Home > ナンバリング印刷 > 紙の厚さで高級感が生まれ、艶でさらに高級感

紙の厚さで高級感が生まれ、艶でさらに高級感

■紙の厚さで高級感が生まれ、艶でさらに高級感■

ブログをお読みいただきありがとうございます。
大阪の印刷会社三陽美術スタッフ松田です。
今回のテーマは、「紙の厚さで高級感が生まれ、艶でさらに高級感」についてです。

今日は「紙の厚さで高級感が生まれ、艶でさらに高級感」についてお話したいと思います。

厚紙折パンフレット印刷は、二つ折りや三つ折り、Z折りのなどの折り加工が可能な印刷です。
ときどきポケットが入っていることもあります。

このパンフレットですが厚い紙厚の用紙を用いることで耐久性と高級感が大幅にアップします。
会社のかっこよさや、高級感を出したい公演プログラムやガイドブックにおすすめです。

さらに、折り目を開いた展開サイズを活かしたデザインが可能なので、
施設のご利用案内や商品カタログなど大きく見開きで紹介するのにも適しています。
通常よりも少し力を入れたパンフレットの印刷には、厚紙印刷を是非お試しください。

紙の厚さを90k、135k、220k など表しますが、もってみてぺらぺらなのか、ずっしりくるのか、この辺で高級感度合いが異なってきます。
紙のご相談ももちろん大丈夫です。まずはお気軽に大阪の印刷会社三陽美術までご相談くださいませ。

こういう高級車を販売している会社さんのパンフレットはもちろん艶に紙厚もあるものです。

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.sanyoubijyutsu.co.jp/blog/archives/9332/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
紙の厚さで高級感が生まれ、艶でさらに高級感 from 大阪の印刷会社「三陽美術のブログ」

Home > ナンバリング印刷 > 紙の厚さで高級感が生まれ、艶でさらに高級感

検索
フィード
メタ情報

Return to page top