんが同時に病気をされる際にはその面倒を見ている際に親御さんも感染してしまうことは多いですし、通常なら間違いをおかすことがないような判断でも大人にうつって重症化している上に、複数の子供が同時にぐずっていると意識が朦朧として判断力が鈍るということは想像できます。

そんなお話から、年齢と用法容量を袋ごとに区別し、はっきり大きく表示したものを数種類用意することにしたそうです。

実験的に小ロットで印刷し、コストと評判を見てロット数を判断していくことになりました。

用法を記号でわかりやすく表現するなど、デザインの相談にも乗らせていただきました。
大ロット印刷はもちろんのこと、小ロット印刷でも問題はありません。

薬袋の印刷にお困りの方がいらっしゃいましたら、ぜひお気軽に私たち三陽美術にご連絡くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

医療用説明図・入院診療録印刷もできます!ナンバリングもOK!

医療用説明図・入院診療録印刷もできます!ナンバリングもOK!

>>医療用説明図・入院診療録の印刷はこちら

ブログをお読みいただきありがとうございます。大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

封筒印刷、名刺印刷、伝票印刷なら大阪の印刷会社三陽美術

医療関係にお勤めの皆様にご紹介です。
いつも同じところにお願いしているのでなかなか提案しづらいけれど、本当は少しレイアウトを変更したいと思っている書類がある等、不満はございませんか?じつは、私たち三陽美術は医療用説明図や入院診療録の印刷もおこなうことができます。

一般の皆様であればあまり聞き慣れない言葉かもしれませんが、それぞれは治療方法やその内容を分かりやすく図式化したもの、そして入院後の診察の経過を記録しておくもの、といった書類です。医療関係者の皆様であればその仕事でとても重要な書類のひとつではないでしょうか。

単純な話かもしれませんが、例えば多数の患者や入院者に対応している総合病院様などであればその利用枚数も少なくはないはずです。ある程度電子化されている時代ではございますが、データ化するよりも効率がよく確実におこなえることもあるかと思います。

医療用説明図や入院診療録のデザインを少し変更したい、カラーを変えたい、大量印刷したいなど、どういった内容でも結構ですので、ぜひお気軽に大阪の印刷会社三陽美術にご連絡くださいませ。

小ロットで依頼して、どんなものか試してみたいということでも問題はございません。
医療用説明図や入院診療録印刷についてはお気軽に私たち三陽美術にご連絡くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

薬歴簿・調剤記録簿の印刷

薬歴簿・調剤記録簿の印刷

>>薬歴簿・調剤記録簿の印刷はこちら

ブログをお読みいただきありがとうございます。大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

封筒印刷、名刺印刷、伝票印刷なら大阪の印刷会社三陽美術

病院関係者、薬局などの皆様にお勧めです。
当然のごとく、薬歴簿や調剤記録簿をご利用になられることがあるかと思います。一般の方はあまり耳にしたことのないものかもしれませんが、簡単にいいますと文字通りですが薬の処方履歴や、調剤をどのようにおこなったのかを記録しておくための書類ですね。

患者の薬に関する記録をしておくものですから、分かりやすくそして確実に記録しておけるものでなければならないと思います。そしてこれが特定のフォーマット、つまり全国的に統一された書式でなければならないということはありません。

ならば必要項目を分かりやすく配置した薬歴簿や調剤記録簿にすればいいのではないでしょうか。例えば病院様や薬局様のロゴが入ったものや、色なども明るく見やすいものにしてみてもいいかと思います。デザイン的な部分から根本的に相談したいというお客様には印刷デザインを専門とする信頼できる業者様をご紹介した上で、綺麗で確実な印刷をおこないます。

薬歴簿や調剤記録簿の印刷はぜひお任せくださいませ。

まずは、試しに小ロットで印刷したいという場合でもなんら問題はありません。
薬歴簿、調剤記録など病院関連の書類印刷をお考えの皆様はぜひお気軽に私たち三陽美術にご連絡くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

貝塚市でオリジナル薬袋の小ロット印刷のご相談を受けました

貝塚市でオリジナル薬袋の小ロット印刷のご相談を受けました

>>薬袋の印刷はこちら

ブログをお読みいただきありがとうございます。大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

封筒印刷、名刺印刷、伝票印刷なら大阪の印刷会社三陽美術

今回は貝塚市で歯医者を経営されているお客様からのご依頼でオリジナルの薬袋を印刷した件についてご紹介します。コンビニより数が多いと言われる歯医者ですが、その数と共にあまり知られていないのが、実はものすごいスピードで廃業に追い込まれているんですよね。

しかし、今回のお客様は地域密着で周辺住民の皆様の信頼を得て人気の歯医者様で、ここ数年増えてきたお子様向けのオリジナルの薬袋を印刷したいと考えられたそうです。こういった気配りが人気を得ているこの歯医者様の素晴らしい点かもしれませんね。さてオリジナルのデザインに関してはすでにお客様の方で検討されておりました。

歯医者のロゴマークとオリジナルのキャラクターがデザインされた何か楽しくなるようなものでした。あとは私たちがきっちりと綺麗に印刷させていただきました。今回は小ロットでの印刷のご依頼でしたが好評となれば改めて大ロットでのご注文をいただけることになっておりますので、首を長くしてお待ちしております。

他の病院関係者の皆様もオリジナルの薬袋印刷はいかがでしょうか。

大ロット印刷はもちろんのこと、小ロット印刷でも問題はありません。
薬袋の印刷にお困りの方がいらっしゃいましたら、ぜひお気軽に私たち三陽美術にご連絡くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大東市で医療用IDカードの印刷をおこないました

大東市で医療用IDカードの印刷をおこないました

>>医療用IDカードの印刷はこちら

ブログをお読みいただきありがとうございます。大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

封筒印刷、名刺印刷、伝票印刷なら大阪の印刷会社三陽美術

大東市の病院関係者の方からご連絡をいただき、医療用のIDカードの印刷をおこなわせていただきました。

IDカードって単純にとても便利ですよね。基本的には一度登録した情報を再度登録し直す必要はありませんので、たびたび通院するかたにはありがたい話かもしれませんね。そしてIDカードといえば仮に複数の病院に通院している場合を想像してみてください。

単純にどのIDカードがどのびょういんだったか、分からなくなってしまったということはありませんか?たかがIDカード、されどIDカードではないでしょうか。

大東市のお客様もこれまでのIDカードを見直して患者様に覚えてもらいやすい、わかりやすいカードを持ってもらうということから患者様への思いやりを表現していこうと考えられ、新しいIDカードの印刷を私たちにご依頼いただきました。

今ではその新しい医療用IDカードも好評だということで少しでもお役にたてたのかとありがたく感じております。

医療用IDカードを作り直したいと考えられている病院関係者の皆様。
医療用IDに限らずカルテや診察券印刷なども対応可能ですので、ぜひお気軽に私たち三陽美術にご連絡くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

神戸市西区で医療用伝票とカルテ印刷をおこないました

神戸市西区で医療用伝票とカルテ印刷をおこないました

>>医療用伝票とカルテ印刷の印刷はこちら

ブログをお読みいただきありがとうございます。大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

封筒印刷、名刺印刷、伝票印刷なら大阪の印刷会社三陽美術

今回は神戸市西区で開業医としてご活躍されているお客様からご連絡があり医療用伝票とカルテ印刷をおこなわせて頂いた件についてご紹介します。
病院関係者の皆様でないとあまり目にすることのないカルテですが、医療用伝票は病院でお世話になったときに見かけることもあるかと思います。その医療用伝票に一工夫加えられていたら皆様はどう感じるでしょうか。

パッと見て捨てるだけ、という方もいらっしゃるかもしれませんがその単純なるものにこだわりが見えることこそ、どれだけ患者様に対しての思いやりを持っているかが感じ取れるかもしれないと思うのですがいかがでしょうか。単色の数字を羅列しているだけのものより、多少のカラーを用いて患者様に分かりやすいようなレイアウトにするだけでも見栄えは変わってくると思います。

また、カルテに関しては、基本的に病院内部で利用するものですが、患者様の情報を確実に記録及び把握するためのものがベストであることはいうまでもありません。今回のお客様はそういった改善を求めて私たちに印刷のご依頼をいただきました。

病院関係者の皆様、医療用伝票やカルテ印刷はぜひ私たちにご連絡くださいませ。

大ロットでのご依頼であれば尚更、小ロットでも問題はございません。
医療用伝票やカルテの印刷にお困りであればぜひお気軽に私たち三陽美術にご連絡くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

奈良県宇陀市で薬袋の印刷をおこないました

奈良県宇陀市で薬袋の印刷をおこないました

>>薬袋の印刷はこちら

ブログをお読みいただきありがとうございます。大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

封筒印刷、名刺印刷、伝票印刷なら大阪の印刷会社三陽美術

皆様はこれまでの人生で何度か病院にお世話になったことがあるかと思います。可能であるなら病院にお世話にならない健康な人生を送りたいですが実際はなかなか難しい話ですよね。

今回は奈良県宇陀市で病院を開かれているお客様から薬袋を印刷してほしいとのご依頼を受けて印刷した件についてのご紹介です。
住宅街の中にポツンと開かれている個人病院だということもあり、比較的年配の方の割合の高い患者様から度々薬を飲むのを忘れたり、もう無いはずの薬がまだ残っていたりというトラブルを耳にする機会が増えたそうです。

どうやらそれが、薬袋とは別に引用回数や方法を示す用紙を渡しているのが原因だということが分かり、薬袋に直接処方回数などを直接記載するデザインに変更することを考えられました。この方法であれば別紙を用意する必要がなくなり資源的にも削減できるので効率的な方法だと思います。

また、実際に患者様が薬を服用する際にはその薬袋を確認するだけで済みますから便利ですよね。

薬袋に限らず、カルテや診察券、投薬瓶ラベルやIDカードなどの印刷も対応可能です。
病院で使われるものの印刷でお困りであればぜひお気軽に私たち三陽美術にご連絡くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

奈良県大和高田市でお薬手帳の印刷をおこないました

奈良県大和高田市でお薬手帳の印刷をおこないました

>>お薬手帳の印刷はこちら

ブログをお読みいただきありがとうございます。大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

封筒印刷、名刺印刷、伝票印刷なら大阪の印刷会社三陽美術

一昔前にはこういったシステムはなかったと思うのですが、病院で診察を受けた後に行く薬局で渡されるお薬手帳ってご存知でしょうか?

簡単にいいますとこれまでの処方薬の履歴を残しておくためのものですね。飲み合わせの良くない薬などを判断する材料の一つなどとして用いられるそうです。実はこのお薬手帳の印刷も承っているのが私たち三陽美術です。奈良県の大和高田市で薬局を経営されているお客様からのご依頼を受け、印刷させていただきました。

お客様ご自身で、少しでも薬局に来られる患者様に前向きな気持ちでいてもらいたいと明るい配色のデザインを検討されており、それを私たちがこれまでの長年の実績を駆使して手帳にしました。この手帳を手にされた患者様が少しでも早く快方に向かわれれば幸いです。

お薬手帳だけでなく、薬袋や投薬瓶ラベル、IDカードなどの印刷もおこなっております。
独自のデザインでユニークな印刷をおこないたいと考えれおられるのであれば信頼のおけるデザイン業者様もご紹介いたします。

1枚からの印刷でも問題はありません。
病院関係者の皆様、印刷にお困りであればぜひお気軽に私たち三陽美術にご連絡くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

服用レッテル・投薬瓶レッテル・軟膏ラベル印刷もおまかせください

服用レッテル・投薬瓶レッテル・軟膏ラベル印刷もおまかせください

>>服用・投薬瓶レッテル・軟膏ラベルの印刷はこちら

ブログをお読みいただきありがとうございます。大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

これまで病院に行ったことがない人っていらっしゃるんですかね?
羨ましい限りですが、大半の方は一度は病院にお世話になったことがあるかと思います。そして大体はその際に何らかの薬、薬品を処方されますよね。その際の薬袋や投薬瓶などに必要な服用レッテルや投薬瓶レッテル、軟膏ラベルの印刷はぜひお任せくださいませ。

個人経営の比較的小さな病院で薬局も併設している方などであればそれほど数は必要ないかもしれませんが、総合病院などその規模が大きくなればなるほど薬の処方も多いでしょうから薬袋も大量に必要かと思います。

そして仮に経費削減としてご自身で印刷対応しようと考えたとしても結局は相当の時間が必要で逆に効率性に欠けてしまうこともあります。
これまでの40年を超える印刷実績を生かして、的確に迅速に対応いたしますのでご安心ください。

また、診察券印刷やカルテ印刷、薬袋印刷、お薬手帳印刷などでお困りの場合もぜひ一度ご相談くださいませ。仮に当社で対応しかねるものであっても、信頼できる印刷会社をご紹介いたします。

大ロット印刷はもちろんのこと、小ロット印刷でも問題はありません。
印刷は私たち三陽美術にに任せていただいて、本業に充てる時間をより多く確保していただければと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

神戸市北区で歯科技工指示書の印刷をおこないました

神戸市北区で歯科技工指示書の印刷をおこないました

>>指示書の印刷はこちら

ブログをお読みいただきありがとうございます。大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

歯科技工指示書ってご存知ですか?
どちらかというとあまり聞き慣れない言葉ですよね。しかし実はそれほど難しい話ではなく、文字通り歯科技工を指示(依頼)するための書類です。
歯医者さんには一般的に歯科医師はいますが、いわゆる詰め物などを製造・加工する歯科技工士は不在で外部に委託しているケースが多いんですよね。そこで、歯科技工士さんに歯医者さんがどんな詰め物を造ってほしいのかを記載して渡す書類というのが歯科技工指示書というものなんです。

今回は、神戸市北区の歯科医師様から歯科技工指示書の印刷を大量に注文いただき、私たちの長年の技術を利用して綺麗に仕上げて納品させていただきました。何度かご利用いただいているお得意様なのですが、近辺に数軒の歯医者を経営していることでそれらも含めた枚数なので毎回大量にご注文いただいております。

そして特に医療に関わる書類ですから、美しい書類に越したことはありませんよね。また病院といえば、このほかにも薬袋やカルテ、診察券などをよく見かけますがその印刷、お困りではありませんか?

歯医者さんに限らずなにか印刷でお困りではないでしょうか。
数々の実績を生かして的確な印刷対応をおこないますので、ぜひお気軽に私たち三陽美術にご連絡くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

八尾市でおこなった院内パンフレット印刷

八尾市でおこなった院内パンフレット印刷

>>パンフレット印刷・カタログ印刷
封筒印刷、名刺印刷、伝票印刷なら大阪の印刷会社三陽美術<br /> width=

特に大きな総合病院などで、自分がいくべき科がどこにあるのか広すぎて少し迷ってしまったという経験はありませんでしょうか。
壁などの掲示板をみてなんとかたどり着いたとしても、その時点でちょっとしたストレスを感じてしまいますよね。少なくとも何らかの問題を患って病院にいく時点で少なくともストレスを感じているわけですから、院内でまでもストレスを感じたくはないですよね。

そこで便利なのが院内パンフレットです。総合病院に限らず個人病院の皆様もぜひご検討ください。その病院の特徴や、どこにどの科があるのか、トイレはどこかなどが記載されているだけで患者様もちょっとした不安解消につながるのではないでしょうか。

また、今後導入する予定の機器や、新しい科が開設されるなどの患者様に対するアピールにも利用可能ですよね。
患者と言えど、病院側からすればお客様です。お客様がまったく来なくなれば病院と言えど閉鎖に陥ることとなります。
八尾市のある病院に導入したパンフレットでは、患者様からそのおかげでいろいろと分かりやすくなったとの声が届いています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

広島県でおこなった歯科カルテ用紙の色と印刷

広島県でおこなった歯科カルテ用紙の色と印刷

封筒印刷、名刺印刷、伝票印刷なら大阪の印刷会社三陽美術

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

病院に行くと必ず作成されるカルテですが、歯科カルテ用紙には歯式表が印刷された特殊なものを使用しています。
歯科カルテには黒だけではなく、赤や青など色分けされていることをご存知でしょうか?

保険証の種類によってカルテの紙の色が分かれているのです。
国民保健の方は青色か緑色、社会保険本人の方は黒色、社会保険家族の方は赤色の用紙を使用します。

保険の種類により支払う金額が違うので、変更がないか確認をするために、初診以外に月初めにも保険証を提示します。
住所・氏名・電話番号などお客様の個人情報が書かれている歯科カルテ用紙には、コピーガードが施されています。

コピーガードとはカルテをコピー機やスキャナで複製すると、禁複写やCOPYなどの文字が浮かび上がり印刷されるものです。
文字を浮かび上がらせて読み取りにくくすることで個人情報の漏洩を防ぎます。
特殊な加工を施したコピーガード用紙は、歯科カルテ以外にも様々な印刷物に使用されています。

病院のカルテには病状や処方された薬など命に関わる大切な情報も記入されており、カルテの用紙にはコピーガード用紙を使用した印刷が必要です。
患者さんが安心して治療できるよう、個人情報を守ったカルテ用紙の印刷を行います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

沖縄でのオリジナル薬袋の印刷

沖縄でのオリジナル薬袋の印刷
封筒印刷、名刺印刷、伝票印刷なら大阪の印刷会社三陽美術<br />

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

医療機関で使われる薬袋は、それぞれにさまざまなデザインや形があります。
また、一つの医療機関でも、大きさや色などが異なるものを用意するところも多くあります。

患者さんは手にした印刷物で、その医療機関に対するイメージを持ちますから、医療機関での印刷物は顔ともいえるほどの重要なもの。
良い印象を与え、また病気になった時にはここにかかりたい、と思わせるようなものを作成したいものです。

三陽美術では、オリジナル薬袋の印刷を承っております。

オリジナルのデザインで印刷ができるのはもちろん、ロゴマークや医療機関名、調剤薬局名などをあらかじめ印刷することも可能です。
どんな薬をどのくらい服用するのかといった基本的な情報から、その医療機関がどんなところで、何をアピールしたいのかといったことも薬袋に明記することができます。

また、印刷の色も自由に選ぶことができますから、内服薬、外用薬、頓服薬といった種類によって薬袋の色を変えて印刷することもできます。
さらに、紙の色を変えて印刷することもできますから、薬袋自体の色で区別する場合にも対応が可能です。

オリジナル薬袋の印刷をしたいとお考えなら、三陽美術にお任せください。

沖縄への配送もおこなっております。

三陽美術なら、きっとご希望に合ったオリジナル薬袋の印刷をご提供いたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

介護でとっても大事な情報である食事箋も印刷可能です

介護でとっても大事な情報である食事箋も印刷可能です
封筒印刷、名刺印刷、伝票印刷なら大阪の印刷会社三陽美術<br />

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

食事箋とは、個別の病気や症状に対して食事療法をおこなう際、医師の指示内容を記した指示書のこと。
介護の現場では、この食事箋をもとに、入居者さんの食事を提供していくわけですから、非常に大事な情報を掲載したなくてはならないものです。

食事療法は、薬と違ってすぐに効果があらわれるものではありません。
しかし、毎日食事箋に沿った食事をきちんととることで、健康が保たれるというものです。
介護が必要であるお年寄りの方々にとっては、とても重要な療法のひとつなんですね。

食事療法をおこなう際には、この食事箋が必ず必要になり、見間違いがないよう分かりやすく見やすい食事箋出あることが求められます。

三陽美術では、介護でとっても大事な情報である食事箋の印刷も承っております。

三陽美術では、食事箋の印刷をおこなう際、お客様と綿密なお打ち合わせをおこない、お客様のご要望に合った食事箋の印刷をご提供させていただいております。
どのようなレイアウト・デザインにすればいいかお悩みなら、これまでのノウハウをもとにアドバイスもいたします。

食事箋の印刷をお考えなら、三陽美術にお任せください。
三陽美術なら、分かりやすく、見やすい食事箋の印刷をご提供いたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

生野区のディサービスセンターで食事箋の印刷をおこないました!

生野区のディサービスセンターで食事箋の印刷をおこないました!

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

三陽美術では、以前、生野区のディサービスセンターで食事箋の印刷をおこないました。
この時は、より分かりやすく見やすいデザインの食事箋を、とのご希望で、お客様とお打ち合わせを重ね、食事箋の印刷をさせていただきました。

食事箋とは、個別の病気や症状に対して食事療法をおこなう際、医師の指示内容を記した指示書のことです。

食事箋は、ディサービスセンターのほか、病院、介護施設などで使われています。
食事療法は、薬ほど劇的に効果のあるものではありませんが、毎日きちんと行われることで健康が保たれるものです。
病気の方、体力が低下している方やお年寄りなどにとっては、重要な療法のひとつです。
ですから、食事箋も見間違いなどが起こらないよう、分かりやすく、見やすいものが求められるというわけなんです。

三陽美術は、食事箋の印刷をおこなう際、お客様と綿密なお打ち合わせを行い、お客様のご要望に沿った食事箋の印刷をご提供させていただいております。
デザイン、レイアウトなどお困りの際には、これまでの実績をもとにアドバイスもさせていただきます。

食事箋の印刷をしたいとお考えなら、三陽美術へご用命ください。
三陽美術なら、きっとご希望に合った食事箋の印刷のご提供をさせていただきます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こだわりがつまったオリジナル薬袋の印刷をおこないました!

こだわりがつまったオリジナル薬袋の印刷をおこないました!

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

三陽美術では、以前、こだわりがつまったオリジナル薬袋の印刷をおこないました。
この時は、できるだけ診療内容を明確にし、また患者さんによい印象をアピールできるものを、とお打ち合わせを重ねて薬袋を作成しました。

病院での印刷物は、いわば顔といえるほど重要なものです。
患者さんは、手にした印刷物でその病院に対して様々なイメージを持つものです。
ですから、こだわりを感じさせ、また診療内容を反映させた印刷物を作成したいものです。

特に薬袋は、病院に来られた患者さんのほとんどが手にするものです。
ここで病院のアピールをしない手はありません。

どんな薬をどのくらい服用する必要があるのか、という基本的な情報はもちろん、どんな病院で何をアピールしたいのか、といったことも薬袋に明記されているとよいでしょう。
薬袋は手にした患者さん以外の目にも触れる可能性があるものですから、病院を知ってもらう手段になることもあるからです。

そんな薬袋にこだわりが見えたら、患者さんにとっても、また来院したいと思ってもらえるきっかけとなることでしょう。

こだわりがつまったオリジナル薬袋の印刷をしたいとお考えなら、三陽美術へお任せください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

小児科御用達の子供用薬袋とお薬手帳

小児科御用達の子供用薬袋とお薬手帳

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

小児科で使用される子供用薬袋やお薬手帳は、大人用のものと違ってかわいらしいデザインのものが好まれます。
印刷会社さんによって、フォーマットが用意されていますが、オリジナルデザインで作成することができるところもあります。

三陽美術では、小児科御用達の子供用薬袋とお薬手帳の印刷も承っております。
小児科用の子供用薬袋とお薬手帳はかわいらしく親しみやすいデザインで作成しています。
また、オリジナルのデザインで作成したいという場合にも対応しております。

子供用薬袋は、プリンター対応のものと、手書き用のものをご用意しておりますので、医院のスタイルによって選ぶことができます。

お薬手帳は薬情シールを貼り付けることを考えて、紙を薄くしてあり、できるだけ膨らまないように工夫しています。

三陽美術では、子供用薬袋とお薬手帳の印刷を行う際、お客様と綿密なお打ち合わせを行い、お客様のご要望に沿った子供用薬袋とお薬手帳の印刷をご提供しております。
デザインについても、これまでのノウハウをもとにアドバイスさせていただいておりますので、お気軽にご相談ください。

小児科御用達の子供用薬袋とお薬手帳の印刷なら、三陽美術へご用命ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪市でおこなった歯科技工指示書印刷

大阪市でおこなった歯科技工指示書印刷

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

三陽美術では、以前、大阪市で歯科技工指示書の印刷をおこないました。
この時は、お客様のご要望で現在お使いの歯科技工指示書をそのまま使いたいとのことで、そのように作成させていただきました。

現在お使いの歯科技工指示書をそのまま印刷したいとのご要望は多く、三陽美術ではこのご要望に多くお応えしております。
やはり、使い慣れた伝票をそのまま使いたいとお考えになる方は多くいらっしゃいます。

歯科技工指示書は、歯科で使われる伝票であり、患者様の情報を記入する大切なもの。
歯科ではなくてはならないツールの一つであり、最も重要なものであるといえます。

印刷の際には、現在お使いの歯科技工指示書を三陽美術にお渡しいただければ、それを基に版下を作成し印刷いたします。

また、三陽美術では、新しく歯科技工指示書を作成したいという場合にも、レイアウトなどご相談いただければこれまでの実績からアドバイスをさせていただきます。
歯科技工指示書印刷の際には、お客様と綿密なお打ち合わせをおこない、ご要望に沿った歯科技工指示書を作成させていただきますので、ご安心してお任せください。

歯科技工指示書の印刷をお考えなら、三陽美術へご用命ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

医院様御用達のカルテ印刷

医院様御用達のカルテ印刷

医院様では、さまざまな印刷物が使用されていますが、なにより重要なものと言えばカルテではないでしょうか。
といっても、カルテの仕様はいろいろあり、今使っているカルテは使いづらい…ということもあるかもしれません。

カルテには患者様のあらゆる情報を記入しますが、それに時間がかかってしまっては、患者様とのコミュニケーションが十分でなくなる可能性があります。
医院様としては、カルテを使いやすくすることで、もっと患者様とコミュニケーションが取れるようにしたいものですね。
カルテはそれほど、医院様にとっては重要なものといえるでしょう。

三陽美術では、オリジナルデザインのカルテ印刷を承っております。
医院様によって、必要になる項目などは違ってきます。
オリジナルデザインカルテなら、必要な項目や仕様で自由にカルテを印刷することができます。
三陽美術は印刷のプロですから、オリジナルデザインカルテも多く取り扱っておりますので、ご安心してお任せいただくことができます。
お客様との綿密なお打ち合わせの上、ご納得いただける使いやすいオリジナルデザインカルテを作成いたします。

オリジナルデザインカルテを作成したい、とお考えなら、ぜひ三陽美術へご用命ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

医療機関様 注射箋・食事箋印刷もご相談ください

■医療機関様 注射箋・食事箋印刷もご相談ください■

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。
今回のテーマは「医療機関様 注射箋・食事箋印刷もご相談ください」についてです。

医療機関様で扱う処方箋や伝票のなかでも、とくに入院患者さんに対して必要になってくる注射箋・食事箋印刷。
三陽美術では各医療機関様にあわせたオリジナルの注射箋・食事箋印刷も行なっています。

注射箋は注射や点滴投与に欠かせず、万が一取り違えることのないよう患者名・薬剤名・投与時間・投与方法など医師と看護師のわかりやすいものやダブルチェックをするなど必要な情報を細かく、各医療機関様オリジナルを印刷できます。

食事箋は栄養士との連携をするうえで必要ですよね。
特に大きい医療機関様になればなるほどいろんな要望がでてきますよね。たとえば…
栄養課と事務と保管用に複写式のものが欲しい。食止め伝票や献立表も印刷したい。複写式は通常の伝票と同じようにカーボンを利用するなどして印刷可能です。食止め伝票や献立表もおまかせください。

医療事故防止のための確認体制のとれたものであったり、使いやすく、医療機関様にあわせたオリジナルの注射箋・食事箋の印刷がしたい…。
そのようなご要望の際には大阪の印刷会社三陽美術にまずはご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

薬袋片面透明フィルムへの印刷もできます!

■薬袋片面透明フィルムへの印刷もできます!■

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。
今回のテーマは「薬袋片面透明フィルムへの印刷もできます!」です。

最近風邪が流行っていますね。
質の悪いノロウィルスや胃腸炎で入院される方もいるようで、体調管理には気をつけたいところです。

さて病院や薬局でもらうお薬袋。最近、透明フィルム使用の薬袋が増えてきていることにお気づきでしょうか。
片面透明フィルムは中身が見えるため、薬の取り違い防止など、安心してお使いいただけます。もちろん、患者さんも中身が見えたほうが薬の残量などがひと目でわかって使い勝手がいいですよね。

最近では透明フィルム使用の薬袋でも家庭用インクジェットプリンタやレーザープリンタで印刷が可能になってきているので、「片面透明フィルムだと院内や薬局で印刷ができない・・・」などのお悩みも減ってきていることも片面透明フィルム薬袋が増えている理由でしょうか。

多少コストはかかってしまうものの、薬袋を単なる保管のための入れ物というだけではなく、患者さんのお薬の情報提供や注意・指導のためのツールと考え、利便性や安全性を追求していくことも必要な時代になってきているのかもしれませんね。

薬袋片面透明フィルムへの印刷のことなら、大阪の印刷会社三陽美術にお任せください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■クリア薬袋やお薬手帳印刷など医療関係印刷もおまかせください■

■クリア薬袋やお薬手帳印刷など医療関係印刷もおまかせください■

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。
今回のテーマは「クリア薬袋やお薬手帳印刷など医療関係印刷もおまかせください
」です。

近年、高齢化社会にあわせて医療関係の印刷も需要が高くなってきております。
特に必要となってくる薬袋やお薬手帳について少しご紹介しましょう。

通常、薬袋は両面紙の印刷ですが、最近は裏面が透明のクリア薬袋も増えてきました。中のお薬が見えるので、患者さんも取り出しやすく、調剤側も取り違える心配がありません。

お薬手帳は2012年の4月からは原則としてすべての薬局利用者に発行されています。今や薬局へ行くと必ず取り扱うものになってきました。
それほどにお薬手帳の需要は伸びています。
もちろん、高齢者だけに限らずいろんな利用者にあわせたお薬手帳の印刷ができます。特に子ども用のキャラクターが印刷されたものなどがあります。

関東大震災の時にも、お薬手帳は現場でたいへん活躍したと聞きます。
三陽美術ではこのような医療関係印刷にも力を注いでいます。
クリア薬袋やお薬手帳印刷など医療関係印刷も大阪の印刷会社三陽美術におまかせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ホーム > 医療関係印刷

検索
フィード
メタ情報

Return to page top