Home > フライヤー印刷

フライヤー印刷 Archive

せっかくの展示会には効果的な印刷物を

ブログをお読みいただきありがとうございます。

大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「せっかくの展示会には効果的な印刷物を」についてお話したいと思います。

イベントや展示会、企業説明会に欠かせない宣伝販促アイテム。

店頭やブースで大活躍が期待できるスタンドPOPやパネル、
チラシなどの展示会で活躍する印刷物は多種多様です。

展示会は、多くの費用を投入して出展することになります。
せっかく出展したのであれば、その準備にかかった時間も含めて、
費用対効果にみあった成果を上げたいですよね。。

展示会に出展しても思ったほど効果があげられない場合、
練りに練った自社の情報を
効果的にアピールできる印刷物を見つけられていない可能性があります。

人目を惹くデザインであることはもちろん大切ですが、
実が、それ以上に重要な事があります。

情報を手に取りやすい形にすることです。

目立つ看板だけでなく、
通りすがりに手に取りやすいかたちで
ラックにフライヤーを置いておくなど、
まだ興味が湧いていない顧客にも自由に情報を持ち帰ってもらうなど、
アピールの手段を多く持っていることが大切です。

まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いしますa
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━%

アイデア次第の厚紙フライヤー

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「アイデア次第の厚紙フライヤー」についてお話したいと思います。

通常はペラ紙での印刷が多いフライヤー。
普通のフライヤーより高級感やインパクトを出したいならば、
厚紙での印刷をおすすめします。

ポストカードと同程度の厚さフライヤーにすることで、
たくさんのイベントフライヤーの中でも
注目を集めることができるでしょう。

とっておきのイベントフライヤーの他、
お店のお持ち帰り用のメニューや
お客様への招待状などアイディア次第で用途はいくらもあります。

ひと味違った厚紙フライヤー印刷を試してみませんか?

まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いしますa
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━%

上質紙へのフライヤー印刷

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「上質紙へのフライヤー印刷」についてお話したいと思います。

上質紙はベースになるペーパーの紙表面に化粧を施していない、
非塗工処理紙のため、白色度が高く、
印刷したときに反対側から透き通って見えない不透明性があります。

そしてなによりペンや鉛筆などで記入しやすいという特徴があります。

上質紙はコピー紙やノートをはじめ様々な用途に使われることも多く、
私たちの日常生活の中で最も目にする機会の多い紙のひとつです。

インクが乗った部分もフラットかつ発色を抑えた仕上がりとなります。
そのため落ち着いたイメージを感じさせることができます。

コート紙やマットコート紙に比べ発色はおちるので、
写真やイラストの少ないフライヤーの印刷におすすめです。

まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いしますa
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━%

わかりやすいフライヤーデザイン

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「わかりやすいフライヤーデザイン」についてお話したいと思います。

イベントなどを行う際に
作成することになるのがフライヤーです。

企画メンバーのなかでデザインが得意な人が担当する場合がほとんどでしょう。
絵が得意な人がいれば、
それを取り込んだデザインにすることも可能ですね。

とはいえデザインやイラストがお好きでも、
どういったフライヤーが目を引くのか、
情報が伝わりやすいのかなどは経験値がものをいう部分でもあります。

そういったときは様々なフライヤーを集めてきて、
デザインの研究をしてみるのがおすすめです。

「このフライヤーはかっこいいけど場所がわかりにくい。」
「ぱっと見て日付がわかるのが大事なのかな。」
など、だんだんとフライヤーデザインについて重要なものがつかめてくるはずです。

そういった研究やデザインに費やす時間がなかなかとれないという方は、
こちらでデザインの相談にものらせて頂きます。

まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いしますa
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

フライヤーを作って配ることの意味

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。

今日は「フライヤーを作って配ることの意味」についてお話したいと思います。

お店を経営されている方はフライヤー等を作る機会が多いと思います。

ネット印刷は、クオリティが高いのに大変安いことが特徴です。

確かに、今はネットの世界が普及していて、お店でもSNSやブログなどを多用している所が増えてきました。

しかし、高齢化社会ですからご年配の方も多くいらっしゃいますよね。
SNSを見る方は年齢によって偏りがちな傾向がありますが、フライヤーの場合はそういった問題が一切無いです。

ですので、お店ではSNSだけでなくフライヤーにも力を注ぐ方が良いと思います。

何と言っても紙の温かみからくる感覚というのは、やはりスクリーンやディスプレイでは伝わらないものがあります。
文字のデザインにしても、色々なものから選ぶ事が出来ますよね。

それに自らデザインしたものが届いた時は言い表せないぐらい嬉しいものがありますよ。
貴方の思いをフライヤーに乗せてみませんか?

フライヤー等印刷に関してご要望があれば、是非とも大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪の印刷会社 有限会社三陽美術
〒580-0021 大阪府松原市高見ノ里3丁目16番2号
TEL:072-331-0816 FAX:072-339-2188
印刷に関するご意見・ご質問などはお問い合わせフォームからお願いします
>>> お問い合わせフォームはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ホーム > フライヤー印刷

検索
フィード
メタ情報

Return to page top