Home > ラミネート加工

ラミネート加工 Archive

図書カード印刷

今日は「退職・退官記念にオリジナル図書カードを」についてお話したいと思います。

長年勤めていた会社の退職記念品なら、
心に残る贈り物であり、
贈られた相手が喜ぶものを選びたいものですよね。

そんな、気持ちが伝わる心のこもった贈りものとして、
全国の書店でご利用いただける図書カードは人気の商品です。

さらに『オリジナル図書カード』であれば、
贈る側のセンスと手間を感じさせつつ、
実用的でハズレのない贈り物といえるでしょう。

図書カードは老若男女問わずどなたにお贈りいただいても喜ばれるため、
退職・退官記念にもおすすめです。

退職や退官の記念品として、ご検討ください。

まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

屋外で使う印刷物はラミネート加工がおすすめ

ブログをお読みいただきありがとうございます。

大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「屋外で使う印刷物はラミネート加工がおすすめ」についてお話したいと思います。

屋外にちょっとした案内や
広告を設置したいとお考えの方は多いのではないでしょうか。

例えばお店までの道案内を屋外に設置すると
宣伝効果が期待できますが、
屋外に設置した印刷物はそのままだと
雨や日焼けなどで劣化しやすいです。

せっかくの案内や広告がぼろぼろになっていると
イメージダウンに繋がってしまいます。

ラミネート加工を施すことで、
劣化を防ぐことはもちろん、
見た目をキレイに見せることができます。

キレイな案内や広告のほうが印象が良く、
たくさんの方に見ていただけますよね。

印刷会社三陽美術では
カードサイズからA3サイズまでラミネート加工に対応しております。

まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いしますa
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

飲食店のメニューはラミネート加工がおすすめ

ブログをお読みいただきありがとうございます。

大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「飲食店のメニューはラミネート加工がおすすめ」についてお話したいと思います。

空気中の油分や食品の飛沫、
水分などで汚れやすい飲食店のメニューは、
ラミネート加工を施すのがおすすめです。

ラミネートすることによって水分に強くなり、
食品や油分などの汚れも落としやすくなります。

また、光沢感から高級感もアップするため、
紙の状態よりもメニューの中身も
上質なものに感じられるのではないでしょうか。

ラミネートを施すことで、
長持ちしやすくなるのも魅力のひとつですね。

まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いしますa
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━%

屋外に張る広告はラミネート加工で長持ちします。

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「屋外に張る広告はラミネート加工で長持ちします。」についてお話したいと思います。

野外に広告や案内を設置する必要がある場面は少なくないでしょう。
一時的に案内する場合や短い日数での宣伝が目的である場合は
コスト的に、一番安い紙に印刷したものを掲示する事も多いと思います。

しかし、紙の広告や案内などを野外に設置する場合、
雨や野ざらしによる劣化は避けにくいものです。
せっかく用意した案内も雨に濡れていたり、
傷や日焼けなどによって劣化してしまうと見づらく、
ぼろぼろになっていてはイメージダウンに繋がり、本末転倒となってしまいます。

そこでお役に立てるのがラミネート加工です。
ラミネート加工とは、紙の表面に薄い透明のフィルムを貼り付ける加工のことです。
印刷された用紙を専用のフィルムではさみ、
熱を与えることで紙とフィルムを吸着させます。

野外に設置する広告もラミネート加工することで水の影響を受けにくくなり、
雨ざらしによる劣化を防ぐ事ができます。
もう一つのメリットとして紙のままよりも見た目を綺麗に見せることができますので、
簡易な看板としての役割も十分に果たす事出来るのではないでしょうか。

印刷会社三陽美術では刺・カードサイズからA3サイズまでラミネート加工に対応しております。

まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いしますa
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ラミネート加工で長持ち、見た目も綺麗に!

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「ラミネート加工で長持ち、見た目も綺麗に!」についてお話したいと思います。

野外に広告や案内を設置する場合、看板やポスターなど様々な手段があります。
もちろんその都度目立つ看板やポスターなどを掲示出来ればいいのですが、実際、一時的に案内する場合や短い日数での宣伝を想定するなら、コスト的にも一番安い紙に印刷したものを掲示する事も多いと思います。

紙媒体での広告や案内などを野外に設置する場合、一番の悩み事は雨や野ざらしによる劣化だと思います。
せっかくの案内も雨に濡れていたり、傷や日焼けなどによって劣化してしまうとぼろぼろになっていてはイメージダウンに繋がりかねませんし、何よりも見づらくなってしまいます。

その様な野外に設置する広告もラミネート加工することで劣化を防ぐ事ができますし、もう一つのメリットとして見た目を綺麗に見せることができますので、簡易な看板としての役割も十分に果たす事出来るのではないでしょうか。

また多くのお客様の手に触れるメニューにもラミネート加工を施す事で同じような効果を期待できます。
せっかくなら綺麗に印刷されてラミネート加工されたメニューを手に取って注文して頂きたいですよね。

印刷会社三陽美術では刺・カードサイズからA3サイズまでラミネート加工に対応しております。

まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

飲食店のメニューも長持ち、ラミネート(パウチ)加工

■飲食店のメニューも長持ち、ラミネート(パウチ)加工■

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。
今回のテーマは、「飲食店のメニューも長持ち、ラミネート(パウチ)加工」についてです。

最近はラミネート加工されたメニューを置いていたり、製品の広告を壁に張っているお店が当たり前になってきました。
ラミネート加工をするとどんなメリットがあるのでしょうか?
(ラミネート加工とパウチ加工は同じものです。)

まず、一つ目のメリットは、「掃除に便利」です。
特に飲食店では、メニューをテーブルに置いていると、どうしても食べ物やの飲み物で汚れてしまいますが、ラミネート加工していれば、サッとひと拭きでキレイになります。
紙のままですと、染みになって汚れが落ちないため、新しいメニューを用意しなければなりません。
同時に、「長持ちする・保存状態が良くなる」というメリットも挙げられると思います。

次に、「見た目にキレイ」ということも言えます。
「掃除に便利」で「長持ちする・保存状態が良くなる」ため、単体でキレイな状態であることもありますが、壁に貼り付ける際、裏面に両面テープを貼ることで、見た目にキレイです。
紙では前に垂れてくるため、画鋲で留めたり、表面にテープを被せて貼りつけるため、不細工です。

ラミネート加工したメニューで清潔感のある飲食店を演出してみませんか?大阪府松原市の三陽美術にご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ホーム > ラミネート加工

検索
フィード
メタ情報

Return to page top